« 【丸之内モデラーズコンベンション2019】続報 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

2019年1月24日 (木)

プレミアムトップコート「光沢」を試してみました

好評の、クレオスのプレミアムトップコートシリーズ。水性のトップコートですが、「ツヤ消し」の白化を抑えたツヤの消え具合や丈夫な塗膜等で、とてもオススメの商品です。
先日「光沢(ツヤあり)」も追加され、これで3種類のツヤ具合が揃いました。

Img_1173003_2
そこで、以前からなんとかしたかった、メッキ調塗装のコートに使えるかを試してみました。










Img_1171001
使ったメッキ調塗料は、ガイアカラーの「プレミアムミラークローム」。今、手に入れやくて最もメッキに近い表現が可能な塗料の一つです。

スプーンの左半分に、プレミアムトップコート光沢を吹き付けました。けっこうしっかり吹き付けました。わずかにマスキングの境目が見えると思います。

いかがでしょう? わずかに曇りますが、メッキ感はほとんど損なわれることなく、安全にコートできます。
ラッカー系のクリヤーを使うと、どちらも同じラッカー系の溶剤を使用しているため、どれだけ薄く吹いても戻りムラが避けられませんが、水性系のこの商品なら、戻りが起こりません。
なにもコートしないのが最善なのですが、バイク模型など、どうしてもメッキ調塗装面に触れてしまう場合に有効かと思います。ご興味があればお試しあれ。
ちなみに、鏡面にしようと欲張ってコンパウンドをかけて磨くと、かえって曇ってしまうようです。吹きっぱなしで終えるのをオススメします。

|

« 【丸之内モデラーズコンベンション2019】続報 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

面白い商品ですねー。私はミリタリー専門なのに何故かミラー仕上げに興味があるのですが、磨かなくてもいいと言うのは実に素晴らしい。買ってやってみようと思います!

投稿: くまがい | 2019年1月25日 (金) 10時05分

この商品のツヤ消しタイプをAFVに吹き付けたところ、
見事にテカテカになりました。

ツヤ有りと間違えて購入したと思いましたが、ツヤ消し
タイプに間違いありませんでした。
販売店からメーカーに問い合わせてもらったところ、
返答がすこぶる素晴らしいものでした。

「この商品は、使用前に100回ほど良く振らないと、
缶の底に溜まっているツヤ消し成分が混ざらないんです」

100回って、どこに書いてあるの?、それに普通100
回も振らないでしょう?」と反論したら、
「いや、100回ぐらいは普通でしょう」ですと。

まあ、あきれました。

そんなメーカーの商品を推奨されるのは、店主様らしく
ないですね。

ツヤ消しタイプをお試しあれ。

投稿: | 2019年1月25日 (金) 19時17分

コメント、ありがとうございます。

たしかに、この商品のツヤ消しは、スプレー缶・ビン入りとも、ツヤ消し材(フラットベース)が、かなりしつこく沈殿します。ビン入りタイプですと、その様子がよく見えます。スプレー缶でも、しばらく使わずにいたものを使おうと振り混ぜても、中のかくはん球がなかなか動き出さないほどです。
あくまで推測ですが、この商品はツヤ消し材が非常に微粒子なせいで、固まったように沈殿するのではと思います。

おっしゃるように、缶に「何回振ってください」と明記してはありませんが、この商品に限らず、缶スプレー塗料は30秒から1分程度はしっかり振り混ぜる必要があります。製品によっては、そのように書かれたものもありますよ。1分も振っていられるか!?って思われるかもしれませんが。
現に、店頭在庫のこの商品を振ってみたところ、かくはん球がカラカラと動き出すまでに、30秒以上かかりました。

この商品は、ツヤ消しも半ツヤも、私自身、もちろん使ったうえでたいへん気に入ったのでオススメしています。個人的には、もう手放せない感じです。使っているお客様からも、とても好評です。ツヤ消し塗料でツヤが出てしまう場合は、かくはん不十分なことがほとんどです。
ご納得はいかないかもしれませんが、道具の使い方として覚えておいていただければと思います。

それでもツヤが消えないようなら、当然不良品の可能性がありますので、一度現品を買われたお店にお持ちになるかメーカーに送って、交換してもらうのがよいと思います。

投稿: Bluebell | 2019年1月25日 (金) 20時14分

くまがいさん、こんにちは。

ホビー用の水性系塗料は、そもそも研磨に向いていないので、吹きっぱなしOKです。
メッキ調に限らず、ラッカー系のツヤありのメタリック塗料のオーバーコートに、メタリック感を変えずに使えると思います。ラッカー系クリヤーでは、うまくやらないとメタの粒子が動いてしまい、メタリックムラができてしまいます。

投稿: Bluebell | 2019年1月25日 (金) 20時25分

ツヤ消しスプレーについて、詳しくご教示下さり
有難うございました。
以前使っていたスプレーは数回振るだけできちんと
ツヤ消しが出来ていたので、この製品も同様かと
思っていました。

恥ずかしい限りです。
勝手で申し訳ありませんが、前言、全て撤回させて下さい。


今後も色々な商品をご紹介して下さい。
楽しみにしています。

投稿: | 2019年1月26日 (土) 08時22分

こんにちは。ご返答、ありがとうございます。

メーカーとしても、仮に「100回振って」と書いてしまうと、では100回振れば大丈夫ということになってしまいますよねぇ。では、「100回以上」と書くと、「100回なのか300回なのか」ってことになってしまいます。ですから、よく振ってくださいとしか書きようがないのかもしれません。

とりあえず、かくはん球がカラカラと軽い音で踊るようになるまで、よく振って使ってみてください。かなりしっかりとツヤが消えるはずですよ。

投稿: Bluebell | 2019年1月26日 (土) 17時42分

初めまして。以前から時折拝見しては、自分の模型づくりの参考にさせていただいていました。
クリアのスプレーではなく、ガイアのミラークロームについてのご質問なのですが…。自分が吹いてみた時には、プラ製のスプーンの画像のような見事なメッキ調にはならず、ただの光沢あるアルミ?のようになりました。どうすれは画像のようになるのか、お教えいただけるでしょうか。メッキシルバーNEXTの時のようにツヤ有りのブラックを下地に吹いてから使いましたが、ミラークロームを吹くと、下地がまったく隠れてしまい、まるで効果がありませんでした。
厚かましくご質問などして恐縮なのですが、ご存じであれば、ご教示をお願いいたします。

投稿: シゲチュウざえもん | 2019年1月28日 (月) 20時05分

シゲチュウざえもんさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。

文面から察するに、メッキシルバーだときれいなメッキ調になるのに、ミラークロームではならない、という感じでしょうか?

まず、写真のスプーンは、元々黒いプラスチックのスプーンに直接ミラークロームを塗っています。どのメッキ調塗料でも、これがもっとも美しいメッキ調に仕上がります。
白いスプーンにラッカーのツヤあり黒を塗り、その上にミラークロームを重ね塗りした見本も作ったのですが、黒いプラに直接吹いたものよりは、メッキ感は格段に劣ってしまいます。
これはおそらく、プラと塗料の樹脂ではメッキ調塗料の溶剤の影響が違うため、プラだと粒子が動いてきれいに並んでくれるところ、塗膜だと粒子が動かず、均一に並んでくれないためにメッキ感が薄れる(普通のシルバーのようになる)のではないかと推測しています。
メッキ調塗料を塗膜の上に吹く場合、下地としてもっとも適しているのは、2液式のウレタン塗料です。ですので、ラッカー黒をウレタンンクリヤーでコートし、さらにメッキ調塗料を吹くと、この写真のようなきれいなメッキ感が出ます。

さて、話がそれましたが、自分もメッキシルバーは使っていました。いちいちウレタンクリヤーを吹くのは面倒なので、普通にラッカー黒の上に吹いていました。ミラークロームも同様にして使っていますが、私個人の感想としては、ミラークロームのほうがメッキ感が強いかなと思っています。あと、AKインタラクティブのクロームもよかったです。
それから、下地のラッカー黒は、タミヤのTS14が一番よいと感じます(個人の感想ですが)。
ただ、いずれを使うときも、とにかく1層を薄く吹き、吹いたら自然乾燥ではなく、すぐにエアーブローして(エアーブラシでエアーだけを出して)強制的に乾かすようにしています。
こうすると、みるみるメッキっぽくなっていきます。
これを、好みのメッキ感になるまで2~3回繰り返します。塗り込み過ぎは、メッキ感がなくなっていくのでNGです。

あまり的確な回答にならず、すいません。もしご参考になれば幸いです。

投稿: Bluebell | 2019年1月28日 (月) 22時07分

さっそくに詳細にご教示いただきまして、ありがとうございました。
拝読して思い当たることが幾つか出て来ましたので、さっそくに自分でもあれこれ試行錯誤してみたいと思います。
ミラークロームのほうがメッキ感がつよいとのお話ですので、いずれ自分は塗装の手順のどこかを決定的に間違えている可能性が高い… のだろうと思いました。
有益なご教示をありがとうございます。重ねて御礼申し上げます。
書き込みさせていただいたのは今回が初めてでしたが、数年前からよく覗かせていただいていました。今回のご説明もそうでしたが、製品のご説明等、いつも理詰めでキチンと解説いただけるので、なるほどと思うことが多いです。今後も覗かせていただきますので、よろしくお願いいたします。

投稿: シゲチュウざえもん | 2019年1月28日 (月) 23時03分

シゲチュウざえもんさん、こんにちは。
時々見てくださっているとのこと、こんなブログでも、なにかのお役に立てているのなら光栄です。ありがとうございます。

私は、メッキシルバーもミラークロームも同じように使っているのですが、極端に優劣の差があるとは思わないです。ガイアカラーのは、これの前の商品が、正直言ってあまりよいものではなかったので、余計によく思えるのかもしれないです。

ブログで製品などを紹介するときは、出来る限り裏付けを取って書くように心がけてはいるつもりです。一応、店をやっている以上、根拠もなくいい加減なことを書いて、それを信用する方がいては、迷惑になりますからね。裏が取れない場合は、「推測ですが」とか「主観ですが」といったお断りを入れるようにしています。

つたない記事ではありますが、これからもよろしくお願いします。

投稿: Bluebell | 2019年1月29日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【丸之内モデラーズコンベンション2019】続報 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »