« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

エアーブラシ新商品のご案内

先の静岡ホビーショーのブースで展示されていた、新しいタイプのエアーブラシのデモ機を導入しました。

Img_0118001
エアテックス
ATL-XP725P

ガン本体の機構そのものは、従来のダブルアクション機ですが、レバーに工夫を施し、トリガーアクションに似た操作での噴霧が可能になっています。同社では、このレバーを「エアレバ」と呼んでいます。

Img_0120001
ベースとなっているのは、同社のダブルアクション機「XP725P」です。
このボタンを、「エアレバ」に替えています。



Img_0121001
この位置が、レバーの中立位置。
この状態では、エアーも出ず、もちろんニードルも引かれていない状態です。






Img_0122001
この方式は、「ボタンを真下に押し下げる」という動作がありません。レバーを斜め下に引き下げると、まずエアーバルブが開いてエアーだけが出ます。
引いていくと、まずコツンと軽い当たりを感じます。ここまでは、まだニードルは引かれていません。


Img_0123001
当たりのあるところからさらにレバーを引き下げるとニードルが引かれ始め、色材が噴霧されます。同社では、これを「ワンアクション」と呼んでいます。
ダブルアクションの、「押しながら引く」という同時操作がないので、特に初心者の方には扱いやすいと思います。

Img_0126001
レバーを親指で扱う人にも、ボタン式よりやりやすいかもしれないですよ。







Img_0124001
通常のボタンも同梱されていますので、お好みに合わせてダブルアクション機として使うことも可能です。






Img_0127001
ちなみに、こちらはドイツ製の、ハンザです。
こちらは「上付きトリガータイプ」と呼ばれています。引き金式ではなく、上付きのボタンでのトリガーアクションということです。
同様に、ボタンを「押す→引く」という操作ではなく、「引く→引く」という、トリガーアクションと同じ操作になります。
こちらのほうが、かなり凝った造りになっています。

Img_0128001
これがスタート位置。ボタンを下方向に押すことはできません。








Img_0129001
わずかに引くことで、エアーが出ます。ここからがニードルの引き始めになります。
ハンザでは、この位置、つまり、ここまでの引き代を任意に調整できるのが大きな違いです。




Img_0130001
ニードルの引き代は、エアレバ式よりも大きいので、吹き心地が少し違いますよ。

また、ダブルアクション機の場合、吹き始めの「押す→引く」という操作はできても、吹き終わりの「前に戻す→離す」という正しい順序の操作ができていないユーザーが多いように見受けられます。そもそも、そのことをご存じないまま使っているユーザーもいらっしゃるようです。

吹き始めに、いつも色材がピッと飛び散るという方は、まずはその操作が正しくできていない可能性が大なのです。ニードルを前に戻して閉じる前にボタンを離してしまうと、ノズルに溜まった色材が、次にエアーを出した瞬間に飛び散るのです。
トリガーアクションとこのワンアクションでは、構造上それが起こり得ません。そういうメリットもあるのです。
当店でエアーブラシをお買い上げのお客様には、このような使い方に関するフォローや無料の簡易メンテナンスもいたしております。

どちらも、店頭で実際にお試しいただけます。お気軽にお声掛けください。

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0093001
クラタさん作品
タミヤ 1/35 BMW R75 サイドカー

最近、ご来店の度に何か持ってきて下さる作者さん。タミヤの1/35MMの懐かしいキットを、民間車仕立てで作られました。


Img_0096001
紙ベースのカタログ落ちになって久しい気はしますが、タミヤのウェブサイトのカタログからも消えています。
「アレ?」と思いましたが、よく考えたらこれもBMW。BMWと名が付くタミヤ製品は、すべて絶版・販売終了になり、カタログからも抹消されたんでしたね…。

Img_0099002
黒塗りの車体に、革の茶色が似合っていますね。渋い作品です。








Img_0100001
よく見ると、車輪のスポークなんて、意外に細かく表現されていて、古いキットなのに今のキットより繊細じゃないか、と感心しました。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0088001
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/48 38(t)戦車

今、AFV系の作品を持ってきてくれるのはほぼこの方お一人だけといいくらいなのです。




Img_0090001
それはともかく、これはウマイ! 掛け値なしにカッコイイ作品です。








Img_0091001
今どきのAFVの作風に近い感じで、程よく明暗が効いた塗装で、立体感がよく出てます。
スミ入れもたいへん効果的に決まってます。

ジャーマングレイが暗すぎず明るすぎず、よい塩梅ですね。


Img_0092001
ただでさえ豆タンクなのに、1/48ということで、実に小さい。隣りの1/72シャーマンと同じスケールかと思ってしまうほどです。
タミヤ1/48MMシリーズは、履帯がベルトではないという点は少し難しいかもしれませんが、価格も手頃でパーツ数も少なく、AFVプラモのとっかかりにするにはよいシリーズかと思います。

ちなみに、先日のホビーショーでタミヤの担当さんに聞いたところ、タミヤの作例も、履帯は組み付けてから塗装してるんだそうですよ。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9816002
ミナミさん作品
1/72 ハセガワ シャーマン

初めての作品持ち込みです。
手のひらに収まるようなミニスケール作品です。




Img_9817002
シャーマンらしくぎっしり積載された装備品とフィギュアで、密度の高い作品です。







Img_9818001
ウェザリング塗装の表現も、程よい塩梅になっているとお見受けします。







Img_9822001
ミニスケは、全体的にはあまり人気のあるスケールではありませんが、愛好者のかたはいるらしく、特に海外製キットでは意外にたくさんのキットが発売されています。
私のように50才台近い者には、小さすぎてもう目が付いていかない感じですが、キットの価格はお手頃ですし、コレクションに場所を取りませんので、たくさん作って並べるにはよいジャンルですね。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

【三菱&スバル・コンベンション】お客様の作品のご紹介

開催中の「三菱&スバル・コンベンション」に、さっそく参加していただきました。どうもありがとうございます。

Img_0101001
サノさん作品
アオシマ 1/24 BRZ

今回も筆塗りでの作品です。




Img_0102001
筆塗りなので、どうしても刷毛ムラは避けられませんが、ツヤの出方は吹きつけとは一味違って、おもしろいですね。





Img_0104001
低い車高&ワイドなタイヤが迫力ですね。


さて、今回のコンベンションは、大いに盛り上がったスカコンに比べ、現時点では圧倒的にエントリーが少ないです…。
三菱といえばランサー、スバルといえばインプレッサで、作りたいものがないやん?みたいな感じなのでしょうかねぇ? 
だからこそ、戦車や戦闘機までOKにして、間口はむしろ広くしてみたつもりです。

カーモデルも、やはり実物ありきのスケールモデルですから、昨今のスケールモデルの作り方である「実物をリサーチ→プラモのアラ探し→修正」という手順を踏まなければプラモ作りにあらず、であるかのような風潮から考えて、特に興味も思い入れもないものを、そんな面倒な工程を経て作ろうという気にはならないということでしょうか? まあ、分からないではないのですが。

特に初心者のかたやこれから始めてみようかと思うかたは、そんなに構えずに、単純にプラモを楽しむという機会として、お気楽に参加してみていただければと思います。
プラモ作りは、なにも「スゴイこと・メンドーなことをしなけりゃいけない」わけではありませんし、いかに手数をかけたかを競い合うものでもありません。
この作者さんのように、まずは気軽に作ってみるきっかけにして始めてもらえば、嬉しく思います。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0086001
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/48 タイガー1型極初期型

最近1/48AFVにハマっている作者さんの新作。
AFV制作に、かなり手慣れてきた感がありますね。


Img_0087001
1/48は、AFVではミニスケールとまではいきませんが、それでも小さい模型です。
でも、いい意味でムラのある塗装と汚しで、重量感やヤレ感を、うまく表現されています。




Img_0085001
エンジングリルのメッシュは、アベールのエッチング。やはり、ここだけはどうしてもエッチングパーツが欲しいところ。あるとないでは、印象がまったく違って、精密感が出て大変効果的。
1/48用のAFV用エッチングパーツは、メーカーや種類が少ないので、タミヤから、ぜひとも純正パーツを出してほしいものです。

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

静岡ホビーショー 【気になる商材・マテリアル編】

もう少し続きです。

Img_9970001
ハセガワ

トップシェードフィニッシュ
ハセガワのフィニッシュシリーズの新作は、カーモデル用。
フロントガラス上部に、サンシェードとして薄くスモークがグラデーションで入ったガラスがあります。それを、塗装ではなくフィルム貼り付けで再現するものです。

Img_9971001
使用例。
ただ、ガラス全面を覆うのではなく、上部のシェード部のみなので、フィルムの端面がどうしても見えてしまうのが難点と言えば難点。
とはいえ、エアーブラシによるグラデーションの吹きつけが難しいというモデラーさんには、よいお助けグッズかも。


Img_9977001
フィニッシュ用軟化剤

デカール用軟化剤のように、ハセガワの各種フィニッシュシリーズを軟化させて、細かいモールドに追従させるための、専用軟化剤です。

飛行機モデル等の、パネルの金属調仕上げをこのフィニッシュシリーズで行ったりするのによいかもしれません。

Img_9973001
飛行機モデルの、浅く繊細なモールドに、しっかりと追従しているのが分かります。







Img_9974001_2
使い方としては、フィニッシュの上から塗布して、軟化したら綿棒で押さえつけて凹凸に馴染ませる、ということではなく、パーツとの間に塗って余分を追い出し、あとは自然乾燥させて、成分が揮発して真空状態になることでフィニッシュが押し付けられて(吸いつけられて)馴染む、という使い方が推奨のようです。

デカールに使うマークソフターの類も、このように使うといいと、以前に聞いたことがあります。

Img_9976001
担当者のかたに聞きましたら、ゆっくりと揮発・軟化するので、だいたい数時間かけてこのような状態になるのだそうです。

ただ、使う際は、施工したいモールドを完全に覆って、フィニッシュの端に浮きや隙間がないよう密着させないといけない気がします。
そうしないと、隙間から成分が揮発して逃げてしまい、自然に吸いつけられるなくなると思うのです。
使いこなすには、少し試行錯誤が必要なマテリアルかもしれません。

Img_9978001
また、デカールの軟化剤としても使用できるとのことでした。その場合、印刷方法によってデカールの生地が変わるので、効果に差があるとのこと。シルクスクリーン印刷のものがオススメだそうです。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

静岡ホビーショー 【気になる商材・マテリアル編】

今回の静岡ホビーショーのメーカーブースで、気になった商材をいくつかピックアップしてご紹介します。
キットについては、多くのメディアでいくらでも取り上げられることでしょうから、ウチ目線でのツールやマテリアル関係を。

Img_9882003
セメダイン
模型用ハイグレード

こちらは既存の商品ですが、ご存じないモデラーさんがいまだにいらっしゃるという信じられない話を耳にしますので、しつこくご紹介。

「糸を引かない・曇らない・塗装を侵さない」--このポップの上の文言がすべてを言い表しています。
後追いの同様の商材もあるようですが、これを持っておけば間違いありません。

クリヤーパーツやメッキパーツの接着だけでなく、塗装後の小さなパーツの接着に、特に威力大です。万一失敗しても、乾いてからピンセットで慎重にはがすことができるので、大怪我にならずに済みます。
また、塗布時に糸を引かないというのは、言葉以上に体感すると、これほど安心で快適なものかと実感されると思います。

当店では、体験してからご購入いただけます。

Img_9884002
BBX

接着剤ではなく、粘着剤です。
片面に塗布し、乾くと粘着性のあるネチネチしたものになります。
固定したいが接着してしまっては困る、という際に、液体ですので形を選ばず使用できます。
はがすと、BBXは塗布した側に残りますが、ピンセットで慎重にはがすこともできます。
フィギュアを車両に乗せて固定したり、作品を台に固定して動かないようにするなど、アイデア次第で広い用途があります。

こちらも、当店で取り扱い中です。

Img_9883001
瞬間接着剤PPX

PEやPPといった難接着素材を接着できる瞬着です。

こちらは、今のところ店頭在庫しておりませんが、お客様からのご要望が多いようであれば取り扱いいたします。


Img_0034001_2
BONDIC(ボンディック)
UVレジンセット

UVレジン製品は、すでにガイアあたりからも発売されていますし、手芸店や100円ショップでも売られています。
これは、容器がチューブやボトルではなく、独特の密閉容器に入っているのと硬化時間がきわめて短いことが特長です。
使わせていただきましたが、容器の軸を押すと、ちょうどシャープペンシルのような軸先から内容液が出てきますので、ごく少量の液でも必要なだけ必要な場所に出すことが可能です。これは感心しました。
UVライトを照射すると、ほんの数秒で硬化。ガイアのものでも1分ほどかかります(手芸用のものは、もっとかかります)から、これは早くて快適です。
接着力も強いので、UV硬化する透明接着剤としても使えます。模型制作用途としては十分でしょう。

こちらは導入することにしましたので、入荷しましたらお知らせします。

Img_9904001
タミヤ
コンパウンドがけ用磨きスポンジ

青い部分は硬めの芯材で、白い部分が柔らかくキメの細かいスポンジでできています。
カドが立っていることで、従来のクロス(布)では磨き残していた、凸モールドの際(きわ)のところまで、きっちり磨けます。
また、面の部分も、クロスを使って指で磨くよりも面圧が均等にかかるので、磨きやすい印象で、なかなかよいと感じました。

形状も数種類あります。

Img_9985002
クレオス
ガンダムカラーフォービルダーズ











Img_9984001_2
写真の色は、セル画から起こした、忠実なアニメカラーの塗料ということのようです。
調色が難しかったり、そもそも面倒というかたには、調色済みの塗料はありがたいものです。




Img_9986001
ただ、このポップの「塗装しない人でも持っておきたくなるコレクション性」という謳い文句には首をかしげますが…。
塗料は収集するものではなく、使うものであって、ただ所有するだけでは何の意味もないですよねぇ。時間がたてばダメになっちゃうだけです。
メーカーの売り文句を、なんでもかんでも真に受けてはいけませんよ。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

静岡ホビーショー、行ってきました

10日から13日まで、「静岡ホビーショー」が開催されています。
一般ユーザーさん、特にモデラー諸氏にとっての静岡ホビーショーといえば、なんと言ってもクラブ合同展示会が最大のお楽しみで、日本全国、いや海外からもモデラーさんが、年に1度のこの日のために集結するというビッグイベントなわけですが、平日の昨日と今日は、販売店や報道向けの業者招待日、すなわち、商品見本市・商談日です。
メーカー各社のブースは、週末の一般開放日よりもじっくり、ゆっくり見られます。最近はもう行ってなかったのですが、今年は見てみたい新製品が多いので、久しぶりに出かけてきました。

20180511_101003001
5時起きの6時出発で、10時頃到着(途中で道を間違えて、ちょっと遠回りしちゃったので予定より遅くなりました…)。




Img_9863001
アオシマのブースでは、リバティウォークのGTRがお出迎え。どえらい迫力でした。







Img_9877001










Img_9905001
タミヤのブースでは、まずヤリスWRCの実車。
こういうのを、ラジコンだけじゃなくスケールモデルにもしてほしいんですよねぇ。





Img_0039001
うお! 新旧2台のR1。
この辺からテンション上がってきまして、もう商品のことはどうでもよくなってきてます(ナニしに行っとんじゃ?)。





Img_0040002
初期型。なつかし!









Img_0041001
かたや、最新のR1。モーターショーとかじゃないと、なかなかお目にかかれないスーパーバイク。
知らない方が見たらレーサーだと勘違いされるようなフロントマスクですが、れっきとした公道仕様の市販車ですよ。一瞬、どこにライトがあるのか分からんです。


Img_9994001
タミヤのマークの看板が置かれていますが、プラモじゃありませんよ。M16の実車! これには度肝を抜かれました。
デカイ! カメラのフレームに収まりません。




Img_0004001
こちらはシュビムワーゲン。
プラモだと、1/35のキットでも手のひらに乗るようなカワイイクルマなんですが、さすが軍用車だけあって、実車はやっぱりゴツイ。

もちろん、商品の写真もいっぱい撮ってきました。こんなにしっかりとメーカーブースを見学したのは初めてではないかと。

Img_9882001
セメダインさんとこでは、やはりこれの話題に。
ベタボメしときました。未だにご存じないモデラーさんがいらっしゃるようで、おそらく食わず嫌いか、通販ばかりなのかなんでしょうねぇ。








Img_9884001
あと、こちらの話題になりました。
使い道はアイデア次第の商品です。


あとは、各社のツールやマテリアル系の新商品をメインに、見て聞いてきました。

タミヤ、アスカモデル、ハセガワ、ミネシマあたりで、興味深い話ができました。
特にアスカモデルでは、「こんな製品がぜひ欲しい!」ということを、熱くお願いしてきました。商品化、切望です。内容は、まあ内緒です。

そんなこんなで、結局4時間近く見て回り、帰途に。
ところが、一番肝心な発注を忘れていたのに気付き、Uターン。危うく、ホントに何しに来たのか分からなくなるところでした。行きも帰りも、いろいろドンクサイ…。

その他、各社新商品についての詳しい話についてはご来店ください。
なんせ、写真が200枚以上もあったので(そんなに撮った覚えはないのですが)、とても紹介しきれません。

Img_0080001
タミヤのおみやげ。ミニ四駆のボディ部品いっぱい。
塗装の練習用等に使ってくださいとのことでしたので、ご希望のかたに、1ケずつ差し上げます。早い者勝ちですよ。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9794001
単身赴任模型堂さん作品
ハセガワ 1/24 240Z

ご紹介するのが遅くなってしまいました。
ハイスピード工法モデラーさんなので、ずいぶん久しぶりのような気がしてしまいます。

Img_9795001
過去作をリペイントされての作品だそうです。
上品なマルーンが、いい雰囲気ですね。




Img_9796001
リアのライト周りも、あいかわらずていねいな塗り分けです。






Img_9797001
それにしても、長いボンネット! 古いスポーツカーらしいたたずまいですね。





Img_9800001
ガラスは、薄いクリヤーブルーで塗装されているようです。おかげで、とてもきれいな仕上がりになっています。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9804001
クラタさん作品
アオシマ 1/24 ジェネシスオート DR30

最近、意欲的に制作されている作者さんの新作です。


Img_9805001
けっこう古いキットだと思われますが、7月にリニューアル再販です。






Img_9807001
毎度おなじみのセリフで恐縮ですが、ワタクシ、実車や実機の知識には疎いので、このあたりのクルマのことはまるで知りません。「鉄仮面」と呼ばれたスカイラインですよね?
今回は、ケレン味のない、ストレートな仕上がりです

Img_9808001
シートは黒・赤のツートンカラーで、スポーティー感がありますね。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »