« お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

2017年7月 2日 (日)

入荷案内

Img_8337001
バンダイ
ドラゴンボールシリーズ

ランチの1輪バイク
孫悟空のジェットバギー

いわゆるメカコレですが、ありそうでなかった鳥山メカ。
また、どれもフィギュアが付属していて、生き生きとした模型が出来上がります。
フィギュアは塗装が必要で、バンダイのプラモにしては少しハードルが高いのが玉に傷ですが、マンガのキャラですので、ミリタリーフィギュアみたいに本格的に塗る必要性はありません。上手下手とか気にしないで、塗り絵感覚で楽しんでもらえればいいのではないでしょうか。

ランチちゃんの頭部のパーツ分割がスゴイです。

Img_8311001
ちなみに、シリーズNo.2の「牛魔王の車」の完成品がこちら。








Img_8315001
手のひらに乗る小さな模型ですが、なかなか賑やかで楽しいです。
簡単なビネットに仕立てても楽しいかも。





Img_8338001
この後も、まだ続きますよ~。









Img_8341001
クレオス
ウェザリングカラーシリーズ
フィルターリキッド バイオレット、ブルー

上の「牛魔王の車」に、試しにバイオレットを使っています。
もっと着色力が強いかと思ったのですが、溶剤を使ってうまく伸ばしてやることで、効きを調整できます。色に変化を与えて表情を付ける「フィルタリング塗装」に挑戦するのに、とてもよい素材だと思います。
海外メーカーのそれは、使う色によってもっと色を作り込んでいて、「この色にはこれが合うゾ」というところまで煮詰めてあります。色数がとても多く用意されているのはこのためです。
そのおかげで調色をする必要がなく手軽な半面、誰が塗っても同じ風合いに近づいてしまうというジレンマがあります。
その点、このシリーズは、自分なりの使い方を楽しめるように、あえて色数を抑えてあるのでしょう。

そのため、実際に手にとって使ってみなければ、どう使うのがよいかとかどういう効果が出るとかは分からない商品だと言えます。頭の中だけで想像したり、ネットや本で調べたり、買う前に店員さんを質問攻めにして使い方を把握するなんていうのはちょっと無理で、無駄に頭でっかちになるだけです。
使い方は様々、人それぞれです。まずは手にしてから使い方を考えては試す、その後で買ったお店でいろいろ相談してみてまた試す…そういう商品だと思います。

Img_8342001
エブロー
1/20 ロータス91 1982年中嶋悟テスト仕様







Img_8343001
マスターボックス
1/24 デンジャラスカーブスシリーズ
ジャッキー、クレア、スローン

1/24のボディコンお姉さんシリーズです。
最近の、様々なスポーツカーモデルの横に置くと楽しそうです。
ただ、「箱絵はイメージです」ではないことを祈るばかり…。

|

« お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お客様の作品のご紹介 | トップページ | お客様の作品のご紹介 »