« 【ブルーコンベンション】お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

2019年3月15日 (金)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_1302001
スクラッチ作品
1/20 マキF101C
作者さん名は不明です(何でもエエヨ~、とのことで)。

エンジンとミッションはプラモデルの部品を流用していますが、それ以外は、基本的にプラバン工作だそうです。

Img_1304001
タイヤもプラバン。
プラバンを、曲げたり積層して削ったりして作るんだそうです。




Img_1305001
特筆すべきは、塗装です。
すべて筆塗りで、マーキングも塗装。デカール不使用なんです。これは驚きました。
写真でわざと拡大すると、たしかに刷毛目もあって、筆塗りと分かりますが、実物はこんなに大きくないので、パッと見はデカールと思ってしまいます。

Img_1306001
細かいスポンサーロゴに至るまで、全部筆塗り。






Img_1312001
この、グッドイヤーのロゴなんて、あえてここまで拡大すると、いかにも筆塗りらしいアラも見えますが、「こんなにキチッと筆で塗れるもんなの?」とうなるぐらい、実に見事に塗られています。



Img_1308001
排気管を受けているバネのようなのは、ギターの弦だそうです。
弾く人なら分かると思いますが、太い弦は巻き弦といって、芯線に細い金属線を巻き付けて作ってあるので、ちょうどバネのように見えるんです。自分も昔、ミリタリーキットのディティールアップに使ったことがあります。

カーモデルといえば、きっちり精密・清潔な仕上がりと、細部までのリアルな工作こそが正義、みたいな風潮があって、筆はムラが出るからダメで、とにかく吹きつけのほうがエライとか、ボディーはクリヤーを上掛けして研いでピカピカなほど尊い、みたいな、かなり偏った価値観に支配されすぎてると、個人的には思います(個人的な嗜好は別として)。

この作品は、たしかに刷毛ムラもあるし、ロゴマークだって、手塗りですから、意地悪な目で見れば印刷のようなシャープさはありません。

 

とにかくキレイで一分の隙もない作品に比べれば対極にある作風ですが、ある意味、超絶技巧だと、自分は感じました。
最近はパソコンやプリンターを活用して自作デカールを作れるようなかたもいらっしゃいます。
でも、それはあくまで、そういうテクノロジーや機材やマテリアルがあってこそ。もちろん、使いこなすスキルは必要ですが、すべてが作者の手柄ではないとも言えます。
でも、この作品は、まさにウデ1本でここまでできるというお手本ですよねぇ。いやぁ、スゴイものを見せていただきました。

|

« 【ブルーコンベンション】お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

展示会」カテゴリの記事

コメント

店主さま。こんばんは。
こ、これ…(°□°;)

プラ板スクラッチってだけでもスゴいのに、車体やロゴも“オール筆塗り”って…。記事を読んでいて驚愕しました。
いやぁ、世の中広いというか、スゴい技術を持たれている“達人”がいるものなんですね。

投稿: toーya | 2019年3月15日 (金) 19時00分

to-yaさん、こんんちは。
自分も拝見した時は目を疑いました。
近くでよく見れば刷毛間が残っているので筆塗りと分かりますが、やってみようという発想がスゴイというか。でも、ご本人はいたってお気楽に「おもしろいやろ?」とおっしゃってました。
徹底的に細部まで作り込んで、ピカピカに磨き上げて、っていうのが、すごい!と言わしめるカーモデルの王道なのですが、それがすべてじゃないという見本だと思います。

投稿: Bluebell | 2019年3月15日 (金) 23時09分

スゴい!スゴすぎる!面白い!けど自分がマネしたらお笑い作品になってしまう。
こんな作品が生で見られるんですか?幸せー
作者さんの職業はカーデザイナーなんでしょうか?早速見に行きます。
作品に対する意見は店主さんの意見に賛成です。こんな楽しみ方もあるのですね、まあ、スゴいの一言です。

投稿: くまがい | 2019年3月16日 (土) 06時37分

くまがいさん、こんにちは。
これらの作品も、先日お越しの際にはもう飾ってありましたよ笑。
作品を持ってきていただいてすぐにブログ記事にするとは限らないので、ご来店の際は、お時間が許すなら、ぜひショーケースの中もよく見ていっていただければと思います。

投稿: Bluebell | 2019年3月16日 (土) 16時16分

お恥ずかしい限りです(^_^;)
言い訳になりますが、この作品の凄さは、これ筆塗りで、デカールも手書きだよって言われてびっくりというものなので、カーモデルはほとんど見てない私が見逃すのも無理は有りますまい(^_^;)
もう一度、ちゃんとビックリさせてもらいに行きます(^_^;)

投稿: くまがい | 2019年3月17日 (日) 00時18分

そうそう、フルスクラッチ(^_^;)もびっくりポイントですが、上手すぎてとてもそうは見えません。

投稿: くまがい | 2019年3月17日 (日) 00時20分

くまがいさん、こんにちは。
ショーケースの作品は、皆さんのおかげでけっこう入れ替わります。
ご来連の際は、ぜひ時間をかけてご覧になっていってください。

このスクラッチ作品は、展示会等で見られる、キットと見まごう作品と比べればアラも見られます。でも、そこがかえって手作りの味があり、魅力的だと感じます。

投稿: Bluebell | 2019年3月18日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ブルーコンベンション】お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »