イベント

2017年1月12日 (木)

【イベント】ロードスター・コンベンション敗者復活戦

一昨年の年末に(もうそんなになるんですねぇ)、タミヤからのキットの発売に合わせて募集を始めた、「ロードスター・コンベンション」は、おかげさまで盛況のうちに終えることができました。

でも、中には、せっかくキットをご購入くださったものの、締め切りまでに間に合わなかったかたも数人いらっしゃいました。もしかすると、それで手が止まってしまったままというかたもいらっしゃるかもしれません。

そこで、「敗者復活戦」と銘打って、2次募集をいたします(念のため申し上げておきますが、「敗者」という言葉に特に悪意はございません)。
前回は、半年という長めの期間を設けましたが、今回はお手付き状態からのスタートという仮定で、あえて短期決戦。締め切りは4月末といたします。

内装が見えてしまうオープンカーだけに、あちこちこだわりたくなってしまう気持ちは分かりますが、プラモはまずは完成させてこそ! それが次回作へのモチベーションにもなります。

そういう私店主めが思いっきり該当者なので、今度こそはフィニッシュするよう頑張ります。皆さんも一緒に完走を目指しましょう!

また、リピートでのご参加や新規のご参加も大歓迎です。今回も、対象はタミヤのロードスターのワンメイクです。リピート参加の方に限り、旧型(ITEM.24085)でも参加可とします。

| | コメント (2)

2016年8月15日 (月)

【イベント】ガンプラ体験会 2日目は…

昨日は、ガンプラ体験会・模型制作会の2日目でした。
2日間ともいつもの橋南市民センターでやりたかったのですが、14日はメンテナンスで休館日とのことで、急いであちこち探し回り、津市中央公民館でやってみることにしました。

ここは、「創作室」という部屋があるので、まさに模型制作にはうってつけなんです。

Img_6168001
広いし明るいし、しっかりした机もあって、とても恵まれた制作環境です。ろくろとかも備えてあったので、陶芸とかをされるサークルが使ったりするんでしょうね。
こんないい部屋なら、制作活動もはかどるだろうなぁ、等と思いつつ…。

ところが、この公民館が入っているセンターパレスという建物は、商業施設がほとんど入っていないせいか、人の出入りが少ないんですね。

なので、通りがかりの親子連れのかたに飛びこみで入ってもらうというよりは、このブログやバンダイウェブサイトを見てご興味を持った方に来ていただくことに期待するしかないわけです。
まあ予想はしていましたが、お盆ということもあってか館内にはほとんど人通りはなく、残念ながら、この日の参加者はありませんでした。

で、下の子どもの夏休みの自由研究にずっと付き合っていました。


体験会用のキットが余ってしまいましたので、また独自に企画する予定です。

プラモデルや模型なんて、そもそもは、家で一人で黙々と作るのが常なんですが、他人の作っているところを見たりするのはとても参考になったりするものです。 ご都合が合うようでしたら、ご参加いただければ、とても有意義な時間になると思います。ぜひよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

【イベント】ガンプラ体験会

今週末は、ガンプラ体験会を開催しています。

今日は、橋南市民センターで行いました。

Img_6145001
親子でのご参加。
お子さんは、プラモ初体験です。






Img_6148001
こちらは、兄弟とお父さんでのご参加。娘さんが、プラモ初体験。






Img_6155001
友達同士でのご参加。

顔は写していませんが、女の子率高いです!






Img_6146001
このキットは、部品を切り離すのにニッパーが必要ないのですが、準備はしていますので、お使いいただくこともできます。部品を手でもぎ取るというのは、部品を壊しそうで怖い面もあるので、結局は使うほうが安心だったりします。
使い方は、きちんとご説明・アドバイスいたします。


Img_6149001
初めてでも、50分ほどで完成します。
実は、このガンダムのキットは、体験会用に設計・制作された特別キットなんですよ。




Img_6156001
特に問題もなく、完成します。
ただ、説明図はよく見ましょう! そうでないと、間接があらぬ方向に曲がったりします笑。





Img_6159001
ガンプラの後は、普通のプラモ制作に突入です。


本日14日は、会場を変えて、津市中央公民館2階の創作室で、13時から17時まで開催します。
お盆真っ只中ではありますが、ぜひお越しください。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

今週末はガンプラ体験会です

今週末は、ガンプラ組み立て体験会 を開催します。
使用するキットは会場でお渡しいたしますので、手ぶらでご参加いただいて大丈夫です。

今日は、橋南市民センター2階の小ホール(いつもと同じ建物ですが、部屋が違いますので、ご注意ください)で、13時から17時までとなっております。

また、平行して、模型や工作の制作会も行います。プラモデルなり工作なり、お題は自由ですので、作るものをご持参ください。夏休みの自由研究や工作にもご活用ください。
また、大人のかたでも参加OKです。

塗装もできますが、缶スプレーのような吹き付け塗装はご遠慮ください。

本日は、午前中から店におりますので、必要なものがありましたらお求めください。

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

【イベント案内】ガンプラ組み立て体験会 会場のご案内

Main
今月のガンプラ組み立て体験会につきまして、会場が下記の通り決まりましたので、ご案内いたします。

2日間行いますが、それぞれで会場が異なりますのでご注意ください。
定員は、2日間で先着15名様限りです。特に14日にご参加をご希望の方は、ご予約をお勧めいたします。また、お一人様1回限りとなりますのでご了承ください。

13日 : 橋南市民センター2階 小ホール
14日 : 津市中央公民館(津センターパレス2階) 創作室


時間は、両日とも13時から17時となっております。

橋南市民センターは、弊店のすぐ北200mほどのところです。無料駐車場あります。

中央公民館は、すぐ隣に市営のフェニックス駐車場があります。センターパレスとは各階が通路でつながっていますので便利です。
ただし、有料となります。100円/30分ですが、ガンプラ体験だけでしたら2時間もあれば終わると思います。

少し離れていてもかまわなければ、津市役所・リージョンプラザの駐車場がご利用いただけます。こちらは無料です。入り口で渡される駐車券にスタンプを押さないといけませんので、忘れずに会場へご持参ください。

| | コメント (0)

2016年7月31日 (日)

【イベントのご案内】ガンプラ組み立て体験会

Main
バンダイ主催の「ガンプラ組み立て体験会」が、この夏、全国のホビーショップで開催されます。
これに、あろうことか当店もエントリーしてみました。これでも一応、プロショップなんです、ウチ。

開催場所につきましては、当店をご存知の方はお分かりかと思いますが、店内には大人数分の制作スペースがありませんので、市内の下記公共施設を借りて行います。
それぞれの日で会場が異なりますので、ご注意ください。

日時と場所 : 
8月13日(土) 橋南市民センター2階 小ホール
8月14日(日) 津市中央公民館(津センターパレス2階) 創作室
          両日とも13時~17時

参加対象 : 中学生以下の方のみ(保護者の同伴参加はOKです)
参加費・材料費 : 無料


作ったキットはそのままお持ち帰りください。
ただし、キットはその場で作っていただくためにご提供するもので、組み立てないままお持ち帰りはできません。イベントの趣旨をご理解くださいますよう、お願いします。

このキットは、ニッパー等の工具を必要としない仕組みになっております。手ぶらで気軽にご参加いただけます。

定員は、2日間で先着15名様限りとなっておりますので、特に14日にご参加をご希望の方は、ご予約をお勧めいたします。あらかじめ当店までお申し込みください。
まだプラモデルを作ったことなのないお子さんには、ぜひご参加いただき、モノ作りの楽しさを体験いただきたいと思います。

イベント詳細は、バンダイホビーサイトにて公開中です。

なお、両日とも、店はイベント終了後(18時頃)からの営業になりますのでご注意ください。

しかし、よく見ましたら、近くの大型量販店さんと、日程が丸かぶり(汗)!! 最近そんなんばっか!
てゆうか、全国的に量販店さん主体なのね…。


なので、この日は、通常のプラモ製作会も兼ねたいと思います。こちらは、子供から大人まで、どなたでも参加できます。もちろん参加費は無料ですが、作るプラモや工作はお客様でご用意くださいね。

お願いですから、こっちにも来てください~! ぜひよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

マルモコ作品展2016 【おわりに】

以上で作品のご紹介は終了です。
写真に撮り忘れて作品をご紹介できなかった参加者の方に、お詫び申し上げます。
全部撮ったと思っていたのですが、お話をしたり、駐車券にスタンプを押しに行ったりしてるうちに、どこまで撮ったか分からなくなったみたいです…。


今回は、カーモデルが圧倒的に多く、AFVモデルが予想以上に少なかったのが、少々驚きでした。

また、今回の大きな反省点が、作品カードと名札をご用意しなかったこと。これは大失態でした。前日まで、ファルコン号の完成を間に合わせようとして、展示会の準備がおろそかになってしまいました。申し訳ありませんでした。


去年は作品展を行わなかったので、ここ2年ほどの間に私どもとお付き合いを始めてくださったお客様の中には、以前のことをご存じない方もいらっしゃいました。

この展示会は、模型サークルとかクラブのイベントではなく、特定のメンバーを対象にしていません。そのため、参加者全員にあらかじめ都合のいい日をうかがって「日程のすり合わせ」をすることができません。

したがって、先に日時を決めてしまい、その代わり早めに告知して、少しでも参加していただきやすいようにしてきたのです。
当店は6月25日が開業日なので、その周年感謝行事として作品展を始めたんですね。第1回目は店内で行いましたが、第2回目以降は、行うなら7月の「海の日」と決めてきました。

では、なぜ「海の日」かと言いますと、開催するのに、どこか施設を借りるとなると、それに近い休日で、しかも当店の定休日である月曜祝日が望ましいのです。日曜ですと、店を休業にしないといけませんからね。
そこで、ずっと「海の日」に作品展を行ってきたというわけです。

来年は、この日には、津市内でもうすでに別の模型イベントが予定されているそうなので、同日は避けるべきと考えています。
また、その前後には、毎年恒例の静岡ホビーショー合同展示会や伊勢フライングビーナスクラブさんの展示会がありますし、それ以外にも三重の近隣で大規模な展示会イベントが増えて、もう「やりどき」がなくなってきたんですよね…。

なので、来年以降のマルモコ作品展の開催につきましては、今のところまったくの白紙です。

次回開催については、また皆様のご意見もうかがって検討したいと思います。

ご参加、またご見学に来ていただいた皆様、どうもありがとうございました。
また開催の機会がありましたら、ぜひご参加ください。

| | コメント (0)

2016年7月24日 (日)

マルモコ作品展2016 覚書 その5

最後に、ロードスターコンの全体風景をご覧いただきたいと思います。

Img_6095001
こちらが、全出走車。
右の3台は、Katsuさんのフルスクラッチ作品で、タミヤのプラモデルキットではありませんので参考出品です。それと左から2台目のチャージマツダカラーの作品も、本日飛び入り参加のゲスト作品です。

しかし、キリよく10台並ぶと、なかなか壮観です。

エントリー自体はもう少しあったのですが、残念ながら間に合わなかったかたも。

コンベンション期間は終わりましたが、店内への作品のお持込みは、もちろん大歓迎です。遅れたからと気にせず、完成しましたらぜひ店までお持ち寄りください。

Img_6089001








Img_6088001








Img_6084001








Img_6083001








Img_6081001








コンベンション当初から、最後はこの作品展で全作品で集合写真を撮りたいというのが、個人的な楽しみでした。
ところが、この日は都合が合わず参加できないかもしれないという方がいらっしゃり、とてもガッカリしていたのですが、わざわざ時間を作って持ってきていただいたおかげで、念願が叶いました。
ただ、なぜかその作品だけ個別に撮っていませんでした(撮ったつもりでしたが、写真を整理していて気付きました)…。本当に申し訳ないです。


Img_6096001_2Img_6097001_2






Img_6104001_2Img_6109001_2









Img_6114001








Img_6116001








Img_6115001_2








Img_6122001










Img_6123001_2









Img_6124002_2









余談ですが、転倒虫さんは、こんなことして電飾ライトで遊ばれてましたよ。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

マルモコ作品展2016 覚書 その4

すいません。ちょっと疲れが出ちゃったみたいで、ひどくしんどかったので、休業させていただきました。
1日横になってたら(とはいっても、晩ご飯は作りましたが)だいぶよくなったので、明日は通常営業できると思います。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


ロードスターコンベンションの、最後のエントリー作品です。

Img_6080001
Katsuさん作品

作者さんは、普段はスクラッチでカーモデルを制作されているかたです。



Img_6077001
実は、このクルマも、タミヤのこのキットが発売になるよりもずっと前にスクラッチで作っておられまして、今回のコンベンションのために、とても久しぶりにプラモデルを作られたとのことでした。

ご自身のウェブサイトでも、「プラモデルよりスクラッチのほうがラク」と、意味の分からないことをぼやいておられました笑。

Img_6078001
店内ではないので、ほかの作品より写真が少なくてゴメンナサイ。

塗装色は、タミヤの専用カラーです。
ん? でも、なんか妙だと思いませんか?


Img_6118001
実はこの作品、ご本人いわく変態なギミックが仕掛けてあるんですね。ボディーのツヤに、違和感を感じるのではないでしょうか?



Img_6124001
隣りの作品と見比べてみましょう。左端がこの作品。
横の2台は、天井の景色が映りこんでいるのに、Katsuさんのにはありません。

そう、この作品には、カーモデルの一番の見せ場というべきツヤがないのです。ツヤ消し、マット仕上げなのです。

で、ハイライトやシャドウの部分を、色を変えて塗装で表現しているんですね。まるで、戦車模型のような、絵画的手法を取られています。

なので、どこから見てもハイライトの模様は同じなのです。立体として見るよりも、このように写真にして見たり、特定の方向から片目で見てこそ真価がわかるという、だまし絵のような作品です。

以前から、誰もやってないことをやりますとおっしゃってたのですが、こういうことは思ってもみませんでした。

(あと1回だけ続きます)

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

マルモコ作品展2016 覚書 その3

今回、圧倒的に作品が多かったのは、カーモデルでした。
まあ、ロードスターコンベンションとかも開催しましたから、当然と言えば当然なんですが、それ以外でも新作が多く、盛り上げてくださいました。

Img_6069003
今、もっとも熱いモデラー・Hさんの、新作そろい踏み。

ロードスターコンベンションから始まって、5カ月ほどで5台の新作! 驚異的なハイペースにもかかわらず、クオリティーもたいへん高いです。

軽2シーターシリーズは、どれもガイアカラーの新色を使って塗装されています。まるでメーカーの塗色見本みたいになってます。

模型関連メーカーさんも、有名プロモデラーさんのSNSやら何やらばかりをもてはやしていないで、こういったエンドユーザーさんの作品を取り上げてほしいものです。
だって、実際に商品を買ってくれて、使ってくれるのはユーザーさん。しかも、頼んでもいないのにこんな分かりやすい見本に仕立ててくれて、これ以上ありがたいことはないじゃないですか? 

Img_6030002
直近作のコペンは、シルバー下地にクリアーホワイトで色を入れてます。このクリアーホワイトという色が発売になったときも、色名だけではまったくイメージが湧かず、まさに一か八か、買って塗ってみないと分からない商品でした。

これも、どのように塗ったのか、見ただけではおそらく誰も分からないと思います。なんとも不思議な、影の部分が水色に輝く仕上がりになり、写真ではうまく写すことができません。
上品なコペンにはピッタリですが、レクサスあたりでありそうな色という感想が多かったですね。

Img_6075002
おまけに、蛍光クリアーを上掛けしてるので、ブラックライトを当てると光ります。







Img_6050001
作品だけでなく、このディスプレイもすっかり有名になってしまった、模型転倒虫さん。






Img_6051001
ロードスターに次ぐ直近作のBMW。
古いキットに苦労されていましたが、完成作品を見てる分にはそれを感じさせません。相変わらずていねいな工作と塗装です。

Img_6052001
こちらは旧作。もしかして、実物を拝見するのは初めてだったでしょうか?





Img_6056001
アメリカレベルのコルベット。
これも、作品だけを見てるとウマイなぁとしか思わないんですが、元のキットは全然違うんですよ。知ってる方が見ると、「あのキットを、よくぞここまで」と唸るそうです。

Img_6055001
転倒虫さんの代名詞、コブラ。







Img_6057001
『湾岸ミッドナイト』3部作。
このポルシェを、店のショーケースで展示させていただいてたときに見て、あこがれてカーモデルを作るようになったという少年が来店してくれたことがありました。
実に「正しい影響の与えかた」ですね。

Img_6058001
転倒虫さんは、あくまでも「プラモデル作り」の範ちゅうを出ない作風で、それが人気の秘訣だと思うわけですが、正反対のこういう作品もあります。

左のF1を出されて「お~! エブローですね!」と言いましたら、「いえ、スクラッチです」とのこと。もう、「は?」でした。

Img_6061001
要するに、ケミカルウッドからの削り出しなんだそうです。
言葉にすると簡単ですが、さっぱりワケが分かりません。
もちろん、デカールもぜ~んぶ自作。


Img_6062001
こちらも同じく。
こんな複雑な形状のものを、しかもきっちり左右対称で削り出すって、どういうことなんでしょう?



Img_6063001
たなやんさんの作品。
新旧ハチロクです。






Img_6064001








Img_6065001
こちらも、各地の展示会ですっかり有名人のKatsuさんの作品。

上のF1の作者さんのお知り合いで、やはりすべてスクラッチ作品。

Img_6067001
こういうハコの車で、内装がなくカタチだけなら、スクラッチって言われてもなんとなく合点がいくのですが、内装までキッチリ作られてるので、やっぱりワケが分かりません。三重県のカーモデラーさんは、ヘンなかたが多いのでしょうか笑?

Img_6026001
こちらも「車」つながりで、鉄道模型です。





Img_6028001

とても可愛らしい模型で、基本的に作品はキットだそうですが、この方も、なかなかにスゴイ工作をするかたなのです。私のようなプラモデラーは、あ然としてしまいます。ご興味のある方は、ぜひこちらをどうぞ。
でも、鉄道模型というのは、どんなに苦心して作り込んでも、「走らないと評価してもらえない」のだそうです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作シリーズ | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾