« 10/11工房便り | トップページ | 10/21工房便り »

2011年10月14日 (金)

10/13工房便り

一昨日のお客様が作業の続きにご来店。

前回でシャシーとインテリアの制作がだいたい終わっており、今日はその残りとボディー塗装です。

Img_4783a
インテリアの組み立てをいったん済ませ、いよいよボディーの塗装をしていただきます。

私個人としては缶スプレーが手軽でいいと思ったんですが、今回はツートンカラーのクルマで重ね塗りが必要になってくるので、悩んだ末にエアブラシを選択。




Img_4787
塗装面積の大きいクルマでしかもメタッリク色なので、口径が大きく平吹きのHP-THを使ってもらいました。これが思わぬ威力を発揮。操作が簡単なトリガーアクションのおかげで、初心者でもラクに塗装してもらえました。






Img_4789a
マスキングは私がやりました。とはいえ決してうまくはないので吹きこぼれがないかと冷や冷やしましたが、なんとか事なきを得ました。

ホントはこんなに濃いガンメタではないのですが、色合わせをする時間もなく、ご本人も「いい色」と満足されてましたのでよしとしましょう。

工房を使っていただく際は、時間配分と経過にものすごく気を使います。おカネをもらっているだけに、ムダな待ち時間は作れませんし、プライベートで作るようにじっくり時間をかけるわけにもいきません。また、あまりに何度も通ってもらうのも悪い気がしてきますしね。
でも、プラモ作りは慌てるとロクなことがありません。誰でも山の頂上が見えてくると気が急いてきますが、何が何でも終わらせようとしないほうがよいです。せっかくここまでうまく出来てるので、大詰めで急いで失敗したらホントに後悔します。

|

« 10/11工房便り | トップページ | 10/21工房便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/13工房便り:

« 10/11工房便り | トップページ | 10/21工房便り »