« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

2018年12月23日 (日)

入荷案内

今年最終入荷となります。

Img_1093002
フジミ
1/24 ヴェルファイア

実車はやたらとコワモテで、威圧的なクルマですが、プラモはカッコイイです。

接着剤不要のスナップフィットで、プラの成型色とシールにより、塗装も不要になっています。

Img_1094001
シールの代わりに、一部デカールも同封されています。

実は先日、実際に作ってみたのですが、勘合はかなりタイトで、バッチン!とハマり込むタイプです。塗装する場合は塗膜の厚み分だけさらにきつくなりますので、あらかじめその分を削ってハメ合わせを緩めたり、隣り合う部品とのクリアランスを確保する等の注意が必要です。

ガラスの縁のブラックアウト部分は、スモークの透明シールを裏から貼って再現するようになっています。逆に、マスキングシールとして使って塗装することもできますが、元々剥がすことを前提としないシールなので、粘着力が強くて剥がしにくいうえ、シールが伸びるため、一度剥がすと貼り直しが難しいです。このシールを使うのなら、素直に貼って再現するほうがベターかと思います。塗装したからエライというわけでもありませんしね。
どうしても塗装したいというかたには、これを型紙に使うなどして、別にマスキングテープを切り出すことをオススメします。

Img_1095001
タミヤ
1/24 カストロールスープラ

紙ベースのカタログにはすでに掲載されていませんが、一応現役キットのようです。
ただ、カタログに載っている製品すらいつの間にか絶版になっている、というのが最近のプラモ界の傾向なので、あるうちにどうぞ。

Img_1096001
1/24 フェアレディZ ヘリテージエディション

370Zのバリエーション版です。カラーリングがカッコイイと思っていたら、キット化されました。


Img_1097001_2
モノクローム
プラメリットシート

ドイツ戦車のツィンメリットコーティングのパターンを彫刻したプラバンです。スケールは1/35相当かと思います。

厚みは約0.4ミリで、エポパテを使って自分で施したときとほぼ同じくらい。これをキットに合わせて切り出して、接着剤で貼って使います。

Img_1098001
タミヤのコーティングシールよりは厚いですが、その代わり、彫刻は実感たっぷりです。
実寸から考えれば厚すぎますが、これぐらいのほうが、模型としては見栄えがすると思います。

表に、実物見本が貼られています(これも使えますよね)。

Img_1099001
例として、タイガー1型用の型紙が付いています。
ただ、プラモのメーカーによって寸法は異なるので、使うキットでちゃんと測ってから切り出すほうがよいかもしれません。

|

« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

店主さん直伝のエポパテコーティングをやろうやろうと思いつつ実現しないうちに良いのがどんどん出てきますね😅

投稿: くまがい | 2018年12月25日 (火) 13時55分

くまがいさん、こんにちは。
今は、ツールから素材まで、実に便利なものがたくさん発売されて、よい時代になったもんですねぇ。
プラ用接着剤が使えますから、シールやエッチングに比べて素材への密着がよく、端が浮いたりしないのがよさそうですね。

投稿: Bluebell | 2018年12月25日 (火) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »