« タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7 <フェンダーの工作> | トップページ | お知らせ »

2017年9月 1日 (金)

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その8

Img_8504001_2
シャシーには、完成後にM3ボルトでベースに固定するためのナット受けが、わざわざ設けてくれてあります。最近のタミヤのキットには、ミリタリーだけでなくカーモデルにもこれがあり、自分で仕込む手間が省けて、とても助かります。

ただですね、こいつは材質がダイキャストなので、3ミリの穴を開けるのは大変なんです。
電動ドリルがあればいいのですが、持ってないので(あったのですが、どこかへしまい込んじゃったようです)、手回しのドリルチャックでグリグリ開けました。

Img_8505001_2
そこへ、M3のナットを瞬着で接着します。
ただ、瞬着では、なにかのショックでポロッと外れそうで、ちょっと心もとないんですよねぇ。





P8146083001
さて、車体部品にくっついた丸いパーツ。
説明図では不要部品となっていますが、そもそも模型としてのパーツではなさそうに見えます。

その答えが、このゆみこんモデルズさんのブログにありました。よく気付かれたもんです。

Img_8506001_2
そう、明らかに、ここへかぶせるフタですよね。至れり尽くせりじゃないですか!?
せっかく用意してくれてあるのですから、ちゃんとそう書けばいいと思うのですが…。

これができたら、車体上下を合体させます。

P8176165001
車体と砲塔のあちこちにハッチがあるのですが、このハンドルが、すべてただの突起状のモールドでの表現となっています。
まあ、これはこれでありかとは思うのですが、戦車を知らない人が作ったら、これはいったいなんだ?と思うでしょうね。

まあ、それはともかく、やっぱり物足りないので、金属線で作り直します。

P8176166001
これだけあります。けっこうたくさんですよね。
加工のラクな、銅線で作りました。ピンセットで簡単に曲がります。

砲塔後部のハッチはコーティングするので、今ハンドルを付けても作業がしにくいですし、パテで埋まっちゃうかもしれないので、案内穴を開けるだけにしておきます。

それと、ドリルを使うついでに、ハッチの軸のカバー(?)の穴も開口しておきました。

(つづく)

|

« タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7 <フェンダーの工作> | トップページ | お知らせ »

タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔)」カテゴリの記事

タミヤ ヨンパチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミヤ 1/48 キングタイガー(ポルシェ砲塔) その7 <フェンダーの工作> | トップページ | お知らせ »