ロードスター・コンベンション

2017年3月21日 (火)

ロードスターコンベンション 参加作品のご紹介

ロードスターコンベンションに、作品のご応募がありました。どうもありがとうございます。

Img_7710001
Kさん作品

同時開催中の「ネイキッドバイクコンベンション」にもエントリーいただいています。



Img_7711001
私店主と同じく、特別なことはなにもしない素組み派です。

それに、塗装も、上掛けクリアーも塗らない、色入れのみでの完成となっています。
たしかに、クリアーを吹きつけて研磨仕上げというのがカーモデルの王道スタイルですが、「そうしなければいけない」わけではないですからね。

Img_7713001
ヘッドライトのクリアーパーツの接着に瞬間接着剤を使ってしまったため、白化して真っ白に曇ってしまいました。

でも、これも多くの人が経験する失敗だと思います(私も、当然やったことがあります)。
瞬着を、密閉される箇所に使用すると、特に白化現象が起こりやすくなるので、要注意です。

Img_7714001
逆にいえば、経験の浅いかたでも、こんな模型ができあがるのがプラモデルのいいところですし、これから少しずつうまくなっていくのが楽しみでもあるわけです。
ぜひ、次回作も持ってきていただければと思います。

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

ロードスターコンベンション 参加作品のご紹介

2次募集を始めております、「ロードスター・コンベンション敗者復活戦」。
私店主のほうはと言いますと、ボディ塗装が済んだところで止まっております。今回は、自分のための敗者復活戦でもあるので、なんとか2度目のDNFだけは避けたいところですが…。

さて、お客様のほうから先に、ご応募がありました。すでに2作品を展示中で、順次ご紹介いたしますね。

Img_7695001
Hさん作品
タミヤ 1/24 

今年も、Hさんの制作意欲は衰えることを知りません。去年のこのコンベンションがご縁で出戻られましたので、ND型はすでに制作済み。
そこで、今回は違う型のキットで応募いただきました。(※前回応募済みのかたは、ITEM24085でも応募可能です。タミヤのキットワンメイクですので、他メーカーのキットにつきましては対象外ですが、展示は喜んで承ります。)

Img_7696001
これって、何年前のクルマになるんでしょうかねぇ? あまり詳しくないのですが、私店主が20歳くらいのころにはありましたよね。
今見ても、美しいデザインだなぁと思います。


Img_7697001
ホワイトがベースのようですが、偏光パールがかかったような仕上がりになっています。





Img_7699001
ドライバーズシートは、別売のバケットに交換され、走り屋っぽい仕上げになっています。ホイールも、NDから移植だそうです(かなりキツかったらしいですが)。




Img_7700001
シートベルトは、相変わらずキッチリ追加されてます。

私の勝手な想像なのですが、Hさんは、必要以上に実物との違いに執着することなく、プラモデル制作を楽しんでいるというようにお見受けします。
ご本人にお会いして話すと、プラモが楽しくてたまらないという感じにあふれていて、こちらも楽しませていただいています。


クルマに限らず、スケールモデラー諸氏の多くは、「実物どおりに作る」ことに、とても熱心です。
プラモデルは、ただでさえ縮尺されているうえ、様々な制約があって、メーカーや製品によって程度の差はあれ、実物と形が違っていたり省略されていたりということが、必ずあるものです。そこを修正したり、ないものを再現して実物に近付ける作業がご本人にとって楽しいなら、もちろんそれでいいと思います。趣味なんですから。

最近は、ネットの普及で、実物の写真や大いに手の込んだ素晴らしい作品といった情報があふれ返っており、資料の収集には不自由しません。
でも、それが原因で「未完成病」にかかっているかたも少なくないと感じます。それでは元も子もありません。

1)そもそも実物を知らない→作れない
2)資料がない→作れない
3)目的そのものが、いつの間にか、資料を集めることにすり変わってしまった→作れない
4)資料を集めた結果、「実物とキットの違い」が分かりすぎてしまい、自分のスキルでは手に負えなくなったが、かと言って、分かってしまった以上は見過ごせない→作れない
5)素晴らしい作品を見過ぎたせいで、打ちのめされてヤル気がなくなった→作れない
6)作ってはいるけれど、後から後から、あそこも違う・ここも直さないと、となって、きりがない→いつまでたっても完成しない(最悪、ゴールが見えなくなってしまって放置)

そんな話を、山のように耳にします。実にもったいない話です。
本来、「実物のことを知らなくても作れる模型」がプラモデルキットなのだと、私店主は考えています。
一から手作りするスクラッチのような模型なら、資料がなくては設計ができませんから、資料集めに奔走するのは当然のことです。
でも、プラモデルは、設計する必要もなければ部品を手作りする必要もありません。説明図に従って組み立てて色を塗るだけで、完成します。(まあ、キットによっては部品がちゃんと合わないとかありますが、それはまた別の話ですから・・・。)

私店主も、ここ数年はもっぱら素組みばかりです。わずかに手を加えることはありますが、せいぜいマフラーや機銃の開口部に穴を開ける程度のことくらい。これだって、「実物は穴が開いているのだから、開いていないのはおかしい」からではなく、穴を開けないと何か分からないから、というだけであって、実は穴の部分を黒く塗るだけでも、パッと見ならそれらしく見えたりするんですよ笑。
また、実物の資料を探すときも、あくまで「説明図が見にくくて、どうなっているのか分からない」ときの参考にする程度にして、「キットの間違い探し」はしないようにしています。
でも、このやり方で、プラモ作りがつまらないと思ったことはありません(前述のように、キットが作りづらくて悩むことはありますが)。

細部が実物と違っているという悔しさより、完成した作品を手にできた喜びのほうが、何倍も大きいと思います。

私どもの店のコンベンションは、そういうかたにまずは作っていただきたいという思いも込めて開催しています。
上の「未完成病」の原因に思い当たる方も、他のかたの素晴らしい作品に感化されすぎて手が動かなくなってしまったかたも、ぜひ一作、あまり気張らずに作ってみてほしいなと思います。
(作品のご紹介のはずが、つい話がそれてしまって、長文、失礼しました)

| | コメント (2)

2017年2月 1日 (水)

タミヤ 1/24 ロードスター その2

メタリックのベースは出来ましたので、ここから、実車同様にクリヤーカラーを重ねて赤色を出していきます。

タミヤTSカラーのクリヤーレッドでもよかったのですが、缶スプレーのクリヤーカラーは、どうしてもムラが出やすいのが弱点です。厚く、しっかり塗るならいいのですが、今回は薄く塗り重ねて少しずつ色を増していきたいので、エアーブラシで吹くことにしました。

ただし、タミヤのTSカラーは、模型用塗料の中では強溶剤塗料なので、私のウデでは、失敗して下地のメタリックの戻りムラを出してしまうのが心配です。そこで、今回はクレオスのミスターカラーを使うことにしました。

Img_7414001
カタログの色と見比べながら、何回も吹き重ねます。
クリヤーレッドをさらにクリヤーで割って色を薄め、一気に色が着きすぎないようにします。
途中から、クリヤーピンクも少量混ぜて、赤が濃くなりすぎないようにしてたんですが…、


Img_7415001
ただ、色の変化が小さい分、目がマヒしてくるので、ふと気づいたらちょっと赤くなりすぎた気がします(写真では明るく見えますが、実際はもっと濃いです)。

この色は、シェイド部の暗さが特徴的なので、そちらばかり気にしていて、「もうあと1回、どうするかな?」と思いつつ吹いたのですが、そこでいったんやめておいて、時間を置いて目を戻してから見直せばよかったかな~と思ってます。

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

タミヤ 1/24 ロードスター その1

「ロードスター・コンンベンション敗者復活戦」に向けて、牛歩ながら進めています。
昨年の本戦に向けて、ボディーのスジボリの彫り増しと下地作りだけはしてあったので、まずは塗装から入ります。

最近マイブームの黒立ち上げです。
スジボリの部分は、彫りが深くなっていて塗料が入りにくいので、細めのエアーブラシを使って入念に黒を入れた後、全体を真っ黒に塗装します。黒は、タミヤのTS14を使いました。

色は、やはり「プレミアムソウルレッド」狙いで行くことにしました。
マツダは、最近、CMやカタログでも、まるで会社のイメージカラーのように「プレミアムソウルレッド」という色を前面に押し出していますね。広島カープのヘルメットも、おそらくこの色なんじゃないかと思えるほどです。

Img_7409002
まずは、これまた赤塗装の下地としてお気に入りの、ガイアのカーマインを塗装します。
スジボリを深く彫り増ししておけば、中へはほとんど塗料が入らず、入ってもわずかで、自然なパネルライン表現ができるので、この黒立ち上げが気に入ってます。

続いて、肝心の色入れです。
タミヤからは、このキットの発売に合わせて、専用色の「TS95ピュアメタリックレッド」というカラーを発売しています。
そこで、当初はこれを使う予定でいたのですが、タミヤからは、「TS18メタリックレッド」というカラーも出ています。そこで、試しに塗り比べてみることにしました。

Img_7407001
ところが、これがほとんど見分けがつかないんですね。
何度か塗り重ねると、若干ですがTS95のほうがメタリック粒子が粗くて赤が濃いような気がする・・・という程度です。

ただ、個人的にはTS18のほうがイメージに近いように感じたので、今回はこっちでいってみることにしました。

Img_7413001
ただ、この色だけでは微妙なシェイドが入らず立体感に欠けるのと、色味がちょっと薄い(うまく言葉で表現できないんですが)ので、クリアーブルーに少しのクリアーレッドを混ぜたものをクリアーで割って薄め、重ね塗りしました。
その後、さらにクリアーブラックを重ね塗りしたのがこちらです。

カタログの写真と見比べながら、模型として映える感じを想像しながら塗っています。果たして、うまくいきますやら・・・。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

【イベント】ロードスター・コンベンション敗者復活戦

一昨年の年末に(もうそんなになるんですねぇ)、タミヤからのキットの発売に合わせて募集を始めた、「ロードスター・コンベンション」は、おかげさまで盛況のうちに終えることができました。

でも、中には、せっかくキットをご購入くださったものの、締め切りまでに間に合わなかったかたも数人いらっしゃいました。もしかすると、それで手が止まってしまったままというかたもいらっしゃるかもしれません。

そこで、「敗者復活戦」と銘打って、2次募集をいたします(念のため申し上げておきますが、「敗者」という言葉に特に悪意はございません)。
前回は、半年という長めの期間を設けましたが、今回はお手付き状態からのスタートという仮定で、あえて短期決戦。締め切りは4月末といたします。

内装が見えてしまうオープンカーだけに、あちこちこだわりたくなってしまう気持ちは分かりますが、プラモはまずは完成させてこそ! それが次回作へのモチベーションにもなります。

そういう私店主めが思いっきり該当者なので、今度こそはフィニッシュするよう頑張ります。皆さんも一緒に完走を目指しましょう!

また、リピートでのご参加や新規のご参加も大歓迎です。今回も、対象はタミヤのロードスターのワンメイクです。リピート参加の方に限り、旧型(ITEM.24085)でも参加可とします。

| | コメント (2)

2016年7月25日 (月)

マルモコ作品展2016 【おわりに】

以上で作品のご紹介は終了です。
写真に撮り忘れて作品をご紹介できなかった参加者の方に、お詫び申し上げます。
全部撮ったと思っていたのですが、お話をしたり、駐車券にスタンプを押しに行ったりしてるうちに、どこまで撮ったか分からなくなったみたいです…。


今回は、カーモデルが圧倒的に多く、AFVモデルが予想以上に少なかったのが、少々驚きでした。

また、今回の大きな反省点が、作品カードと名札をご用意しなかったこと。これは大失態でした。前日まで、ファルコン号の完成を間に合わせようとして、展示会の準備がおろそかになってしまいました。申し訳ありませんでした。


去年は作品展を行わなかったので、ここ2年ほどの間に私どもとお付き合いを始めてくださったお客様の中には、以前のことをご存じない方もいらっしゃいました。

この展示会は、模型サークルとかクラブのイベントではなく、特定のメンバーを対象にしていません。そのため、参加者全員にあらかじめ都合のいい日をうかがって「日程のすり合わせ」をすることができません。

したがって、先に日時を決めてしまい、その代わり早めに告知して、少しでも参加していただきやすいようにしてきたのです。
当店は6月25日が開業日なので、その周年感謝行事として作品展を始めたんですね。第1回目は店内で行いましたが、第2回目以降は、行うなら7月の「海の日」と決めてきました。

では、なぜ「海の日」かと言いますと、開催するのに、どこか施設を借りるとなると、それに近い休日で、しかも当店の定休日である月曜祝日が望ましいのです。日曜ですと、店を休業にしないといけませんからね。
そこで、ずっと「海の日」に作品展を行ってきたというわけです。

来年は、この日には、津市内でもうすでに別の模型イベントが予定されているそうなので、同日は避けるべきと考えています。
また、その前後には、毎年恒例の静岡ホビーショー合同展示会や伊勢フライングビーナスクラブさんの展示会がありますし、それ以外にも三重の近隣で大規模な展示会イベントが増えて、もう「やりどき」がなくなってきたんですよね…。

なので、来年以降のマルモコ作品展の開催につきましては、今のところまったくの白紙です。

次回開催については、また皆様のご意見もうかがって検討したいと思います。

ご参加、またご見学に来ていただいた皆様、どうもありがとうございました。
また開催の機会がありましたら、ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

マルモコ作品展2016 覚書 その5

最後に、ロードスターコンの全体風景をご覧いただきたいと思います。

Img_6095001
こちらが、全出走車。
右の3台は、Katsuさんのフルスクラッチ作品で、タミヤのプラモデルキットではありませんので参考出品です。それと左から2台目のチャージマツダカラーの作品も、本日飛び入り参加のゲスト作品です。

しかし、キリよく10台並ぶと、なかなか壮観です。

エントリー自体はもう少しあったのですが、残念ながら間に合わなかったかたも。

コンベンション期間は終わりましたが、店内への作品のお持込みは、もちろん大歓迎です。遅れたからと気にせず、完成しましたらぜひ店までお持ち寄りください。

Img_6089001








Img_6088001








Img_6084001








Img_6083001








Img_6081001








コンベンション当初から、最後はこの作品展で全作品で集合写真を撮りたいというのが、個人的な楽しみでした。
ところが、この日は都合が合わず参加できないかもしれないという方がいらっしゃり、とてもガッカリしていたのですが、わざわざ時間を作って持ってきていただいたおかげで、念願が叶いました。
ただ、なぜかその作品だけ個別に撮っていませんでした(撮ったつもりでしたが、写真を整理していて気付きました)…。本当に申し訳ないです。


Img_6096001_2Img_6097001_2






Img_6104001_2Img_6109001_2









Img_6114001








Img_6116001








Img_6115001_2








Img_6122001










Img_6123001_2









Img_6124002_2









余談ですが、転倒虫さんは、こんなことして電飾ライトで遊ばれてましたよ。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

マルモコ作品展2016 覚書 その4

すいません。ちょっと疲れが出ちゃったみたいで、ひどくしんどかったので、休業させていただきました。
1日横になってたら(とはいっても、晩ご飯は作りましたが)だいぶよくなったので、明日は通常営業できると思います。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


ロードスターコンベンションの、最後のエントリー作品です。

Img_6080001
Katsuさん作品

作者さんは、普段はスクラッチでカーモデルを制作されているかたです。



Img_6077001
実は、このクルマも、タミヤのこのキットが発売になるよりもずっと前にスクラッチで作っておられまして、今回のコンベンションのために、とても久しぶりにプラモデルを作られたとのことでした。

ご自身のウェブサイトでも、「プラモデルよりスクラッチのほうがラク」と、意味の分からないことをぼやいておられました笑。

Img_6078001
店内ではないので、ほかの作品より写真が少なくてゴメンナサイ。

塗装色は、タミヤの専用カラーです。
ん? でも、なんか妙だと思いませんか?


Img_6118001
実はこの作品、ご本人いわく変態なギミックが仕掛けてあるんですね。ボディーのツヤに、違和感を感じるのではないでしょうか?



Img_6124001
隣りの作品と見比べてみましょう。左端がこの作品。
横の2台は、天井の景色が映りこんでいるのに、Katsuさんのにはありません。

そう、この作品には、カーモデルの一番の見せ場というべきツヤがないのです。ツヤ消し、マット仕上げなのです。

で、ハイライトやシャドウの部分を、色を変えて塗装で表現しているんですね。まるで、戦車模型のような、絵画的手法を取られています。

なので、どこから見てもハイライトの模様は同じなのです。立体として見るよりも、このように写真にして見たり、特定の方向から片目で見てこそ真価がわかるという、だまし絵のような作品です。

以前から、誰もやってないことをやりますとおっしゃってたのですが、こういうことは思ってもみませんでした。

(あと1回だけ続きます)

| | コメント (0)

2016年5月24日 (火)

【ロードスターコンベンション】参加作品

私事ですが、昨日、親知らずを1本抜きました。

いつの間にか虫歯になっていまして、しかもかなり深くまでいってるとのことで、温存して治療するより抜いてしまうことにしました。

私、親知らずが4本ともちゃんと生えてまして、欠損歯もないことがささやかな自慢だったんですが、とうとう1本なくなってしまいました。


さて、ロードスターコンベンションに、参加作品のお持ち込みがありました。ありがとうございます。
前回の転倒虫さんから1カ月ぶりですね。締め切りも迫ってきました。皆さん、ラストスパート頑張ってください! …と言いつつ、そう言う店主が、絶望的に間に合いません(確定)。面目ないです。
でも、締め切りには間に合いそうにない方も諦めずに、7月のマルモコ展示会を目標に制作してください。会場で、作品と作者さんの集合写真を撮りたいと思っています。

Img_5822001_2
MKBさん作品

美しいキャンディーカラー塗装が得意技のMKBさんですが、今回もやはりこれで来ました。


Img_5833001
様々なクリアーカラーを塗り重ねた、マルーンのようなワイレッドのような、深みのある微妙な色合いは、写真や言葉では表現しにくいです。ぜひ実物をご覧になってください。


Img_5823001
サイドのストライプは、実在するクルマを参考に、市販のデカールを貼り込まれたそうです。




Img_5824001
あと、下部のリップスポイラーは自作です。
車高も下げてあるので、迫力の1台です。



Img_5827001
内装のオレンジがボディーカラーとよく合っていて、オシャレです。皮らしい質感も表現されています。





Img_5836001
タイヤハウス内をよくのぞき込みますと、奥のダンパーがビルシュタインになってました。

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

【ロードスターコンベンション】参加作品

開催中の「ロードスターコンベンション」に、作品のお持ち込みがありました。ありがとうございます。

Img_5544001_2
模型転倒虫さん作品

転倒虫さん初の、キャンディー塗装に挑戦した作品です。

メッキ調シルバー塗装下地からの立ち上げで、通常のシルバー下地とは違って粒子感のない、独特な光沢感がたいへん美しい作品です。

Img_5542001
クリヤーブルーを塗り込んで入れた濃淡が、豊かな曲面で構成されたこのクルマと、たいへんよくマッチしています。




Img_5535001
サイド下やミラーなど、黒ではなく、さりげなくグレー塗装にされています。





Img_5553001
室内は、ほぼキットのままでしょうか。カーペット自作は、転倒虫さん定番の工作です。






Img_5557001
シート肩口のベルトフックの追加工作。ここが省略されているのを、このキットを作る方は気付く方が多いですね。
あと、転倒虫さんの作品で気付くのが、ガラスの透明度が高いこと。これはポイント高いので、ぜひ真似したいです。

Img_5560001
ボンネットの文字は、頑張ってマスキングして塗装されました。


これで、現状4台揃っています。面白いのは、いずれも作品の個性がハッキリしていて、同じキットなのに全然違うこと。ぜひ店頭で実物をご覧になっていただきたいです。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作シリーズ | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾