« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

フジミ 1/24 フェラーリ512BB 【黄色いスーパーカーを作ろう~名古屋オー集への道】 その2

P9237326001
窓ガラス部品の勘合を見ます。私は、いつもこれをしない(ガラス表面を傷つけたり汚してしまうのが怖い)ので、「なんでやっとかないの? 後からじゃ、帳尻合わせできないよ?」と、手練のモデラー諸氏からたしなめられてしまいます。
今回は、安定のフジミ品質(失礼…)だと困るので、やっときます。

ところが、これまでのボディ部品同様、ピッタリとハメ合わさります。

隙間の出ることが多いAピラー部も、このとおり。ちょっと感動して、涙が出そうです。

P9237327001
Bピラー以降も、私程度の要求レベルなら、まったく問題なし。






この後、サイドシル部を接着しておきました。

ここまでは、上物は上からかぶせているだけで、余計な力がかかっていませんでした。
サイドシル部を付けると、シャシーと合わせた際に抱きかかえるように力が加わるので、ハメ合い具合が変わるかもしれません。
力がかかるので、接着が固まるまでしっかり乾燥させ、再度シャシーと組み合わせてみます。

| | コメント (2)

2018年9月27日 (木)

【ミッドシップ&リアエンジン・コン】お客様の作品のご紹介

開催中の【ミッドシップ&リアエンジンコンベンション】に、ご応募いただきました。どうもありがとうございます。

Img_0608001
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/35 シュビムワーゲン

ここのところ、AFV系の作品をまめに持ってきてくださる、唯一のお客様。




Img_0609001
比較的手軽な1/48シリーズを続けて作られて、かなり手慣れてきた様子。







Img_0610001
この車両の、ジャーマングレイ塗装の作品は、個人的にはあまり見たことない気がします。
重厚な感じで、カッコイイですね。





Img_0611001
実は、実車はなかなか迫力あるのですが、模型だとたいへん可愛らしい雰囲気です。




.

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

フジミ 1/24 フェラーリ512BB 【黄色いスーパーカーを作ろう~名古屋オー集への道】 その1

では、さっそく手がけていきましょう。

まず、ざっと説明書に目を通します。
一般的なカーモデルでは、上物のボディにバンパー等をくっつけ、下物のシャシーにバスタブ状の室内を取り付けます。そして、下物に上物をかぶせて、前後に設けられたダボにハメ込んで、前後方向で挟み込むように合体、という手法が取られます。

でもこのキットでは、前後のバンパー部はシャシー側に取り付け、ボディーは上からかぶせていくだけで、前後のダボは設けられていないのが特徴的です。つまり、上物のボディーとバンパーで、シャシーを上下から挟み込むような形になります。
後になってここに隙間が出てしまっては、修正が効かない可能性があります。

そこで、一度仮組みをして、あらかじめ咬合するかを確かめます。

まず、上物のボディ。これも、前後で分割されていて、どうやらリアカウルは完成後も開閉可動するようです(エンジンを見せるため)。
そこでまず、閉めた時の合わせを確かめます。

P9237280001
すると、これが、何の隙間もなくピッタリと収まります。
タミヤのピッタリ感とはちょっと違う、なんとも危うい感触ではあるのですが、とにかく合いは良好です。




P9237282001リアのバンパーは、溝が彫られていて、
先ほども触れたように、シャシー後ろから、矢印の向きにスライドさせてハメ込む仕組みです。ちょっと変わっていますね。





P9237283001
ここにリアカウル(このクルマの場合は、ボンネットに相当します)を載せてみると、このように位置もピシッと決まります。このあたりは、なかなか気持ちのいいフィット感です。




P9237285001
後ろ側はバンパーとのハマリ込みで、前のほうはタイヤハウス上で受けのモールドがあり、前後上下の位置が決まるようになっています。





P9237288001
フロントカウルとコクピット部は一体成型です。
中に、室内のバスタブを入れ、上からかぶせると、後部は矢印のところでキッチリ受け止めて、これより位置が下がらないように、また左右にもずれないようになっています。
ここも、隙間やガタもなく、キッチリ決まります。

P9237292001
前方は、やはりタイヤハウス上に位置決めの受けがあって、ここで支えています。L字形のダボが、シャシー側の受けにハマる仕組みです。
この時点で、ボディ横下部のサイドシル部はまだ付けていませんが、、ボディ左右の絞り込みによる挟み込みに頼ることなく、これらによって上物の位置合わせが、前後左右・上下とも決まるようにできています。なるほどなぁという印象。

P9237304001
前後のカウルの合わせは、この状態でもピッタリで、少し感動的ですらある光景です。






P9237306001
ここまでは、テープ等による仮止めは一切行っておらず、ただハメてみただけですが、このまま持ち上げても崩れないくらい、ぴったりフィットしてるんですよ。





P9237309001
フロントバンパーはシャシー側に着くので、軽くあてがってみます。やはり、ほとんど隙間もなくフィットします。
フジミさんよ、これをすべてのキットで実現しておくれよ…。




P9237311001
サイドシル部をあてがってみます。サイズ的にはピッタリです。







P9237317001
ただ、ボディ部品と、絞り込みのアールが合いません。ボディの絞り込みが、ちょっときつめなようです。
なので、このパーツは上下合体後に接着するほうが、上下合体がラクだと思いますが、それは難しそうなので、先に接着してしまいましょう(取り説もそうなっていますよ)。

さて、これで、シャシーとボディのフィットが予想以上に良好なのが分かりました。
いったん、先にサイドシルを接着し、再度様子見をしてみることにします。

| | コメント (4)

2018年9月24日 (月)

昨日は、【フィギュア筆塗りワークショップ】でした

いつもはエアーブラシばかり行っているワークショップですが、今回は久しぶりにフィギュア筆塗り編でした。
実は初めてではなく、数年前に一度だけやったことがあります。その時は使用するキットのお題を決めてやりましたが、今回は、基本的に自由でした。結局は、一番無難な兵隊さんで、ホッとしましたが…。

Img_0576001
お二人とも、ほぼフィギュア塗り未体験かまだやり始めという方々。店内の狭いスペースで、頑張って取り組んでいただきました。

組み立てと下塗りまであらかじめ済ませておいていただいたうえで持ってきていただき、タミヤエナメル塗料を用いての上塗りを実践してもらいました。

今は、塗料の種類やブランドが豊富になり、と言うか、なりすぎて、雑誌やネットで様々なものが「あれがいい、これがいい」と紹介されています。新製品が出たり、近しい人が「いい」と言うとすぐに持ち上げ、もうブレまくりです。
でも、中には取り扱い店が限られているものや、通販でしか買えないものもあります。いくらいいものでも、それでは何にもならないので、模型商材取り扱い店ならほぼどこでも手に入れられるタミヤの塗料を使うのは、入手の容易さもあるのです。それに、なにより、これで十分に塗れてしまうものなんです。

下塗りを活かして基本色塗り、影入れ、ハイライト入れを繰り返して、絵を描くように塗っていきます。下地塗装がしてありますので、致命的に失敗しても、拭き取ってやり直しも可能です。

3時間の時間いっぱい、ほぼ無言で取り組んでいただき、無事に顔入れまで済ませることができました。十分な見栄えのものが出来上がっていましたよ。
でも正直、付きっきりになるので、こちらとしてもできればお一人で、お二人が限界ですねぇ。


お一人は、組み合わせる車両をお持ち寄りいただき、ビネット作品としてお預かりしました。

Img_0589001
クラタさん作品
タミヤ 1/35 キューベルワーゲン

タミヤの車両キットに、ICM製のフィギュアを抱き合わせたコラボキットです。



Img_0592001
小さい車両ですが、フィギュアを組み合わせると、作品としても生き生きとしてきますね。






Img_0598001
フィギュアをちゃんと塗ったのは初めてだそうです。うそ~と言いたくなる出来栄えで、これで初めてなら、十分だと思います。

次回開催もまた計画しますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

| | コメント (4)

2018年9月23日 (日)

フジミ 1/24 フェラーリ512BB 【黄色いスーパーカーを作ろう~名古屋オー集への道】

当店のお客様数人が、「黄色いスーパーカーを作って、『名古屋オートモデラーの集い(略してオー集)』に一緒に出品しよう!」という悪だくみをなさっていて、店主さんもどう?と誘われてしまいました。

実は偶然にも、以前に『カーズ3』という映画を観て、黄色いスーパーカーを作りたくなり、思いつきで作り始めていたキットがありました。
ところが、思いつきというのは長続きしません。途中まで進めて当然のように放置してしまっていたのですが、これをきっかけにヤル気が再燃し、それをササッと進めてノルマは早々に達成しました。きっかけというのは大事なものです。

そうしたら、その発起人の一人である模型転倒虫さんが、フジミのフェラーリ365を作り始めたとのこと。
で、これまた以前に知人からおすそ分けいただいたキット群を眺めておりましたら、同じフジミのフェラーリ赤箱シリーズ軍団の中に512BBがありました。

そこで、まったく同じではないものの、同じメーカーのよく似たキットを、違う制作スタイルの2人で作り、お互いのブログで制作記をアップしていったら面白いし励みになるし、また読者さんにも、スタイルの違いで制作過程や作品がこう違う、という参考にしてもらえるのではないかと思いつき(すぐなにか思いつく、悪いクセ…)、氏におうかがいを立ててみたところ、快諾いただきました。

そういうわけで、これから、【名古屋オー集への道・編】と題して、このカーモデルの制作記を書いていこうと思います。

P9227275001
キットはこちら。
そういうば、フジミから、この窓付きパッケージでフェラーリが大量に発売されてましたね。
当時はプラモに出戻った頃で、しかもカーモデルにはあまり興味がなかったので、自分で買ったことはありませんでした。

P9227276001
部品数は少なめで、それほど凝った造りではなさそうです。

でもフジミかよ~大丈夫かなぁと思うところですが、転倒虫さん情報によると、当時このシリーズは造りの良さが評判になり、「どーしたフジミよ、ナニがあった!?」という騒ぎになったんだそうです。ちょっぴり期待感が高まります。

今回は、軽くイントロを。

P9227277001
足回りはこの簡略さ。潔くてよろしい。
見えないところまで造り込まれたキットは、「おお~!」という感激がありますが、造られている以上はやっぱりちゃんと塗って作ってあげたくなります。
どうせ完成後は見えないんから真っ黒に塗る、または無塗装という手もあるのですが、せっかく買ったんだから、それではもったいないという気になってしまいます。
高級レストランに行ってステーキを頼み、肉の一番うまいところだけを食べて、あとは残すなんて、できないですから。

その点、これぐらい割り切ってくれてると、なんの罪悪感もなく、大手を振って手抜きできます。バンザイです!

P9237278001
とはいえ、シャシーはタイヤハウスが一体成型されていて、上物のボディとの隙間がほとんどありません。ボディの裏側が隙間から丸見えって、安っぽく見えてちょっと興ざめだったりしますから、これは嬉しい。



P9237279001
後ろの灯火類は、色つきのクリヤーパーツです。
ただ、もしかして真ん中が、本来はクリヤーで丸く抜けてるんじゃないの?という心配が…。


今回はここまで。次回から制作に入っていきますね。

私は、毎度ながら、「実物に忠実な模型の制作」ではなく、説明図に従った素組み、せいぜいプラスアルファくらいの、「ベーシックなプラモデル制作」スタイルで進めます。
スーパーカー世代ではありますが、とくにこのクルマが好きというわけでもないので、気楽なもんです。
かたや、思い入れたっぷりに、細やかなリサーチとていねいな作り込みの転倒虫さんの制作記は、こちらから見に行ってください。

工程の緻密さと作品の完成度は圧倒的に氏のほうが高いので、そういう作風がお好みのかたは、氏のスタイルが合うかと思いますが、私の拙い制作記のほうも、ぜひあわせてご笑覧、応援いただければ嬉しいです。

タイムリミットは、11月半ば。頑張って作りきろうと思います。

| | コメント (2)

2018年9月19日 (水)

入荷案内

Img_0548001
タミヤ
筆塗り用パレット

どちらかといえば使い捨ての部類に入るのかもしれませんが、底が丸いので拭き取りやすく、繰り返し使用できると思います。







Img_0549001
くぼみ1個の大きさは1円玉とほぼ同じ。
凸部で仕切られているので、隣りのくぼみに塗料が混ざり込んでしまうのを防いでくれます。
個人的には、各種ウェザリング用塗料(スミ入れやフィルター)を調色したり、ピグメントをメディウム類等と混ぜ合わせたりするのに重宝する気がします。

Img_0552001
瞬着用細ノズル

「ゴムタイヤ用」と書かれていますが、これは、同社から発売されている瞬着の中で、ラジコンのゴムタイヤを接着する瞬着の容器の口にサイズが合っているという意味で、ゴム用の瞬着にしか使えないという意味ではありません。差し込むことができれば、何にでも使えます。安心してください。
安くてありがたい、隠れた商品。

Img_0551001
セメダイン
ゼリー状瞬着

液状に比べ、垂れないのと、点付けができるので便利なゼリー状。
接着面の小さい、細かなエッチングパーツの接着等に、特に有効です。






Img_0550001
ハセガワ
セラミックコンパウンド

カーモデルの窓ガラスなど、透明プラスチックの曇り取りに、特に効果的とのことなので、入れてみました。







Img_0554001_2
エアテックス
クイックジョイント

エアーブラシとホースをつなぐカプラです。
エアーブラシを複数丁持ちされている方には、ホースの差し替えがワンタッチでできるのでオススメ。

また、これを付けるもう一つのメリットとして、ガンが接続部でクルクル回るようになり、ホースがねじれなくなります。
1丁しか使っていないから付け替える必要がないよという方にも、実はオススメ。それにメンテするときにはホースから外すから、やっぱりラク。

Img_0553001
パッションモデル
ヴェスペ用PEセット

先日タミヤからリニューアル発売されたヴェスペ用のPEパーツのセット。
パッションの製品は、的を絞った部品選択と作りやすい設計で、部品点数も抑えた作りが特長。せっかくPEを奮発したのに、すべて使い切れずに余らせてもったいない思いをすることが少ないです。




.

| | コメント (2)

2018年9月18日 (火)

入荷案内

18日(火)は、臨時休業いたします。
ご不便をおかけして申し訳ないですが、よろしくお願いします。


Img_0542001
タミヤ
1/35 陸自16式機動戦闘車

以前から、ぜひタミヤあたりに模型化を期待したい車両でした。
近代的で、カッコイイ車両ですね。


Img_0543001
一部では何だか酷評されている、砲身の放熱穴表現用のデカールとマスキングシート。
箱絵でも分かるとおり、実車の砲身には、らせん状に穴が開いているのですが、多方向のスライド型を使わない限り再現できないので、このような手法が採られています。
たしかに、デカールはリアルさでは劣りますし、マスキングシートを使ってドリルで開口するのはとても手間。
でも、しょせん模型。これはこれでありだと、店主は思います。どうしても最初から開口されてないと我慢ならない、というかたは、別売の金属製砲身を利用しましょう。

Img_0546001
1/12 YZF-R1M

ホビーショーで実物も展示されていましたが、カッコイイですね。
初めて写真を見たときは、てっきりサーキット専用車かと思いました。灯火類がないように見えて、実はあるんですねぇ。

Img_0547001
タミヤらしい、カチっとした成型部品。
部品がギュッと詰め込まれた感の強い実車を、いたずらにパーツ数を増やすことなく模型化しています。この辺もタミヤらしいところ。




Img_0561001
アクリル塗料新色
ドイツ3色迷彩色の新色です。
最近主流の、明るい色調になっています。





Img_0564001
旧色との比較。上が新色です。

特にブラウンは、単に明るいだけでなく、色味そのものがかなり変わっています。
珍しく、キャップの色ともかなり違いますね。


Img_0558001
アスカモデル
1/35 陸自74式戦車改

受注好評で締め切りが前倒しになったのに、発売はずいぶん遅れました。
箱絵にも描かれているように、タミヤのキットを流用したコラボ製品です。

Img_0559001
濃いダークグリーンの成型品がタミヤ製。
オリーブ色の成型品と履帯がアスカ製の新規部品です。





Img_0556001
フジミ
1/700 赤城

横から見ると、フネのキットとは思えないほど分厚い箱に入ったキット。



Img_0557001
おびただしい数の艦載機のランナー(透明パーツ)が入っています。
これを全部塗るのかと思うと、気が遠くなりそうです苦笑。
頑張れ、フネモデラーさん!




Img_0544001
ズベズダ
1/35 T-90MC

既存のT-90の金型は流用せず、完全新規金型です。


Img_0545001
封がされていて中身は見られませんが、気になる履帯は分割式とのこと。


| | コメント (8)

2018年9月16日 (日)

【ミッドシップ&リアエンジン・コン】お客様の作品のご紹介

開催中の【ミッドシップ&リアエンジン・コン】に、新しくご参加がありました。どうもありがとうございます。

Img_0530001
単身赴任模型堂さん作品
グンゼ おっとっとシリーズ
サーフィンビートル

1ヶ月以上間があくと、とても久しぶりのような気がしてしまう作者さんの新作。







Img_0532001
写真を縦にトリミングしないといけないカーモデルは初めてです笑。

旧グンゼ産業製ですから、古いキットなんでしょう。それにしても、こんなプラモデルがあったんですね。
「どこどこから、こんなキットが出てた」というようなウンチク知識や古いキットの話に何ら興味がない店主は、全く知りませんでした。




Img_0533001
古いキットだけに、作るのには苦労したとのこと。
とはいえ、こんなにキレイに作ろうとすれば、ということでもあろうかとは思います。それくらい、キットの古さを感じさせない出来栄えですね。







Img_0535001_2
クルマ部分は、美しいメタリックグリーンで塗装されています。
窓もキッチリ磨いてあって、キットが発売された当時では考えられなかったクオリティなんでしょうね。




Img_0536001
大きめのチョロQみたいなデフォルメが可愛らしいです。







Img_0537001
紛うことなく【リアエンジン】ですね。
各部の細かい塗り分けは、ちまちまとひらすらマスキングして塗り分けたとのこと。

| | コメント (4)

2018年9月 7日 (金)

入荷案内

Img_0521001
グリーンマックス
鉄道模型用カラー
39 アルミシルバー

タミヤからも同名のスプレー塗料が発売されていますが、ツヤありで金属感はあまりない色味です。

こちらは、電車の車体のアルミ(ジュラルミンかな?)地肌を再現する色です。



Img_0523001
写真では光って分かりにくいですが、マットなアルミらしい質感がよく再現されています。
少し顔料が泳ぎやすいので、一度にウェットに吹くとムラになります。厚吹きしないで、少し遠目から薄く重ね吹きしてあげると、きれいに塗れます。

その他にも、タミヤやクレオスにはない中間色のカラーをいくつか揃えました。ご来店の際は、ぜひ探してみてください。

Img_0526001
クレオス
プレミアムトップコート(半光沢)

ツヤ消しタイプがたいへん気に入りました(お客様の間でも、大絶賛です)ので、半光沢も揃えました。

しっとりとした、非常に均一な半ツヤが得られます。
このシリーズは、白化がほとんどないこともありますが、この「均一なツヤ具合の得やすさ」が最大の長所かと思います。

特に半ツヤコートは、吹きつけ加減が分かりにくく、妙にツヤが出てしまったりして、思うようなツヤ具合になりにくいのですが、この商品は、見事に均一な半ツヤに統一できます。ツヤ消しとの差もハッキリ分かる、ちょうどよい塩梅になっています。

ビン入りタイプもあるので、缶スプレーを毛嫌いするかたはそちらを選ぶかもしれませんが、ビン入りは比較的低粘度で、エアーブラシで吹きつけるのにさらに希釈するため、ツヤ消し剤がすぐに沈殿してしまい、程よい半ツヤになりにくいので、実はこの缶スプレータイプのほうがオススメです。

| | コメント (0)

2018年9月 5日 (水)

【フィギュア筆塗りワークショップ】事前のご準備につきまして

来たる23日開催の【フィギュア筆塗りワークショップ】には、さっそくのご予約をいただき、満席となりました。ありがとうございました。

つきましては、参加者様に、当日までにあらかじめ準備いただきたいことがございます。

・お題となるフィギュアのジャンルは自由ですが、いわゆる「美少女系フィギュア(というんでしょうか?)」は、当方の守備範囲外です。すいませんが、それ以外のものをご用意ください。
・当日までに、組み立てて、ラッカー系か水性アクリル系塗料で、下塗り(色ごとに、大まかに色入れ)まで済ませ、ツヤ消しコートしておいてください。吹きつけでも、きっちり塗り分ける必要はありません。
組み立ては、兵隊であれば、装備品は着けなくてもOKです、また、頭部が別体化されている場合も、そのままで構いません(下塗りはしてください)。

以上です。

ご不明点などございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

| | コメント (4)

2018年9月 2日 (日)

【ミッドシップ&リアエンジン・コン】お客様の作品のご紹介

開催中の【ミッドシップ&リアエンジン・コン】に、新しくご参加がありました。どうもありがとうございます。

Img_0517001
サノさん作品
タミヤ 1/24 マツダ・ロードスター

店主拙作のFCと同じく、フロントミッドシップ車の作品です。
いつもと同様、塗装は筆塗りです。


Img_0518001
春のGT-Rと同じ感じのガンメタです。







Img_0519001
ただ、塗装はメタリックの筆塗りですから、筆跡ができてしまったりするのは、これはもう仕方のないことなのですが、今回は作り自体が少々雑になっていますね…。締め切りに間に合わせようと急いで作られたのではとお見受けします。
コンベンションはお楽しみイベントであって義務ではありませんので、そんなに無理をしてまで作られることはありませんよ(^^)。
作りたいものを、ていねいに時間をかけて作られると、完成度も上がって、より満足のいく作品ができることと思います。

| | コメント (0)

2018年9月 1日 (土)

【ワークショップ】今月のご案内

意外にも、地道に人気の、ワークショップ。
今月は、エアーブラシ以外のワークショップも、試みとして開催したいと思います。
新しい内容は、これまた地味にご要望のある「フィギュア筆塗り」です。
こちらの内容は、「1/35以上のスケールのフィギュア(人形)の塗装の初歩の初歩」となります。
「フィギュアに挑戦したいが、とっかかりが分からない」「塗料や道具は、何を使ったらいのか…」というかたに合わせた、ごく初歩的な内容です。
今月は、この2本立てで開催したと思います。

開催予定は、下記のとおりです。
・エアーブラシ : 16日(日曜)
・フィギュア筆塗り : 23日(日曜)→予約満席です。ありがとうございます。

いずれも、時間は、13時から16時までです。

店内の限られたスペースを使いますので、定員は2名様まで。完全予約制です。お電話、メール、このブログのコメント欄にてお申し込みください。
1名様でもご予約があれば開催します。
費用は、3000円です(材料費等込み)。

エアーブラシワークショップのほうは、お手持ちのガンがある方はご持参ください。手ぶらでも大丈夫です。

ご予約、お待ちしております。

※また、「ワークショップに参加したいけど、日時が限られすぎていて、どうしてもチャンスがない」というかたは、普段の営業時間内の開催のご相談にも応じます。ただ、その場合は、接客等でワークショップが中断したりする可能性があることだけご了承ください。

| | コメント (4)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »