« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

【スカイラインコンベンション】締め切り、延長します

開催中の『スカイライン・コンベンション』につきまして、締め切りは今月末としておりました。
会期は3ヶ月と、十分に設けたつもりでしたが、本日27日時点でのご応募作品は、お1人様の2作のみと、少々寂しく感じます。

そこで、もう1ヶ月延長し、3月末を締め切りといたします。
せっかくエントリー用にキットをご購入下さったかたがいらっしゃいますので、ぜひ作ってお持ち込みください。楽しみにお待ちしております。


最近、特に感じるのですが、プラモデル作りはキットに手を加えなければいけない・キットそのままではなく、いかに手を加えるかだと、決めてかかっているかたが、以前に比べてとても増えているのではないでしょうか?

ネットを見ても、このキットにはここに手を加えましょうとか、ここがおかしいから直しましょうとか、そんな記事が散見されます。
そういうことをやっている方は、それが好きで、自発的・能動的にやっているわけですから構わないのですが、そういうことをやらされるのがプラモ作りだと解釈する方も相当いらっしゃる気がします(模型屋やってますと、実際にそういう話を聞く機会が多いものなんです)。

ネットに上がっている記事や作品は、「人に見てもらえる作品にはなっただろう」と思えるかたがアップするのがまあ普通なので、あくまで氷山の洋上に見えている部分だけのはずで、それがすべてではないのです。大部分のユーザーさん(つまり、ネットに上げたりしていない方たち)は、そんなに手の込んだことをしているばかりではないと思います。

それなのに、特に比較的プラモ歴の浅いかたが、洋上に見えているものがすべてと感化されすぎて、ソレもしたいとかアレもしなきゃとかココも直さなきゃと欲張ったり、アラ探しや脳内先行モデリングを始めてしまうと、いつまでたっても完成しません。その結果、お蔵入りになってしまうということもあることでしょう。

プラモは、キットです(当たり前ですが)。キットというのは、市販のカレールウと同じで、カレーという料理を知らない人でも、箱の裏の説明どおりの材料で、説明どおりに作れば、おいしいカレーができるように、ちゃんと設計してくれてあるのです。カレーがどんな料理なのかをあらかじめ調べる必要もありませんし、無理に手を加える必要もないわけです。
もっとも、万人向けに、最大公約数的に考えて作られていますから、個人個人としては物足りなさや不満を感じることはあるでしょう。作って食べてみて、そう感じたら、次から何か工夫をすればいいのです。

模型はどこまで行っても実物にはなり得ません。プラモは、製造上・設計上の制約や、メーカーの設計者の思惑もあって、あえて実物どおりに再現されていなかったり省略されている部分があるのは当たり前です。そこも踏まえて、最初は大らかに楽しめばいいと思います。
そうすれば、素組み作品なら3ヶ月あれば十分完成するだろうと思うのです…。

まあ、プラモの場合は、そのまま作ること自体が難しい製品が存在するのは確かですが、それはまた別の話。

それが、最近では、素のままではなく、いかに手の込んだ下ごしらえをしたかとか、オリジナルな隠し味を加えたかを競うかのようになってきています。それでは、逆に窮屈で、固定観念や先入観を植え付けられ、誰がやっても同じものを目指すばかりの趣味になってしまいます。新規のユーザーが増えない理由の一つもここにあると、私は肌で感じています。

入賞を狙うコンテストならともかく、特になかなか作品が完成しない方やプラモ歴の浅い方に、締め切りを設けることで、とにかく完成させて参加していただきたいという狙いもあってのコンベンションです。他人はどうしているとか、素組みじゃダサいとか思わずに、気軽に参加していただける機会になればと、切に願っております。

| | コメント (2)

2018年2月26日 (月)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その6

Pc196889001
タイヤは、ホイールと同じくR33のものをそのまま流用するつもりでした。
ただ、手元にあるR34用のタイヤをふと見ますと、タイヤのサイドウォール部に「リムガード」と呼ばれる出っ張りがあることに気付きました。
偏平率が小さく、ハイト(厚み)の低いタイヤを履くと、ホイールと路面が近くなるため、ホイールの縁をヒットしないためのガードがついています。
これが、なかなかにカッコよろしいので、なんとかこのタイヤを使いたいのですが、内径が大きく、このままではスカスカで合いません。そこで、何とか使えないものかと思案の末、じゃあ切り詰めればいいのではないかという結論に。

そこで、まずはサイドのロゴマークがなるべくない場所を選んで、適当な場所でタイヤを切ります。
よく切れるカッターで切るのですが、ゴムは、包丁やノコギリのように前後に押し引きして切ってはいけません。切断面が曲がってしまいます。
まな板代わりに接着剤のキャップにタイヤをはめ、大きいカッター刃を、垂直にまっすぐ押し付けて押し切ります。
ベルト状になったタイヤをホイールに巻き付けて、だいたいの余分の長さを頭に入れて、同じように切って長さを詰めます。この時、切り取ったゴムは、捨てずにいったんとっておきます。

再度ホイールに巻いてみて、ほんの少し寸足らずくらいがちょうどよい長さです。ピッタリに切ってしまうと、ホイールにはスムースに入りますが、ホイールの縁でタイヤが浮いてしまい、これまた興ざめになります。

もし切りすぎた場合は、あきらめずに、先ほどとっておいた切り代を接着して、切り直します。また、逆にほんの少し切り足らなかった場合は、切り代が短すぎるとゴムは思うように切れませんので、やはり同様に切った分を接着して、あらためて切り直します。

Pc196890001
接着には、瞬間接着剤を使います。
瞬着は、ゴムのような微細な多孔質のものを、非常に強力に接着してくれます(皆さんも、自分の指をくっつけてしまって困ったことがあるでしょう?)。
接着面を一度仮合わせして位置を確認し、ずれないように慎重に接着すれば、接着部がほぼ目立たないくらいにきれいに着きますよ(もちろん、よく見れば分かりますが)。

Img_9085001_2
4本ともできました。
一部、接着部が目立ってしまったものもあるので、これはクルマの右側用にします。






Pc196892001
ホイールにはめてみると、こんな感じ。
チューンドカーっぽくなるでしょ?







Pc196893001
R33用より薄いので、若干外径が小さくなりますが、許容範囲かと。
足回りの調整で、少し車高を落とすことができれば、解決できそうです。
ただ、幅も広いので、これが車幅内に収まるか、そちらがむしろ心配ですが…。


Pc196894001
仮組みして合わせてみました。
カッコよさは文句なしです。








Pc196896001
幅はド迫力ですが、やはりちょっとハミ出してます。なんとかなりそうな気はするのですが…。







Pc196897001
前は少し余裕があるので、こちらはあまり心配なさそうです。
これで、タイヤのフィッティングは終了です。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その5

タイヤ周りの下ごしらえを続けます。

Img_9084001
プラモデルのインジェクション部品は、いわばタイヤキと同じような合わせ型で抜いて造ります。
そのため、型から抜きやすくするための「抜きテーパー」というものが設定されていて、部品がわずかに先細り形状になっています(要は、プ●チンプリンと同じことです)。
薄い部品であればほとんど分かりませんが、ホイール、特にこのような厚みのある部品の場合は、型の合わせ目となるホイール裏側が太く、型の奥になる表側が狭くなっているのがハッキリと分かります。

旧車のような細みのホイールでは、タイヤも厚みがあるのでほとんど影響はなく、このままタイヤをはめてしまっても、そもそも接地面も若干丸みを帯びていますし、違和感はありません。
ところが、現代の幅広で薄いタイヤの場合は接地面が平らなので、タイヤ全体が円錐形になり、車体に取り付けたときに、キャンバーをあてなくても地面と「線」で触れずに、タイヤ外側(人の足で例えるなら小指側)が浮いてしまい、重量感のない模型になってしまって、ひどく興ざめです。

カーモデルのタイヤはソリッドゴム製ですが自重変形まではせず、ミリタリーモデルのプラ製タイヤと同じく、地面と点で接しているので、ただでさえ車重がまったく感じられないのが気に入りません。手軽になんとかできないものかと、かねがね思っているのですが…。

Img_9088001
そこで、このテーパーを削り取って、円錐から円柱になるよう、成形します。
広がっている奥側を削っていきます。
ここでも、きさげカッターは大活躍!! 最初はヤスリでコリコリやってましたが、こっちのほうがはるかに作業性・生産性がよろしい。

これだけしつこくオススメしてもまるで興味を持たれない方がいるのが不思議でしょうがないです、ワタシ。

Img_9091001
両刃なので、左右どちらにも使えて、刃をあてる角度を変えることで削れ具合も調整できます。
くどいようですが、ワタシ、今これがないとプラモ作りはできません。





Img_9086001
時々ノギスをあてて平行になっているか見ながら、慎重かつ大胆に削っていきます。







Img_9092001
こうして、4本とも成形完了。
メッキをはがす前にやってしまうほうが、削れ具合が見やすいですよ。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品の持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9447001
ヤマサキさん作品
タミヤ 1/12 RGVガンマ

これまた、早作りでお馴染になった作者さんの作品です。
ここのところ、バイクプラモにすっかりハマっておられます。



Img_9448001
このキットの苦労されたところは、なんといってもデカール貼り。
ブルーのカラーリングは、全部デカールなんだそうです! これは知りませんでした。
タンクやフロントカウルのようなきつい曲面は、かなり難しかっただろうと拝察します。


Img_9449001
ある程度の塗装スキルをお持ちのモデラーさんなら、デカールじゃなく塗装で、と当然思うでしょう。
ただ、タミヤは、塗装や工作を上級者基準で製品化しないメーカーですので、やはりデカールでとなったのは、このキットを設計した時は仕方のないことだったのかもしれません。

Img_9450001
あちこちに、苦労の跡が見受けられますね…。
でも、逆に言えば、デカール貼りさえうまくできれば、あとはクリヤーを吹きつけてそのままフィニッシュで、完成に持っていけるキットですよね。
たくさん作ってくださるお客様のおかげで、いろいろ勉強させていただいております。ありがたいことです。

| | コメント (0)

お知らせ

いつも当店をご利用くださり、ありがとうございます。

明日18日(日)は、都合により17時半頃からの営業になります。
ご不便をおかけして申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

入荷案内

造形村のファントムシリーズ、入荷です。

Img_9433001
造形村 SWS
1/48 F-4S ファントム2

詳細はこちらを。






Img_9434001





Img_9435001
1/48 F-4C ファントム2

詳細はこちら







Img_9436001





Img_9437001

1/48 F-4D ファントム2

こちらは新製品です。17日発売となります。
ご購入のかたに、特製缶バッジ、差し上げます。早いもの勝ちです。

詳細はこちら

Img_9438001




Img_9440001
各部のモールド表現は、繊細で大変素晴らしいです。








Img_9441001










Img_9445001
ご興味のある方は、ぜひ店頭で手にとってご覧ください。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その4

さて、これで一度はタイヤ選びのめどがついたのですが、自分の脳内イメージのR32に比べて、タイヤが薄すぎて迫力に欠ける気がしてしまい、もう少し他も試すことに。

そこで、店頭にあるR33のキットの箱を開けて、ホイール部品の径を測ってみると、R32のノーマルとほぼ同じような感じに見えます。つまりは、R32用も少し大きめの設定のようです。タミヤのキットは、総じてホイール径を大きめにアレンジしているのかもしれません。

そこで、この部品を取り寄せてみます。(こんなことばかりやってるので、進捗しません。)

Pc196879001
左がR32用、右がR33用です(※写真を撮ったタイミングが実際の作業の進捗と違うので、メッキがはがしてあります)。
同じくらいに見えますよね。
測ったら、どちらも17インチ相当でした。



Pc196880001
幅は、R33用のほうが少し広め。果たしてクルマに合うか、仮に使ったとしても、フィッティングは難儀しそうです。






Pc196881001
キット付属のニスモホイールとタイヤの組み合わせと、R33ホイールと専用タイヤの組み合わせの
比較。
大きさの違いは一目瞭然です。自分のイメージとしては、やはり右の組み合わせは「ない」感じです。



Pc196882001
右のホイールにF50のタイヤを合わせてみました。
外径は近づきましたが、このタイヤの薄さは、R32の武骨な雰囲気とは合わない気がします。





Pc196884001_2
幅も、R33が広めで、F50用は、パターンもこのクルマにはちょっと似つかわしくない気がします。







Pc196885002
クルマに合わせてみました。
これくらいの厚みのほうが、しっくりきます。







Pc196887002
前も同様。









Pc196886001_2
幅もド迫力! 改造車らしい雰囲気です。
タイヤが外にハミ出しているので、これが、自分のスキルで修正できるかが心配ですが…。

ということで、最終的に、R33仕様のホイールを流用に決定です。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その3

続いて、ホイールのフィッティングを考えていきます。
考えるも何も、そのまま付ければいいやん?って思うのですが、このキットには、ニスモ仕様の大径ホイールが入っています。このホイールが、曲者なんですね。
というのも、完成品写真を見ると、ホイールも含めたタイヤが大きすぎて、足が長く見えてしまう気がしたのです。特に、後ろから見ると、タイヤごと大径になってしまって、車高が上がって見えます。箱絵の感じとは、ずいぶん雰囲気が違いませんか?
インチアップというのは、ホイールは大径化しますが、タイヤの外径は変わっちゃいけません。そのため、偏平率の低い(要は、厚みが薄い)タイヤに換えてタイヤの内径だけを大きくして、つじつまを合わせます。

でも、このキットではタイヤごとデカくなっちゃってる印象で、たしかにタイヤハウス内にタイヤが満ちていて迫力はあるのですが、車高が高くてちぐはぐな気がしてなりません。

そこで、自分のイメージに合うタイヤとホイールを探します。

このR32だと、年式的に考えて、16インチか17インチぐらいが純正のサイズなんだろうと予想。

Img_9081001_2
タミヤのキットの中から、おそらく近しいであろうクルマのタイヤを大量に取り寄せました。アホですかね苦笑?






Pc196862001
これが、キットのままのホイールとタイヤの組み合わせ。
これだけ見てる分には、違和感ないです。
ちなみに、このタイヤは、ポルシェ911GT3の前輪と同じ部品です。




Pc196863001
クルマに合わせるとこんな感じ。なんだか腰高というか、タイヤがデカすぎる感じに見えませんか?







Pc196868001
前はこんな感じ。タイヤハウスとのクリアランスは少なくてカッコイイですが、やはり大きすぎる印象です。







Pc196866001
逆に、タイヤ幅は狭すぎて迫力がありません。
実際、R32ノーマル仕様のホイールより細いんです。

このホイールの径を測ってみると、約21mm。計算(21×24÷25.4)すると、ほぼ20インチ相当! これは、さすがにデカすぎですよねぇ。

で、取り寄せたタイヤの中から大径の薄いタイヤを探します。

Pc196870001
すると、フェラーリF50用のタイヤがペラペラ。写真では分かりにくいですが、内径はほぼ同じなので、その分、外径が小さくなります。これなら合いそう。





Pc196871001
前後で幅が違うので、前輪をハメてみます。








Pc196872001
どうでしょう?
タイヤハウスのアーチとは沿いませんが、車高(地面とのクリアランス)はグッと下がって、いい感じ。






Pc196874001
前も同様。









Pc196876001
タイヤ幅も少し広くなります。
その分、ホイールの外側にハミ出してしまってますが、これは内側のツバを削ってしまえば収まるレベル。





Pc196877001
悪くないですね。

(つづく)

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

タミヤLPカラー(ビン入りラッカー塗料)、第2弾

タミヤから先に展開された、ビン入りラッカー塗料(LP品番)の第2弾の15色が、ようやく発売になります。http://www.tamiya.com/japan/products/821S2/index.html
60色展開になることは、色名まで早くから発表されていたわりに、第1弾以降めっきり案内が来ずどうなってるのかとヤキモキしていました(問屋さんに、もしかして見落としていたのではと問い合わせたほどです)。
しかし、このペースでは、60色揃うのはいつのことやらになってしまうので、月イチくらいのペースで展開してもらいたいものです。

さて、このLPカラーは、発売当初から数色使ってみて、たいへん扱いやすくよい模型用塗料であると確信しています。

その特長の一つが、流動性の高さです。

すでに使ってみたかたはお気づきかと思いますが、原液のままでも比較的粘度が低く、サラッとしています。
エアーブラシで吹きつける際は、専用シンナーを、塗料と同量より少し多めくらいに混ぜると塗りやすくなります。
また、なにより筆塗りが、他社品に比べ圧倒的にやりやすいです。
筆塗りというと、筆への含みがよいとかということが、よく話題になります。
ただ、筆への含みがよいだけではダメなのです。
筆塗りというのは、筆に含ませた塗料や絵具をワークになすりつけたりこすりつけることではありません。パレットの塗料を筆に含ませ、ワークに「移す」という行為です。
そのため、単に含みがよいだけではなく、含ませた塗料が筆からスムーズに吐き出されなければいけないのです。
従来の塗料の多くは、含ませても筆の中にとどまってしまい、スムーズに流れ出てくれません。そのため、刷毛ムラが多くついたり、そもそも塗りにくいという印象になっていました。

タミヤのLPカラーは、ラッカーとしては画期的なほど流動性が高く、そのようなネガがありません。そのため、刷毛跡がつきにくく、小さい面積ならほとんどムラなく塗ることができます。
さすがに最後発だけあって、現状の模型用塗料の中では、吹き付け・筆塗りともに、もっとも扱いやすい塗料であると思いますので、「クレオスやガイアにある色なら、今さらわざわざタミヤを使わなくてもいいや」と思う方は、ぜひ一度試してみることを強くオススメします。

ちなみに、店主は、ここのところ黒3色と普通の銀色は、タミヤしか手にしていませんよ。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

【スカコン】お客様の作品のご紹介

お客様から、スカコンへの作品のご応募をいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9393001
NKTさん作品
タミヤ 1/24 スカイラインGTR Vスペックニュル

タミヤのZチューンのキットをベースに、VスペックにZチューンのエアロ仕立てという設定で制作されました。

Img_9395001
見事に再現された「ミレニアムジェイドパール」の塗色が、とても美しいです。見られたかたは、皆さん感心されますよ。
ホイールはアオシマ製のものを移植。フィッティングもバッチリ決まっています。

Img_9396001
ここのところ、精力的に制作されている作者さん。
立て続けに作品の持ち込みをくださっています。




Img_9397001
少し大げさにキャンバーのついたタイヤも迫力です。






Img_9399001
前作のGTRは、少しツヤがひけていましたが、今回はピカピカです。
Bピラーを、ちゃんと外側からも塗っているのは感心しました。この仕立ては、私、参考にさせていただきます。




Img_9402001
前輪もキャンバーを当てたのにあまり分からない、とのこと。
でも、大径タイヤが詰まった感じが、とてもカッコイイですね。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

タミヤ 1/24 GTR(R32)ニスモカスタム その2

Pc136721001
切り取ったエアロパーツの欠損部にはポリパテを盛り、硬化を待って形成に入ります。

最近のプラモ作りで、ゼッタイに手放せない切削工具。魚地球印のヤスリは、岩田のエアーブラシと同じくプロの職人さん用のヤスリなので、ホビー用等に安く売られているヤスリとは仕上がり具合や使用感が違います。

また、童友社のきさげカッターも、使ってみるとメチャメチャ便利! これを使い始めたら、これなしにプラモ作りはできないほど(個人の感想ですが、大げさに書いているわけではありません)。
たぶん、SNSでも雑誌でもほとんど取り上げられていないんだろうと思いますが(これらは、もはやほぼステマの場ですからね…)、プロモデラーが使っていまいが、ネットで触れてなかろうが、使えば分かる、隠れた逸品だと思います。

Pc176826001_2
パーツの境い目にはマスキングテープを貼って目印にし、これに沿って、後でスジ彫りを入れます。
ほぼ形成が終わった状態。まあまあ滑らかにつながったようで、満足です。




Pc176827001
下側は段差が大きかったので、アールを滑らかにとるのがなかなか難しく、左右で揃わなかったりして削りすぎ、何度かパテを盛り直してやり直しました。





Pc196857001
この程度の工作は日常的で、なんてことないというかたも多いと思いますが、自分はめったにしないので、できるかどうか自信がありませんでした。
粗はありますが、自分なりにはなんとか満足のいく程度にできました。


Pc136723001
キット自体は相当古いので、相応の金型の傷みもあるようで、パーティングラインはかなり大きいところがあります。






Pc136726001
こういうところを、今まではナイフでさらっていましたが、きさげカッターを使うと、なんともよい感触で削ってくれます。
刃が鈍角なので食い込むことなく、また剛性感があるので力の入れ具合が分かりやすいのです。



Pc186835001
シートのヘッドレスト部の穴も、表と裏でずいぶん食い違っていますので、ここも面取りします。
こういう、内アールを削るときこそ、きさげカッターは大活躍です。
ウソだと思うなら、ぜひ買って使ってみてください(工具の良し悪しなんて、使わなきゃゼッタイ分かんないです)。

Pc186838001
シート横のパーティングラインも、山脈のようになっています。
きさげカッターでさらった後、スポンジヤスリで仕上げます。






Pc186853001
こういう、金型の合わせ目が端にくるところも、バリの一歩手前ぐらいの状態です。
古いキットですと、さすがにタミヤとはいえ、こういう部品はやはり多いですね。

(つづく)

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »