« ドラゴン DR6608 チュニジアタイガー 詳細について | トップページ | タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その2 »

2015年11月16日 (月)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その1

最近お客様と話していて、「最近の子どもたちは、プラモを作らないのかなぁ~」という話になる機会が重なりました。
私も、子供連れの親御さんに「小学生が作れるプラモデルって、なにかある?」と聞かれると、たしかに返事に困るんですよね。

自分が子どもの頃に比べてプラモの値段も高くなって、子どものお小遣いでは手が出なくなったというのは、たしかにあるとは思うんですが、「作りたい」と思うようなモノへの執着とか憧れとかが減ってるのかもしれません。
モノ作り自体が嫌いになってるわけではないと思うんですよね。

そこで、今回は、自分が子どもの頃好きだった、動く模型を作ってみたいと思います。
とはいっても、実際に作るのはウチのチビです。どこまで自力で作れるのか、興味を持って取り組めるのかを観察してみたいと思います。

まあ、文章にすると、また難しいことを考えていると思われそうですが、自分が「動くものを自分で工作すること」が好きだったのを思い出して、うちのチビはどうなんだろう?と思っただけなんですけどね。

Pb163749001_2
お題はこちら。
模型の4駆といえば「ミニ4駆」ですが、あれは速すぎるし、コースも必要です。
こいつは、とても遅い代わりに場所を選ばず戦車みたいにグイグイ走るので、とても楽しいんです。

作る様子を、ビデオに撮ってみました。ダラダラと撮りっぱなしの動画ですが、作る過程をほぼそのまま見ていただけます。よろしければご覧になってください。

|

« ドラゴン DR6608 チュニジアタイガー 詳細について | トップページ | タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その2 »

タミヤ 工作シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴン DR6608 チュニジアタイガー 詳細について | トップページ | タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その2 »