« 名古屋オートモデラーの集い 覚書 | トップページ | 今年も終わりです »

2019年12月19日 (木)

新機材導入

更新をサボっていますが、一応、プラモはほぼ毎日触っているのです。
というのも、勤務先に部品と工具を持ち込んで、休憩時間を利用してちょこちょこっと工作してます。
とはいえ、接着剤や塗料などニオイのするものを持ち込んで作業するのは、同僚から大ヒンシュクなのは間違いないので、やれることは工作だけ。
で、カーモデルのボディを持ち込んで、ひたすらスジ彫りの彫り増しをしています。
おかげで、スジ彫りの済んだ塗装予備軍が大量にできました。

なので、あとは塗装をどんどん進めていけばいいのですが、仕事から帰ってからご飯作って食べて、風呂に入ったらもうくたびれてしまうので、そこから全然進捗しないのですよ。

今、サフまで吹いて色入れ待ちがすでに3台! ですが、これから年末年始は仕事しっぱなしなので、去年みたいにのんびりプラモ作りはできそうにありません…。

とかいいつつ、新しい機材を揃えました。
以前から気になっていたのですが、スプレーガンをついに導入しました! エアーブラシではありませんよ。
また、ガンは、エアーブラシ用のミニコンプレッサーでは稼動しないので、ほぼ1馬力のコンプレッサーも同時に買い揃えました。
でも、ガンもコンプレッサーも、エアーブラシ用のそれより安いのですけどね。

Img_2134001
購入したのは、イワタの低圧小型ガンです。一般的なガンでは、口径が大きすぎるのと、風量・エア圧とも強すぎて、模型塗装にも一般家庭の塗装環境的にも合わないと判断しました。エアーブラシとほぼ同じエアー圧で吹き付け可能なガンです。ただ、風量の消費は多いので、ミニコンプではダメなのです。

以前からお話していますが、エアーブラシは「薄く吹き付ける器具」ではなく「細く吹き付ける器具」です。筆に例えるなら面相筆に相当します。
これで広い面を塗るのはとても不効率で(細筆や面相筆でクルマのボディを塗るなんて、しないでしょ?)、仕上がりも、特にメタやパールではムラがでてしまったりします。
口径の大きいエアーブラシでもよさそうですが、ガンとはそもそも霧の出方が違うので、面を均一に塗るのにはガンのほうが圧倒的に有利なのですよ。だって、そういうための道具ですからね。

で、実際に使ってみたのが、実は先の名古屋オー集に持参したシルビアでした。
メタリックのグリーンとクリヤーの吹き付けに使ったのですが、これがとても快適です! エアーブラシと違って、少ない運行回数で全面塗装でき、メタリックムラもできません。また、クリヤーのツヤがとてもいいのです。いつものように、クリヤー塗装後の研磨は一切しませんでしたが、塗り肌も十分きれいに仕上がりました。

ただ、調整できることが多い(塗料量・風量・パターン幅)ということは、それだけ経験値も必要で、どこをどれだけ回すとどうなるか、またお互いの組み合わせもあるので、何度も試し吹きをして、自分なりにいいところを探してから本番に臨みました。

低圧ガンとはいえ、風量が多い分、ミストはそれなりに多いので、模型用の塗装ブースではちょっと換気能力が追いつきませんが。まあ、「ブース」とは言っても、要は小型の換気扇にすぎませんからねぇ。

さあ、これからは、クルマはこれでガンガン塗っていきたいと思います。

|

« 名古屋オートモデラーの集い 覚書 | トップページ | 今年も終わりです »

コメント

へーっ!確かにエアブラシは意外に細かい塗装ができるのと同時に広い面積を均一に塗るのは難しいと思ってました。研磨が要らないほどってのは凄いと思いますね。もう一本買うならと真似したくなりましたが技術も要りそうなのでもう少し様子をみようかな^_^;

投稿: くまがい | 2019年12月20日 (金) 14時52分

くまがいさん、こんにちは。
エアーブラシは、髪の毛1本ほどの線を吹き付けで描けることが最大のメリットなので、細吹きに特化した塗装機器です。なので、霧が中心にまとまるようにできています。
そのため、広い面を均一に塗ろうとすると、パターンの重ね幅も多めにいりますし、そもそも太い線が描けないので、1面塗るのに、ガンを何往復もしないといけません。やってやれないわけではないですが、たいへんに不効率なのです。
スプレーガンはその反対で、面を塗るための塗装機器なので、細く吹くことはできません。ですが、霧がまんべんなく広がるようにできているので、広く薄く塗ることもできます。
エアーブラシだって、ニードルを絞れば薄く吹けるゼ!って言うかたもいるかもしれませんが、それは遠くから吹くからそう見えるだけで、実際には細く絞っています。
ガンは、霧が中心に寄らないので、絞れば薄く吹けるのが大きな違いなんです。また、エアーを大量に使うことで霧が微粒子になり、塗り肌がきれいに仕上がります。
お財布と環境が許すのなら、ぜひ導入をお勧めしますよ。

投稿: Bluebell | 2019年12月20日 (金) 19時58分

そうですかー。是非アドバイスを頂きたいので製作会などの機会を待ちます。

投稿: くまがい | 2019年12月21日 (土) 10時59分

くまがいさん
はい、また企画しますね。そのときはお知らせします。

投稿: Bluebell | 2019年12月23日 (月) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋オートモデラーの集い 覚書 | トップページ | 今年も終わりです »