« 看板修復 <プラリペア> | トップページ | 10/30工房便り »

2011年10月29日 (土)

HGUCズゴック

久しぶりにプラモ作りをします。またもや突然のガンプラです。
Img_0409
お題は「HGUC量産型ズゴック」です。今日店のほうにAKインタラクティブ製品が入荷してきましたが、その中の「スライミーグライム」という商品を一度使ってみようと思い立ったのがきっかけです。
HGUCシリーズ初期の製品なので、なんせ700円というお値段がいいですね。
Img_0410a

中身はもちろん色プラ。
これを眺めて、先日発売になったフジミの「FZR750テック21カラー」の色がそのまま使えそうな気がしました。

Img_0412a
久しぶりすぎて何か勘が戻らない感じがしたので、自分のブログの「HGUCシャアザク」の記事を見てモチベーションを高めてから作業開始です。

私はガンプラの圧入組みが好きではないので、キャンセルするためにダボ穴を先に広げてしまいます。このキットは2ミリと1.5ミリの2種類のドリルがあれば大丈夫です。

Img_0413a
パーティングラインは部品のエッジにくるよう配慮されているものの、金型のくたびれからか少々盛り上がりが目立ちます。
このままにするとオモチャっぽく見えてしまうので、軽く削っておきます。

Img_0422a
宣伝ばかりになって恐縮ですが、こちらも先日新しく入荷したデザインナイフです。刃が少し大きめなのがよいのか、なぜかとても使いやすく感じます。

|

« 看板修復 <プラリペア> | トップページ | 10/30工房便り »

HGUC ズゴック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 看板修復 <プラリペア> | トップページ | 10/30工房便り »