« 2018年5月 | トップページ

2018年6月

2018年6月18日 (月)

お客様の作品のご紹介

作品がたまってきましたので、お持ち込み順不同でご紹介していきます。
いつもは中1日空けるのですが、そうも言っていられません。

Img_0203001
ミナミさん作品
タミヤ 1/72 フォッケウルフFw190 D9

M4シャーマンに続いての作品です。




Img_0204001

下面は、こんな塗装なんですね。素人目には、目立って仕方ないように思えるのですが。






Img_0205001
展示には、バンダイのアクションベースをうまく活用されてますね。ナイスアイデアです。

もう少しさりげないものがあるといいんですけどねぇ。




Img_0206001
筆塗りでしょうか、絵画タッチの塗装が、いい味出してます。ミリタリーキットに筆塗りは、なかなか相性よろしいですね。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みが相次いでいて、店の商品案内を二の次にしても追い付かないほど。どうもありがとうございます。

Img_0211001
Katsuさん作品
アオシマ 1/32 スズキ・ハスラー

1/32の小さいモデルですが、そこはこの作者さん、一筋縄な制作で終わるはずはありません。


Img_0212001
ボディー周囲の絵柄は、テレビの画面から画像を取り込んで、デカールを自作されたもの(だったはず。うかがってから日が経ってしまったのと、自分のスキルにないことなので、聞いていても半ばチンプンカンプンで、失念してしまいました。違っていたらご教示ください)。

ルーフのハスラーのロゴは、マスキングして塗装されたそうです。

Img_0213001
私、てっきり色違いで絵柄は同じものとばかり決めつけていましたが、2台で違うんですね。
こんなの作るの、気が遠くなりそう…。



Img_0214001
マツダ車専門のスクラッチモデラーさんだけに、次はマツダブランドのOEM車かな? 楽しみですね。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

賑やかしに

三菱&スバル・コンですが、おおかた予想どおりの盛り下がりでして…。
ホントは参加する予定はまったくなかったんですが、あまりにも恰好がつかないので、せめてもの賑やかしにと、急きょ作ってみることにしました。

Img_0266001
店主拙作
アオシマ 1/24 スバル・サンバートラック

半月ほどでの急ごしらえですので、あちこち、とても雑です。
「世田谷ベースカラー」なる色があるらしく、適当にそれを真似して塗装してみました。

Img_0267001
ミスターカラー74番のエアスペリオリティブルーで塗っただけ。
ホイールは、当初は真っ黒だったのですが、ちょっとさみしいので赤で縁取ってみました。

それにしても、無駄に精巧なキットですね笑、これ。軽トラにここまで凝る必要があるのか?ってくらい、凝った作りになってます。
ただ、部品の合わせがタイトなのと接着面がとても小さいくて分かりにくいうえ、ほとんどのパーツが塗装面どうしの接着になるので、作りにくいです。
ここらへんは、タミヤと比べると、やっぱりタミヤのキットはよくできてるんだなぁ、と感心します。

店主が参加しても仕方がないので、皆さん、あと半月ありますから、今からでも積極的にエントリーしてみてください。お待ちしております。

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

お客様の作品のご紹介

しばらく、商品案内を優先させていた間も、作品のお持ち込みが止まらず、宿題が溜まってきましたので、また順次ご紹介いたします。

Img_0197001
ヤマサキさん作品
タミヤ 1/12 ZX-RR

模型堂さんと同じく、かなりのハイスピードモデラーさんでですが、作風は変わらず、手堅い作りです。




Img_0198001

カワサキのライムグリーンがよく出ていて、雰囲気満点です。







Img_0199001
昔と違って短いマフラーも、塗装で質感十分です。
ご本人は「あちこち失敗を」とおっしゃってますが、特に気になりませんが…。





Img_0201001
フロントフォークは、純正のアフターパーツを奢っています。質感・強度ともに上がる感じです。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

入荷案内

Img_0185001
ミネシマ
プレミアム薄刃ニッパー

お手頃価格と使いやすさで店主個人的にイチオシの、ツノダの薄刃ニッパーが売り切れたので補充を発注したところ、問屋さんから「これじゃダメですか?」。
「いや、頼んだヤツが気に入ってるんで」と言ったところ、ミネシマに聞いたらこれと同じものだとのこと。
「まさかぁ!?そんなことはないだろ」といぶかしみつつも、たしかにツノダはミネシマ扱いの商材だし、だまされたと思って試しに仕入れてみました。

Img_0186001
届いてみてビックリ!
右が愛用のツノダですが、グリップのコーティングの色が違うだけで、ホントにまったく同一品。
しかも、本家よりも低価格じゃないですか。




Img_0187001
刃を横から見たところも同じ。この角度が、手首に負担がかからず、実に使いやすいのですよ。

ということで、これからこちらにします。

この商品、発売時から知っていましたが、高級薄刃ニッパー流行りに乗っかっただけのものとばかり思ってスルーしてました。
模型各社のツールは、基本的にOEMなんですから、もうそろそろ製造元を明かしてくれてもいいのではと思います。これも、ツノダ製と分かってたら最初から信用してたのに~。

というわけで、オススメです!

Img_0189001
クレシア
キムワイプ

模型問屋流通するようになったおかげで、小口で頼めるので久しぶりに入荷です。
紙粉が出にくいので、エアーブラシの清掃等、ホコリを嫌う作業に。
薄手なので、液体の吸収量は少なめです。

Img_0190001
ワイプオールも当店定番品。
こちらのほうが厚みがあり、吸収性に優れます。店主はもっぱらこっち派。
エアーブラシ、筆、塗料皿まで、なんでもこいです。
ラジコンやミニ4駆のメンテにも向いていますよ。
価格はお高めですが、生地が破れにくいので、繰り返し使えて意外に経済的。
カピカピになるまで1枚を使い倒してます。

キムワイプは「軽微な汚れ」に、ワイプオールは「吸って拭き取る作業」に、それぞれ適しています。

Img_0191001
タミヤ
1/35 ヴェスペ イタリア戦線

遅ればせながらやっと入荷。
フィギュアを強調した、よい箱絵ですね。




Img_0192001
MM200番のヴェスペは、たいへんよくできたキットで、フリウル製の履帯が付いた特別仕様も存在します。時々スポットで販売になってました。小さいながらも密度感の高いキットです。
今回は、フィギュア4体と部分一体型の連結履帯等が新規で起こされています。

Img_0194001
自然な垂れ下がりが再現された履帯。
この履帯用のスプロケットも、新たに起こされています。






Img_0195001
このキットの売りは、やはりこのフィギュアでしょう。
最近のタミヤスタンダードの3Dスキャン設計で、驚くほどのリアルさ。襟の部分が別体化されていて、従来のモールド表現に比べ、立体感が格段にアップしています。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

入荷案内

Img_0173001_2
モンモデル
1/35 キングタイガー(ポルシェ砲塔)

モンモデルからも、ポルシェ砲塔のキングタイガーが発売です。
曲面を多用したデザインが好きというかたも多い戦車です。
また、箱絵の縞模様の迷彩が特長的で、難しいんですがカッコいいですよね。まさにトラ柄。

Img_0182001
砲塔は、パッと見では不思議なパーツ割りになっています。
説明図では触れていませんが、左側面の装甲板、キューポラ、砲身等が複数種類入っていて、仕様違いを作れるようになっているようです。
ヘンシェル砲塔同様、国内メーカー並みのお求めやすい価格設定も魅力的です。

Img_0172001
1/35 キングタイガー(ポルシェ砲塔)用インテリアセット

上記のキットと組み合わせて内部が再現できるキットです。





Img_0183001
コイルスプリングが入っていて、砲身基部に仕込むようになっていますので、砲身後座が可動で再現できるのかもしれません。






Img_0175001
フジミ
1/700 武蔵(レイテ沖海戦時)特別仕様

木甲板シートと金属砲身が同梱された、特別仕様のキットです。
すべて別々に買い揃えることに比べると、かなりお買い得な価格設定です。

Img_0176001
バンダイ
Drスランプ ファンタジーライオン

アラレちゃんのプラモの、久々の再販です。
メカものよりも、むしろ人気だったりします。








Img_0177001
ファンタジードラゴン
鳥山明氏のイラストで有名ですね。











Img_0178001_2
マックスファクトリー
みのりwithホンダ耕運機











Img_0180001_2

山下しゅんや氏イラストの女の子のフィギュアが入った、耕運機のプラモ。




Img_0179001
中身は、バンダイのように色分け成型されていて、無塗装でもそれらしく組み上がるようになっています。








.

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

レジ袋の削減と有料化に、ご理解とご協力をお願いします

いつも当店をご利用くださり、ありがとうございます。

当店では、経費削減のため(環境保護・資源節約のためと言えればカッコイイのですが、もっと切実なのです)、200円以下のお買い物の際にレジ袋をご希望されるお客様には、やむを得ず1枚につき5円を申し受けることといたしました(包まずにお渡しできない商品は除きます)。

レジ袋につきましては、特に小さい商品の場合には、こちらからご入り用かどうかのお声掛けをいたしておりますが、塗料1本のお買い上げでもレジ袋をご希望のかたが多く、当店のような零細店では利益を非常に圧迫してまいります。なにとぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ