« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

2018年12月18日 (火)

お客様の作品のご紹介

Img_1065001
ミナミさん作品
エアフィックス 1/72 フォッケウルフ

先日ご紹介した、フォッカーと一緒に持ってきて下さいました。

フォッケウルフって、たしか、Fwなんとかって型がいくつもあるんですよね? 店主は、飛行機のことはまるで門外漢でして、作品カードには「フォッケウルフ」としか書かれていないので、詳しくは分かりません…。

Img_1067001
こちらも、写真で見ると絵画調のような仕上がりです。







Img_1068001
筆塗りでは難しい迷彩柄も、上手に塗られています。







Img_1069001
台は、バンダイの
アクションスタンドです。







Img_1070001
飛行時の形で展示できる、よい方法ですね。







.

| | コメント (4)

2018年12月16日 (日)

手前味噌

店主拙作です。

Img_1001001
アオシマ
1/24 86 カスタムホイール

アオシマの、ちょっと前のキットです。
パケ写真では、黒ボディに水色のホイールなのですが、逆でもカッコイイかな?と思い、塗ってみました。

Img_1004001
ボディ色は、タミヤのコーラルブルーです。本来、レイトンハウス色ですかね。
キットにGTウイングは含まれていませんので、タミヤのウイングセットを使いました。

ホイールは、水色の塗装指定になっていますが、キットはメッキパーツなのでそのまま生かしています。
ただ、プラモのメッキ部品のメッキはちょっと安っぽく見えますので、上からタミヤのスモークを軽く吹きつけています。これだけで、見違えるほど雰囲気がよくなります。

Img_1006001
ボンネットは、一見するだけではたぶんただ真っ黒なだけに見えると思いますが、ご紹介したように、カーボン調に塗装しています。





Img_1007001
GTウイングも同様です。

このキット、部品が合わないとか、どうしようもなく難しいということはないのですが、部品分割があまりに細かすぎたり、まったくとは言わないものの、やはり部品の合いがよくないといった、イマイチ作りにくい点がありますね(上のほうの写真、いつの間にかリアガラスが浮いていますが、これも上から押さえるとバチンとハマって直ります)。
そう思うと、やはりタミヤのキットの、作りやすさを一番に考えた設計というのがありがたく感じます。


.

| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_1061001
ミナミさん作品
レベル 1/72 フォッカーDr1

掌に乗るほどのかわいらしい模型です。




Img_1062001
ここのところ、結構コンスタントにお持ち込みくださる作者さん。
安定の筆塗り派です。






Img_1063001
このくらいの大きさだと、筆塗りするとまるで絵のような、味わいのある仕上がりに。
ちゃんと、パイロットも乗ってます。





Img_1064001
同じスケールの、『紅の豚』に出てくるサボイアの模型も店内にありますが、さらに小さいですよ。

| | コメント (8)

2018年12月10日 (月)

簡単! おもしろい! カーボン調塗装 <続き>

カーボン調塗装の続きです。

Img_0855001
今塗ろうとしているのは、このパーツ。
前後が上向きに反っているので、真ん中が凹んでいます。

ここにストッキングを押しつけても、凹んだところには密着しないので、模様がきれいに出ません。

凹んだ面にも、ストッキングの模様をうまく写したい…これが解決すれば、他にも応用が効いて、いろんな形のパーツにカーボン柄が塗装で表現できます。
「デカールを貼ればいいじゃないか」という声も聞こえてきそうですが、もしかするとデカールを貼りにくいパーツでも、塗装で表現できたりするかもしれないじゃないですか? う~ん、なんとかしたい。

要は、ストッキングを密着させればいいわけです。

Img_0857001
じゃあ、くっつけちゃえばいいじゃないか!?ということで、思いついたのが、スプレーのり。
楽しい考え事をしているときは、頭もよく回ります。

3Mのスプレーのりには、いくつか種類がありますが、この55番を使います。





Img_0861001
まずは裏側から。凸面なので、スプレーのりは、ここでは必要ありません。

湯アカすくいにストッキングをセットすることで、織目が整った状態で、簡単に押し付けることができます。



Img_0863001
ブラックで塗っておいた後、ガンメタルをエアーブラシで吹きつけます。

どの程度色が乗ったかは、ストッキングをどけてみないと分かりません。一発勝負なので、吹き具合は経験を積んで会得するしかありませんね。

続いて、問題の表側。
スプレーのりをストッキングに軽く吹いて、パーツに軽く押し当て、凹んだところを指でなでてくっつけます。

撮影するどころではなかったので、写真はありませんが、思いのほか想像通りに運びましたよ。
Img_0870001
結果がこちら。
前回(86のとき)と違って、凹んだ面にも均一に模様が写りましたよ!
いい感じです。気持ちいい!





Img_0871001
組み立てて、ツヤありクリヤーでオーバーコートしてみました(後でこの写真を見て、向こう側の羽根がないことに気付き、恒例の、床を這ってのパーツ探し…)。

自分なりには十分満足いく出来です。
これなら、ある程度複雑な凹凸面にも、カーボン調塗装できそうです。いろいろやってみたくなりました。

Img_1019002
で、次に作ったNSXで、嬉しがってあちこちに試してみました。

鼻っつらのブーメランみたいな部分と、アゴの部分も。




Img_1022001_2
メーターバイザー、ミラー、ボディサイド下部も。
ボディ下部は凹んでいるので、さっそくスプレーのりが活躍。





Img_1028001
さっき塗ったGTウイング、エンジンカバー、ルーフも。
エンジンカバーもスプレーのり戦法を使ったので、前回の時と違って、織目が伸びずにきれいに塗れました。

あと、写真は撮っていませんが、リアのアンダーカバーも塗りました。
このパーツは、フィンが何枚もあって凹凸が強すぎ、さすがにあまりうまくはいきませんでした。

また、のりはパーツ側にも少し移って着いてしまうので、エナメル用シンナーを含ませた綿棒等でそっと拭き取ってあげます。特にクリヤーをオーバーコートするなら必須です。

いやぁ、実におもしろくて、すっかり病みつきです。
今度は、ボディ全体とか、バイクにも応用して挑戦してみたいですね。

| | コメント (4)

2018年12月 8日 (土)

簡単! おもしろい! カーボン調塗装

先日作った、タミヤのNSXの1作目で、エンジンカバーのカーボン柄を表現するのに、初めて塗装でやってみました。もっとも、デカールを使った表現もやったことがないので、カーボン柄の表現そのものが初めてなのですが。

Img_0849001
女性用のストッキングを使います。わりとポピュラーな技法だと思います。
購入は相当恥ずかしいので勇気がいりますが、今は100円ショップでも売られていますので、何かのついでを装って、さりげなく購入。
1回買えば、度胸がつきます。






Img_0852001
先にセミグロスブラックを塗装しておいて、上からストッキングをあてがい、ストッキング越しにガンメタルを吹きつけます。
ちなみに、ガンメタルを吹きつけるのはエアーブラシがオススメです。
缶スプレーは、噴霧の勢いが強すぎて、うまく模様が出ません。

Img_0618001
さて、そのときの結果がこちら。
真ん中へストッキングを引っ張ったので、ちょっとうねってしまっていますが、カーボンっぽさは出ています。ぶっつけ本番の初めてにしては上出来じゃないか! 個人的には十分満足です。

というより、出来云々より、素直におもしろい!

そこで、調子に乗って、次に作ったプラモでは、より多用してみました。

Img_0850001
その前に、一つ道具を調達してください。

お風呂の湯垢すくい。これも100円ショップで買えます。
付いている網を外し、ストッキングを張ります。
ピンと張りつめるよりも、少し緩めでOKです。縦横の織目が、ある程度キレイに揃うように張っておきます。

これで、ワークにストッキングがあてがいやすくなります。

Img_1005001
この装備で塗ったのが、このアオシマの86です。
ボンネット、ミラー、GTウイング、そしてもう見えませんが内装のコンソール周りに施しました。



Img_1006001
ボンネットと、メーターバイザー部です。

ボンネットのほうは、細かい模様になりました。スケール的には、これぐらいがいいのかもしれません。メーターバイザーやミラーのほうが目が粗いのは、凸の曲面に生地をグッと押し当てて強く引っ張ったせいで、生地が伸びて目が開くからです。

生地の目を斜めにあてがってやると、綾織り感がうまい具合に表現できます。

一見するとデカールに思えるかもしれませんが、よく見ると少し模様が歪んでいるので、塗装だと気付くと思います。
でも、この大面積でデカールでやろうとすると、曲面にシワなくなじませるのが難しく、これは有効な技法だと感じます。
あとは、これがピシッと塗れたら、気持ちいいだろうなぁと思います。この辺の難しさもまたおもしろいところです。

Img_1007001
問題はGTウイング。(適当に撮影したので、ホコリだらけで見苦しくてスイマセン。)
凸状の面は、生地を押し当てれば、いくらでも追従してくれて模様が再現できますが、このような凹部の面では、生地が太鼓の皮のように張って浮いてしまうので、模様がぼやけてしまいます。
これをなんとかしたい! どうにかできれば、かなり応用範囲が広がります。しばし考えます。
(つづく)

| | コメント (5)

2018年12月 6日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0892001
かぶエリンギさん作品
ファインモールド 1/35 九七式中戦車チハ 新車台

当店では数少ない(ほぼ絶滅危惧種です)、ミリタリー系の作品をコンスタントに作られるお客様の新作。


Img_0893001
店主は、実は陸の日本軍モノは作ったことがありません。
ですが、他人様の作品を拝見するのは好きです。





Img_0894001
迷彩の各色の色味の塩梅がよく、とてもよい雰囲気だと思います。







Img_0895001
汚しも、比較的あっさり系ですが、バランスいい感じです。







Img_0896001
お世辞にも強そうな戦車ではありませんが、模型作品としてはとても魅力的な仕上がりになっていると思います。
こういう作品を拝見すると、自分も作ってみようかという気になったりしますね。




.

| | コメント (2)

2018年12月 4日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。
ここのところ、皆さんのペースが上がっているようで、ショーケースの中が一気に手狭になり、入れ替え戦になっています。どうもありがとうございます。

Img_1049001
クラタさん作品
フジミ 1/24 フェラーリ512BBi

こちらも、「黄色いスーパーカー」企画参加作品です。
店主のキットの姉妹キットを作られました。
店主のは普通のBBですが、こちらはインジェクション仕様で「i」がつきます。

Img_1051001
黄色1色で塗装されたことで、クルマの美しいラインがよく分かります。
塗色は、ガイアのサンシャインイエローです。



Img_1052001
後ろのバンパー周りなど、BBとは微妙に色々と違いがありますね。





Img_1053001
ホイールを、フジミのデイトナ用のものに移植(当初はマルイとおっしゃっていたような気がしたのですが、あらためて聞いたら違ってました)しています。
元のキットのホイールは、店主が制作記で書いたようにメチャメチャ大径で、模型的に格好はいいのですが、当時のクルマらしさはありません。
これだけタイヤの厚みがきちんとあることで、実にそれらしさが増します。悔しいけど、こっちのほうがカッコイイなぁ!

Img_1054001
ウインカーカバーは、店主拙作と同じくオレンジで。







Img_1059001
ちょっと分かりにくいですが、シートは黒かと思いきや、茶色地に赤のライン。
黄色いボディとケンカせず、かつ地味すぎず、よく似合う見事な色使いで、これはナイスセンスだと思います。

派手さはないものの、堅実で巧みなモデリングの作者さん。次は何を作られるでしょうか?

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_1039001
NKTさん作品
アオシマ カウンタック5000クワトロバルボーレ

先日のオー集名古屋での、「黄色いスーパーカー」企画参加作品です。


Img_1042001
店頭でいきなり勧誘され、その日は買う気もなかったキットを買って作られましたが笑、楽しかったと言っていただきました。

やっぱり、スーパーカーと言ったらこのクルマ。王道です。

Img_1044001
スラントしたノーズ、跳ね上がったテールなど、とにかくカッコイイですね。
実は、Aピラーからルーフに沿って、プラバンで裏打ちして厚みを再現されてます。誰も気づいてくれない、って、そりゃそうですよ笑。言われなきゃ分からないです。

Img_1046002
直線基調のデザインが、今見ても斬新ですね。
とにかく、目も眩むほど鮮やかな黄色で塗装され、しかもムラもなく、たいへん美しい仕上がりです。

ホイールはキットのものは使わず、あえてアップデートされた雰囲気を演出されたそうです。
黒いスポークと深いリムが、よく似合っています。

Img_1047002
あまりの鮮やかさに目がとられ、隣りに並べた他の黄色作品が黒っぽく見えてしまうほどです。
カーペットも、何気なく手が入っています。掛け値なくカッコイイ作品です。

新年早々、スカイラインを2作完成させて、今年はよいペースでの制作を予感させた作者さんですが、その後はお忙しくて失速笑。
まだ1ヶ月あるので、もう1作ぐらい見せていただきたいですね。

| | コメント (2)

« 2018年11月 | トップページ