タミヤ ヤークトパンサー

2014年11月19日 (水)

タミヤ ヤークトパンサー その14 <完成>

汚しが終わった履帯を装着して、完成です!

履帯のたるみ具合を調整できるように、誘導輪のアームを後ろに少し振れるように、あらかじめ差し込み部を細工しておきます。
パンサー系の戦車の履帯は、あまりダルンダルンにたるんでも、パツパツに張りつめてもおかしいようです。転輪に触れるかどうかぐらいのところで弧を描くように調整して、誘導輪のアームを接着します。

Img_1160001
汚しは、あえてアッサリ目です。このままの状態でモデスポに持って行きました。エアーブラシは通常の塗装だけでなく、汚しにも活用できるんですよ。


Img_1162001
ヤクパンは、個人的には後ろから見たとこが好きですね。クサビ型の車体が、カッコイイです!

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

タミヤ ヤークトパンサー その13

汚し表現に入ります。

Img_1129001
車体の裏や下部に、ホコリ色をエアーブラシで吹きつけます。タミヤ・アクリルのフラットアースやサンディブラウンなどをランダムに吹きつけます。このとき、キレイに吹きつけてしまっては「汚し」にならず、「単なるホコリ色での塗装」になってしまいます。
そこで、エアー圧をうんと絞って、いわゆる「砂吹き」でビチビチと粗い粒子を飛ばします。

また、先にトリガーボタンを一瞬引いてすぐに押すと、ノズル先端にたまった塗料がビチャッと飛び散って、泥跳ねを表現できます。
この二つの方法だけで、けっこう「らしい」表現が可能です。「汚しはピグメントやパステルを使うもので、扱いが難しい」と決めつけているかたがいたら、是非この方法をおススメします。

今回は、モデスポ2014で販売するエアーブラシのデモ作品にするので、それに持っていくために、エアーブラシで表現可能な汚しにとどめます。
とはいえ、後で汚しを進めたくなった時のために、車体の奥のほうや転輪は、ピグメントなどを使って汚しておきました。こういうところは、後からでは筆が入らなっかったりしてどうしようもなくなりますからね。

Img_1131002
履帯は立体感のある汚れ表現が欲しいので、ピグメントを使っいます。
ピグメントは、そのままでは定着力がなく、触ったり吹いたりすれば取れてしまいますので、画材のフィキサチーフに混ぜて塗ることで定着させます。フィキサチーフは十分な定着力がありますが、ちょっと乾燥が早いのが難点です。また、乾くといかにも「塗りました」って感じになるので、上からピグメントを振りかけたりして「ぼかす」ことも必要です。

Img_1137001
表側の接地面と、裏側の転輪が通る部分は、全体にグラファイト鉛筆を擦りつけて、磨かれた金属感を表現します。

滑り止めの「ハの字」のところは、紙にクロームシルバーを塗りつけ、乾く前にペーパーがけの要領でこするつけてやると、この部分だけにギラギラの銀がのって、よいアクセントがカンタンに付きます。筆を使うドライブラシでは、余計なところにまで銀が付いて、クドくなってしまいます。

これで、履帯も完成です。あとは車体に取り付ければ完成ですね!

| | コメント (0)

2014年11月12日 (水)

タミヤ ヤークトパンサー その12

Img_1127001
写真をこまめに撮ってなかったので、ちょっと飛んでしまいますが、色を変えて数回フィルターをかけます。やり方は同じで、薄く塗って、溶剤が飛んだところで、筆にペトロールを軽く含ませて、上から下に向かってさらに伸ばします。平面は上下がありませんから、軽く押さえるようにしてなじませるというか、ぼんやりとムラができるようにしていきます。
「エイヤッ!」と勢いだけでやると雑に仕上がりますので、実は結構ていねいな筆使いが必要なんですよ。

ブラウンピンクやアイボリーホワイトなどを使って、1色ずつ根気よく塗っては乾かしを繰り返します。

油絵具は、タミヤエナメルと違って、乾くと溶剤で溶けなくなるので、上から重ねてフィルターをかけられるという利点があるのが大きいですね。その分、時間はかかってしまいますが。

白系は、ホコリがたまったような表現も兼ねることができますが、やりすぎると真っ白になってしまうので、そこは要注意です。

| | コメント (0)

2014年11月11日 (火)

タミヤ ヤークトパンサー その11

ちまちまとネタを小出しにしてお送りしております…。

Img_1122001
車体の仕上げとウェザリングに進みます。

まず、各部にスミ入れを行います。自分の場合は、スミ入れでメリハリをつけたいほうなので、けっこうクドめに濃い色でスミ入れします。今回は、AKのNATO迷彩用ウォッシュを使いました。
しばらく使わずにいたら、けっこう粘度が高くなっていたので、皿に移してペトロールで適度に薄めます。

ハミ出しを筆で拭き取り、十分に乾燥させた後、フィルター塗装です。
今回は、久しぶりに油絵具を使いました。まず、バーントアンバーをペトロールで薄めて、全体に塗っていきます。含みのいいラファエルのリス毛筆か、ホルベインのブラックリセーブル毛がおススメです。

ペトロールが飛んで半乾きになったところで、筆で軽くなでるようにして伸ばします。上から下へ、筆の跡が残るようにすると、汚れが流れたような感じにもなります。これも、ブラックリセーブル毛のフィルバート筆がたいへんやりやすいです。

これを数回繰り返して、好みの濃さにおさまったら、いったん乾燥させます。

| | コメント (0)

2014年11月 9日 (日)

タミヤ ヤークトパンサー その10

Img_1121001
デカールを貼り、細部を塗り分けます。
ジャッキ台とシャックルは、それぞれチッピングを施して、塗装のハガレを表現しました。
木部のハガレは、雰囲気を出すのが難しいですね。

| | コメント (0)

2014年11月 6日 (木)

タミヤ ヤークトパンサー その9

Img_1114001
履帯の塗装をします。
模型に出戻って約10年のワタクシ、実はカステンの可動履帯使うの、初めてなんですよ! とにかく、ちぎれそうで怖いですね。

履帯の基本塗装は、いつもどおりお手軽です。
段ボールの上にテープで軽くくっつけ、まずクレオスのマホガニーで下塗りをします。次に、タミヤのグレイバイオレットを、マホガニーを塗りつぶさないように軽く吹きつけます。どちらも缶スプレーでOKです。

Img_1119002
表側も手順は同じですが、グレイを吹くときは、水平に近いぐらいに斜め方向から吹いて、履帯の凹んだ部分に塗料がかからないようにします。

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

タミヤ ヤークトパンサー その8

さて、迷彩後は、装備品等を塗り分けていきます。
写真は割愛します。というか、撮ってませんでした…。すいません。
ハンマーやスコップの金属部は、クレオスのメタルカラー・アイアンにエンジングレーを混ぜて塗り、乾燥後に綿棒で磨いてやります。アイアンだけではギラツキすぎる気がするので。

Img_1110001
ジャッキとシャックルは、あえてダークイエローで塗り、「よそから持ってきた」感を演出しました。
どちらも、ジャーマングレイで派手めにチッピングを施します。私は、筆で地道に描き込んでいくやり方が基本ですね。
カドの部分に、グラファイト鉛筆をこすりつけ、鈍く光らせてやりました。

| | コメント (0)

2014年10月29日 (水)

タミヤ ヤークトパンサー その7

Img_0986001
迷彩2色目にブラウンを吹きました。
グリーンと同様に、場所によって色調を変えてみました。あんまり分かりませんけどね…。



Img_0988001
最後に、ダークイエローの線を吹いて、迷彩は終了です。

ちなみに、ここまでのエアーブラシ塗装は、当店で扱っているオリジナルエアーブラシ1本ですべて吹いています。実は今回、このエアーブラシが、ニードルを使い分けることで戦車の下地塗装から迷彩まで使えるかどうかのテストも兼ねた、デモ作品として作ってるんですよ。

ですので、この作品は、11月2~3日のモデラーズエキスポ2014会場の、当店ブースで展示します。ぜひ実物をご覧になりに来てください!

| | コメント (0)

2014年10月28日 (火)

タミヤ ヤークトパンサー その6

では、基本色から塗装していきます。
今回は、ダークグリーンの面積が大きいパターンにしてみたいと思うので、ダークイエローではなくダークグリーンをベースに塗っていきます。
Img_0976001_2
1色目のグリーンです。クレオスのダークグリーンに白を少量混ぜました。




Img_0977001
続いて、さらに白を加えた色で、階調をつけます。
上面や、側面の上のほう、ハッチなど、意図的に明るくしていきます。


Img_0981001
さらにもう1回白を加えて、ハイライト的に吹きつけていきます。エッジの部分は、マスキングテープを貼ってはみ出さないようにします。

これで、グリーンの基本色は完了です。

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

タミヤ ヤークトパンサー その5

Img_0973001
下地塗装をします。

影も兼ねた下地色として、個人的にもっともよいと思うのが、タミヤのTS90陸自茶色です。
クレオスのマホガニーではちょっと濃すぎるし、レッドブラウンやオキサイドレッドは赤すぎる気がするのですが、この色はちょうどよい暗さと茶色さ加減で、特にダークイエローの下地にしたい場合はよく合うと思っています。

影色を兼ねてるので、塗り残しがないよう、入り込んだところも念入りに吹いておきます。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾