« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月15日 (月)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みをいただきました。どうもありがとうございます。

Img_9260001
単身赴任模型堂さん作品
タミヤ 1/12 YZF-R1

今年最初のご紹介は、やっぱりこの方になりました。
とはいえ、お持ち込みくださったのは実は昨年末でして、なかなかご紹介できずにいました。どうもスイマセン。

Img_9262001
とにかく、去年のネイキッドバイクコンベンション以来、バイクプラモにハマリまくりの作者さん。
ここのところは、変化球なしの直球勝負で、キッチリ制作されてます。
素組みベースで、最低限必要なところには手をかけ、美しい塗装で魅せる。プラモ作りの原点のようで、プラモデラーの一人として、とても共感できる作風です。

Img_9263001
最近のバイクは、タイヤが太くなったもんです。4輪のリッターカークラスより太いんですよ。







Img_9266001
バイク模型のだいご味は、箱のクルマと違って、やっぱり、こういうメカメカしい機能美がむき出しなところではないでしょうか。
プラモデルってよく出来てるなぁと、改めて思います。




Img_9269001
それにしても、初めてこのR1が登場したとき、その異形さには驚いたものです。
今となっては、あらゆるメーカーがこぞってこの路線を模倣し当たり前になりましたが、当時は、こういうチョンチョンとんがったデザインは独特で、かなりのインパクトと違和感でした。大きな複眼の異形ヘッドライトも、斬新でしたね。

Img_9271001
お預かり中の、NKTさんのネイキッドR1とともに。ぜひともこの作品と並べて飾りたかったとのことですので、せっかくなので並べて記念写真を。



Img_9275001
NKTさんの作品は、ヘッドライト周りをアオシマのXJRのパーツを流用。
マフラーもずいぶん違うのですが、これはどうされたんだったか、忘れちゃいました…。


Img_9280001
軽くエイジングをして、少し乗りこんでヤレた雰囲気に仕上げたNKTさんに対して、王道の新車状態で作った模型堂さんです。塗色は、一見すると純正色のように見えますが、パールで仕上げてオリジナル感を出してますよ。

お二人ともお上手で、二作品ともカッコいいです。

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

謹賀新年

皆さま、遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年も、何かと不行き届きな面も多々あるかもしれませんが、どうか変わりませずご愛顧くださいますよう、お願い申しあげます。

ご存じのとおり、うちは、毎年の年末年始は長めにお休みをいただいております。新年早々は、皆さん、初詣やショッピングモール等にご家族でお出かけのかたが多く、わざわざうちのような店に足を運ばれるかたもいらっしゃらないだろうということで、そのようにしております。

その長めのお休みの間、今年は上の娘が正月から勤務で、家族が揃わず、家では家事以外にすることもないので、ちまちまとプラモ制作に勤しませていただきました。
塗装環境がすべて店に行ってしまっているので、家では工作と缶スプレー塗装しかできません。
かといって、塗装道具一式持ってくるのは大変なので、仕方なく、店で塗装作業中のものはいったん休止して、別のものを手がけておりました。
でも、お客様が来ることが絶対にないので、皮肉にも店でやるよりもはかどってしまいます…。

さて、家にも接着剤とニッパーとナイフだけは常備してあるのですが、接着剤が少なくなってきて、キャップに付いている刷毛が、液面に届かなくなってきました。これ、おそらく「モデラーあるある」なんですが、けっこうイライラするんですよねぇ。

P1086906003
このタミヤのも、キャップを閉めないと届きません。
でも、作業中はいちいちキャップを閉めてなんていられず、ただ被せておくだけなので、ほとんど届きません。

そこで、かなり以前から考えていた解決法を試してみることに。

P1086909001
100円ショップで、ガラス製のビーズを買ってきました。前に手芸店で、サイコロ状とかの様々な形のガラス材料を売っていた気がしたのですが、もうほとんどなくなっていたので、こっちにしました。
樹脂製のものも並んでいるので、間違えないように。

これを、接着剤のビンの中にバラバラと投入。

P1086911001
すると、このようにビーズが沈んで水かさがアップ。
キャップを閉めなくても刷毛が届くようになりました。






P1086914001
クレオスのほうは、タミヤのよりさらに刷毛が短めで、これだけ残っていてもすでに刷毛が届きません。
しかも、どのメーカーのビンも、底の隅のほうが低くなっている(ビン底が山なりになっている)ので、液が隅に溜まってしまい、余計に刷毛が届きません。
改善してほしいものなのですが、おそらくビンの製法上の問題で無理なんでしょうね。

P1086916001
こちらは、ビンが大きいので多めに投入。
キャップを閉めない状態で刷毛がビーズに触れる高さまでビーズを入れてあげるといいような気がします。
もっと液が減った時に、ビーズの隙間を上がって来てくれるのではなかろうかと期待しています。

今年も、このような豆知識をご提供して、なにかのお役に立てればと思います。

今年もよろしくお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ