« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月27日 (日)

臨時休業のお知らせ

いつも当店をご利用くださり、ありがとうございます。

6月1日(金)~6月2日(土)は、都合により臨時休業いたします。

ご不便をおかけして申し訳ないですが、ご容赦ください。

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0093001
クラタさん作品
タミヤ 1/35 BMW R75 サイドカー

最近、ご来店の度に何か持ってきて下さる作者さん。タミヤの1/35MMの懐かしいキットを、民間車仕立てで作られました。


Img_0096001
紙ベースのカタログ落ちになって久しい気はしますが、タミヤのウェブサイトのカタログからも消えています。
「アレ?」と思いましたが、よく考えたらこれもBMW。BMWと名が付くタミヤ製品は、すべて絶版・販売終了になり、カタログからも抹消されたんでしたね…。

Img_0099002
黒塗りの車体に、革の茶色が似合っていますね。渋い作品です。








Img_0100001
よく見ると、車輪のスポークなんて、意外に細かく表現されていて、古いキットなのに今のキットより繊細じゃないか、と感心しました。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0088001
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/48 38(t)戦車

今、AFV系の作品を持ってきてくれるのはほぼこの方お一人だけといいくらいなのです。




Img_0090001
それはともかく、これはウマイ! 掛け値なしにカッコイイ作品です。








Img_0091001
今どきのAFVの作風に近い感じで、程よく明暗が効いた塗装で、立体感がよく出てます。
スミ入れもたいへん効果的に決まってます。

ジャーマングレイが暗すぎず明るすぎず、よい塩梅ですね。


Img_0092001
ただでさえ豆タンクなのに、1/48ということで、実に小さい。隣りの1/72シャーマンと同じスケールかと思ってしまうほどです。
タミヤ1/48MMシリーズは、履帯がベルトではないという点は少し難しいかもしれませんが、価格も手頃でパーツ数も少なく、AFVプラモのとっかかりにするにはよいシリーズかと思います。

ちなみに、先日のホビーショーでタミヤの担当さんに聞いたところ、タミヤの作例も、履帯は組み付けてから塗装してるんだそうですよ。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9816002
ミナミさん作品
1/72 ハセガワ シャーマン

初めての作品持ち込みです。
手のひらに収まるようなミニスケール作品です。




Img_9817002
シャーマンらしくぎっしり積載された装備品とフィギュアで、密度の高い作品です。







Img_9818001
ウェザリング塗装の表現も、程よい塩梅になっているとお見受けします。







Img_9822001
ミニスケは、全体的にはあまり人気のあるスケールではありませんが、愛好者のかたはいるらしく、特に海外製キットでは意外にたくさんのキットが発売されています。
私のように50才台近い者には、小さすぎてもう目が付いていかない感じですが、キットの価格はお手頃ですし、コレクションに場所を取りませんので、たくさん作って並べるにはよいジャンルですね。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

入荷案内

Cci300519_00001002_2
BONDIC(ボンディック)
スターターキット →売り切れ、入荷待ちです。すいません。

UV硬化レジンです。
他社からもUVレジンは発売されていますが、まず、硬化時間の短さが特長です。






Cci300519_00002001
また、接着力もあるので、UV硬化の接着剤としても使えます。
写真では少し分かりにくいですが、ちょうどシャープペンシルの先のようなところから内容液が出るので、出す量の調節がしやすく、必要な場所に必要な量を、少量でもムダなく出せます。





Cci300519_00000001
透明パーツの自作から修正、接着と、様々に使えます。
補充用のリフィルやUVライト単品も発売されています。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

【三菱&スバル・コンベンション】お客様の作品のご紹介

開催中の「三菱&スバル・コンベンション」に、さっそく参加していただきました。どうもありがとうございます。

Img_0101001
サノさん作品
アオシマ 1/24 BRZ

今回も筆塗りでの作品です。




Img_0102001
筆塗りなので、どうしても刷毛ムラは避けられませんが、ツヤの出方は吹きつけとは一味違って、おもしろいですね。





Img_0104001
低い車高&ワイドなタイヤが迫力ですね。


さて、今回のコンベンションは、大いに盛り上がったスカコンに比べ、現時点では圧倒的にエントリーが少ないです…。
三菱といえばランサー、スバルといえばインプレッサで、作りたいものがないやん?みたいな感じなのでしょうかねぇ? 
だからこそ、戦車や戦闘機までOKにして、間口はむしろ広くしてみたつもりです。

カーモデルも、やはり実物ありきのスケールモデルですから、昨今のスケールモデルの作り方である「実物をリサーチ→プラモのアラ探し→修正」という手順を踏まなければプラモ作りにあらず、であるかのような風潮から考えて、特に興味も思い入れもないものを、そんな面倒な工程を経て作ろうという気にはならないということでしょうか? まあ、分からないではないのですが。

特に初心者のかたやこれから始めてみようかと思うかたは、そんなに構えずに、単純にプラモを楽しむという機会として、お気楽に参加してみていただければと思います。
プラモ作りは、なにも「スゴイこと・メンドーなことをしなけりゃいけない」わけではありませんし、いかに手数をかけたかを競い合うものでもありません。
この作者さんのように、まずは気軽に作ってみるきっかけにして始めてもらえば、嬉しく思います。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

お客様の作品のご紹介

お客様から作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_0086001
かぶエリンギさん作品
タミヤ 1/48 タイガー1型極初期型

最近1/48AFVにハマっている作者さんの新作。
AFV制作に、かなり手慣れてきた感がありますね。


Img_0087001
1/48は、AFVではミニスケールとまではいきませんが、それでも小さい模型です。
でも、いい意味でムラのある塗装と汚しで、重量感やヤレ感を、うまく表現されています。




Img_0085001
エンジングリルのメッシュは、アベールのエッチング。やはり、ここだけはどうしてもエッチングパーツが欲しいところ。あるとないでは、印象がまったく違って、精密感が出て大変効果的。
1/48用のAFV用エッチングパーツは、メーカーや種類が少ないので、タミヤから、ぜひとも純正パーツを出してほしいものです。

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

静岡ホビーショー 【気になる商材・マテリアル編】

もう少し続きです。

Img_9970001
ハセガワ

トップシェードフィニッシュ
ハセガワのフィニッシュシリーズの新作は、カーモデル用。
フロントガラス上部に、サンシェードとして薄くスモークがグラデーションで入ったガラスがあります。それを、塗装ではなくフィルム貼り付けで再現するものです。

Img_9971001
使用例。
ただ、ガラス全面を覆うのではなく、上部のシェード部のみなので、フィルムの端面がどうしても見えてしまうのが難点と言えば難点。
とはいえ、エアーブラシによるグラデーションの吹きつけが難しいというモデラーさんには、よいお助けグッズかも。


Img_9977001
フィニッシュ用軟化剤

デカール用軟化剤のように、ハセガワの各種フィニッシュシリーズを軟化させて、細かいモールドに追従させるための、専用軟化剤です。

飛行機モデル等の、パネルの金属調仕上げをこのフィニッシュシリーズで行ったりするのによいかもしれません。

Img_9973001
飛行機モデルの、浅く繊細なモールドに、しっかりと追従しているのが分かります。







Img_9974001_2
使い方としては、フィニッシュの上から塗布して、軟化したら綿棒で押さえつけて凹凸に馴染ませる、ということではなく、パーツとの間に塗って余分を追い出し、あとは自然乾燥させて、成分が揮発して真空状態になることでフィニッシュが押し付けられて(吸いつけられて)馴染む、という使い方が推奨のようです。

デカールに使うマークソフターの類も、このように使うといいと、以前に聞いたことがあります。

Img_9976001
担当者のかたに聞きましたら、ゆっくりと揮発・軟化するので、だいたい数時間かけてこのような状態になるのだそうです。

ただ、使う際は、施工したいモールドを完全に覆って、フィニッシュの端に浮きや隙間がないよう密着させないといけない気がします。
そうしないと、隙間から成分が揮発して逃げてしまい、自然に吸いつけられるなくなると思うのです。
使いこなすには、少し試行錯誤が必要なマテリアルかもしれません。

Img_9978001
また、デカールの軟化剤としても使用できるとのことでした。その場合、印刷方法によってデカールの生地が変わるので、効果に差があるとのこと。シルクスクリーン印刷のものがオススメだそうです。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

静岡ホビーショー 【気になる商材・マテリアル編】

今回の静岡ホビーショーのメーカーブースで、気になった商材をいくつかピックアップしてご紹介します。
キットについては、多くのメディアでいくらでも取り上げられることでしょうから、ウチ目線でのツールやマテリアル関係を。

Img_9882003
セメダイン
模型用ハイグレード

こちらは既存の商品ですが、ご存じないモデラーさんがいまだにいらっしゃるという信じられない話を耳にしますので、しつこくご紹介。

「糸を引かない・曇らない・塗装を侵さない」--このポップの上の文言がすべてを言い表しています。
後追いの同様の商材もあるようですが、これを持っておけば間違いありません。

クリヤーパーツやメッキパーツの接着だけでなく、塗装後の小さなパーツの接着に、特に威力大です。万一失敗しても、乾いてからピンセットで慎重にはがすことができるので、大怪我にならずに済みます。
また、塗布時に糸を引かないというのは、言葉以上に体感すると、これほど安心で快適なものかと実感されると思います。

当店では、体験してからご購入いただけます。

Img_9884002
BBX

接着剤ではなく、粘着剤です。
片面に塗布し、乾くと粘着性のあるネチネチしたものになります。
固定したいが接着してしまっては困る、という際に、液体ですので形を選ばず使用できます。
はがすと、BBXは塗布した側に残りますが、ピンセットで慎重にはがすこともできます。
フィギュアを車両に乗せて固定したり、作品を台に固定して動かないようにするなど、アイデア次第で広い用途があります。

こちらも、当店で取り扱い中です。

Img_9883001
瞬間接着剤PPX

PEやPPといった難接着素材を接着できる瞬着です。

こちらは、今のところ店頭在庫しておりませんが、お客様からのご要望が多いようであれば取り扱いいたします。


Img_0034001_2
BONDIC(ボンディック)
UVレジンセット

UVレジン製品は、すでにガイアあたりからも発売されていますし、手芸店や100円ショップでも売られています。
これは、容器がチューブやボトルではなく、独特の密閉容器に入っているのと硬化時間がきわめて短いことが特長です。
使わせていただきましたが、容器の軸を押すと、ちょうどシャープペンシルのような軸先から内容液が出てきますので、ごく少量の液でも必要なだけ必要な場所に出すことが可能です。これは感心しました。
UVライトを照射すると、ほんの数秒で硬化。ガイアのものでも1分ほどかかります(手芸用のものは、もっとかかります)から、これは早くて快適です。
接着力も強いので、UV硬化する透明接着剤としても使えます。模型制作用途としては十分でしょう。

こちらは導入することにしましたので、入荷しましたらお知らせします。

Img_9904001
タミヤ
コンパウンドがけ用磨きスポンジ

青い部分は硬めの芯材で、白い部分が柔らかくキメの細かいスポンジでできています。
カドが立っていることで、従来のクロス(布)では磨き残していた、凸モールドの際(きわ)のところまで、きっちり磨けます。
また、面の部分も、クロスを使って指で磨くよりも面圧が均等にかかるので、磨きやすい印象で、なかなかよいと感じました。

形状も数種類あります。

Img_9985002
クレオス
ガンダムカラーフォービルダーズ











Img_9984001_2
写真の色は、セル画から起こした、忠実なアニメカラーの塗料ということのようです。
調色が難しかったり、そもそも面倒というかたには、調色済みの塗料はありがたいものです。




Img_9986001
ただ、このポップの「塗装しない人でも持っておきたくなるコレクション性」という謳い文句には首をかしげますが…。
塗料は収集するものではなく、使うものであって、ただ所有するだけでは何の意味もないですよねぇ。時間がたてばダメになっちゃうだけです。
メーカーの売り文句を、なんでもかんでも真に受けてはいけませんよ。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

静岡ホビーショー、行ってきました

10日から13日まで、「静岡ホビーショー」が開催されています。
一般ユーザーさん、特にモデラー諸氏にとっての静岡ホビーショーといえば、なんと言ってもクラブ合同展示会が最大のお楽しみで、日本全国、いや海外からもモデラーさんが、年に1度のこの日のために集結するというビッグイベントなわけですが、平日の昨日と今日は、販売店や報道向けの業者招待日、すなわち、商品見本市・商談日です。
メーカー各社のブースは、週末の一般開放日よりもじっくり、ゆっくり見られます。最近はもう行ってなかったのですが、今年は見てみたい新製品が多いので、久しぶりに出かけてきました。

20180511_101003001
5時起きの6時出発で、10時頃到着(途中で道を間違えて、ちょっと遠回りしちゃったので予定より遅くなりました…)。




Img_9863001
アオシマのブースでは、リバティウォークのGTRがお出迎え。どえらい迫力でした。







Img_9877001










Img_9905001
タミヤのブースでは、まずヤリスWRCの実車。
こういうのを、ラジコンだけじゃなくスケールモデルにもしてほしいんですよねぇ。





Img_0039001
うお! 新旧2台のR1。
この辺からテンション上がってきまして、もう商品のことはどうでもよくなってきてます(ナニしに行っとんじゃ?)。





Img_0040002
初期型。なつかし!









Img_0041001
かたや、最新のR1。モーターショーとかじゃないと、なかなかお目にかかれないスーパーバイク。
知らない方が見たらレーサーだと勘違いされるようなフロントマスクですが、れっきとした公道仕様の市販車ですよ。一瞬、どこにライトがあるのか分からんです。


Img_9994001
タミヤのマークの看板が置かれていますが、プラモじゃありませんよ。M16の実車! これには度肝を抜かれました。
デカイ! カメラのフレームに収まりません。




Img_0004001
こちらはシュビムワーゲン。
プラモだと、1/35のキットでも手のひらに乗るようなカワイイクルマなんですが、さすが軍用車だけあって、実車はやっぱりゴツイ。

もちろん、商品の写真もいっぱい撮ってきました。こんなにしっかりとメーカーブースを見学したのは初めてではないかと。

Img_9882001
セメダインさんとこでは、やはりこれの話題に。
ベタボメしときました。未だにご存じないモデラーさんがいらっしゃるようで、おそらく食わず嫌いか、通販ばかりなのかなんでしょうねぇ。








Img_9884001
あと、こちらの話題になりました。
使い道はアイデア次第の商品です。


あとは、各社のツールやマテリアル系の新商品をメインに、見て聞いてきました。

タミヤ、アスカモデル、ハセガワ、ミネシマあたりで、興味深い話ができました。
特にアスカモデルでは、「こんな製品がぜひ欲しい!」ということを、熱くお願いしてきました。商品化、切望です。内容は、まあ内緒です。

そんなこんなで、結局4時間近く見て回り、帰途に。
ところが、一番肝心な発注を忘れていたのに気付き、Uターン。危うく、ホントに何しに来たのか分からなくなるところでした。行きも帰りも、いろいろドンクサイ…。

その他、各社新商品についての詳しい話についてはご来店ください。
なんせ、写真が200枚以上もあったので(そんなに撮った覚えはないのですが)、とても紹介しきれません。

Img_0080001
タミヤのおみやげ。ミニ四駆のボディ部品いっぱい。
塗装の練習用等に使ってくださいとのことでしたので、ご希望のかたに、1ケずつ差し上げます。早い者勝ちですよ。

| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

入荷案内

Img_9841001
ワークステーション・プロ

プラモを作ると必ず出る、削りカス等の細かいゴミ。
机の上が、ゲートや合わせ目の処理の後、粉だらけになると、掃除もやっかいです。

この台は、作業スペースがパンチングメッシュで、下側がゴミ受けのトレイになっていて、出た削りカスが散らばらずに溜まり、ほうきではいたりしなくても、さっと捨てられます。

Img_9842001
スタンダードタイプもあるのですが、この「プロ」のほうは、照明付きルーペとLEDライトがセットになっています。
特にルーペがハンドフリーで使えるのが便利そうです。頭にバンドで固定するタイプは、どうも煩わしいですし、スタンドタイプは、使わない時にジャマになりますが、これならアームも長いので、使わない時はサッとよけられます。

フタは、開けば説明書立てにもなります。

Img_9843001
ツールケース

要は、道具箱です。
別に、100円ショップで売られているプラケースでもよいのですが、接着剤を置くスペースがあったり、フタにヤスリのような長尺物が収納できたりと、なかなか考えられています。






Img_9844001
接着剤は、中に入れて格納することはできませんが、フタは閉めることができます。
接着剤のフタが、片手がふさがっていてもラクに開け閉めできそうです。









Img_9847001

筆塗装セット、専用塗料皿
PET製パレット、持ち手棒を差す台、筆洗ボトルのセットです。
筆塗りじゃなくても、塗料皿や持ち手棒差しは常に使うので、筆塗りを多用しないから関係ない、と決めてかかるものでもなく、あれば便利かと思います。

パレットは、基本的には使い捨てですが、大事に使えば、使った端から捨てていく必要はなさそうです。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

入荷案内

超久しぶりの、模型関連の入荷案内です。もう、前に書いたのはいつだったか、思い出せません。毎回どんなタイトルで書いていたかさえ、忘れてしまったほどです。

こう見えても、一応ウチは商売ですので、「趣味の店」ではあっても、けっして「趣味でやってる」わけではなく、プラモやエアーブラシのような商品が売れてくれないと当たり前に立ち行かなくなっちゃうわけで・・・どうかよろしくお願いします。

Img_9824001
トランペッター
1/35 タイガー1後期型

最近、ライフィールドやらドラゴンから、相次いでタイガー1のキットが出まくって食傷気味ですが(もうじきライから後期型も出ます)、今度はトラペから後期型がリリースです。

Img_9825001
装甲板の荒れ表現は、少々誇張されていますが、模型的にはこれぐらいがよい雰囲気だと思います。ツィンメリットコーティングで隠してしまうのがもったいないです。





Img_9826001
履帯は、1枚ずつの連結式。
最近流行りの部分一体型の連結式より手間はかかりますが、コツさえ分かればこちらのほうが実はラクチン(個人の見解ですが)。

パーツ表面に押し出しピン跡がないのが嬉しいです。

センターガイドの穴は開いていませんが、それがなにか?(これも個人の見解です)
どうしても許せないなら、別売の履帯を買いましょう。

Img_9828001
タイガーの後期型は、ツィンメリットコーティングは必須のため、避けて通れません。
最近は、モールドで再現されたキットもあり、またコーティング用のシールやら水転写デカールやらといった、少しでもこの作業のハードルを下げるアイテムも考えられています。

このキットには、薄いプラバンにモールドされたシートが付属します。シールやデカールに比べ、凹凸再現がはっきりしていてリアルです。

コーティングがモールドされていると、コーティングしたくない派やメンドクサイ派のモデラーにはありがたい半面、自分で施したい派のモデラーには物足りなくなってしまいます。後付け式にすることで、そこはユーザーが選べるようになっているのは、とても良いと思います。

Img_9827001
タイガー1は、車体は平面ばかりで、砲塔も円筒形で3次曲面がないため、厚みはあっても貼りやすいのではないかと思います。
これが別売ではなく付属というのが嬉しいですね。




Img_9831001
唯一複雑な形状の防盾だけは、あらかじめモールドされています。
これも、ユーザーに優しいですね。

あと、エッチングのエンジングリルも付属しています。
パーツ数は意外に少なく、最近のAFVキットにありがりな、膨大な量のランナーで箱が膨れ上がっているということはありません。

Img_9829001
もう一つ、嬉しいオマケが、カラーの塗装5面図。
前後と左右どちらか片側の図しかない場合がよくありますが、迷彩柄というのは、想像ではなかなか思うようにカッコよく描けないものです。
5面すべてのパターンが載っているというのは、たいへんにありがたいのです。
ただ、上面図と側面図で、整合性が取れてない気もしますが…。

この内容で、メーカー価格は5000円を切るという良心的価格設定です。トラペさん、どうしたんでしょう?

組んでみなければ良し悪しは分かりませんが、最後発だけあって、初心者からベテランまで満足できる、現時点で手に入るタイガー1後期型キットのベストバイではないかと思っています。

Img_9832001
プラッツ
1/72 悪役一号 短砲身型
ずんぐりしたスタイルがカッコイイ、宮崎駿メカのプラモデル。
中身は、アスカ(旧タスカ)製の名キットに、パーツを追加したものになっています。



Img_9834001
従来の長砲身スタイルよりも、むしろカッコイイのではないかと思えるほど、よく似合っていると思います。
キット自体は、以前もかなりしつこくホメましたが、とても楽しく作れる、よいプラモデルで、どなたにもオススメできます。
架空の戦車ですから、小難しくて堅苦しい考証もいりません。塗装も、箱絵はあくまで一例ですから、好きなように楽しめばいいわけで、初めて戦車プラモを作りたいが、何を作ればいいか悩むというかたには絶好のキットです。

Img_9835001
アスカモデル
1/35 M4A3(76)Wシャーマン VVSS後期型

で、こちらはアスカのシャーマン。
最近はデカールレスのキットを出してみたりと、イマイチ迷走気味な気がするアスカモデルですが、この黒い箱は、1パターンのみのデカールが入った最低限の内容にして、コストを抑えたキットです。

Img_9836001
シャーマンのキットには定評のあるメーカーなので、少し本格的なシャーマンを作ってみたいかたにはオススメです。






Img_9839001
1/35 シャーマン5Cファイヤーフライ(ボーナスパーツ付きセット)
アスカのファイヤーフライに、バリューギアのレジン製装備品パーツがセットされた、お値打ちキットです。




Img_9840001
もちろんこのレジンパーツだけでも販売されていますが、それだけでもけっこうな価格ですので、たいへんお買い得なキットです。






Img_9837001
フジミ
1/700 榛名(特別仕様)






Img_9838001

木甲板シートと金属挽き物の砲身が同梱された、特別仕様です。
ウチは、基本的にフネは仕入れないのですが、たまにはいいでしょう。と言いつつ、今まで仕入れたフネは、すべて売れずじまいのまま残ってますけどね。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9794001
単身赴任模型堂さん作品
ハセガワ 1/24 240Z

ご紹介するのが遅くなってしまいました。
ハイスピード工法モデラーさんなので、ずいぶん久しぶりのような気がしてしまいます。

Img_9795001
過去作をリペイントされての作品だそうです。
上品なマルーンが、いい雰囲気ですね。




Img_9796001
リアのライト周りも、あいかわらずていねいな塗り分けです。






Img_9797001
それにしても、長いボンネット! 古いスポーツカーらしいたたずまいですね。





Img_9800001
ガラスは、薄いクリヤーブルーで塗装されているようです。おかげで、とてもきれいな仕上がりになっています。

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9804001
クラタさん作品
アオシマ 1/24 ジェネシスオート DR30

最近、意欲的に制作されている作者さんの新作です。


Img_9805001
けっこう古いキットだと思われますが、7月にリニューアル再販です。






Img_9807001
毎度おなじみのセリフで恐縮ですが、ワタクシ、実車や実機の知識には疎いので、このあたりのクルマのことはまるで知りません。「鉄仮面」と呼ばれたスカイラインですよね?
今回は、ケレン味のない、ストレートな仕上がりです

Img_9808001
シートは黒・赤のツートンカラーで、スポーティー感がありますね。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ