展示会

2018年12月 6日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0892001
かぶエリンギさん作品
ファインモールド 1/35 九七式中戦車チハ 新車台

当店では数少ない(ほぼ絶滅危惧種です)、ミリタリー系の作品をコンスタントに作られるお客様の新作。


Img_0893001
店主は、実は陸の日本軍モノは作ったことがありません。
ですが、他人様の作品を拝見するのは好きです。





Img_0894001
迷彩の各色の色味の塩梅がよく、とてもよい雰囲気だと思います。







Img_0895001
汚しも、比較的あっさり系ですが、バランスいい感じです。







Img_0896001
お世辞にも強そうな戦車ではありませんが、模型作品としてはとても魅力的な仕上がりになっていると思います。
こういう作品を拝見すると、自分も作ってみようかという気になったりしますね。




.

| | コメント (2)

2018年12月 4日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。
ここのところ、皆さんのペースが上がっているようで、ショーケースの中が一気に手狭になり、入れ替え戦になっています。どうもありがとうございます。

Img_1049001
クラタさん作品
フジミ 1/24 フェラーリ512BBi

こちらも、「黄色いスーパーカー」企画参加作品です。
店主のキットの姉妹キットを作られました。
店主のは普通のBBですが、こちらはインジェクション仕様で「i」がつきます。

Img_1051001
黄色1色で塗装されたことで、クルマの美しいラインがよく分かります。
塗色は、ガイアのサンシャインイエローです。



Img_1052001
後ろのバンパー周りなど、BBとは微妙に色々と違いがありますね。





Img_1053001
ホイールを、フジミのデイトナ用のものに移植(当初はマルイとおっしゃっていたような気がしたのですが、あらためて聞いたら違ってました)しています。
元のキットのホイールは、店主が制作記で書いたようにメチャメチャ大径で、模型的に格好はいいのですが、当時のクルマらしさはありません。
これだけタイヤの厚みがきちんとあることで、実にそれらしさが増します。悔しいけど、こっちのほうがカッコイイなぁ!

Img_1054001
ウインカーカバーは、店主拙作と同じくオレンジで。







Img_1059001
ちょっと分かりにくいですが、シートは黒かと思いきや、茶色地に赤のライン。
黄色いボディとケンカせず、かつ地味すぎず、よく似合う見事な色使いで、これはナイスセンスだと思います。

派手さはないものの、堅実で巧みなモデリングの作者さん。次は何を作られるでしょうか?

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_1039001
NKTさん作品
アオシマ カウンタック5000クワトロバルボーレ

先日のオー集名古屋での、「黄色いスーパーカー」企画参加作品です。


Img_1042001
店頭でいきなり勧誘され、その日は買う気もなかったキットを買って作られましたが笑、楽しかったと言っていただきました。

やっぱり、スーパーカーと言ったらこのクルマ。王道です。

Img_1044001
スラントしたノーズ、跳ね上がったテールなど、とにかくカッコイイですね。
実は、Aピラーからルーフに沿って、プラバンで裏打ちして厚みを再現されてます。誰も気づいてくれない、って、そりゃそうですよ笑。言われなきゃ分からないです。

Img_1046002
直線基調のデザインが、今見ても斬新ですね。
とにかく、目も眩むほど鮮やかな黄色で塗装され、しかもムラもなく、たいへん美しい仕上がりです。

ホイールはキットのものは使わず、あえてアップデートされた雰囲気を演出されたそうです。
黒いスポークと深いリムが、よく似合っています。

Img_1047002
あまりの鮮やかさに目がとられ、隣りに並べた他の黄色作品が黒っぽく見えてしまうほどです。
カーペットも、何気なく手が入っています。掛け値なくカッコイイ作品です。

新年早々、スカイラインを2作完成させて、今年はよいペースでの制作を予感させた作者さんですが、その後はお忙しくて失速笑。
まだ1ヶ月あるので、もう1作ぐらい見せていただきたいですね。

| | コメント (2)

2018年11月28日 (水)

オートモデラーの集い名古屋に行ってきました <後編>

名古屋オー集、続きです。

作品をいっぱい撮ってバンバン紹介するなら、今やSNSのほうが効率的で、ブログというツールは不向きです。編集画面を開き、写真を貼り、テキストを付け、レイアウトし…と、することいっぱいなんです。

なので、最近は、あまり写真を撮らなくなってきました。数日後に見返しても、なにが印象的だったか思い出せないこともあるので、その時、実物を肉眼でしっかり見て楽しむようにしてます。

クルマにそれほど詳しくなく、作品の趣向に気がつかないということもあって、ご紹介する作品が少なく、偏りがありますが、よい作品がほかになかった、ということではありません。個人的に「カッコよかった」「真似してみたい」というのが着眼点になあってます。どうかご了承を。

Img_0919001
今年も、たぶんモデルカーズのかたでしょうか、取材に来られていて、気になった作品を撮影されてました。
この撮影ブース、簡易的ですが本格的。これくらいなら、お金をかけずに真似できそうで、参考になりました。



Img_0921001
自分たちのお隣にあった作品。
パール(メタかな?)が美しい作品でした。





Img_0922001
オラオラ系のヴェルファイア、カッコよかったです。






Img_0923001
凝った塗装が美しいレーサー達。
やはり見栄えがしますね。






Img_0924001
キティちゃん、かわいかったです。
ツヤ消し部分は、あとからマスキングしてツヤ消しクリヤーでコートされたとのことでした。




Img_0930001
ヘルニアライダーさんの、レーシングライダー付きレーサー達。
今のGPはもうさっぱり分かりませんが、この頃のレーサー、ライダーにはグッときちゃいます。
特に、ドゥーハン、シュワンツ、ノリックの造形が見事! こうだったよね~と、大興奮でした。
ツナギのゼッケンやロゴなどは、すべて自作とのこと。真似できない…。

Img_0935001
作り込みまくったバイクの模型も素晴らしいのですが、添えられているオネエサンたちのフィギュアの塗りのクオリティが凄すぎる作品たち。
自分のフィギュアとのあまりの違いに、圧倒されました。



Img_0937001
1/24スケールでもこの表情。自分も、今回、黄色展示用にキャンギャルのオネエサンを急ごしらえで連れてきましたが、差がありすぎて、恥ずかしくてとても貼れません。一生懸命塗りましたが、これと比べれば、もう、子どもの落書きレベルです。

作者さんを紹介してもらい、塗り方をうかがってきましたが、実体顕微鏡を使うんだそう。実体顕微鏡で見ながら塗った作品ってことは、顕微鏡で見なきゃ値打ちが分からないじゃないかと、以前から懐疑的に思ってきましたが、人間の目ってエライもんで、ちゃんと違いが分かるんですね。やってみたくなりましたが、いくらするんでしょう…。

Img_0941001
ラリーの1場面を切り取ったジオラマ作品。

背景を、流し撮りのように再現して(どうやってるのか聞きたかった…)、スピード感を表現してました。アイデアあふれる一品。


Img_0942001
どうです? 臨場感たっぷりでしょう?
これは、いつかやってみたいです。







Img_0953001
ミシンを積んだトラック。
ミシンの造形が見事なんでキットですかと聞いたところ、1/35のフィギュアの脚からの自作だそうで、言われてみれば、膝から下の脚の形をしています。
ナイスアイデア!ですが、分かってしまうとなんか痛そう…。


Img_0955001_2
私と同じく、元ミリタリーモデラーさんの作品で、ウェザリングはお手の物です。







Img_0960001
同郷モデラーさんの、スクラッチのF1作品。
ケミカルウッドからの削り出しだそうですが、にわかに信じがたい話ですね。
お知り合いのモデラーさんからも、自作デカールについて興味深い話を教えていただきました。

Img_0963001
#74号車、いっぱい。RIP。







Img_0964001

新製品のR1Mですが、センスあふれる作品。実車で出たら売れそう。





Img_0965001
こういうマッスルカー、迫力あって好きです。





Img_0958001
来館者の駐車場にも、けっこうレアなクルマが並んでいることがあるのですが、この日はデロリアンが数台来てました。



以上で、今回のレポは終了です。
もっとご紹介したい素敵な作品がたくさんありましたが、ピンボケ、手ブレ等で使えない写真も多く、あまりご紹介しきれませんでした。どうか悪しからず。

1日があっという間に過ぎてしまいました。楽しかったです。

主催者の皆さま、お疲れさまでした。ありがとうございました。
また来年も、ぜひ来たいと思います。

(おしまい)

| | コメント (0)

2018年11月26日 (月)

オートモデラーの集い名古屋に行ってきました <前編>

25日(日)は、「オートモデラーの集い・名古屋」が開催されました。
今年は、お客様5名様と一緒に行ってきました。ホントは6名の予定が、おひとりが当日になって体調不良にてDNS。残念…。

この日に備えて、このメンバーで企んでいた計画があり、それを披露できるのが楽しみで楽しみで、1週間前からソワソワしてました。

8時に店に集合し、2台に分乗して出発。
開場30分前の9時半には、会場のトヨタ博物館に到着したのですが(1台は途中で道を間違え、分岐を行きすぎちゃいました笑)、すでに梱包物を抱えた、明らかにオートモデラーと思しき方たちが列になっています。
何度か参加しましたが、こんなことは初めてです。

Img_0920001
開場1時間で、この人出! 大盛況です。卓も、あっという間に埋まっていきます。






Img_0907001
で、前述の計画というのがこれ。
有志で黄色いスーパーカーを作って、ズラッと並べよう!という企画です。BBHつながりのかた7名と、現地飛び入りさん2名で、計14台(この写真の後でもう1台入りました)の大展示となりました。

Img_0914002







Img_0916002







Img_0917001
お陰さまで、ご覧頂いたかたから、「これだけ並ぶと壮観」「同じ黄色でも、1作1作、全部色が違って個性的で、おもしろい」と、好評をいただきました。
制作者の皆さん、お疲れさまでした。



Img_0909001
あと、私がNSXを完成させたので、お客様の過去作でコラボ展示してくれました。





Img_0970001
お客様の作品。

NKTさんは、初めての出品。というか、店以外に、外で作品をお披露目すること自体、初体験なんだとか。



Img_0971001
地元の有名モデラー、Katsuさん。
もう、作品自体が有名な、スクラッチのロードスターなど。






Img_0972001
単身赴任模型堂さん。
黄色いスーパーカーコーナーに3台展示で、最近お仕事の都合で珍しく制作ペースが落ち、個人展示はこちらでした。




Img_0950001
模型転倒虫さん。
直近作はこの2台。
手前のストラトスは、予定では9月末には出来上がっていたはずなのですが、終盤の塗装トラブル続出で大幅に遅れ、数日前にようやく完成。今日に間に合ってよかったですね。
あとは、過去作での展示でした。

Img_0948001
クラタさんの作品。
今朝、ご一緒するはずで店まで来て下さったのですが、体調がすぐれないとのことで断念。作品だけ届けに来てくれたのでした。



Img_0961001
私が作った512の姉妹車(キットも)ですが、ホイールを変えていて、こちらのほうがタイヤが分厚く、明らかに本来の姿に近くて雰囲気ありますね。いいものを見せていただきました。



Img_0911001
ちなみに、こちらが拙作の展示。
サンバーは、軽くウェザリングを加えてアップデート。
直近作のハチロクは、カーボン柄をすべて塗装で表現しました。




Img_0915001_2
最新作がこのNSX(右側)。つい先日完成し、NSX連作となりました。
模型堂さんが、黄色企画で初代NSXを作ったと聞いていたので、オマージュを兼ねて黄色コラボしたくなり、急いで作ることにしました。やっぱり、新型ってデカイのね。
これも半月で完成。プラモって、妙にこだわらなければ半月でできちゃうんですよ。

Img_0976001
午後からお色直し。
タミヤFXX Kのホイールとスリックタイヤに差し替え、GTウイングを装着して、クローズドコース走行車に仕立ててみました。ホイールがセンターロック式になってるので、実車だったらあり得ないですが、これも模型ならではの楽しみだと思います。
ハチロク同様、ルーフ、バックミラー、ウイング等、あちこちすべてのカーボン柄を塗装しました。デカールは不使用です。
どうやったのか、興味を持ってくれるかたが少しはあるかと、わずかに期待してたのですが、やはりというか、尋ねられることはなく…。皆さん、こういう、リアルじゃない「なんちゃって」には興味はないご様子…。やると面白いのに…。

(あと1回続く)

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0873001
サノさん作品
タミヤ 1/35 M60A2

カーモデルが続いていた作者さんですが、おそらく初めてのAFV作品ではと思います。



Img_0874001
今まで拝見した作品は、どれも筆塗り作品でしたが、これはどうやらスプレー塗装のようです。






Img_0875001
筆塗りなら、むしろAFVのほうが味わいが出ていいものなのですが、1/24のクルマに比べれば大きいですから、やはりスプレーが向いていると思います。





Img_0876001
単色の車両なら、塗装のハードルもぐっと低くなりますので、経験を積むにはもってこいのキットだと思います。

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0835001
登さん作品
タミヤ 1/20 フェラーリSF70H

カーモデルを、いつもケレン味なくクリーンに作られる作者さんの新作。

「大きいけど、(ショーケースに)入る?」と言うので何を持って来られたのかと思ったら、F1でした。たしかに大きいので、驚きました。
今のF1って、長~いんですね。

Img_0836001
ショーケースが今一杯なのもあって入らないので、ケースごとお借りして、ショーケースの上に飾らせていただいてます。

撮影にあたって、ケースの上フタを外したかったのですが、どうも「バキッ!」とヤッてしまうのが怖いので、そのまま撮りました。

ケースに光が反射するせいで、いい写真が撮れませんでしたので、ご紹介できる写真が少なく、申し訳ないです。
ぜひ、実物を見てください。

Img_0838001
別売りデカールを使って、モンツァ仕様にされてます。
相変わらず、そつのない作風で、きれいな作品です。

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。
ちょっと遅くなってしまいましたが、【リアエンジン&ミッドシップコン】の対象作品です。

Img_0832001
Kさん作品
フジミ 1/24 ランボルギーニ・ディアブロ

ドアは開状態固定です。



Img_0829001
外装・内装ともにオレンジ尽くしですが、スーパーカーならではいう感じです。





Img_0831001
こういう角度で見ると、往年の名車カウンタックの雰囲気がありますね。







Img_0828001
筆塗りにも吹き付けにも見える、不思議な作風。
どうやっているんでしょう?

| | コメント (2)

2018年11月 1日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0823001
ミナミさん作品
ファインモールド 1/72 九試単座戦闘機

アニメ映画『風立ちぬ』に登場する機体です。



Img_0824001
店主は、飛行機のことはさっぱりなのですが、金属地肌そのままの姿を、うまく塗装で表現されています。






Img_0825001
基本、筆塗りで仕上げられた作品です。







Img_0827001
刷毛目がありますが、それが意外にこの機体には似合う作風となっている気がしますね。

| | コメント (2)

2018年10月31日 (水)

作品展示会『丸之内モデラーズコンベンション2019』、開催します

以前から何度か開催してきた、当店主催の作品展示会を、ラストイヤーに開催することにしました。
当店のお客様だけでなく、ゲスト参加も承りますので、ふるってご参加ください。

日時 : 2019年4月21日(日) 10時~16時
場所 : 津リージョンプラザ 3F展示室 (津市役所隣り・無料駐車場あり)


見学入場は無料です。
出品者様には、当日、お一人様500円のエントリーフィーをご負担願います。
また、準備・搬入は9時から、撤収は16時~17時となります。特に撤収時間は厳守をお願いします。

今回は、十分に広い会場を確保しましたので、新作だけでなく旧作も、ぜひたくさんご持参ください。お一人の出品数に、特に制限はありません。

※出品参加ご希望のかたは、できるだけ、事前に参加の意向と出品作品数を、当方までご申告くださいますよう、お願いします。(当日準備する卓数の参考にしますので、ご協力ください。)

ぜひご都合繰り合わせのうえ、多数のご参加をお待ちしております。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/12? ワールドファイター | HGUC シャア専用ザク2 | HGUC ズゴック | HGUC ドムトローペン | i-modellers | MGガンダムver.OYW | あれこれ | みんなで一緒にモデリング会 | アオシマ Ninja/GPZ900R “TOP GUN” | アオシマ 1/700 長門 | アカデミー M3 リー | アスカ 1/24 ツュンダップKS750 | イベント | ウェーブ Ma.K KRÖTE(クレーテ) | エアブラシ | オープントップコンベンション | カラーモジュレーション塗装 | ガンプラコンベンション | キャタピラ | キャタピラ組み立てのコツ | キャンプ | コンベンション | スカイライン・コンベンション | ソビエト対戦車砲 | タミヤ 1/12 ドゥカティ916 | タミヤ 1/24 R32 GT-R ニスモカスタム | タミヤ 1/24 R34 GT-R Vスペック2  | タミヤ 1/24 TMAX | タミヤ 1/24 セリカ | タミヤ 1/24 ニュービートル | タミヤ 1/24 ロードスター | タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ 1/48 ケッテンクラート | タミヤ 1/48 ジープ | タミヤ 1/48 スタッフカー | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 | タミヤ JS3 | タミヤ M4A3E2ジャンボ | タミヤ Sd.kfz.251/1 | タミヤ ウニモグ | タミヤ エレファント | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔) | タミヤ キングタイガー(ポルシェ砲塔)2nd | タミヤ コマンドワーゲン | タミヤ ストームタイガー | タミヤ スペースシャトル | タミヤ ピンクパンサー | タミヤ ヤークトタイガー初期型 | タミヤ ヤークトパンサー | タミヤ ヨンパチ | タミヤ 工作シリーズ | ツィンメリット・コーティング | ツィンメリット・コーティングのコツ | ドラゴン 1号戦車A型 | ドラゴン 3号突撃砲G型 | ドラゴン Sd.Kfz.251/22 | ドラゴン タイガー1後期型 | ドラゴン パンサーA型 | ドラゴン ブルムベア | ドラゴン ヤークトパンサー初期型 | ネイキッドバイク・コンベンション | ネコ | ハセガワ 1/24 ミニ・クロスオーバー | ハセガワ 1/48 EA-18G | ハセガワ 1/72 疾風 | ハセガワ 1/72 零戦21型 | ハセガワ Ma.K ナッツロッカー | ハセガワ サニトラ | バンダイ キャッスルクラフト | バンダイ スターデストロイヤー | フジミ 1/24 フェラーリ512BB | フジミ 比叡 | フジミ F2007 | ヘアースプレー技法 | ミッドシップ&リアエンジン・コンベンション | モデラーズフリマ | リニア・鉄道館 | レベル シトロエン 2CV | ロードスター・コンベンション | ワークショップ | 三菱&スバル・コンベンション | 丸之内モデラーズカンパニー | 制作工房 | 商品情報 | 塗料 | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 展示会 | 工作 | 工作シリーズ | 模型制作会 | 童友社 1/500 松江城 | 道具 | 静岡ホビーショー | HGUC ドムトローペン | LED電飾