« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

エアブラシは難しい?

昨日はエアブラシの日でした。
「エアブラシを使ったことがないので教えてほしい」という方には、実際に体験していただき、また別の方から「エアブラシの調子が今一つで…」ということでお話をうかがっていると、そこへ「エアブラシのことで教えて」との電話が入り、そのお客さんも苦笑い。

雑誌の記事や上級者の方の「道具論」というのは、実は主観論がほとんどなんですね。これは、私の場合もやはりそうです。
ただ、いい加減なことは言いたくないので、できるだけ裏付けはとるようにしています。そのためにも、アネスト岩田のようなメーカーさんと付き合いをさせてもらっています。

私自身も、知らないことや思い違いをしていることはまだまだあるんだと思います。「正しい情報」を提供できるよう少しずつ勉強してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

サボイアS.21F、出来ました。

先日ZTVさんの取材でレポーターさんに作っていただいた、ファインモールドの1/72『紅の豚』シリーズ「サボイアS.21F」の塗装が終わりました。
本当は昨日出来上がっていたはずなのですが、艇体底の木部のデカール貼りをあろうことか失敗してしまったために塗装せざるを得なくなり、1日延びてしまったのです。
8月1日が放送日であり、やはりそれには間に合わせたかったので、今日中に完成させて明日持っていくしかありません。朝から大急ぎで仕上げました。

Img_3488a
あくまでもこれはレポーターさんの作品なので、技巧的なことは何もしていません。普通に凝った塗装をしてしまったら、それは「私の作品」になってしまうからです。ですから、スミ入れもな~んにもしません。
まあ、エアブラシを使ってますから「素人の作品」とは言えないかもしれませんが、それらしさは残してあげたつもりです。

Img_3485a
それにしても、このプラモデルはいいですね。こうして普通に組んで塗るだけで、本当にカッコイイ飛行機の模型がちゃんと出来上がります。
メーカーの良心が感じられる製品です。

これを、明日の午前中にZTVまで届けに行きます。喜んでもらえるといいのですが。

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

テレビに出るようです。

実は今日、店へテレビの取材に来ていただいてました(詳しいことは店ブログで)。
不思議と緊張はしませんでしたが、思っていることや伝えたいことがいくらも話せませんでした。とにかく、「モノを作る楽しさを知ってほしい」と言いたかったんですが…。取材を受けるって難しいですね。

Img_3443a
番組の中で、レポーターさんに実際にプラモを作ってもらいましたよ。もちろん初体験だそうです。

ZTVという地元のケーブルテレビ局の、『高橋美帆のそこいこっ!』という地域情報番組です。8月1日から半月間放送されるそうです。
視聴できる地域は限られますが、よろしければご覧になってください。

| | コメント (4)

テレビの取材を受けました。

弊店がオープンして、何とか1ヶ月を迎えることができました。これも、ご来店くださったり応援してくださる皆様のおかげです。まことにありがとうございます。

もちろん、利益が出るにはまだまだ程遠いですが、皆さんに恩返しするためにもとにかく続けていけるよう頑張ってまいります。至らぬ点も多いかと思いますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


さて、実は今日の午前中、テレビの取材を受けていまして、さきほど終わったところなのです。
地元の「ZTV」というケーブルテレビ局で、こちらからメディア数社にプレスリリースを流したところ、夏休み特集の番組で使いたいということで応じていただきました。

午前10時過ぎから撮影開始。

Img_3439a
外で、店に入るところから撮っています。









Img_3440a
スタッフはお二人です。
若い女性の方がレポーターで、体験教室的なことをさせてもらえれば、とのことでした。







Img_3441a_2
レポーターの高橋美帆さん(ブログはこちら)。
事前の情報で、手芸のような細かい作業もあまりしたことがないとのことでしたし、不特定多数の方が視聴するということも考えて、ファインモールドの『紅の豚』のサボイアを作ってみてもらうことに。

もちろん、飛行機のキットですから、モデラー的視点では決して簡単な制作ではありません。
でも、そういう、今時の「こう作らなきゃいけない」的固定観念は排除し、とにかく作ってみてもらうことに徹しました。


昨日の予行演習では、コクピットだけ塗装し、あとは素組みで終わるとちょうど3時間。取材時間をちょっと超えるかという感じでした。
そこで、ヤスリがけ等もほとんどしないで、とにかく「切って貼って」で作りました。

Img_3443a
確かに手先はおぼつかない感じで、プルプルしながら頑張っていただきました。

こうして、とにかく時間内になんとかカタチにはなりました。とてもいいキットなので、塗らなくてもカッコイイ飛行艇の模型になるじゃないですか。

この時点では、胴体・主翼・エンジンは接着していません。あとで、私のほうでちゃんと塗装して、高橋さんに記念として贈る約束をしました。

Img_3445a
番組は、『高橋美帆のそこいこっ!』という地域情報番組です。8月1日から半月間(だったかな)放送されるそうです。1日に2回ぐらい放送されるので、かなりの回数になりますね。
地元ローカルなので見れる地域は限られますが、よろしければご覧ください。暑いことですし、「コワイもの見たさ」で見て涼んでいただければ何よりです
放送時間は、ZTVさんのこのページの「タイムテーブル」で確認してください。

私、実はケーブルテレビは契約してないので、本放送は見れないんです。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

予行演習

Img_3438a
明日は、開店前にちょっとした企みごとがあります。
本日は定休日ですが、その予行のため店でこれを制作中。

もちろん、完全ストレート組みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽっぽちゃん、築城す。 <完成>

Img_5817a
石垣の塗装が終わりました。大変カラフルな石垣です。




Img_5821a
木を植える前に、幹の部分をレッドブラウンで塗ります。

木を植えたら、付属の緑のパウダーを撒きました。

Img_5826
最後に缶スプレーのツヤ消しクリアを吹いて、いよいよ完成です。
ネームプレートも塗りました。はみ出しまくりですが、いいじゃないですか。手出しは無用でしょ。

Img_5831
裏側。
ちゃんと場所を考えて草を撒いてるじゃないですか。

我がぽっぽちゃん、プラモ2作目にしてはちょっとハードルが高くてかなり手伝いましたが、小2にしては上出来です。作って楽しければそれが一番ですよ。

| | コメント (2)

2011年7月24日 (日)

ぽっぽちゃん、築城す。 その5

Img_5805
ぽっぽ棟梁が、色を塗り始めました。
まずは天守閣のシャチホコを金で塗り、続いて石垣を塗っています。



Img_5808
特にどうしろとも言ってませんが、石を一つずつ塗っていくつもりのようです。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

ぽっぽちゃん、築城す。 その4

職場放棄していた棟梁が戻ってきて建築再開。
天守閣が組み上がり、城らしくなりました。

Img_5804a
橋をかけ、堀に水を貯めました。
あとは木を植えるようですが、また棟梁は休憩中です。コラ、働け!!

| | コメント (0)

2011年7月21日 (木)

ぽっぽちゃん、築城す。 その3

築城3日目。

Img_5770a
組んだ櫓を積み上げていきます。いよいよお城らしくなってきました。




Img_5771a
接着剤を塗って…、





Img_5774
うまくくっつくかな?…

実は、このあたりから組み立てがかなり難しく(難しいというより困難に)なってきまして、あちこちが全然合わないんですね。で、この棟梁はもう「あとは頼んだ」と仕事を投げて、笑顔で帰ってしまいました。
なぜ笑顔かといいますと、今日は土用の丑の日で、晩ご飯が鰻なんですね。津市は、何でも鰻の1世帯あたりの消費量が日本一なんだとか。やっぱり食べないわけにはいきません。

| | コメント (0)

塗料のフタ その後

先日書きました塗料のフタの緩みについて、メーカーさんから丁重なお詫びの電話を頂戴しました。
以前、逆に締まりすぎていて開かないということがあったため対策したところ、今度はそれが裏目に出たようです。
とにかく、何か意味があって緩めに締めているわけではなく、増し締めは問題ないとのことでした。まあ、やっといて良かったですよ。

次回納入分からは、気をつけるようにしましょう。…て、いつのことになるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

さあ、夏休み! 工作を楽しもう!

子どもたちはいよいよ明日から夏休み。先日小学校に三者面談に行きましたが、昔に比べて「夏休みの宿題」は激減しました。
その分しっかり遊ぶのもいいですが、普段はできない工作もぜひやってほしいです。

プラモデルがただの「飾り物」になって、遊ぶ楽しみはなくなりました。今遊んで楽しめるプラモはミニ4駆ぐらいでしょうか。

Img_5757
しかし、「楽しい工作シリーズ」のキットの楽しさを知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

私見ですが、特にこの二つは出色です。接着剤は使わず、すべてネジ止めで作りますが、このキットのスゴイところは、「動く構造」を基本的に実物どおり再現しているところなんです。

Img_5761
左の「四輪駆動工作セット」は、大きな減速比とホイールトラベルによる、非常に高い走破性が特徴です。最近よく見るようになった「クローリング」という4WDカーのラジコンがありますが、明らかにその先駆けといってもよいでしょう。

非常にゆっくり走りますから、小さな子どもでも動きについていけますので、部屋で障害物を作って数人でキャッチボールのように走らせて楽しめます。

Img_5745
フォークリフトも、実物の構造がよく理解できます。フォークもここまで上がります。パレットは自作ですが、簡単に作れますので、これで荷役レースができます。
しかも、無線のラジコンじゃなく、有線のリモコンなのが泣かせます。

子どもと一緒に、意外と大人も楽しめるんですよ。

| | コメント (0)

なんと看板がつきました。

弊店にご来店くださった方はお分かりかと思いますが、弊店は通りから見えにくんですね。タミヤマークの入った「いかにも」な立て看板を出してはいますが、お隣りの美容院が繁盛していていつもお客さんのクルマが停まっているため、それに遮られてしまいます。
そのせいか、初めていらっしゃる方のほとんどが、一度前を通り過ぎてしまうようです。

ところが、私が店を始めたことを知った高校時代の友人達が、お祝いとして、なんと看板を作ってくれるという話が持ち上がりました。
実はその友人の中に黒板屋さん(彼は、東北地方の地震の被災地支援にも精を出していて、実際に現地でボランティア活動にも参加しています。いつの間にか志の高い人になっておりました。)がおりまして、もちろん黒板制作をされてるんですが、今は看板制作もしているんだそうです。で、そこで作ってもらうことに。もちろんタダでは作れませんから、有志で費用を出し合ってくれるとのこと。なんだかタイヘンな話になってしまい、恐縮しきりです。

Img_3433a
で、先日出来上がり、さっそく取り付けに来てくれました。








Img_3435a
遠くから見てもこのとおり、よく見えるようになりました。

開店にあたっては、多くの方からいろいろなものをいただいてばかりで何も恩返しができず、たいへん恐縮です。ただ、本当に感謝感謝です。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

塗料のフタ

今日は台風の影響で猛烈な風が吹いており、ドアがあおられて危ないので営業は休止しました。
ただ、昨日、店の前に新しい看板が付いたんですね(これについては別の機会に)。で、それが飛んでいかないかと心配で心配で、結局自分は店で待機してました。

で、何気なく塗料棚のビン入り塗料をを手に取り、ちょっと前にお客さんが「以前買ってきた塗料のフタが開いていて、ヒドイ目に遭ったことがある」とおっしゃてたのを思い出して軽くフタをひねってみました。すると、軽く緩んでいるではありませんか。
驚いてほかのビンも試しましたが、ほとんどが緩んでいます。ヒドイものだと、半周近く締まってしまいます。

「エライこっちゃ!」と、在庫全数検品し、増し締めです。
Img_3424
おかげで、何本かやったところで指の皮がめくれてしまいました。仕方がないので、クレオスの開栓ツールを使います。ただ、この商品はあくまでもフタを開けるためのものであって閉めるためのものではないので、オーバートルクには要注意です。

まったくと言っていいほど仕入れた時のままの数ですので、数百本のビンのフタを増し締めするのに1時間以上かかりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ぽっぽちゃん、築城す。 その2

ぽっぽちゃんの築城日記、2日目です。
Img_3395
ニッパーも接着剤も、ずいぶんと扱いには慣れてきた様子。




Img_3396
大天主閣と小天主閣まで進みました。
それにしても、古いせいか組みにくいキットです。説明図も、結構平気で図が間違ったりしてますね。

(つづく)

| | コメント (0)

久しぶりのプラモ作り

模型店「Bluebell Hobby」には、お客様用の制作スペースがご用意してあります。今までは家族がサクラとして常駐しておりましたが、昨日初めてお客様のご利用がありました。
Img_3372a
久しぶりのプラモ制作だったそうで、実は開店前から何度か足を運んでくださっていました。

フジミの1/76の戦車に挑戦中です。私も実は作ったことがなく、二人で「あーでもないこーでもない」と言いながらの制作でした。

1時間しかいられないとのことでしたが、あっという間に時間がきてしまい、意外といくらも進みませんでした。もうちょっと私が手慣れていればよかったんですが、申し訳ないことをしました。
でも、「教えてもらいながら作れてよかった」と声をかけていただきました。

もうじき夏休みです。子供たちが、プラモに限らず何か工作をする場として使いに来てくれると嬉しいんですけどね。

| | コメント (2)

2011年7月14日 (木)

なぜこんなところに!?

今日、イオン津南ショッピングセンター「サンバレー」に行きましたら、なぜかモリワキの8耐マシン「CBR1000RR」が、ひっそりと展示中でした。こんなことならカメラ持ってくりゃよかったと思いましたよ。

スーパーマーケットにバイクのレーサーなんて、とても場違いな気がするのですが、8耐が○○・コーラの冠レースなので、たぶんその拡販キャンペーンか何かでしょう。サーキット等と違って足を止める人はほとんどいませんので、かぶりつきで観察できます。お好きな方は見に行ってみてはいかがでしょう。

私も、カメラを持ってもう一回行ってこようかな。

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

『i-modellers』、久々の寄稿です。

ライターとして参加させていただいておりますウェブ雑誌『i-modellers』4号に、1刊ぶりに寄稿させていただきます。

今回の特集テーマは、「タミヤMMの定食セットをつかった情景制作」です。要するに、考証だなんだを要求されて手を出しづらい情景作品に、タミヤの情景パッケージ商品で気軽に挑戦しようという趣旨です。

単品作品なら、「カッコイイ」だけで作っても何の問題もありません。ところが、情景となると、車両・マーキング・時期・場所・軍装・装備等々、設定や組み合わせが間違っていないことを強要されます。それが楽しい人はよいのですが、私のようなお気軽モデラーにとってこれほどうっとしいことはありません。
これが模型作りの敷居を高くしていることは間違いないのです。

『i-modellers』は「模型作りを楽しむ人を一人でも増やしたい」という人が集まって立ち上げた雑誌ですから、見た人が楽しくプラモデルを作る気持ちになってほしい-そう思ってこの企画を提案しました。

序盤がアップされました。よろしければお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (4)

ぽっぽちゃん、築城す。

久しぶりに店の話題ではなく、当ブログらしいプラモデル制作記事を。

以前から、我が家のぽっぽちゃんが「クルマを作りたい!」とうるさく詰め寄ってくるので困っていました。先日問屋へ出向いた際に、子供でも作れそうなキットを探してみましたが、なかなかありません(あってもやたら高い…模型屋がこんなこと言っちゃダメか)。

Img_3260a
そこで、「お城は?」と聞くと「作る!」とのこと。
選んだのは童友社の「スタンダード松本城」。実は、お城のプラモデルは私も初めてなんです。


Img_3261a
中身は、ベースや木も入っていて、なかなかの箱庭気分です。




Img_3262aa
それでは築城開始です。
ニッパー片手に部品を探すぽっぽちゃん。興奮して立ちっぱなしです。



Img_3263a
部品を切り離し…、





Img_3264a
接着剤を使うのは初めてです。





Img_3265a
ちゃんとくっついたかな?

しかし、このキットはなかなかの難物で、バリ等の成型不良や押し出しピン痕が接着の妨げになったりして、初心者にはハードルが高いです。部品の整形もかなり必要で、ある程度プラモ作りの「勘どころ」が分かる人と一緒に作る必要があります。

Img_3268a
部品番号が飛んでいて、探すのにも必死です。
整形と接着の難しい部分だけ手伝いました。



Img_3272a
1時間ほどで、天守閣の各階が完成しました。

今日はこれで時間切れ。続きはまた来週です。

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

アネスト岩田のエアブラシが到着しました。

弊店では、アネスト岩田のエアブラシ製品をメインに取り扱っております。

Img_3135a
今までは商品の在庫のみでしたが、本日試し吹き用のハンドピースが届きました。
これで、ご購入を検討されているかたに試し吹きをしていただくことができるようになりました。

今回届いたのは、店頭で展示しておりますHPプラスシリーズの「HP-BP(0.2ミリ ダブルアクション)」および「HP-CP(0.3ミリ ダブルアクション)」に加え、ハイラインシリーズの「HP-TH(0.5ミリ トリガーアクション)」の3丁です。こちらは店頭在庫はございませんので、悪しからず。
特に「HP-TH」は、平吹き用のノズルキャップが付いたタイプで、スプレーガンの要素を含んでいる変わり種のエアブラシです。

実は、丸吹きで広い面をムラなく均一に塗装するというのは大変難しく、本来細吹きを得意とするエアブラシの用途ではありません。そこで、スプレーガンの構造を応用したエアブラシがこの「HP-TH」です。
特にカーモデラーさんやビッグスケールの模型を作るユーザーさんには、ぜひ一度試していただきたいと思います。

Img_3137a
HPプラスの2丁は、繊細な塗装に適しています。
吹きつけ見本が付いていますが、特に「HP-BP」の細吹き性能は、私も試してみたいです。

Img_3138a
現在、弊店で試用していただけるエアブラシは、写真の5丁です。プラモの在庫は少ないですが、実際に試せるエアブラシがこれだけ揃うのはおそらく弊店ならではと自負しております。

なお、この試し吹きのサービスは、弊店でエアブラシをお買い求めくださるお客様にご納得の上お買い上げいただくための、弊店独自のサービスです。
したがいまして、言うまでもないことですが、他店でのご購入を前提とした試し吹きはご遠慮くださいますようお願いいたします。
ただし、「買う予定はないけど、エアブラシがどんなもんか、一度触ってみたい」という、いわゆる冷やかしは大歓迎です! どんどん触りに来てください。

| | コメント (2)

ハセガワ Su-33 フランカーD <訂正>

先日の記事で、「翼端が捻り上がるのでヘンだ」と書きましたが、これはどうも間違った解釈のようです。ミサイルが前下がりになるのが自分としてはしっくりこなかった(水平になるものと思っていました)のですが。

翼の後端のラインが地面に水平で、前端のラインが翼端にいくにつれて徐々に下がっているなら、これで正解のようです。てことは、このキットはとてもよくできてるってことですね。
私の知識のなさが露呈してしまいました。

もしかしたら、後部のパテ埋めしたところも、あれで問題なかったのかもしれません。あまり参考にしないでください。

突っ込みを入れたかった読者の方が相当いらっしゃったでしょうね。誤った記事を書いてすみませんでした。関係者の方にもお詫び申し上げます。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »