« 入荷案内 | トップページ | お知らせ »

2017年6月10日 (土)

実は、かなり便利

以前からご紹介している、リモネン流し込み接着剤。
単に、有機溶剤臭がせずオレンジのような香りがするだけの接着剤だと思っていませんか~?
また、乾燥が遅いので敬遠しているかたも多いと思いますが、その乾燥の遅さを利用して、リモネンならではの使い方ができます。

Img_8182001
接着連結式履帯の接着に特に便利ですが、ほかにも、例えばこういうハッチ類の接着。
トロトロタイプの接着剤(ドープセメント)では、塗るときにハミ出しやすいです。
また、部品を合わせたあとで流し込みを流すと、速乾タイプでもプラが溶け出てきて、本来なくなってはいけないハッチの隙間が埋まってしまうことがあります。
特にドラゴンのキットなどは、プラが溶けやすいため、この事故が起こりやすいです。

Img_8183001
そこで、リモネンの出番です。
余談ですが、となりのホルベインのブラシマットも、相当便利。筆だけでなく、デザインナイフなど転がりやすい道具置きに。シリコン製なので、切って使えます。けっこう大きい(溝が20本もあります)ので、自分は半分に切って使っていますよ。

Img_8184001
パーツを合わせる前に、先に流してしまいます。
粘度が非常に低くサラサラで、石油系の流し込みより、浸透性が高い気がします。凹部に沿って、どんどん流れていってくれます。たくさん流し込まないように注意です。



Img_8185001
これだけ時間をかけても、まだ乾きません。石油系なら、とっくに揮発してしまっているタイミングです。







Img_8186001
で、パーツをポトッと落とす感じで置きます。
押さえつけるのはNGです。溶けたプラがムニュッと出てきてしまいます。

これでOK。いろんな場面で使えますよ。
細かい部品で、ハミ出しが心配なときなど、ドープセメント感覚で先塗りして使えます。

ただし、こぼすと大惨事!! 特にプラに付くと、乾かないだけにダメージがデカイですので、要注意です笑(と言いつつ、ひとつ前の写真で、誤ってグリル部に付けちゃってます)。
フーフー吹いても簡単には飛ばないので、すぐに筆で吸い取りましょう。

|

« 入荷案内 | トップページ | お知らせ »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | お知らせ »