« 缶スプレーの中身を取り出すには | トップページ | 年末年始のご案内 »

2017年12月27日 (水)

メッキ調塗料のオーバーコートに【ただし裏付けなし】

かなり以前に、とあるサイトで、「クリヤーパーツのキズ取りとツヤ出しに最適!!」と紹介されていたので、そーかそーか、それは素晴らしいじゃないかと通販で購入した、AKの「GAUZY(ゴージー)ガラスコートエージェント」。(※当店では、AKインタラクティブ商品の取り扱いはできないのです)

広口ボトルのフタを開けると、乳白色の少しとろみのある液体が入っています。
要は、ここにクリヤーパーツをドブ漬けして引き上げ、乾くと透明なコーティングがされている、というもの。
まあ、おそらく、水性エマルジョンの床用保護材みたいな類のものかいな?と思いつつ試してみました。

まあ、当然と言えば当然ですが、引き上げてそのまま乾くのを待っているだけでは、重力でパーツの下のほうに溜まってしまいます。モールドの凹部も埋まります。
ですので、余った液材は吸い取り、しかも乾くまでじっとしておかずに、パーツをクルクルと回して液材をとどまらせないようにしないといけません。

ところが、粘度があるうえに流展性にも乏しく、まんべんなく広がっていかずに、途中で乾き始めて流れが止まってしまうので、結局はどこかでボテッとした溜まりが出来てしまいます。
なんじゃこりゃ? とにかく使えやん。まったく使えやん。
せっかく買ったのに、こやつ、どーしてくれようかと思ってお蔵入りしていました。

でも、ひとつ使い道を見つけました。

Img_9162001_2
メッキ調塗料のオーバーコートです。

ドブ漬けではなく、筆でそっと塗ります。
厚塗りすると、結局上記のような結果になってしまいますので、薄くサッと塗ります。
何度もペタペタと筆を重ねたり筆を返すと刷毛ムラだらけになりますので、一気に塗ってしまいます。

成分が得体の知れないものなので、エアーブラシ至上主義の方、エアーブラシで吹こうなんて考えないように。
また、あくまでコート剤であって塗料ではありませんから、この上からクリヤーを吹こうなんて欲を出さないほうが、おそらく賢明でしょう。

水性なので、メッキ調塗料に戻りムラが出ず、メッキ感はほぼ損なわれません。
使った筆はすぐに水洗いすれば大丈夫のようです。

大きなパーツや広い面積には向きませんので、あくまで短時間に塗り切れる小パーツに限定ということで。

特に、ステンレスの表現の際、表面に薄く皮膜を張った感じが、不思議とステンレスに近い質感を出してくれる気がします。

お持ちの方は、よかったらお試しください。ただし、あくまで私の自己流ですので、自己責任でお願いします。

(余談ですが、先走ってうっかり買いだめをしてしまいました。この使い方では使い切れそうにありませんので、ご希望のかたには実費でお譲りします。)

|

« 缶スプレーの中身を取り出すには | トップページ | 年末年始のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 缶スプレーの中身を取り出すには | トップページ | 年末年始のご案内 »