« 【スカイラインコンベンション】締め切り、延長します | トップページ | 入荷案内 »

2018年3月 1日 (木)

入荷案内

ここのところ商品情報紹介がなおざりになっています。
実は、ここのところドサドサといろんなものが入荷しておりましたが、それ以上に紹介したいことが多く、後回しにしていました。
ただ、こう見えても一応は商店ですから、仕入れてばかりで売れてくれないと干上がってしまいますので、まとめてご紹介していきます。

Img_9573001
ガイアカラー 
プレミアムミラークローム

前製品の「プレミアムメッキシルバー」は、最後発のメッキ調塗料ということで期待していたものの、メッキ調というほどのメッキ感が得られず、個人的にも、また使われた方からも不評でした。

そこで、新たに発売となった商品です。

Img_9575001
さすがに前のことがあるので、導入前にテストしてみました。
右が、黒のプラスチックに直接吹きつけたもの。左は、ラッカー黒で下地塗装した上に吹きつけたものです。

プラスチックに直接吹き付けるほうが、よい結果が出ます。これは、他のメッキ調塗料も同様です。
黒下地の上に塗装すると、少し曇ります。下地はより光沢面にしておかないといけませんので、クリヤーを吹いてコンパウンドで磨いた下地を作ればまた変わってくるとは思いますが、「プラに吹く」のと「塗膜に吹く」のとで、根本的に違うということです。
プラと塗膜では、上塗り塗料に含まれる溶剤成分の影響の及ぼし方が違います。影響の少ないプラでは粒子がきれいに整列するためきれいなメッキ面が得られますが、上塗りと同じラッカー塗膜ではプラよりも溶剤分に侵されるため、粒子の整列が悪く、曇った結果になってしまいます。もし下地を作るなら、ラッカーではなく、2液型のウレタン塗料を使う必要があります。

しかし、メッキ感はとても良好です。従来他社品に比べ、白く輝度が高い色味で、かなりメッキに近い仕上がりになります。

Img_9569001
タミヤ
TS101 ベースホワイト

黒のような濃い成型色のプラスチックに塗装する際に、下塗り用に吹きつけます。

サフとは違い、あくまで隠ぺい力の強い通常の塗料ですから、表面がざらつく心配がありません。
サフは体質顔料が使われ、微細な傷を埋めて平滑な塗装面を得ることが目的ですので、その必要がなく単に白く染めたいだけの場合は、こちらが有効です。

黒のパーツに少し試してみましたが、軽く二度吹きくらいで真っ白になります! クレオスの同様の商品とは大違いです。

ところで、缶のキャップに「エナメル塗料を上塗りする際は注意を」と書かれたシールが貼られています。
この塗料は、顔料を多く含んでいるため、相対的に樹脂分(バインダーとかビヒクルと呼ばれる、顔料を固めて塗膜を形成する成分)の割合が少なく、塗膜の強度がやや劣ります。
そのため、エナメル塗料を上塗りする分には問題ないのですが、拭き取ろうとしてエナメル溶剤で強くこすると、表面が荒れたりする恐れがあるので注意とのことです。

Img_9566001
スジ彫り超硬ブレード
とうとうタミヤからも発売に。スジ彫り用ツールです。
以前は、比較的ニッチな工具であったため、マイナーなメーカーから発売されていて、問屋で扱いがなかったりして仕入れができないという難点がありました。
タミヤから発売されれば、タミヤを扱っていない問屋はまずありませんから、日本中どこの模型店でも買えるというメリットがあります。

ただ、いい加減に単に他社品の真似あいっこではなく、オリジナリティーのある商品を出してほしいというのが本音です…。

Img_9567001
童友社
きさげカッター

しつこく営業した甲斐があって、何人かのお客様から問い合わせがありました笑。

とにかく使いやすい工具ですので、一度店頭で手にとって試してみてください。
この工具の良さは、文章では伝えられません。

|

« 【スカイラインコンベンション】締め切り、延長します | トップページ | 入荷案内 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【スカイラインコンベンション】締め切り、延長します | トップページ | 入荷案内 »