« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その1

Pc136715001
カーモデルは、説明書通りに作ると、たいていはまずエンジンとか足回りあたりから組み立てていくことになります。
でも、ボディの下ごしらえから塗装し乾燥させるのに時間がかかるので、ボディから始めていきます。

まずは、スジ彫りの彫り増しから。
各パネルラインや、窓枠の境目を、スジ彫り用のツールで深く彫っていきます。

自分は、クレオスの「ラインチゼル」が、よく彫れて作業が早いので好きです。
ただ、アールの小さい曲線は苦手なので、そういうところはファンテックの「スジ彫りカーバイト」を使います。

Pc146727001
後輪の前に、エアロパーツ(部品G4)がつきます。








Pc146729002_2
試しにあてがってみます。
でも、なんかヘンな感じ…。しっくりきませんね。







Pc146730001_3
いかにも「とってつけた感」がありありです。ニスモ純正空力パーツなのに、めっちゃ空気抵抗になりそうです。風切り音がスゴそう…。






Pc146731001_3
段差がスゴイ! 絶対におかしいと思いますが、それよりなにより、カッコ悪い…。







Pc146738001_3
「ホンマにこんなんかぁ?」と、箱絵を見ると、こんな段差はなく、ちゃんとサイドガーニッシュと滑らかにつながっています。やっぱり、そうですよね?





Pc136714002
横から見た絵は微妙ですが、正しいとか間違ってるとかよりも、こんなカッコ悪いのはイヤなので、ここは修正することにします。
素組みでいくはずが、いきなり手を入れることに。




Pc146733001
段差になってしまっている部分の境い目に、油性ペンでケガキをして・・・







Pc146734001
線から下を切断。もう後へは退けません。








Pc146736001
元に戻すとこんな感じ。下部のふくらみは、ボディのガーニッシュを利用し、ここへ滑らかにつなげていきたいわけです。






Pc146737001
この欠損した部分にパテを盛り、形成して、スムージングしていきたいと思います。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

【スカコンに向けて】タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム

/只今、当店では、【スカイラインコンベンション】を開催中で、参加者募集中です。
締め切りは2月末。まだ1ヶ月ありますから、ストレート組みで凝ったことをしなければ、十分間に合い可能性はありますので、まだまだエントリー可能ですよ。

「コンベンション」とは、訳すと「大会」「集会」みたいな意味になるようです。「なんとかコン」とつきますと、コンペティションとかコンテストを連想させてしまいそうですが、当店でのイベントは、基本的に作品の優劣を競わせたいわけではありません。そう思って、適当な言葉を探しましたらコンベンションに行きついたといわけです。ぜひ気軽にご参加ください。

「完成しない病」にかかっている方には、完成の喜びを得てもらうきっかけ作りにしていただければ幸いです。
締め切りがないと、あれもこれもと欲が出て、いつまでも完成に至らないということは、よく聞く話です。
キット収集家さんは別として、作る方なら、やはり完成させた作品を眺めてひとりニヤニヤしたり、それを他の方の作品と並べて談笑いたりするのが楽しいので、ぜひそれを味わっていただきたいと思っています。

さて、このコンベンションは、店主自身はお客様のためのイベントと考えているので、店主自ら出しゃばっていくのは違うような気がしているのですが、まあ、企画の言いだしっぺではありますし、一部のお客様からは、強くプレッシャーをかけられる(汗)ので、参加しませんというわけにもなかなかいかず、今回もエントリーすることにしました。

とはいえ、過去のコンベンションを振り返りますと、ロードスター、NSXともにDNFに終わり、ロードスターは敗者復活戦でやっとフィニッシュという体たらく。

そこで、今回はなんとか期限内の完成を目指します。

Pc136712001
選んだキットは、タミヤのR32のGTRニスモカスタム。
自分の中では、スカイラインの特にGTRといえばR32なのです。






Pc136717001
ボディは、ノーマルのキットとは違って白色成型。
ボンネットはクリヤーパーツで、エンジンが見えるように作ることもできますよ。まあ、塗りますけどね。





Pc136718001
これが、このキット用のボーナスパーツ。
専用マフラーやインタークーラー等が入ったメッキパーツと、大径ホイールの足回りやニスモ製エアロパーツが入ったランナーです。




Pc136720001
エンブレムやミラーは、メタルインレットが新たに起こされていて、これは嬉しいですね。ノーマル仕様のキットを作る際も、これはパーツ請求して加えたい部品です。

これを、まあいつもの私通り、予定としては必要以上に手を加えることなく作っていきたいと思います。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

お客様の作品のご紹介

お客様の作品のご紹介の続きです。

Img_9250001



単身赴任模型堂さん作品
アオシマ 1/12 XJR400R

前回ご紹介したR1と同時にお持ちくださいました。
ちょっとご本人さんのアクシデントで、しばらくご来店がなかったのですが、しっかり制作はされており、やっぱり1か月に1作のペースです。

Img_9252001



懐かしいネイキッドバイクです。
この頃は、各社から400ccクラスのネイキッドがラインナップされ、充実していましたね。
ちなみに、店主は、これらのブームの先駆けとなった、初代のゼファー400に乗っていました。とにかく遅いバイクでした。

Img_9255001



作品は、相変わらず安定のクオリティー。センターのラインもカッコイイですね。







Img_9256001



ミラーのステーを、金属線に置き換えてます。バイク模型の中でも、もっともモロくて壊れやすいところですからね。
ただ、アオシマのバイクプラモは、サイドスタンドが華奢すぎて(スケール的には正確なのかもしれないですが)、長期間の展示は不安があります。
以前作ったニンジャは、そもそも立たせることすらできませんでした(強度が足らず、自重を支えきれずに大きく傾いてしまう)。
なにか、スタンドを自作するとよいでしょうね。

Img_9259001



バイクは、後ろ姿が好きです。

ワタシ、お客様の作品で写真に撮らせていただいたものは、HDDに年別に整理して保存しているのですが、模型堂さんの2017年の作品フォルダは16個!
つまり、年間16作品! すごい勢いです。

プラモ作りの楽しみとして、いろいろこだわって作るのももちろんよいのですが、プラモは実物と違うのが当たり前。間違い探しばかりしていると進みません。
完成させることは何よりのモチベーションになりますので、なかなかフィニッシュに至らない方は、欲張りすぎないで、まずは愚直に説明書通りの完成を目指してみてはいかがでしょう?

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9260001
単身赴任模型堂さん作品
タミヤ 1/12 YZF-R1

今年最初のご紹介は、やっぱりこの方になりました。
とはいえ、お持ち込みくださったのは実は昨年末でして、なかなかご紹介できずにいました。どうもスイマセン。

Img_9262001
とにかく、去年のネイキッドバイクコンベンション以来、バイクプラモにハマリまくりの作者さん。
ここのところは、変化球なしの直球勝負で、キッチリ制作されてます。
素組みベースで、最低限必要なところには手をかけ、美しい塗装で魅せる。プラモ作りの原点のようで、プラモデラーの一人として、とても共感できる作風です。

Img_9263001
最近のバイクは、タイヤが太くなったもんです。4輪のリッターカークラスより太いんですよ。







Img_9266001
バイク模型のだいご味は、箱のクルマと違って、やっぱり、こういうメカメカしい機能美がむき出しなところではないでしょうか。
プラモデルってよく出来てるなぁと、改めて思います。




Img_9269001
それにしても、初めてこのR1が登場したとき、その異形さには驚いたものです。
今となっては、あらゆるメーカーがこぞってこの路線を模倣し当たり前になりましたが、当時は、こういうチョンチョンとんがったデザインは独特で、かなりのインパクトと違和感でした。大きな複眼の異形ヘッドライトも、斬新でしたね。

Img_9271001
お預かり中の、NKTさんのネイキッドR1とともに。ぜひともこの作品と並べて飾りたかったとのことですので、せっかくなので並べて記念写真を。



Img_9275001
NKTさんの作品は、ヘッドライト周りをアオシマのXJRのパーツを流用。
マフラーもずいぶん違うのですが、これはどうされたんだったか、忘れちゃいました…。


Img_9280001
軽くエイジングをして、少し乗りこんでヤレた雰囲気に仕上げたNKTさんに対して、王道の新車状態で作った模型堂さんです。塗色は、一見すると純正色のように見えますが、パールで仕上げてオリジナル感を出してますよ。

お二人ともお上手で、二作品ともカッコいいです。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »