商品情報

2017年12月11日 (月)

タミヤ ラッカー塗料、使ってみました

発売間もないタミヤのビン入りラッカー塗料を、さっそく試してみました。

Img_9080001
色入れのための下地塗りなので、少し手抜きですが、それでもグロス色はよいツヤが出ました。

また、ラッカー塗料としては低粘度で、混ぜやすく、扱いやすいと感じました。

でも、希釈は塗料1に対してシンナー2弱くらいが、エアーブラシでの吹きつけはやりやすいと思います。

ちなみに、筆塗りも少しだけしてみました。
こちらも、メーカーの言うとおり、ラッカーにしては伸びがよく、塗りやすいと感じました。

タミヤのラッカーは、缶入りもそうなのですが、見た限りでは顔料の粒子がとても細かいのが特長です。シルバーも同様で、とても滑らかで美しいですよ。

初期の乾きが緩やかなので、今が冬場とはいえ、塗装していきなり温かい乾燥ブースに放り込むのはよろしくありません。熱はかけずに、自然乾燥させましょう。
シンナーが飛んだら、少し温めても大丈夫です。

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

入荷案内 続き

Img_9076001
スタジオ27
1/24 AMG GT3用デカール

発売間もない、あのキット用のデカールが、早くも発売です。
キットは、テスト車両のカラーリングになっているので、たぶんサードパーティーからデカールが出るだろうと思っていました。

特定のレース仕様をキットのデカールで再現してしまうと、版権切れとかの事情なのか、突然に絶版になってしまうことがあります。そのリスクを避けて、息の長い商品にするには、こうした方法がよいのかもしれません。
プラモメーカーも、せっかく投資して新規で起こした商品が数年で販売できなくなってしまっては、たまらないでしょう。
ユーザー側にしても、ある日突然絶版になると、ネットオークションだのフリマだので買わなければならなくなりますし、そんなのお互いに不毛ですから。

Img_9077001
スジボリ堂
スジボリ用ガイドテープ
透明の9mm幅と、青色の6mm幅の2種類です。
中身は出して確認していませんが、厚みのある、しっかりしたテープのように見えます。



Img_9075001
アオシマ
1/24 セドリック パトカー
昔、刑事モノのドラマでよく見たような気がします。

| | コメント (0)

入荷案内

Img_9064001
ライフィールドモデル
1/35 M1ブリーチャー

メカメカしさがたまらない車両のプラキットです。
M1戦車ベースの車台の前方に、巨大な「鋤(すき)」を装備した異様な形が、SFチックでもあります。


Img_9065001
最近のAFVプラモは、とにかく「値段が高い!」という話題にしかなりません。たしかに1万円近い価格は、「プラモ1個の価格」としては高価ですが、この箱の分厚さを見てください。






Img_9066001
箱を開けると、その中身の多さにたじろいでしまうほどです。
ランナーの枚数を数え始めてみたものの、あまりの不毛さに、途中でやめました。
国内メーカーの、一般的なパーツ数の戦車やカーモデルなら3~4台分、5000円クラスのスーパーカー系のキットでも2台分はあるでしょう。
その是非はともかく、物量とのバランスで考えれば、極めて妥当な価格と言える気がします。

Img_9067001
サンダーモデル
1/35 スキャンメルパイオニア 戦車運搬車
トラクタとトレーラーのセットです。
IBGからも、トラクタ部が発売されてますが、ごつくてメチャメチャカッコイイと思うのは、私だけなんでしょうか??


Img_9068001
アオシマ
1/32 ハスラー

塗装不要の色分け成型・接着剤不要のスナップフィットという、最近流行りの「スターター向けプラモ」です。



Img_9069001
部品数はたったこれだけ。タイヤは、ゴム製ではありません。上のM1ブリーチャーとはまさに対極の内容で、かつての「ビッグワンガム」を見てるみたいです。





Img_9070001
ルーフまでも、シールで色分け再現をします。

ただ、この手法が初心者向けになるか=初心者が欲しいと思うかというと、自分は違うと思います。

例えば、料理本を見て料理を作るとして、作ってみたい料理をまず「作りやすさ」から探しますか? まずは「食べてみたいか」でしょう? 作りやすさはその次ですよ。
食べてみたくもない料理を、ただ簡単そうだからといって作る人は、多くはないだろうと思います。

売る側からすると、色分け成型・スナップフィットでガンプラが成功したからといって、導入者層増のためにスケモも右へならえというのは、ちょっと違うと思うんですよねぇ。
まあ、独り言ですが…。

Img_9073001
ベルキット
1/24 VWポロ WRC 2015&2016












Img_9074001
タミヤ
1/24 スカイラインGT-R(R33) Vスペック

スカコンに合わせて入れてみました。どなたか、買って作ってくださいませ。

| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

タミヤ・ラッカー塗料、入荷しました

Img_9079001
新発売の、タミヤのビン入りラッカー塗料が入荷しました!

これから色数が増えていくので、いずれは置き場所を考えなくてはいけません。
いったん、暫定的に陳列しております。

LP10溶剤は、LP9クリヤーと取り違えるといけませんので、あえて下段に置いております。
見つからなければおたずね下さい。250ml入りのものでも、中身は同じです。

基本的な特長につきましては、あらかじめタミヤに問い合わせをしておきました。

・他社品や、既存のタミヤTS・AS・MS品番の缶スプレーカラーとは、ラッカー系でも内容が異なるため、混合使用はできませんので、ご注意ください。
混ぜれば、見た目の上では混ざるかもしれませんが、「混ざる=混ぜて使える」わけではないということです。

・TSカラーより塗膜は硬く、エナメル塗料で侵されることはほとんどありませんが、アクリル塗料は、塗り重ねて拭き取ると跡が残ります。

・乾燥は、最初は緩やかに乾き始め、最終的な乾燥時間は既存品と同程度ですので、筆塗りの際にも、刷毛ムラを抑えて塗りやすいものになっています。


また、他メーカー品のラッカー溶剤(うすめ液)との互換性についてですが、現在のところ当店では、タミヤに限らず、塗料と異なるメーカーでは、シンナーの互換性はないという考え方に至っており、他社製シンナーとの併用や混用は、積極的にはお勧めしておりません。

見かけ上では分離などせずに混ざっているからと言って、それが使ってよいということになるとは限らないと考えるからです(実際に、混ざり具合が違う場合もあります)。

面倒なようでも、シンナーは、それぞれの塗料と同じメーカー(ブランド)の製品をお使いになることをお勧めします。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

入荷案内

Img_9002001
ファインモールド
1/35 四式自走砲「ホロ」

最近のファインは、履帯をベルト式から部分連結式に変えてきています。
プラ用接着剤で接着できる素材のベルト履帯は、経年変化で切れやすいので嫌いだという話をよく耳にします。
アスカも、接着剤の指定をプラ用から瞬間接着剤に変えてきていますね。やはり、そうなのでしょうか?

Img_9003001
普通のファインのキットの箱にしては、えらくズッシリしていると思いましたが、簡易のインテリアも入っていました。






Img_9005001
プラッツ
1/35 ガルパン マウス

中身はドラゴンのキットです。
ガルパン仕様ですが、あくまでマウスのプラモと思えば、通常のドラゴンブランドのものよりお買い求めやすい価格ではなかったかと思います(思い違いならスイマセン)。
 
Img_9019001
3M
ジグソーパズル型スポンジヤスリ各種

あらかじめ切れているだけでもありがたいのですが、その形が絶妙です。



Img_9021001
たしか、文具の消しゴムでも、カドが多い商品がありますが、それと同じで、たいへん使いやすい商品です。スポンジヤスリの中では、個人的にこれが一番好きです。





Img_9022001
スタジオ27
ラインデカール各種

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

入荷案内

Img_9001001
プラッツ
 1/24 BMW M6 GT3
なんと去年の受注商品で、発売日の延期に次ぐ延期で、もはやお蔵入りかと危惧しましたが、やっと発売になりました。
※同時発売のDUパーツは、完売です。


Img_9006001


ピットロード 
 1/35 陸自 87式偵察警戒車






Img_9007001
中身はトランペッター製。
エッチングも入っていて、豪華です。







Img_9008001
1/35 82式指揮通信車









Img_9010001
こちらも、中身は同様です。









Img_9012001タミヤ
1/48 M1A2エイブラムス









Img_9013001
砲塔や車体上面の滑り止め表現の彫刻が秀逸。








Img_9014001
1/48でここまでできるの?って感じ。








Img_9016001
ガイカラー
バーチャロンカラー再販 フレームメタリック1&2
※今回から、フタが、透明から色つきに変わりました。

バーチャロンカラーのメタリック色は、ほかにない美しい色があって、重宝します。


Img_9017001

ハセガワ
鏡面フィニッシュ、クリアブルーフィニッシュ






Img_9018001
従来のミラーフィニッシュは、薄すぎて貼る面の凹凸を拾ってしまい、鏡を再現するには下地を整えるのが大変でした。

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

ご予約、承り中です。

Dr6885_01
ドラゴンから、SS第2戦車連隊「ダスライヒ師団」所属の、タイガー1初期型が発売になります。

車体右横に「TiKi」と書いた812号車や833号車の写真が有名ですね。

独特な形状の後部雑具箱等が、新たに再現されています。

ご入用の方は、ぜひご予約くださいますよう、お願いします。

| | コメント (0)

2017年11月20日 (月)

タミヤカラー ラッカー塗料 続報

タミヤのウェブページが更新され、間もなく発売になるビン入りラッカー塗料の、同社他塗料との互換表が掲載されています。

すでに60色のカラー展開が決まっているようですが、30色目以降のカラーはまだ案内が来ておらず、この表で初めて見ました。これを見る限り、TSカラーやASカラーの、缶スプレー塗料にしかなかった色が、豊富に揃ってくるようです。

これは、従来のX・XF品番を踏襲していない時点から、ある程度予想通りでした。

特にカー&バイクモデルと飛行機モデルは、タミヤカラーで塗りたい場合、基本色となる塗料は主に缶スプレーで専用色が展開されてきました。
タミヤとしては、大面積の基本色は缶スプレーのラッカーで、迷彩のような重ね塗りや細部の塗装はアクリルまたはエナメルで、という考えだったのでしょう。

ただ、昨今ではエアーブラシがずいぶん普及して、雑誌等の作例でも、吹きつけはすべてエアーブラシで塗装された記事が当たり前のようになりました。
ボケ足のある迷彩塗装やグラデーション塗装をしたり、好きな色を作って塗りたいときなど、エアーブラシのほうが都合のいい場合ももちろんありますし、エアーブラシのほうが霧が細かく、塗装機器として優れているのは確かなのですが、「とにかくエアーブラシは缶スプレーよりエライ=缶スプレーなんて使えない!」みたいな価値観が刷り込まれてしまい、缶スプレーにしかないカラーは、中身を出して、どうしてもエアーブラシで吹きつけたい、というかたも増えたように思います。
そのため、タミヤもラッカー塗料をビン入りで発売してほしい、という要望が多くなり、いよいよそれに応えたのではないかと想像します。

となれば、従来からのエナメル・アクリルと同じカラー展開にしても、あまり意味がないですからね。

また、既存のタミヤカラーにはない色もラインナップされていて、特にドイツ戦車の3色迷彩用カラーはリニューアルされているようで、これはこれで楽しみです。

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

入荷案内 

Img_8973001
ファンテック
樹脂用カッター
モーターツール(ルーター)用のビットですが、たいへんオススメ!
一般的な先端ビットですと、よく切れる代わりにプラには強すぎて、削れ過ぎたり、回転が速いと樹脂が溶けてしまったりして、慣れないと扱いが少し難しい面があります。

こちらは、あえて切削性を小さめにし、樹脂が溶けてしまったりするのを抑えています。

じゃあ削れないのかというとそうではなく、十分に切れ、また切削面のキレイさも兼ね備えていて、たいへんに扱いやすい工具になっています。

Img_8970001
IBGモデル
1/35 スキャンメルパイオニア

個人的には、めっちゃカッコイイ車両だと思うんですけど。





Img_8971001
ブロンコモデル
1/35 トライアンフ2台とMPのセット
これだけで簡単なビネットが出来上がるセットになっています。
ブロンコのキットは、ちょっと高価ではありますが、その分、エッチングをおごったりして、価格に見合った内容になっていますよ。

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

入荷案内

Img_8961001
タミヤ
1/24 メルセデスAMG GT3

クルマのレーシングマシンにはさっぱり疎い店主ですが、とりあえずカッコイイことは確かです。




Img_8963001
外装関係のパーツは、同社のR35GTRと同じく、サーフェイサーグレイ(勝手に命名)の成型色。一瞬、サフ塗装済みかと見まごうほど、タミヤのファインサフの色にそっくりです。




Img_8965001
TS100 ブライトガンメタル
同キット用の塗色も同時発売。
でも、いろいろなプラモ塗装に流用できそう。

TSカラーも、ついに100番というキリ番ですね。



Img_8967001
ハセガワ
1/24 ジャガーXJS

通は、「ジャガー」ではなく「ジャグワー」と呼ぶとか、あるそうです。
タイガー戦車のことを「ティーガー」とか「ティーゲル」と呼ぶ人がいるのと同じですね。


Img_8968001
1/24 BMW2002ターボ

先に発売されたキットのバリエーションが出ました。

それにしても不思議なのは、天下のタミヤからはBMW関連商品が販売終了になった(ホームページからは、画像まで削除されて、そういう製品があったことすら分からなくなっています)のに、なぜ他メーカーからはバンバン普通に新製品まで出るんでしょうね…?

Img_8972001
アオシマ
1/24 BNスポーツRX-7(FC) 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 模型制作会 | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾