商品情報

2018年8月17日 (金)

入荷案内

Img_0502001_2
タミヤ エアーブラシ用品

エアーブラシの分解メンテに使用します。

(左)高粘度グリース
エアーブラシの押しボタンの、エアーバルブ差し込み部に塗ります。押しボタンの押し・戻りをスムースにします。
(右)ノズルシール
清掃後のノズルやノズルキャップのネジ山に塗布して本体に締め込みます(※ノズルは、くれぐれも締めすぎないように!!)。
気密性を確保して、噴霧性を向上します。

Img_0499001
パーフェクトプラスチックパテ

すいません。泣きを入れて買っていただいているうちに評判になり、売れ残るどころか、人気商品になっちゃいました。

でも、実際に使ってみると、たいへん使いやすい1液型のパテです。ニオイがまったくなく、硬化後の切削感がとても軽快でよいです。
ラッカーシンナーに不溶なので、上からサフを塗布しても、シンナーによる戻りヒケを起こす心配がありません。

Img_0500001
ウェーブ
マルチハンドルミニ
0.3mm~3.2mmのドリル等が、チャックを替えることなく装着できるハンドルです。
長さを変えて使えるのが、今までにない特長です。
尾部の回転部は、ベアリング内蔵で、回転が滑らかです。





Img_0493001
ドラゴン
1/35 ヤークトタイガー(ポルシェタイプ)
足回りが独特なポルシェタイプのヤークトタイガーです。
先に再販されたヤクパン同様、ツィンメリット済みとなしのパーツが同梱され、好きなほうを選べます。


Img_0495001
ツィンメリットのモールドを施したキットは多数見られるようになりましたが、繊細な表現は、今でもドラゴンが一番なのではないかと思います。これをパテ等で自分で再現するのは、なかなか難しいでしょう。



Img_0494001
履帯はDSでもマジックトラックでもない、昔ながらのランナーに並んだタイプ!
初期の、分割の複雑なタイプです。
重量車なので、たるみがつけやすい組み立て式なのは、面倒ではありますが個人的には嬉しいです。


Img_0496001
1/35 IDF M113
意外にも、ドラゴン初のM113です。箱絵がめっちゃカッコイイですが、残念ながらフィギュアは入っていません…。





Img_0497001
履帯は、今や主流の、部分一体型の連結式。ドラゴンでは「ネオトラック」と呼ぶらしいです。
接地面のゴム部は別部品。






Img_0498001
フルインテリアキットではないので、中身はあっさり気味。
雑具袋はDS素材です。

| | コメント (1)

2018年8月 8日 (水)

これは、効果絶大です

Img_0490001
クレオス
プレミアムトップコート ツヤ消し

先日発売になった、水性トップコートの新製品。
缶スプレータイプに加え、ビン入りも仲間入りしました。

これ、使ってみるとすぐに分かるのですが、従来品とは明らかに違います。
とにかく、ツヤ消し効果が強いことと、それにも関らず色の白けがほとんどない点が素晴らしいです。

Img_0483001
しっかりツヤが消えてほしい、ドイツ戦車兵の黒服で試してみましょう。

タミヤエナメル塗料のフラットブラック等で色入れしたところです。陰影表現はしていますが、あまり分かりませんよね。


Img_0484001
ツヤ消し色ですが、光を当てると、それなりにテカリが出ます。これぐらいは普通です。
斜めから見ると、テカリ具合がよく分かりますね。





Img_0485001
こちらが、その後このトップコートを吹いたところ。使ったのはビンタイプのほうをエアーブラシで吹いていますが、缶スプレーでも同様の効果が得られます。

見事にツヤが消えて、色入れで入れたハイライト表現がハッキリ分かるようになりました(ヘタなのは置いといて…)

Img_0486001
黒は、ツヤ消しトップコートで白化してほしくない代表格ですが、見事に真っ黒。ほとんど白化はありません。
布地らしく、しっかりツヤが消えるのは嬉しいです。

従来のツヤ消しトップコートでは、ツヤが消えないからといって重ねて厚塗りするのは、かえってツヤが消えなくなるのでご法度でしたが、このプレミアムは、表面がジトッと濡れる程度の2回吹きくらいで仕上げてあげると、程よくツヤが消えるので、扱いもラクです。

ただ、缶スプレーのほうは、吹いた後は必ずノズルに溜まった塗料を拭き取ってください。
でないと、次に使う時の1発目に、溜まって乾いたツヤ消し材の塊が吹きつけられ、白いマダラ模様になってしまいます。こうなったら修正は効きませんので、塗り直すしかありません。
また、内容液の残りが少なくなってきた時も、霧が粗くなって同様の失敗をしやすくなります。思い切って新品に替えましょう。

Img_0482001
とても気に入りました。たいへんオススメです。

| | コメント (4)

2018年8月 3日 (金)

ご予約のご案内

タミヤから、9月の新商品情報が発表になっております。
http://www.tamiya.com/japan/newitems/list.html

中でも特に、1/6 CB750FOURと、1/12 RG250ガンマは、スポット販売時はいつも人気の高い商品で、予約完売も予想されます。締め切り後の追加予約は間に合わない可能性が高い(先日再版の1/6カタナですら予約完売で、追加予約不可でした)ので、ご希望の方は締め切り前のご予約をオススメします。

締め切りは8月半ばですが、10日ぐらいには発注をかけてしまうつもりでおりますので、なるべくお早めにお願いします。

| | コメント (2)

2018年7月20日 (金)

入荷案内

まだしつこく続きます。

Img_0407001
クアトロポルテ
プライマーサーフェイサー(手前)
ウォッシュシンナー(左)
マルチシンナー(右)

初めて聞くブランド名ですが、問屋に問い合わせが多いらしく、取り扱いを始めたとのことなので、仕入れてみました。

プラサフ(余談ですが「プラサフ」とは「プライマーサーフェイサー」の略で、プライマー効果を持ったサフのことで、「プラスチック用サーフェイサー」の意味ではありませんよ)は、他社従来品に比べ粘度が低く、吹きつけに適した粘度に希釈済みです。中にクレオスのかくはん球を入れて振り混ぜれば、使いやすいと思います。

塗装用シンナーは、他社品に比べ強めの溶剤となっているそうです。ガイアの『プロユースシンナー』に似た感じでしょうか。

Img_0409001
ハセガワ
フィニッシュ用軟化剤

同社のミラーフィニッシュ等を凹凸部になじませるための軟化剤です。








Img_0410001
デカール軟化剤のような即効性はないようです。
また、貼った後のフィニッシュ表面にではなく、施行面との間に塗ります(水貼りの要領です)。施行面とフィニッシュとの隙間に空気が入らないようにこれで満たし、揮発してなくなることで、フィニッシュが吸い寄せられるという理屈です(実はデカール軟化剤も、こうして使うとよいのですよ)。




Img_0411001_2
童友社
きさげカッター

しつこく宣伝しているせいか、当店のツール系では一番の人気商品です。
使ってみれば、良さが分かると思います。







Img_0413001
デラックスマテリアル
パーフェクトプラスチックパテ

前に、間違って仕入れすぎたのでと泣きついたら、意外にも売り切れてしまいましたので、結局補充。なんかズルイことしたみたいです汗。
でも、これ、使った人はとてもよいと喜んでくれます。
私も、これを使い始めてから、ラッカーパテを使わなくなってしまいました。
水性でニオイがない・意外に速乾・ヒケが少ない・切削しやすいと、4拍子揃った、よいパテです。

前述のきさげカッターもそうですが、ネットでレビューばかり検索していても、なんにも得られませんよ。使って初めて、よさが分かります。

Img_0414001
ニチバン
クリアーラインテープ

塩ビ基材の、曲線貼り用マスキングテープです。
一般的な和紙テープよりも、見切りのラインがシャープに出ます。また、スジボリのガイドにも。

ニットーのボディコンテープ(タミヤから販売されているものと同等品)も同類の製品ですが、あまりにも基材が伸びやすいために直進性がまったくなく、小さいアールで曲げるのには適していますが、ラインがよれてしまいがちです。このラインテープのほうが、滑らかなラインにできます。

Img_0415001
タミヤ
シート付きマスキングテープ

かなり前から置いているのですが、誰も気づかないようですのでご紹介。
いわゆる「マスカー」です。
マスキングテープの半分にビニールシートがあらかじめ付いていて、塗り分けの境界線だけにマスキングテープを貼り、あとはシートを広げて養生します。広い面を養生するのに便利です。ちまちまとマスキングテープを全面に貼りこむ必要がなくなりますし、糊跡が残るリスクを避けられます。
ビニールはたたみ込まれているので、広げると幅が50センチに達します。

| | コメント (2)

2018年7月19日 (木)

入荷案内

Img_0401001
アオシマ
1/24 RX-7 スピリットR

しばらくリストから消えていた、派手な大型リアウイングの付いたFDがリニューアル。




Img_0402001
ウインドウ等の含まれる透明パーツが、クリヤーとスモークの2色入っています。
一瞬、ウインドウが真っ黒!?なんの間違いか、と思いましたが、リアのランプ部など、スモーク処理されている部分のスモーク塗装を省くための、親切設定のようです。
でも、パーツ自体は、成型色以外は全く同じなので、あえて黒い窓を使って、室内の塗装を割愛してラクするという手もアリなんでは?とか思ったりもします。

それにしても、アオシマのFDとFCのキットは、シャシー周りの部品が共用なんですね。ちょっとビックリです。

Img_0403001
タミヤ
1/24 サバンナRX-7

こちらは久々再販のFC。
上のFD共々、はからずもミッドシップコン対象キットです。




Img_0404001
1/24 シトロエン2CV
今でも、ごく稀に走っているのを見かけます。これも久々の再販。1/24のフィアット500は、再販してくれないのかなぁ。

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

入荷案内

Img_0396001
モンモデル
1/35 ヤークトパンサーG1

モンモデルから、ヤクパン登場です。





Img_0397001
箱を開けると目に飛び込んでくる履帯履帯履帯の群れ! あまりに整然と並んでいて、整列したクローントルーパーに見えてしまいました。





Img_0398001
車体上部は、一体成型が一般的な割り方ですが、なんと箱組み。これは興味深いですね。う~ん、組んでみたい。






Img_0392001
ドラゴン
1/35 ヤークトパンサー初期型

ツィンメリット済みとノーマルのパーツが同梱されて、どちらか選んで組み立てられる、お得なキット。にもかかわらず、5900円という、輸入AFVプラモとしては比較的お手頃価格。なんだ? やればできるんじゃないか、ドラゴンさんよ。

Img_0394001
車体部品など、コーティングが施される部分は、2通りずつの部品が入っています。
コーティングの彫刻はたいへん緻密で、雰囲気満点。キット自体は、やっぱりとてもいいんですよ、ドラゴンは。明らかに価格面で損をしていると思います。


Img_0399001
ハセガワ
1/24 バブリーガールズ
ここのところハセガワ製品のフィギュアに引っ張りだこの辻村氏原型によるお姉さんフィギュア。レジンではなく、インジェクションのプラモです。



Img_0400001
こういう、キレイなお姉さんを作らせたら右に出る人はいないのではないかという人なので、レジンのようなシャープさはないものの、辻村さんらしい造形が楽しめます。

パッケージ作例も氏によるもの。もともと絵を描くかたなので、塗りもうまいです。

Img_0406001
コンベンションに合わせて、ポルシェいろいろやってきました。









.

| | コメント (6)

2018年7月15日 (日)

入荷案内

Img_0310001
タミヤ
コンパウンド用スポンジ

塗装面のツヤ出し磨きのためのスポンジです。コンパウンドを付けて塗装面を磨きます。
一般的なクロスと違い、均等に圧がかかるのと、カドの部分を利用することでモールドのキワの部分まで磨きやすくなります。





Img_0311001
ホビーショーで軽く試用してみましたが、青い芯の部分が硬く、力がかけやすくて、これは使いやすくてよいと感じました。
詳しくはメーカーのサイトで。http://www.tamiya.com/japan/products/87192/index.html

Img_0312001
リターダー入りラッカー溶剤

暑くて湿度の高いこれからの季節にピッタリな、遅乾タイプのラッカーシンナーです。レベリング性を向上し、カブリを抑えます。タミヤの各種ラッカー塗料に使えます。
クレオスではレベリングうすめ液、ガイアではブラシマスターに相当します。
また、元より筆塗りが大変しやすい同社のビン入りラッカーですが、筆塗りの際にもこれで少し希釈することで、塗りやすくなると思います。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

入荷案内

Img_0283001_2
カモ井
マスキングテープ カブキS

なんだかスゴイ商品名ですが、模型塗装に合うマスキングテープを探していて、ここに行きつきました。

メーカーさんに、「模型塗装用途なので、曲面になじみやすく、ナイフで切り抜くのがやりやすいテープを『作ってくれませんか』」と、図々しくも直談判してみたところ、「オススメのものがありますよ」とのこと。
(余談ですが、実はワタクシ、以前からけっこうこういう身の程をわきまえない無茶なお願いを、あちこちにしてます。どこも、ていねいな対応をしてくださるのですが、ロット数やコストの問題で、やっぱり実現には至らない場合がほとんどです。もっとも、無理は承知の上なのですが。)
サンプルも送っていただいたので使ってみたところ、個人的にはとてもよいと感じたので、導入を決めました。

テープの引き出しが軽く、曲面へのなじみがよく、またデザインナイフの刃の入りがよいので、軽い力でシャープに切れます。
例えばクルマの窓枠のように、スジ彫りに沿って切り抜きたいときなど、作業性がよいです。

写真は1包ですが、もちろん1巻でのバラ売りもしています(たくさん使うかたは、包のほうが割安にしています)。
18mm幅と、広めの30mm幅があります。色は、かなり明るい黄色です。
ぜひ一度お試しあれ。

| | コメント (2)

2018年7月 3日 (火)

入荷案内

Img_0275001
造形村
1/48 F-4S ファントム2

たいへんよくできたファントムのキットのシリーズです。




Img_0276001
私店主は飛行機に明るくないのでよく知りませんが、各型の違いを、細かく再現してあります。



Img_0277001
1/48 F-4J ファントム2 マリーンズ
新発売の海兵隊仕様。






Img_0278001





Img_0279001
タミヤ
1/35 M3スチュアート
旧製品の仕様違いではありません。完全新規の製品です。
相変わらず、フィギュアがとてもよい仕上がりです。



Img_0280001
クレオス
水性ホビーカラー プレミアムクリアー つや消し
缶スプレータイプが大変好評の、プレミアムクリアーつや消しに、ビンタイプが加わりました。
つや消しクリアー特有の白化がほとんど見られず、しっとりしたフラット肌になります。


Img_0282001
ツノダ
(左)ステンレスニッパー先細タイプ
先端がとにかく鋭利で、狭い隙間での作業に。
こういう、板打ち抜き・カシメ製法のニッパーは、安物が多く、ガタがあったり刃付けがなかったりで、たいていは使い物にならないのが常ですが、こちらは、ホビーショーで試し切りしたところ、しっかりできていて、とてもよく切れます。
真ちゅう線や銅等の軟金属にも対応しているので、広い用途に。

(右)プレミアム薄刃ニッパー
ミネシマブランドですが、同じくツノダ製。価格以上の切れ味と造りで、コスパは最高です。ゲートカット用ニッパーではイチオシ!

| | コメント (4)

2018年6月10日 (日)

入荷案内

Img_0185001
ミネシマ
プレミアム薄刃ニッパー

お手頃価格と使いやすさで店主個人的にイチオシの、ツノダの薄刃ニッパーが売り切れたので補充を発注したところ、問屋さんから「これじゃダメですか?」。
「いや、頼んだヤツが気に入ってるんで」と言ったところ、ミネシマに聞いたらこれと同じものだとのこと。
「まさかぁ!?そんなことはないだろ」といぶかしみつつも、たしかにツノダはミネシマ扱いの商材だし、だまされたと思って試しに仕入れてみました。

Img_0186001
届いてみてビックリ!
右が愛用のツノダですが、グリップのコーティングの色が違うだけで、ホントにまったく同一品。
しかも、本家よりも低価格じゃないですか。




Img_0187001
刃を横から見たところも同じ。この角度が、手首に負担がかからず、実に使いやすいのですよ。

ということで、これからこちらにします。

この商品、発売時から知っていましたが、高級薄刃ニッパー流行りに乗っかっただけのものとばかり思ってスルーしてました。
模型各社のツールは、基本的にOEMなんですから、もうそろそろ製造元を明かしてくれてもいいのではと思います。これも、ツノダ製と分かってたら最初から信用してたのに~。

というわけで、オススメです!

Img_0189001
クレシア
キムワイプ

模型問屋流通するようになったおかげで、小口で頼めるので久しぶりに入荷です。
紙粉が出にくいので、エアーブラシの清掃等、ホコリを嫌う作業に。
薄手なので、液体の吸収量は少なめです。

Img_0190001
ワイプオールも当店定番品。
こちらのほうが厚みがあり、吸収性に優れます。店主はもっぱらこっち派。
エアーブラシ、筆、塗料皿まで、なんでもこいです。
ラジコンやミニ4駆のメンテにも向いていますよ。
価格はお高めですが、生地が破れにくいので、繰り返し使えて意外に経済的。
カピカピになるまで1枚を使い倒してます。

キムワイプは「軽微な汚れ」に、ワイプオールは「吸って拭き取る作業」に、それぞれ適しています。

Img_0191001
タミヤ
1/35 ヴェスペ イタリア戦線

遅ればせながらやっと入荷。
フィギュアを強調した、よい箱絵ですね。




Img_0192001
MM200番のヴェスペは、たいへんよくできたキットで、フリウル製の履帯が付いた特別仕様も存在します。時々スポットで販売になってました。小さいながらも密度感の高いキットです。
今回は、フィギュア4体と部分一体型の連結履帯等が新規で起こされています。

Img_0194001
自然な垂れ下がりが再現された履帯。
この履帯用のスプロケットも、新たに起こされています。






Img_0195001
このキットの売りは、やはりこのフィギュアでしょう。
最近のタミヤスタンダードの3Dスキャン設計で、驚くほどのリアルさ。襟の部分が別体化されていて、従来のモールド表現に比べ、立体感が格段にアップしています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | スカイライン・コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R32 GT-R ニスモカスタム | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | ミッドシップ&リアエンジン・コンベンション | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 三菱&スバル・コンベンション | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 模型制作会 | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾