« MGザク2 Ver2.0 その5 | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その7 »

2020年7月13日 (月)

MGザク2 Ver2.0 その6

Img_2535001
クリヤーが無事硬化しました。
ウレタンは硬化が早いので、作業ははかどりますね。ラッカーだと、芯までしっかり乾燥するのに1週間はかかりますからね。特に、塗装したパーツに力を加えてハメ込んでいかないといけないガンプラは、塗膜がしっかり固まっていないと、はがれたり指紋がついたりするので怖いのです。

ほとんどの部位は、研磨の必要性を感じないほどテカテカに塗れました。

Img_2540001
胸部も組み上げていきます。
胸の黒メタのところは、ちょっとツヤがひけていました。ウレタンクリヤー塗装、やっぱりまだヘタクソです。
胴体の色は、ちょっと思惑どおりにはいきませんでした。特に、ガイアのガラスパールは、この色には似合いませんでした。う~ん、色のセンスがなくて残念。

Img_2538001
地上用のJ型なので、背中のバーニアはあっさりした造形です。
腹部だけ黒にしています。贈る相手の腹黒さを表現してみました笑。





Img_2544001
腕も組んで、上半身が出来上がりました。
外装の塗装さえ済めば、MGのキットはどんどん形になっていきますね。

(つづく)

|

« MGザク2 Ver2.0 その5 | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その7 »

MGザク2 Ver2.0」カテゴリの記事

コメント

いやいや、これはかっこいいでしょー。頭部のプラモとは思えないツヤと、胴体部分の渋い感じは計算してやった感が有りますよー。

投稿: くまがい | 2020年7月14日 (火) 10時23分

自室の塗装環境は悪いのですが、ガンは騒音と飛沫はエアブラシよりもだいぶ激しいですか?飛沫は近々模型用の換気扇を付けようと思ってますが騒音はいかんともし難いので同室者が寝ていない時間にやるしか無いかな😅

投稿: くまがい | 2020年7月14日 (火) 10時29分

くまがいさん、こんにちは。
ありがとうございます!
ただ、胸部の色はボルドーという色を狙ったので、色自体はほぼ思い通りでしたが、パールの色が合わなかったですね。
ガイアのガラスパールはとてもきれいなパールなのですが、青っぽいパールなので、ボルドーとは合っていないと感じました。

投稿: Bluebell | 2020年7月14日 (火) 19時26分

ガンは、エアーブラシ用のミニコンプレッサーでは風量が少なすぎて稼働できないので、少なくともDIY用の1馬力のものがいります。ですので、静音タイプのものもあるにはありますが、駆動音は明らかに大きくなります。
ミストの飛散は、エアーブラシとは噴霧量が全く違うので、比較にならないほど出ます!

投稿: Bluebell | 2020年7月14日 (火) 19時32分

ガンについて詳しくありがとうございます。よく分かりました。買う時は覚悟して買いますが、前向きに検討中です。

投稿: くまがい | 2020年7月15日 (水) 12時19分

お勧めはイワタの低圧スプレーガンでしたね。

投稿: くまがい | 2020年7月15日 (水) 12時21分

くまがいさん、こんにちは。
ぜひ導入してください。特に車体や機体など大きいものを塗るときの効率は、大きく改善します。また、噴霧パターンを変えられるので、グラデーションをかけたり細く吹くとき以外は、ほぼこれ1丁でいける気がします。

投稿: Bluebell | 2020年7月16日 (木) 14時50分

自分は、岩田のLPH50というシリーズの、0.6mm口径のにしてみました。0.4mmのもあるので、模型ユースならこれでもいいかもです。専門店で相談されるとよいかと。ガンについては私も素人なので。

投稿: Bluebell | 2020年7月16日 (木) 14時53分

それから、ガン本体だけではなく、塗料カップと、エアーホースをつなぐカプラが必要になるはずです。

投稿: Bluebell | 2020年7月16日 (木) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MGザク2 Ver2.0 その5 | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その7 »