« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

2018年7月 9日 (月)

エアーブラシ・ワークショップ

久しぶりに、エアーブラシイベントを開催しました。

今の店舗に移転してからは、店内が狭くて一度に大勢は入れないため、公共施設を借りてきました。アネスト岩田様に講師をお願いしてきたので、わざわざ遠いところをお呼び立てして道具も準備していただいておいて、生徒さん2人とかっていうわけにはいきませんからね。

それに、公共施設の会議室とかでバンバン塗料を吹くというのにも抵抗がありましたし。

そこで、やはり店内でやるのが望ましかろうってことで、あえて少人数制で講師役も招かず、その分、回数を増やしてやっていくことにしました。
今回は、その1回目です。

今回は、経験者のかたがお一人と、まだ始めたばかりというかたお一人でした。

まずエアーブラシの簡単な構造や種類の説明をした後、レッスン用の紙に、アクリル塗料を使ってどんどん吹いてもらいます。

36698266_1292817620848566_312713753
ハッキリ言って、地味なレッスンです。
経験者のかただと、こんなもん、今さらアホラらし!と思うかたもいらっしゃると思うのですが、やってみると、経験者のかたほど普段の自己流のクセが出まくります。
できそうで、正しい方法ではできていない方が多いのではと思います。

36791353_1292939427503052_894534717
内容は、4ステップに分けて行います。先にやったことを踏まえて、だんだんと難しくなってきます。前のステップの操作ができていないと、次が思うようにできないシステムです。




36763036_1292939444169717_718795992
3番目のステップが一番難しいので、普段使い慣れたかたほど、実はうまくいかないんです。
まだクセがついていない初心者の方のほうが、かえって早くコツをつかんだ感じでした。

4ステップ目がいわば卒検。ここまでの練習を踏まえて、キレイに面を塗り上げる練習です。
3ステップ目までがこなせていないと、なかなか思うようにいかないのですよ、これが。

ちなみに、マスキングは一切使いません。オールフリーハンドです。
例えばカーモデラーさんは、なにかと吹きつけ塗装に固執されますが、マスキングして塗り分けることが多く、この一連の操作ができなくても、特に不自由なく塗装できてしまいます。それが落とし穴で、そのために、エアーブラシの正しい操作が身についていない(ご存じない)方が多いとお見受けします。模型誌等でもエアーブラシ特集がよく組まれていますが、ここまで踏み込んだ内容のものは、まずないと自負しております。
面を塗りつぶすときは、「『の』の字」を描くようにガンを動かしましょうとか書かれていますいますから。
でも、メディアに書かれていたら、そりゃ信じちゃいますよねぇ。

「オレはもう使いこなしていて不自由していないから、今さら習うことなんてない」というかたも、食わず嫌いしないで、ぜひ一度参加してみてください。

最後に、様々なメーカーや機種、ノズル口径の違いによる吹き味の差も体感していただきました。
エアーブラシなんて、どこのでも変わらないと思っている方も多いようですが、それぞれの差、特にアネスト岩田の吹き心地の良さは、すぐに実感していただけた様子でした。
「仕入れた商品だからオススメする」わけではなく「オススメしたい商品だから仕入れている」のです。それが分かっていただければ嬉しいです。

休憩をはさみつつわずか2時間半でしたが、みっちり吹いていただいたせいか、最後はかなり上達されたのが分かりました。
これを糧に、実際の模型塗装に役立てていただければと思います。


次回は7月22日を予定しています。まだお席ございますので、お申し込みをお待ちしております。

来月の予定は、月末くらいに分かりますので、またその都度ご案内していきます。

|

« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

イベント」カテゴリの記事

エアブラシ」カテゴリの記事

ワークショップ」カテゴリの記事

制作工房」カテゴリの記事

コメント

店主さま。こんばんは。
毎度お邪魔のto-yaです。
やはりエアブラシって奥が深いですね。何だったら100均で売っているスケッチブックやホムセンにある“何らかの板”とかで100回ぐらい吹いて練習すれば、まあ何とかモノにはなるだろう…、程度に私は簡単に考えておりました(苦笑)

実を言うと昔、私もオリンポスのHP-101を小遣い切り詰めて購入(コンプレッサーなどとても高価で買えないのでボンベの直付け)したが結果、実に「猫に小判」とは上手い例えで、たったの一回ガンプラ(箱絵が「開田裕治」氏の1/144 アレックスNT-1)で使ったまま、長々秘蔵した挙げ句に近年二束三文で処分しましたよ~、云々をコメントすべく、機種調べでググっていたら「オリンポス」ってもうないんですねぇ…p(´⌒`q)

投稿: to-ya | 2018年7月10日 (火) 19時10分

to-yaさん、こんにちは。
エアーブラシは、パソコンに似ています。
買ってきてすぐに、誰に教わるわけでもなく、誰でも感覚的に使えてしまいますよね。
ただ、正しく使いこなしているか、というと話は別です。そこは、詳しい人に教えてもらう必要があります。
エアーブラシも、教わらなくても、なんとなく使えてしまいます。
でも、正しい使い方は、それを知ろうとしなければ知ることはないまま、自分は使えていると思い込んで使うことになります。それではもったいないですね。
ベテランモデラーさんでも、正しく使えている人は少ないと、自分は感じています。初心者さんはもちろんですが、自信があるかたほど、こういう場を活用して、ぜひ練習していただきたいと思います。

投稿: Bluebell | 2018年7月10日 (火) 22時09分

店長遅くなりましたが日曜日のワークショップありがとうございました。何十年ぶりに復活したプラモデルでまずは形からのスタイルで念願のエアーブラシまで揃えたのはいいんですけど全く使いこなせてない時のワークショップで飛びついちゃいました(笑)

店長の手取り足取り至れり尽くせりの教室ですごく勉強になりました。相棒も我流で今までしてたので参加して良かったと帰り道ニコニコでしたよ~

帰ってから持ち帰った教材で教えてもらったマル秘技頑張って復習しときました。ただあの上位モデルのエアーブラシ凄く欲しくなったのでしばらく節約生活になりそうです(笑)

なかなか仕事柄毎日は行けませんが店に伺う時は色々ご教授お願いします( ̄ー ̄)

投稿: 初心者 | 2018年7月11日 (水) 07時20分

初心者さん、こんにちは。
先日はありがとうございました。どうもお疲れさまでした。

有意義な時間を過ごしていただいたようで、こちらも嬉しいです。
エアーブラシなんてわざわざ習うもんじゃないと思っているかたも多いでしょうけど、いざ習ってみると「そうだったのか」という気付きがあると思います。
また機会があれば復習してみてください(自分もサボっているので、またやらねば)。
高価なガンは、やはりそれ相応の値打ちというものがあるもんだというのは、ご理解いただけたと思います。
でも、メインで使っていただいたやつも、値段の割に相当いいものなので、またご検討ください。

投稿: Bluebell | 2018年7月11日 (水) 15時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »