展示会

2017年6月 2日 (金)

お客様の作品のご紹介

ご紹介が遅れてしまいましたが、先月末で締め切りの「ロードスターコンベンション敗者復活戦」に、滑り込みで最後のご応募がありました。どうもありがとうございます。

Img_8065001
Katsuさん作品
ロードスターRF

最後に、とんでもない作品が来てしまいました。
先日の静岡ホビーショーでお披露目されたので、すでにご覧になった方も多いと思います。 

Img_8059001
いつもは完全スクラッチの作者さんなのですが、昨年の一次募集のときにも、絵画的に塗装した作品で応募くださいました。
今回は、実車が発売されたばかりの開閉ルーフ仕様のRFに、タミヤのプラモデルキットをベースに改造です。

Img_8061001
複雑な曲線の造形を、見事に再現されています。チリ合わせもピッタリです。





Img_8063001
「プラモデルは苦手」とのことですが、工作だけでなく塗装も美しく仕上げられてます。
こうして見ると、かなりリアに寄ったデザインなんですね。昔のスーパーカーみたい。

・・・と。これだけでも相当スゴイんですが、実はこれ、ルーフが実車とほぼ同様に開閉するんです! しかも、電動で。

実は、開閉式にするというのは前もって教えてもらっていたのですが、まさか自動にするとは思っていませんでした。
中を見せていただいたところ、意外なほどアナログな作り(例えばパソコンで設計して工作機械で削り出しました、みたいなのではなく)で、手作り感満載なんですが、発想できるところがスゴイです。

本家動画はこちらです。

少し動きがカクカクしているところもありますが、最初はもっと滑らかでした。
お願いして中を見せてもらった後、急いで組み立てられたので、どこかの動きが渋くなったのかもしれません。

しばらく店頭に飾らせていただいています。作者さんの許可をいただいておりますので、ぜひスイッチを押してみてください。
気に入らない部分があるので、半月ほど展示後に回収して修正されるそうです。ご覧になりたいかたは、お早めにどうぞ。

Img_8077001
これで、2年がかりの大イベントとなったコンベンションは終了です。
参加者の皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みがありました。ありがとうございます。

Img_8046001
模型転倒虫さん作品
タミヤ 1/24 BMW320iレーシング

タミヤの1/24シリーズの第2作目です。
なにも知らなければ最近のキットと思って見てしまいます。知っているかたなら「よくぞここまで」と思うであろう、ていねいに作り込まれた作品です。

Img_8048001
巨大なリアウイングが目を引きます。おかげで、完成後ケースに収まらなかったそうです。





Img_8051001
元々はモーターライズのプラモだったはずですので、室内も、徹底的に手が入っています。
作者さんいわく、モーターライズありきの頃のキットだから、スケール的にはちょっと大きすぎる気がするとのこと。



Img_8053001
エンジンも、しっかり作り込まれています。しばらく見ていられますね。







Img_8054001
ボンネットのキャッチ部も、自作されています。
エンジンを見せるために外したボンネットも展示するアイデアも、いいですね。

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みがありました。どうもありがとうございます。

Img_8055001
Kさん作品
ハセガワ 1/72 F15Jイーグル

クルマの次は飛行機を制作されました。



Img_8056001
i以前の作品と同じく、工作は素組みで、塗装は筆塗りです。
飛行機模型というと、私個人的には、とてもリアリティ志向の強いジャンルというイメージがあってなかなか手を出しにくいのですが、実物どおりに作ることがすべてではないですよね。

Img_8057001
最近は、最初からとんでもなく上手な作品を作る方も多くて驚かされますが、私もプラモに出戻ってすぐは、こういう感じで作っていました。
ここから、少しずつ引き出しが増えて上達していくのが、楽しいんですよねぇ。

次回作を持ってきていただくのを、楽しみにしております。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

模型制作会のご案内

最近久しく開催していませんでした、模型制作会を、下記の日程で開催します。

普段は一人で黙々と取り組むというのが模型趣味というものですが、他人の作品を見たりすると、「これどうやってるのかな?」とか、「こういうことをしたいが、どうやればいいのか思いつかない」といったことがあると思います。

そこで、同じ場所で一緒に制作することで、他人の技術を盗んだりヒントを得ようという会です。
プラモデル以外に、スクラッチでも工作でも、基本的になんでもOKです。

とはいうものの、何度かやりましたが、ストイックに作り続ける人より、他人の作業を見たり話してばかりで、それほど進まなかった笑というかたのほうが多いくらいかも。それくらい、ユルいイベントです。

このイベントのためにわざわざなにかキットを買っていただく必要はありません(そうしていただけるなら、もちろんありがたいですが…)。
作るものと道具類はご自身でご準備・お持ち込みください。

また、ガンプラ体験用キットを当方で準備いたしますので、そちらにご興味のあるかたも大歓迎ですよ。キット代はいりません。作ったガンプラは、そのまま差し上げます(※未組み立てのキットのままでのお持ち帰りは、できません)。

                     記

日時 : 6月25日(日) 9時~16時(ご都合のよい時間帯でご参加ください)
場所 : 津市橋南市民センター 1階会議室
費用 : 無料


会場は、当店のすぐ北の公民館です。駐車場ございます。

会場の机等の設備の汚れ防止のため、新聞紙等を各自でご持参下さい。

定員10名様です。お席に限りがございますので、参加ご希望のかたは必ずご予約ください。フェイスブックアカウントをお持ちのかたは、弊店FBページにイベントを作成してありますので、そこから参加ボタンを押していただいてもOKです。
先着順で、定員になり次第締め切りますので、ご了承ください。

それでは、参加をお待ちしております。

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みがありました。どうもありがとございます。

Img_7975001
NKさん作品

バンダイ
1/144 AT-AT

バンダイのスターウォーズシリーズの新しい製品を、さっそく作ってこられました。完成品を見るのは、わたくし店主も実は初めてです。

Img_7974002
縦の雨だれのような線は、エアーブラシで表現されました。
先日、ダブルアクションのガンを初めて購入していただき、頑張って使ってみたとのことです。





Img_7977001
実は、意外に小さい完成品なのですが、こうして見ると迫力十分です。

ダブルアクションのガン操作にまだ慣れていらっしゃらないせいでしょうか、線が太めで、ちょっと黒っぽくなってしまいましたが、元々塗装の上手な作者さんですので、慣れてしまえばさらに素晴らしい作品が出来上がることでしょう。

Img_7978001
偶然にも、背景の色がとてもマッチしてしまいして、まるで映画のワンシーンのようになってしまいましたね。
次回は、ぜひキモ入りのカーモデルを拝見したいものです。

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

お客様の作品のご紹介

Img_7913001
ヤマサキさん作品
タミヤ 1/12 ヨシムラ隼X1

先日ご紹介したH2Rに続き、早くも新作をお持ち込みくださいました。

実は、H2Rをお持ち込みいただいてからご紹介までに日数が経ってしまったために、立て続けのご紹介になってしまいましたが、それでもこの作品は、キットご購入からそれほど経っていません。

Img_7914001
とにかく、買ったプラモはガンガン作っちゃう作者さんです。

メタリックブラックの塗装がキレイで、カウルのツートンの塗り分けも決まっています。この塗り分けには、マスキングシールが付属していて、作業しやすくなっていますよ。

Img_7915001
フレームは、キットのメッキをそのまま生かしています。
メッキ部品は、「メッキをはがして塗り直すのが作法」みたいになってきてる気がしますが、見えるところに合わせ目もなく、それらしい質感もあるので、無理に塗装に置き換えないところが、この作者さんらしいところです。

Img_7916001
マフラーのカーボン模様も、付属のシールを使っています。フロントフォークのインナーチューブの金色のシールも付属してるんですね。至れり尽くせりのキットです。
排気管のチタン色が、塗装でとてもリアルに再現されてますね。



Img_7917001
トップブリッジの質感も、塗装でうまく表現されてます。

ただ、ミラーが両側とも、えらくあさっての方向を向いてますねと持ちかけましたら、そうなっちゃうんだとのこと。
タミヤの作例を見る限り、こうはなっていないので、もしかするとステーの部品を、左右で取り違えちゃったのかな?という気がしますが…。

今、弊店のショーケースのバイク作品の半分は、ヤマサキさんによるもの。
ほかの皆さんも、細部にこだわってじっくり作るのもいいのですが、たまにはこうして、難しいことは抜きにしてフィニッシュまで持っていくのもいいのではないかと、模型店主的には思います。

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

お客様の作品のご紹介

 

Img_7906001
単身赴任模型堂さん作品
タミヤ 1/24フェエアレディZコンバーチブル

ご来店時には、ほぼ毎回、なにか新作を持ってきて下さる、お馴染みのハイスピードモデラーさんです。

Img_7907001ホイールは、同じタミヤの、R33GTRのものを移植しています。
なかなかよく似合ってますね。






Img_7909001
Zといえば、カラーはマルーンなんだそうです。
今回も、メタリック系の美しい塗装で仕上げられています。作者さんいわく、出戻り後で一番粗のない出来なんだそうです。今までの作品も、特に粗なんてなかったように思うのですが…。

Img_7910001
フロントガラスは、塗装で全体にうっすらと青みがかった色になっていて、上のほうは濃くしてシェードを再現してあります。






Img_7911001
フロアマットは、サンドペーパーに色を塗ったんだそうです。そんなやり方があったんですね。初めて知りました。

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

お客様の作品のご紹介

Img_7899001_2
ヤマサキさん作品

タミヤ 1/12 カワサキH2R
話題の、市販車最速のバイクを、当店最速で作ってくださいました。ありがとうございます。




Img_7890001

完成品の実物を、初めて拝見しました。イカツイバイクですねぇ。







Img_7896001
今どきのバイクらしく、直線基調のトンガったデザインが特徴的です。
カウルのメタリックブラックが、とても美しく塗れていて、カッコイイですね。





Img_7888001
パワフルなバイクなのに、一見きゃしゃに見えるトラスフレームなのがおもしろいです。







Img_7905001
市販車ですが、クローズドコース専用車ですので、灯火器や保安部品はありません。

その代わり、大きな羽根が付いています。もちろん飛ぶためではなく、飛ばないための羽根でしょうね。なんせ、400km/hですからね。
スゴイ造形なのが、よく分かります。

Img_7900001
排気管~マフラーは、メッキ部品そのままです。作者さんいわく、焼け色を付けたかったとのことですが、これはこれで、新車っぽくていいんじゃないでしょうか。





Img_7904001
カウルのロゴマークは、インレットマークが用意されていて、実感たっぷりです。

作者さんは、最近すっかりバイクにハマっていて、これまたすごいスピードで制作されています。今年に入って、これですでにバイクだけでも3作目。ほぼ月イチペースです。
おかげで、完成作例が、労せず増えていきます(←ダメ店主)。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_7704001
単身赴任模型堂さん作品
アオシマ 1/24 ロードスター

衰え知らずの制作意欲と驚異的なスピードの持ち主・Hさんが、この度「単身赴任模型堂」さんというHNとなりました。
昨年のロードスターコンベンションで出戻られたのですが、もはや出戻りとは言えないクオリティーでガンガン制作されている、当店のお客様の中でも群を抜いてアツいモデラーさんです。

実は、ずいぶん前に持ってきていただいたのですが、それから他のかたのお持ち込みが相次いだため、ご紹介するのをすっかり忘れてしまっていました。申し訳ないです。

Img_7705001
相変わらず、制作スピードは速いのですがしっかりまとまった作品です。
どうしたら、これほどのスピードをずっと維持できるのか、あやかりたいです。


Img_7707001_2
これまたいつもながら、パールを使った、軽い変化球系の塗装で仕上げられています。





Img_7708001


前回ご紹介した、タミヤのNA型同様のバケットシートが装着され、走り屋仕様になっています。

| | コメント (0)

2017年4月 2日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_7760001
模型転倒虫さん作品
タミヤ
1/24 NSX

いつもながら、美麗でクリーンな作風は、もう安定の域に達していて、初見でも転倒虫さんのそれと分かるようになってきています。

Img_7761001
以前にロードスターで試された、メッキ調塗装下地のキャンディーカラーに、再度挑戦されてます。
ロードスターのときとは少し工程が違うため、よりブルーがキレイで、素晴らしく美しいカラーに仕上げっています。
少し前にご紹介した登さんの作品とは、写真ではどうしても同じような色合いに写ってしまうのですが、実は全然違う色合いなので、ぜひどちらの作品も「生」でご覧いただかないと、雰囲気が伝わらないです。

もうご存じと思いますが、この作者さんは、メッキ調塗装や一部の塗り込み以外は、基本的に缶スプレー塗装です。たぶん、初めてご覧になる方だと、信じられないと思います。
「缶スプレーなんて使いものにならない・エアーブラシじゃなきゃダメ」という固定観念が、モデラー諸氏にはあるかと思いますが、うまく使えばそんなことはないという好例です。

Img_7763001_3
メッキ調塗装は、本来、クリアーの上掛けはしない前提の塗料ですので、わずかな曇りはありますが、それは仕方がないというもの。
それでも、一般的なメタリック下地のキャンディー塗装とは、明らかに違う輝きです。


Img_7765001
内装のシートは、ボディーカラーに合わせて青系を選択。実車にはないコーディネートですが、さりげなくまとまった感じがよいですね。
また、くどいようですが、ガラスがよく磨かれていてキレイです。

ご本人のウェブサイトで、もっとキレイな完成写真が公開されています。キレイすぎて目を見張ってしまいます。店でもこのことで話題になり、ご本人いわく「実物と違いすぎ。詐欺笑」とのこと。これについて言及されてるブログでは、ご謙遜なさって、なんだかお詫びの記事みたいになっていますが、実物も素晴らしい作品です。ぜひ実物をご覧になってください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 模型制作会 | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾