« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

エアーブラシ・ワークショップのご案内

これからの1年間は、なるべくいろいろ企画して、盛り上がりたいと勝手に考えています。

手始めに、当店独自のエアーブラシイベントを行います。
今までは、エアーブラシメーカーのアネスト岩田様に講師をお願いし、場所も借りて行ってきたため、あまり頻繁にはできませんでした。
そこで、これからは、ワタクシ店主が講師役を務め、店内で、少人数でたくさんエアーブラシを触っていただく内容にしていきます。

日曜の、オープンまでの時間を活用し、場所は当店内制作スペースを使います。

店主が講師ですので、心許ないかもしれませんが、アネスト岩田様からご教示いただいた練習法で進めていきます。

内容的には、1回で完結です。

日時 : 7月22日 13時~16時
定員 : 2~3名様(要予約・先着順)
料金 : 3000円(材料費等込み)
使用ガン : アネスト岩田(HP-BR、HP-CR、HP-BP、HP-CP、HP-SBS) ハーダー&スタインベック(エヴォリューション、ハンザ381) ホルベイン(H2) エアテックス(XP725エアレバ仕様)


ガンは、上記のもの(かなり豪華だと自負しております)をご自由にご使用いただけますが、使い慣れた愛用品を持ってきていただいても結構です。
塗料等もこちらでご用意いたしますので、手ぶらでの参加でも大丈夫です。

少人数制ですので、たくさん実践していただけますよ! ぜひご参加ください。

完全予約制です。参加のお申し込みは、メール、電話、このブログのコメント欄への書き込み、公式ラインでのメッセージ等にてどうぞ。

来月以降も、開催していきます。お楽しみに。

| | コメント (13)

2018年6月28日 (木)

次回のコンベンションは…

三菱&スバル・コンベンションは、とりあえずこのまま終了(ご応募4作品)の予感がしますので、今回は延長はなし。

で、次回ですが、お客様からのご提案で、『ミッドシップ&リアエンジン・コンベンション』にいたします。

最近はめっきりミリタリー系の作品のお持ち込みが減ってしまったので、そういうかたにも参加していただきたく、できるだけジャンルを問わずご参加いただけそうなお題をいつも考えてはいるのですが、実際にはほとんどご参加いただけないので、どうしてしてもクルマ系に寄ってしまいます。

でも、キューベルワーゲンとかならOKですよ。ただ、戦車系は不可とします。
バイクも原理的にすべてミッドシップですから、これも収拾がつかなくなるので不可です。ただし、フォーミュラカーは、4輪の1形式ということで可とします。
あとのご判断は、お客様にお任せします。「あまりにもこじつけでなければ大丈夫かと笑。

参加ご希望の際は、いつもどおり、当店にて該当キットをお買い求めください。お手持ちの積みプラで参加される場合も、なにか身代わりとなるものをお買い求めください。
(一応、私どもとしましては販売促進とお客様どうしの親睦をかねて行っているのであって、ただ作品を集めているわけではないので、そこはどうかご理解をお願いします)

期間は、3ヶ月ではどうも短いようなので4ヶ月やっぱり3ヶ月とし、締め切りは10月末9月末日といたします。
ぜひ、ふるってご参加ください。

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0256002_2
模型転倒虫さん作品
フジミ 1/24 デトマソパンテーラ

新しめのキットにしては、かなり難物だったようですが、それでも安定のクオリティーにしてしまう作者さん。

Img_0253001
スーパーカーとはいえ昭和の時代のクルマ。こんなにピカピカに輝いているはずはないのですが笑、そこは模型らしい演出です。




Img_0255001
キットのままですと、窓ガラスや室内のメーター類は、なぜか魚眼レンズのように膨らんでいて、特に窓ガラスは、いわゆるビン底メガネのように分厚くて、「なぜこうなった??」と首を傾げたくなるほど、たしかに看過できかねるひどさでした。
写真では伝えきれないのですが、そこを、すべて直されています。

Img_0260001
とにかく薄い車体。GTRと比べると、ケースのベース部分を足した高さがGTRと同じくらい。

Img_0263001
ぶっ太いリアタイヤが迫力ですね。

| | コメント (4)

2018年6月25日 (月)

ありがとうございます!~今日は開店記念日です

いつも当店をご利用くださり、ありがとうございます。

本日6月25日で、当店はおかげさまで開店7周年を迎えることができました。
開店当初より、アネスト岩田のエアーブラシ、ラファエル筆、インターロン筆等を取り扱い、道具と材料についての知識しかない妙な店としてやってきた自負だけはございますが、未熟な店主の極零細店が奇跡的にここまで続けられたのも、ひとえにお買い物してくださるお客様のおかげです。心より感謝申し上げます。

また、しばしば臨時休業や営業時間の乱れでご迷惑をおかけいたしており、お叱りも頂戴しております。まことに申し訳なく存じますが、これに凝りませず、これからもご利用いただきますよう、お願い申し上げます。


ところで、同時に、大切なご報告がございます。

当店舗は、テナント物件につき、定期的に契約更新があります。
これにつきまして、諸々の事情により、次回の更新は行わないことにいたしました。

したがいまして、突然ではありますが、まことに勝手ながら、来年夏をもちまして、当店は閉店の運びとなります。

以前から、閉店するときは開店日と同じ日にしたいと考えておりましたので、来年の今日、6月25日を閉店日にする予定です。

ということで、今日からの1年間はBBHラストイヤーではありますが、お客様のお買い物やプラモ制作のお手伝いができるよう、これからも勉強を怠らないようにしてまいります。

また、模型談義をして楽しい時間を過ごしていただいたり、プラモデルファンを1人でも増やすことに微力ながら貢献できるよう、そしてなにより、この日まで持ちこたえられますよう(笑)、頑張ってまいりたいと存じます。

イベント等も変わらず企画していきたい所存ですので、ぜひ、最後まで盛り立ててくださいますよう、よろしくお願いいたします!

| | コメント (8)

2018年6月24日 (日)

【三菱&スバル・コン】お客様の作品のご紹介

【三菱&スバル・コンベンション】にご応募くださりました。どうもありがとうございます。

Img_0233001
単身赴任模型堂さん作品
アオシマ 1/24 三菱ランサーエボリューション10

今回もハイスピードっぷりを遺憾なく発揮。
でも、塗装はとてもキレイで、どうしてそんなに早くできちゃうのか、不思議ですね。

Img_0237001
キャンディーのメタリックブルーがとても鮮やか。
でも、裏側をのぞかせてもらったら、実は塗り分けとか割愛されてます。見えないところは上手に手を抜き、見えるところはキッチリ作る、これがスピードとクオリティの両立のカギとお見受けしました。

Img_0239001
光のあたる角度によって、色の深みが違って見えますね。






Img_0240001
ちょっとコワモテなクルマですが、むしろ上品さを感じさせる仕上がりになっています。

| | コメント (0)

お買い得情報

現在、ガンプラの店内在庫分に限り、メーカー価格から40%オフとなっております。
一部対象外商品もございます(お取り寄せ品・ご注文品も対象外です)。黄色のラベルが販売価格です。
よろしければ、ぜひご利用ください。

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

【三菱&スバル・コン】お客様の作品のご紹介

【三菱&スバル・コンベンション】にご応募くださりました。どうもありがとうございます。

Img_0227001
Kさん作品
フジミ 1/24 三菱・ランサーエボリューション7

こちらも、クルマがお題のコンベンションを企画するとたいていご応募くださる、ありがたいかたです。

Img_0228001
当初は筆塗りで塗装されていたのですが、前回のR33から、スプレー塗装に挑戦されてる様子。





Img_0230001
表面が、かなりざらついた、砂吹き仕上げになっています。これは狙い? それとも、ちょっとミスっちゃったんでしょうか?
どちらにせよ、ちょっと面白い、個性的な感じに出来上がっています。

Img_0231001
オレンジのボディに同色の内装で、明るい仕上がり。ちょっと外国人好みっぽい雰囲気もありますね。

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

【三菱&スバル・コン】お客様の作品のご紹介

三菱&スバル・コンベンションに、やっとご応募が増えました。どうもありがとうございます。

Img_0222001_2
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/72 三菱・零戦52型

これも、ちゃんと三菱。
こういう選択肢も設けてあるのですが、ノッてくれるかたがあまりに少なくて、ちょっと寂しいですね。



Img_0223001_2
コンベンションといえばこのかたになりつつあるほど、ジャンルを問わず積極的に参加して下さるので、店的にはとても助かります。
いずれも、きちんと作りこなされるのはさすがです。




Img_0225001
この作品も、小さい部品を飛ばしてしまったり、デカールを少し失敗したりと、ご苦労はあったそうですが、ていねいに作られたと追う感じですね。





Img_0226001
塗装ハガレなどの、流行りのウェザリングは施してありませんが、飛行機モデルの王道っぽい作風で、よいですね。

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

お客様の作品のご紹介

Img_0215001
サノさん作品
タミヤ 1/24 フェアレディZ

最近熱心に持ち込みをして下さる作者さんです。



Img_0217001
今回も、(おそらく)すべて筆で塗装された作品です。






Img_0219001
ただ、今回のは、吹きつけでもムラなく塗るのが難しい黄色ということで、かなり刷毛目や色ムラが目立ってしまっているのが残念です。

ムラも味わいになるミリタリー模型とは違い、カーモデルはやはり均一に色を染めていきたい模型なので、1/24という大きさの面でも、筆塗りよりもスプレー塗装のほうがオススメです(もちろん、スプレーにはスプレーの難しさはありますが)。

| | コメント (2)

2018年6月19日 (火)

お客様の作品のご紹介

Img_0242001
単身赴任模型堂さん作品
タミヤ 1/6 CB750F

先のCB750ドリームに続いての、オートバイのビッグモデル作品です。
名車として名高いエフですね。



Img_0248001
作品が大きすぎて、フレームにかっこよく収まりません。
もっと引いて撮ればいのですが、店が狭くて…。背景紙からハミ出しまくりです。





Img_0250001
空冷のデカいエンジンと、両出しマフラーが迫力で、たまりませんねぇ。

ちなみに、ワタシ、これの後の型(FC)に乗ってましたが、ほんとに実物を小さくした感じで、素晴らしい再現度です。
何十年も前のキットとは思えません。作者さんの腕前もさることながら、タミヤクオリティって、やっぱりスゴイ!

Img_0245001
写真で見ると実車みたい。
ビッグスケールモデルのだいご味ですね。







Img_0243001
作品がデカイので、分割して撮ります。
うんちくですが、この750Fはシリンダーのフィンが8枚ですが、兄貴分の900Fは1枚多いんですよ。





Img_0246001
リアルなメッキ感は、「こすって銀さん」だそうです。下地の色を試行錯誤されたとのこと。







Img_0247002_2
タンクからハミ出すエンジン、位置の高いヘッドライト、デカいウインカー、ダブルホーンと、とにかくナナハンらしい威風堂々さが詰まっていました。
これはやはり、1/12スケールでは味わえない魅力。死ぬまでに一度は作ってみたいプラモデルですね。

| | コメント (7)

2018年6月18日 (月)

お客様の作品のご紹介

作品がたまってきましたので、お持ち込み順不同でご紹介していきます。
いつもは中1日空けるのですが、そうも言っていられません。

Img_0203001
ミナミさん作品
タミヤ 1/72 フォッケウルフFw190 D9

M4シャーマンに続いての作品です。




Img_0204001

下面は、こんな塗装なんですね。素人目には、目立って仕方ないように思えるのですが。






Img_0205001
展示には、バンダイのアクションベースをうまく活用されてますね。ナイスアイデアです。

もう少しさりげないものがあるといいんですけどねぇ。




Img_0206001
筆塗りでしょうか、絵画タッチの塗装が、いい味出してます。ミリタリーキットに筆塗りは、なかなか相性よろしいですね。

| | コメント (2)

2018年6月17日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みが相次いでいて、店の商品案内を二の次にしても追い付かないほど。どうもありがとうございます。

Img_0211001
Katsuさん作品
アオシマ 1/32 スズキ・ハスラー

1/32の小さいモデルですが、そこはこの作者さん、一筋縄な制作で終わるはずはありません。


Img_0212001
ボディー周囲の絵柄は、テレビの画面から画像を取り込んで、デカールを自作されたもの(だったはず。うかがってから日が経ってしまったのと、自分のスキルにないことなので、聞いていても半ばチンプンカンプンで、失念してしまいました。違っていたらご教示ください)。

ルーフのハスラーのロゴは、マスキングして塗装されたそうです。

Img_0213001
私、てっきり色違いで絵柄は同じものとばかり決めつけていましたが、2台で違うんですね。
こんなの作るの、気が遠くなりそう…。



Img_0214001
マツダ車専門のスクラッチモデラーさんだけに、次はマツダブランドのOEM車かな? 楽しみですね。

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

賑やかしに

三菱&スバル・コンですが、おおかた予想どおりの盛り下がりでして…。
ホントは参加する予定はまったくなかったんですが、あまりにも恰好がつかないので、せめてもの賑やかしにと、急きょ作ってみることにしました。

Img_0266001
店主拙作
アオシマ 1/24 スバル・サンバートラック

半月ほどでの急ごしらえですので、あちこち、とても雑です。
「世田谷ベースカラー」なる色があるらしく、適当にそれを真似して塗装してみました。

Img_0267001
ミスターカラー74番のエアスペリオリティブルーで塗っただけ。
ホイールは、当初は真っ黒だったのですが、ちょっとさみしいので赤で縁取ってみました。

それにしても、無駄に精巧なキットですね笑、これ。軽トラにここまで凝る必要があるのか?ってくらい、凝った作りになってます。
ただ、部品の合わせがタイトなのと接着面がとても小さいくて分かりにくいうえ、ほとんどのパーツが塗装面どうしの接着になるので、作りにくいです。
ここらへんは、タミヤと比べると、やっぱりタミヤのキットはよくできてるんだなぁ、と感心します。

店主が参加しても仕方がないので、皆さん、あと半月ありますから、今からでも積極的にエントリーしてみてください。お待ちしております。

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

お客様の作品のご紹介

しばらく、商品案内を優先させていた間も、作品のお持ち込みが止まらず、宿題が溜まってきましたので、また順次ご紹介いたします。

Img_0197001
ヤマサキさん作品
タミヤ 1/12 ZX-RR

模型堂さんと同じく、かなりのハイスピードモデラーさんでですが、作風は変わらず、手堅い作りです。




Img_0198001

カワサキのライムグリーンがよく出ていて、雰囲気満点です。







Img_0199001
昔と違って短いマフラーも、塗装で質感十分です。
ご本人は「あちこち失敗を」とおっしゃってますが、特に気になりませんが…。





Img_0201001
フロントフォークは、純正のアフターパーツを奢っています。質感・強度ともに上がる感じです。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

入荷案内

Img_0185001
ミネシマ
プレミアム薄刃ニッパー

お手頃価格と使いやすさで店主個人的にイチオシの、ツノダの薄刃ニッパーが売り切れたので補充を発注したところ、問屋さんから「これじゃダメですか?」。
「いや、頼んだヤツが気に入ってるんで」と言ったところ、ミネシマに聞いたらこれと同じものだとのこと。
「まさかぁ!?そんなことはないだろ」といぶかしみつつも、たしかにツノダはミネシマ扱いの商材だし、だまされたと思って試しに仕入れてみました。

Img_0186001
届いてみてビックリ!
右が愛用のツノダですが、グリップのコーティングの色が違うだけで、ホントにまったく同一品。
しかも、本家よりも低価格じゃないですか。




Img_0187001
刃を横から見たところも同じ。この角度が、手首に負担がかからず、実に使いやすいのですよ。

ということで、これからこちらにします。

この商品、発売時から知っていましたが、高級薄刃ニッパー流行りに乗っかっただけのものとばかり思ってスルーしてました。
模型各社のツールは、基本的にOEMなんですから、もうそろそろ製造元を明かしてくれてもいいのではと思います。これも、ツノダ製と分かってたら最初から信用してたのに~。

というわけで、オススメです!

Img_0189001
クレシア
キムワイプ

模型問屋流通するようになったおかげで、小口で頼めるので久しぶりに入荷です。
紙粉が出にくいので、エアーブラシの清掃等、ホコリを嫌う作業に。
薄手なので、液体の吸収量は少なめです。

Img_0190001
ワイプオールも当店定番品。
こちらのほうが厚みがあり、吸収性に優れます。店主はもっぱらこっち派。
エアーブラシ、筆、塗料皿まで、なんでもこいです。
ラジコンやミニ4駆のメンテにも向いていますよ。
価格はお高めですが、生地が破れにくいので、繰り返し使えて意外に経済的。
カピカピになるまで1枚を使い倒してます。

キムワイプは「軽微な汚れ」に、ワイプオールは「吸って拭き取る作業」に、それぞれ適しています。

Img_0191001
タミヤ
1/35 ヴェスペ イタリア戦線

遅ればせながらやっと入荷。
フィギュアを強調した、よい箱絵ですね。




Img_0192001
MM200番のヴェスペは、たいへんよくできたキットで、フリウル製の履帯が付いた特別仕様も存在します。時々スポットで販売になってました。小さいながらも密度感の高いキットです。
今回は、フィギュア4体と部分一体型の連結履帯等が新規で起こされています。

Img_0194001
自然な垂れ下がりが再現された履帯。
この履帯用のスプロケットも、新たに起こされています。






Img_0195001
このキットの売りは、やはりこのフィギュアでしょう。
最近のタミヤスタンダードの3Dスキャン設計で、驚くほどのリアルさ。襟の部分が別体化されていて、従来のモールド表現に比べ、立体感が格段にアップしています。

| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

入荷案内

Img_0173001_2
モンモデル
1/35 キングタイガー(ポルシェ砲塔)

モンモデルからも、ポルシェ砲塔のキングタイガーが発売です。
曲面を多用したデザインが好きというかたも多い戦車です。
また、箱絵の縞模様の迷彩が特長的で、難しいんですがカッコいいですよね。まさにトラ柄。

Img_0182001
砲塔は、パッと見では不思議なパーツ割りになっています。
説明図では触れていませんが、左側面の装甲板、キューポラ、砲身等が複数種類入っていて、仕様違いを作れるようになっているようです。
ヘンシェル砲塔同様、国内メーカー並みのお求めやすい価格設定も魅力的です。

Img_0172001
1/35 キングタイガー(ポルシェ砲塔)用インテリアセット

上記のキットと組み合わせて内部が再現できるキットです。





Img_0183001
コイルスプリングが入っていて、砲身基部に仕込むようになっていますので、砲身後座が可動で再現できるのかもしれません。






Img_0175001
フジミ
1/700 武蔵(レイテ沖海戦時)特別仕様

木甲板シートと金属砲身が同梱された、特別仕様のキットです。
すべて別々に買い揃えることに比べると、かなりお買い得な価格設定です。

Img_0176001
バンダイ
Drスランプ ファンタジーライオン

アラレちゃんのプラモの、久々の再販です。
メカものよりも、むしろ人気だったりします。








Img_0177001
ファンタジードラゴン
鳥山明氏のイラストで有名ですね。











Img_0178001_2
マックスファクトリー
みのりwithホンダ耕運機











Img_0180001_2

山下しゅんや氏イラストの女の子のフィギュアが入った、耕運機のプラモ。




Img_0179001
中身は、バンダイのように色分け成型されていて、無塗装でもそれらしく組み上がるようになっています。








.

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

レジ袋の削減と有料化に、ご理解とご協力をお願いします

いつも当店をご利用くださり、ありがとうございます。

当店では、経費削減のため(環境保護・資源節約のためと言えればカッコイイのですが、もっと切実なのです)、200円以下のお買い物の際にレジ袋をご希望されるお客様には、やむを得ず1枚につき5円を申し受けることといたしました(包まずにお渡しできない商品は除きます)。

レジ袋につきましては、特に小さい商品の場合には、こちらからご入り用かどうかのお声掛けをいたしておりますが、塗料1本のお買い上げでもレジ袋をご希望のかたが多く、当店のような零細店では利益を非常に圧迫してまいります。なにとぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »