« 年末年始の営業につきまして | トップページ | 今年もよろしくお願いします! »

2018年12月31日 (月)

ゆく年くる年

いよいよ2018年も今日で終わりですね。今年も、1年間買い支えて下さったお客様の皆さまには、心より感謝申し上げます。

また、お持ち込みいただいた作品はすべて写真に撮って、ハードディスクに、年別に、作品ごとに分けて保存していまして、今年の作品数は、なんと51作品! ちなみに、昨年2017年は52作品でした。
皆さんの、かわらぬ旺盛な制作意欲には、頭が下がります。おかげさまで、ショーケース内はいつもいっぱいです。

ワタクシ店主めは、下記のとおりです。
・1/12 スズキ・カタナ・カスタム仕様(タミヤ)
・1/24 ニッサン・スカイラインGTR ニスモチューン(タミヤ)
・1/24 スバル・サンバー(アオシマ)
・1/24 マツダ・RX7(アオシマ)
・1/24 フェラーリF430(フジミ)
・1/24 ホンダ・NSX(タミヤ)
・1/24 フェラーリ512BB(フジミ)
・1/24 トヨタ・86カスタムホイール仕様(アオシマ)
・1/24 ホンダ・NSX(タミヤ)
・1/24 トヨタ・ヴェルファイア(フジミ)

一部、制作記録を撮ってなかった作品もあるので、見落としもあるかもしれませんが、計10作品。自分ではあんまり作ってなかったような印象だったのですが、改めてこうして見てみると、意外にも平均すると月イチペースだったんです。特に、後半の9月からは、月産2作品×2ヶ月と、狂ったように作ってました。

最近のプラモの作り方・楽しみ方は、思い入れたっぷりにコツコツ手を入れたり加えたりしてナンボで、素組みでササッと仕上げるなんて、みたいな風潮にあるうえに、キット自体も高密度になり、1作に数カ月~年単位かけるのが普通になってきました。
楽しみ方はユーザーそれぞれですから、それはそれでいいのですが、私ども模型屋の都合で言うと、それでは何百人も顧客を獲得しないと立ち行かないというのが、悲しいかな実情で、もどかしいですね。
昔のように、模型屋でプラモを物色して買って、帰ったらすぐ作って、作ったらカタログで次に作りたいキットを探して、翌月買って作って…という方が、やはりたくさんいてほしい、というのが本音です。

年の最後に愚痴みたいな話になってしまって恐縮ですが、当店もあと半年で閉店の運びとなります。最後まで、ぜひ、たくさんの作品を拝見したいと期待しています。よろしくお願いします。

それでは、皆さん、よいお年をお迎えください。

|

« 年末年始の営業につきまして | トップページ | 今年もよろしくお願いします! »

コメント

店主さま。こんばんは。
2018お疲れさまでした。
来年も製作記等楽しみにしております。どうかよいお年越しをお迎えくださいませ。お邪魔しました。

投稿: toーya | 2018年12月31日 (月) 18時51分

to-yaさん、こんにちは。
店としては、閉店が近づいていますので、注文品以外の仕入れはなるべく控えざるを得ません。なので、ブログも入荷案内記事は減っていくでしょう。
お客様の作品紹介や製作記事で楽しんでいただければと思います。

投稿: Bluebell | 2018年12月31日 (月) 22時22分

こんばんは。
今年も大変お世話になりました。
年内に一度お店に行きたいと思っていましたが、時間がうまく取れずに結局行けず終いとなってしまいました。
スコルピオーネはオー集以降足りない部品を追加したり手直しをしたりしてようやく本日完成。部屋の片付けとともにこちらも片づけることができ、気持ちよく新年を迎えられそうです。
プラモの楽しみ方については同じ意見ですね。「こう作らなければならない」になっては息苦しいですもんね。ただ私の場合はまったく逆の方向で異質化していますが(笑)
そんな私でもちょっと欲しいキットがありますので、年始にスコルピ持って寄らせていただきます。
それでは来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: katsu | 2018年12月31日 (月) 22時35分

katsuさん、こんにちは。明けましておめでとうございます。
スコルピオーネ、無事完成、お疲れさまでした。また拝見できるのを楽しみにしております!
今のプラモ(模型)界は、手を加えた作品ほど尊ばれるような、まるでコンテストのような風潮があり、初心者さんや導入者さんまでが、そうしなければならないかのような思い込みや刷り込みがあるような気がしています。
そういう作品が素晴らしいのはもっともなのですが、私の模型店主としての個人的な価値観としては、いっさい手を加えない素組みで、でもきっちりとした工作と塗装で、「ていねいに作って塗れば、プラモってこんなに素晴らしい模型になる」という、プラモデルキット本来の素晴らしさで魅せて伝えてくれる作品が、もっと評価されてよいと思うのです。
今は、ネットその他で、手を加えたすごい作品やそれを作るモデラーばかりが取り上げられ、プラモ作品ってそういう作品・作者さんこそが素晴らしいんだという刷り込みや思い込みが過ぎるような気がしてなりません。
気軽に始められる人が増える環境を、もっと作っていかないと、プラモ界は、今はよくても確実にジリ貧です。

投稿: Bluebell | 2019年1月 1日 (火) 15時17分

身近に色々相談に乗ってもらえる模型屋があることの喜びを味わっている身としても、ストレートに組んでドンドン作ることがその状況を少しでも維持するのに不可欠と知って、なるだけ励んでいます。少しでもそれを伸ばせるように皆さん頑張りましょう。

投稿: くまがい | 2019年1月 4日 (金) 09時21分

店主様からは実に様々なことを学ぶことが出来ました。

超絶技巧とオプションパーツがもてはやされ、大人でも
金銭的にもきつく、楽しむための製作がストレスを生む
製作になっているようです。
小学生の頃、タミヤの戦車を勿論素組みで塗装もしない、
セメダインの跡だらけでも完成すると凄く嬉しかった。

プラモデル製作の楽しさって自分で好きなように作ること
だと思っていたところに、店主様と出会いました。

こんな当たり前のことを当たり前に言える模型屋さんが
なくなってしまうのは本当に残念です。

でも、このHpで改めてプラモデル製作の楽しさに開眼された
方も多いはずです。

これからも基本素組みで製作していく積りです。好きなように、
好きなだけ。

蛇足ですが、店主様が戦車を製作されなくなってとても
残念です・・・

投稿: | 2019年1月 5日 (土) 19時38分

くまがいさん、こんにちは。
明けましておねでとうございます。今年もよろしくお願いします。

現代のキットのほろんどは、素組みの完成作品でも十分に観賞に耐えるほど、実によくできています。
逆に、実物と違う部分があるのは、模型なんですから当たり前のことです。
ネットを見まくる人ほど、いろんな知識が前もって刷り込まれてしまうので、素組みができなくなる傾向にある気がします。実にもったいないことです。


投稿: Bluebell | 2019年1月 5日 (土) 20時44分

こんにちは。コメントありがとうございます。

今は、SNSや各地の模型イベントの普及で、以前より模型は盛り上がっているという話をよく聞きます。
その一方で、「プラモデルの作り方が分からない」という話もよく聞きますよね。不思議な話です。「上手に作るコツは?」なら話は分かるのですが、作り方もなにも、説明図に書いてあるとおりに作ればいいんです(説明図が分かりにくい、というのは、また別の話)。
それが、「これをしないと実物どおりにならない、あれをしないと『いいね!』がつかない」といった刷り込みで頭でっかちになってしまうかたが、ネット依存の傾向のユーザーさんに多い気がします。
プラモデルの作り方と称して、基本的に手を加える方向性で、改造や修正のコツばかりを紹介されているサイトや雑誌も散見しますが、それを「プラモデルの作り方」といわれてしまったら、じゃあ自分がやっている素組みはなんなんだ?プラモ作りではないの?と思ってしまいます。

プラモデルは、たしかに昔に比べれば価格が高くなりました。これは事実です。1個1万円近くするキットは、プラモデルとしては間違いなく高価です。
でも、例えば仮に1個4000円のキットを、3ヶ月に1個のペースで作った(買った)として、年間4個ですから16000円です。1年間で、です。
これが、スポーツが趣味の人なら、例えばシューズなら2足も買えません。1回の買い物で1万円なんて普通です。しかも消耗品です。
それなのに、1個800円程度の飛行機キットでも、「以前は200円だった。4倍もする、高い高い!!」とか、「以前は1000円で買えたガンプラが今や1800円とかする。半額じゃないと買う気にならない!!」などと、お小遣いの少ない小中学生ならともかく、普通に収入のある大人が大騒ぎです。接着剤なんて数百円の商品ですが、1個買えば数年もちます。それを、家に瞬着があるからいらないというかたもいらっしゃいます。ちょっと出費に過敏すぎやしないかと感じるようになりました。
他の趣味と比べれば、プラモデルは、買うことで完結するコレクターさんなら少しでも安いほうが嬉しいだろうとは思いますが、作っていれば普通に買っても意外と安く済む趣味ではないでしょうか。

自分は、このブログでもご承知のとおり、それほど手の込んだプラモ作りはしません。ですから、他人からほめてもらえるような作品はできません。
でも、個人的には十分カッコイイと思って気に入るものができますし、それで満足しています。これが自己満足のはずです。
それが今は、「自分が満足できればそれでいい」とハードルを下げるのではなく、「自分が満足できるまでやり込まなければ気が済まない」と、ハードルを上げる形になっています。これが、初心者や導入者の足を引っ張っていると思います。
もっとお気楽に、人に見せるための趣味ではなく、自分が楽しむ趣味に立ち返ることが、本当の意味の模型趣味の盛り上がりだと考えています。

話が長くなってしまって恐縮です。これからも、つまらない制作記ですがお付き合いいただければ幸いです。

戦車模型自体は今でも好きですし興味もあります。でも今は作る気になれません。その理由は、また機会が許せば書きたいと思います。

投稿: Bluebell | 2019年1月 5日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年末年始の営業につきまして | トップページ | 今年もよろしくお願いします! »