« 最近は… | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その1 »

2020年4月28日 (火)

展示会中止のお知らせ

皆様、コロナウイルス騒動の最中、無事にお過ごしでしょうか?
多くの方が亡くなっています。志村けんさんもそうですが、個人的には岡江久美子さんが亡くなったのはショックでした。いつもはつらつとしているイメージで、まさかこのような流行病であっという間に亡くなってしまうとは、ただただ残念です。とにかく、一日も早く収束してくれることを祈るばかりです。

各種イベントも軒並み中止となり、模型関連イベントも例外ではありません。
一年間で最大の模型イベントである静岡ホビーショーも中止になってしまいましたね。

さて、この夏に開催を予定しておりました、「模型フェスタin津」につきましても、中止するかどうか、ずっと悩んできました。
正直言って、三密になってしまうほどの来場者があるとは思わないので、このまま決行もありかなと思ってきました。
ですが、やはりこの外出自粛が夏には収束するかどうか分からない状況で、決行するのは不謹慎かなということで、検討の末、残念ながら今回は中止とすることといたしました。
楽しみにしていたかたには申し訳ないですが、どうかご理解、ご了承をお願いします。

年内に時期をずらして企画というのは、先がまったく見えない中では難しく、また来年にあらためて企画したいと思います。その頃には、コロナも収束していてほしいものです。
せめて、準備期間が1年延びたと思って、それまでに作品をたっぷりと作りためておいてください。かく言う私が一番作っていないので汗、制作意欲をなんとかかき立てて、作っておきたいと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

|

« 最近は… | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その1 »

コメント

中止は残念ですが、来年に備えて製作に励みます😌相変わらず作るの遅いのですが、造形村のファントムがやっと汚しも完成し出来上がりそうです。時々相談と自分の癒しに行けていたあのお店が無い事が残念です。また会えることを楽しみにしています😌

投稿: くまがい | 2020年5月22日 (金) 11時02分

くまがいさん、こんにちは。
今年は、状況が状況だけに、キャンセル料なしで返金との案内が来ましたので、中止を決めました。正直、一個人で持ち出す経費としては馬鹿にならない金額なので、参加者が集まってくれないとキビシイのです。
店がなくなって一番寂しい思いをしているのは、もしかして自分自身なのかなぁと思ったりしてます。

投稿: Bluebell | 2020年5月23日 (土) 22時20分

再来年からはもし開催出来るなら、先に会費を集める会費制にするのはどうでしょう。それで最低開催人数に達したら決行するってのは?
店主さんの苦労話を聞くたびに、店主さんがいかに模型を愛しているかが分かります。お店は本当にありがとうございました。

投稿: くまがい | 2020年5月25日 (月) 13時02分

くまがいさん、こんにちは。
そうできると一番いいのですが、相当な人数を集めないと、一人当たりの金額がかなりの額になってしまいます。かといって、広報の仕方が分からないのと、自分ひとりでは力不足なので、参加していただく方にも、受け身ではなく協力していただかないと、広く周知ができません。
それに、会場が半年以上前に予約しないとすぐに埋まってしまうので、おうかがいを立てている時間がないのです。
今までは、店のオーナーとして経費持ち出してでもやろうとしてきましたが、ただの一モデラーになった自分には負担が大きすぎて、難しいですしね・・・。

投稿: Bluebell | 2020年5月25日 (月) 23時02分

気軽に客として展示会展示会と開催を待っていましたが、大きな負担をかけていたのですね。難しいものですねー。
自分も是非また製作会に参加させて頂いてそこでみんなで展示会のあり方、是非についても相談しましょう。自分たちの知り合い以外にも身近な展示の場を探してるひとは居るのじゃ無いかとおもいます。

投稿: くまがい | 2020年5月28日 (木) 06時09分

くまがいさん、こんにちは。
たしかに、金銭的な負担はありましたが、負担と思ったことはなかったですよ。皆さんに喜んでもらえて嬉しかったし、模型業界に携わるものとして、使命のようなものを勝手に感じていましたしね。
たいへんに微力ではありますが、これからも、プラモや模型作りの楽しさを、少しでも多くの人にお伝えできればと思っています。

投稿: Bluebell | 2020年5月29日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近は… | トップページ | MGザク2 Ver2.0 その1 »