« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月26日 (日)

入荷案内

いろいろ入荷しております。

<プラモデル>
・アオシマ 
1/24 トヨタ86 2016 ノーマルver&カスタムホイールver
1/24 トヨタカローラレビンAE92 1988グループA仕様(BEEMAX製品)
1/12 ヤマハXJR400S カスタムパーツ付き/
1/12 カワサキGPz400S

・ハセガワ
1/35 日立建機油圧ショベル
1/24 スバルレガシィRS スウェディッシュラリー

<素材>
・スタジオ27
市販車用シートベルトセット(シール状ベルト3色、バックル類のエッチングパーツ、メタル製キャッチ、リリースボタン用デカール) ※オススメ!すでに在庫わずかです。

<その他>
・クレオス
ノンスリップシート(滑り止め効果のある下敷き)

・タミヤ
コンプレッサー用防振マット(ホームセンターでも同様の素材のものは手に入りそうですが、大きすぎてムダが多いことを思えば便利)

・トランペッター
ディスプレイケース2種(小さめのカーモデル~ミリタリーモデルに。ウェーブ社やタミヤ社にはないサイズです)

・ガイアノーツ
マルチプライマー(中身はミッチャクロンです)

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

アスカモデル 1/24 ツュンダップKS750 パート1 その4

続いて、エンジンをフレームに載せていきます。

本当は、先にフレームを組んでしまってからエンジン挟み込めると、フレーム前側の合わせ目が消せるし、フレーム単体で塗装もできてよいのですが、先にエンジンを全部組んでしまったため、両側に出っ張ったシリンダーがジャマで無理でした。
そこで、フレームはあらかじめ塗装しておく必要があります。

エンジンを組む時は、シリンダーは付けずに置いておき、フレームに載せた後で接着するほうが、作業しやすいと思います。

Img_7560002
さて、この工程ですが、図から受ける印象とは違い、やってみるとかなりの難関です。
塗装前に仮組みしてみましたが、この図のとおりに作業するのは、正直言って困難です。

まず、接着代が、矢印の部分しかありません。また、エンジンとドライブシャフトは勘合がゆるく、図のような形で保持できません。

前述したように、エンジンの組み立ては合わせのガイドがなく目測ですので、左右の合わせが少しでもズレてしまっていると、フレームとの勘合がうまくいきません(正直、ここでズレに気付いても、もう手遅れなのですが…)。

ドライブシャフトとフレームの接着面にはダボがなく、塗装面どうしの面付けですから、流し込みタイプの接着剤は使えません。接着剤の塗布に十分気をつけないと、溶けた塗料やら接着剤やらがハミ出して、汚くなってしまいます。ですので、ここは、セメダインの「模型用ハイグレード」しかありません。

エンジンとドライブシャフトはグラグラですので、すぐに下からA57部品を接着して支えてあげないといけません。しかも、エンジンとの接着は、やはりイモ付け。

・・・という具合に、かなりハードルの高い作業となります。

そこで、まずA57部品をあらかじめ左右どちらかのフレーム部品に接着しておいたほういいと考え、いったん仮組みのままA57を右のフレームに接着して固定し、乾燥後フレームを塗装しました。

Img_7561001
ホイールは、中心に軸が通っているわけではなく、左右のわずかな突起で引っ掛かっているだけなので、接着しない指定ですが、強度を確保するためにも、早めに接着してしまいます。
別に、完成後に動かして遊ぶわけでもないので、タイヤが固定されても何の不都合もありません。

エンジンは半ツヤブラックで、フレームはガンダムカラーのシナンジュレッドで塗装しました。

実は、ここではまだ気付いていないワナがあるのです…。

| | コメント (0)

2017年3月22日 (水)

アスカモデル 1/24 ツュンダップKS750 パート1 その3

Img_7536002
ドライブシャフト部分は、アルミ肌に塗りたかったので、AKインタラクティブの「エクストリームメタル」シリーズの「AK479 アルミニウム」で塗装。
この「エクストリーム~」シリーズは、非常に金属質感が高い塗料で、今まで自分が使った同様の塗料の中では、出色の再現度かと思います(あくまで個人の見解です)。
色数も大変豊富で、一気にある程度買い揃えてみました。塗料は、使ってみないと何も分かりませんからね。1本900円で、皆さん「高い!」と口を揃えておっしゃいますが、クレオスのメッキシルバーNEXTと同価格で2倍近い内容量ですから、効果を考えても決して高くはありませんよ。

Img_7538001
排気管~マフラー部分は、AK476スチールです。こちらも、鉄らしい鈍い色がよく出ていると思います。他の従来品では、この感じは出ないと思います。




Img_7558002
この中で、フェンダー部品は本来のメッキ部品です。写真では曇って見えますが、メッキ調の「クローム」は、かなりメッキに近い質感が再現されていて、今までに使ったことのあるメッキ調塗料では、ここまでのメッキ感は見たことがありません。

ただ、実店舗で取り扱い店が非常に限られているのが残念です(当店も、取り扱いができません)。

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

ロードスターコンベンション 参加作品のご紹介

ロードスターコンベンションに、作品のご応募がありました。どうもありがとうございます。

Img_7710001
Kさん作品

同時開催中の「ネイキッドバイクコンベンション」にもエントリーいただいています。



Img_7711001
私店主と同じく、特別なことはなにもしない素組み派です。

それに、塗装も、上掛けクリアーも塗らない、色入れのみでの完成となっています。
たしかに、クリアーを吹きつけて研磨仕上げというのがカーモデルの王道スタイルですが、「そうしなければいけない」わけではないですからね。

Img_7713001
ヘッドライトのクリアーパーツの接着に瞬間接着剤を使ってしまったため、白化して真っ白に曇ってしまいました。

でも、これも多くの人が経験する失敗だと思います(私も、当然やったことがあります)。
瞬着を、密閉される箇所に使用すると、特に白化現象が起こりやすくなるので、要注意です。

Img_7714001
逆にいえば、経験の浅いかたでも、こんな模型ができあがるのがプラモデルのいいところですし、これから少しずつうまくなっていくのが楽しみでもあるわけです。
ぜひ、次回作も持ってきていただければと思います。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

アスカモデル 1/24 ツュンダップKS750 パート1 その2

P2065452001
メッキ部品のまま欲しかったのは主にタンクとフェンダーで、エンジンとフレームは最初から塗装する計画でした。
メッキの上からメタルプライマーで下処理してもいいのですが、組み立ての際に、いちいち接着面のメッキを剥がす手間もかかるので、全部剥がしてしまうほうがいっそ合理的ですよね。
といっても、別に難しいことでもなんでもなく、台所用漂白剤に漬けるだけ。数分できれいにはがれます。

ただ、メッキの下処理用の塗料が塗布されているので、これも除去したいかたは、プラモデル用塗料ハクリ剤かサンドブラストで除去してください。ラッカー用シンナーでも落ちるには落ちますが、容易には溶けないので、けっこう大変です。もしかすると、ハクリ剤では効かないかもしれないです。

P2065453001
エンジンを組み立てます。

ただ、このキットは、この辺からアヤシイことになってきます。
エンジンも、位置決めのためのダボやガイドが一切なく、きちんと位置を合わせて接着するのに、とても神経を使います


Img_7526001
また、ここで、部品に不良を見つけてしまいました。
白色成形の矢印の部分は、メッキのほうでは、赤丸で囲んだ部分に湯が回っておらず欠損してます。
それに、あちこちバリやら大きなヒケだらけ。そんなに古い製品ではない(元キットのサイドカーでも、少なくとも当店が開業してから発売になった、むしろ新しめの製品です)のに、なんだか一昔前のキットを組んでいるような気になってきました。

Img_7534001
実際は後席があるのですが、シンプルなシングルシーターにしたいので、ステーは切り飛ばしてしまいました。

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

ロードスターコンベンション 参加作品のご紹介

2次募集を始めております、「ロードスター・コンベンション敗者復活戦」。
私店主のほうはと言いますと、ボディ塗装が済んだところで止まっております。今回は、自分のための敗者復活戦でもあるので、なんとか2度目のDNFだけは避けたいところですが…。

さて、お客様のほうから先に、ご応募がありました。すでに2作品を展示中で、順次ご紹介いたしますね。

Img_7695001
Hさん作品
タミヤ 1/24 

今年も、Hさんの制作意欲は衰えることを知りません。去年のこのコンベンションがご縁で出戻られましたので、ND型はすでに制作済み。
そこで、今回は違う型のキットで応募いただきました。(※前回応募済みのかたは、ITEM24085でも応募可能です。タミヤのキットワンメイクですので、他メーカーのキットにつきましては対象外ですが、展示は喜んで承ります。)

Img_7696001
これって、何年前のクルマになるんでしょうかねぇ? あまり詳しくないのですが、私店主が20歳くらいのころにはありましたよね。
今見ても、美しいデザインだなぁと思います。


Img_7697001
ホワイトがベースのようですが、偏光パールがかかったような仕上がりになっています。





Img_7699001
ドライバーズシートは、別売のバケットに交換され、走り屋っぽい仕上げになっています。ホイールも、NDから移植だそうです(かなりキツかったらしいですが)。




Img_7700001
シートベルトは、相変わらずキッチリ追加されてます。

私の勝手な想像なのですが、Hさんは、必要以上に実物との違いに執着することなく、プラモデル制作を楽しんでいるというようにお見受けします。
ご本人にお会いして話すと、プラモが楽しくてたまらないという感じにあふれていて、こちらも楽しませていただいています。


クルマに限らず、スケールモデラー諸氏の多くは、「実物どおりに作る」ことに、とても熱心です。
プラモデルは、ただでさえ縮尺されているうえ、様々な制約があって、メーカーや製品によって程度の差はあれ、実物と形が違っていたり省略されていたりということが、必ずあるものです。そこを修正したり、ないものを再現して実物に近付ける作業がご本人にとって楽しいなら、もちろんそれでいいと思います。趣味なんですから。

最近は、ネットの普及で、実物の写真や大いに手の込んだ素晴らしい作品といった情報があふれ返っており、資料の収集には不自由しません。
でも、それが原因で「未完成病」にかかっているかたも少なくないと感じます。それでは元も子もありません。

1)そもそも実物を知らない→作れない
2)資料がない→作れない
3)目的そのものが、いつの間にか、資料を集めることにすり変わってしまった→作れない
4)資料を集めた結果、「実物とキットの違い」が分かりすぎてしまい、自分のスキルでは手に負えなくなったが、かと言って、分かってしまった以上は見過ごせない→作れない
5)素晴らしい作品を見過ぎたせいで、打ちのめされてヤル気がなくなった→作れない
6)作ってはいるけれど、後から後から、あそこも違う・ここも直さないと、となって、きりがない→いつまでたっても完成しない(最悪、イヤになってしまい放置)

そんな話を、山のように耳にします。実にもったいない話です。
本来、「実物のことを知らなくても作れる模型」がプラモデルキットなのだと、私店主は考えています。
一から手作りするスクラッチのような模型なら、資料がなくては設計ができませんから、資料集めに奔走するのは当然のことです。
でも、プラモデルは、設計する必要もなければ部品を手作りする必要もありません。説明図に従って組み立てて色を塗るだけで、完成します。(まあ、キットによっては部品がちゃんと合わないとかありますが、それはまた別の話ですから・・・。)

私店主も、ここ数年はもっぱら素組みばかりです。わずかに手を加えることはありますが、せいぜいマフラーや機銃の開口部に穴を開ける程度のことくらい。これだって、「実物は穴が開いているのだから、開いていないのはおかしい」からではなく、穴を開けないと何か分からないから、というだけであって、実は穴の部分を黒く塗るだけでも、パッと見ならそれらしく見えたりするんですよ笑。
また、実物の資料を探すときも、あくまで「説明図が見にくくて、どうなっているのか分からない」ときの参考にする程度にして、「キットの間違い探し」はしないようにしています。
でも、このやり方で、プラモ作りがつまらないと思ったことはありません(前述のように、キットが作りづらくて悩むことはありますが)。

細部が実物と違っているという悔しさより、完成した作品を手にできた喜びのほうが、何倍も大きいと思います。

私どもの店のコンベンションは、そういうかたにまずは作っていただきたいという思いも込めて開催しています。
上の「未完成病」の原因に思い当たる方も、他のかたの素晴らしい作品に感化されすぎて手が動かなくなってしまったかたも、ぜひ一作、あまり気張らずに作ってみてほしいなと思います。
(作品のご紹介のはずが、つい話がそれてしまって、長文、失礼しました)

| | コメント (2)

2017年3月15日 (水)

アスカモデル 1/24 ツュンダップKS750 パート1 その1

開催中の店内イベント「ネイキッドバイクコンベンション」に向けて、言いだしっぺですから何も作らないわけにもいきません。
昨年の「ロードスター~」のときはDNFに終わり、叱咤激励をいただいてしまいましたので、二の舞を踏むわけにはいきませんから、とりあえず何か一つ作ろうと思い、これに決めました。

P2015435001
アスカモデルの、1/24ツュンダップKS750です。
軍用バイクなので、ミリタリーモデルのスタンダードである1/35なら、何社かからキット化されていますが、1/24は珍しいので、これに決定です。



P2015437001
当初はサイドカーとして発売されたキットですが、フネを省略して、単車部分だけを2台分詰めた商品になっています。
一部のランナーが、メッキ仕様と成形色仕様になっていて、好みで選んで作れるようになっています。

P2015438002
とにかく、考証とかにとらわれず、好きに作れってことです。ただ、デカールすら付いてないのはどうかと思いましたが…。
まずは、メッキ仕様のフレーム部品と、通常色のタイヤ部品の組み合わせで作ってみることにしました。



P2015439001
タイヤは、面白い部品分割になっていますが、隙間もなくピッタリと組み上がります。なかなか楽しいです。
スポークも、極細でもしっかりプラで再現されています。




P2015440001
ハンドル周りはメッキのまま使うことにしました。(※何人かのお客様には、メッキ調塗装したってウソ言っちゃってましたね。すいません。今気付きました。)
メッキとその下地処理の厚みで、ピンの径が太くなってしまっています。元々がかなりシビアな寸法で、わずかな厚みでも邪魔になってしまっていますので、メッキを削り落します。

P2065449001_2

ホイールは黒にしたいので、全体をまず黒く塗ってしまい、マスキングしてタイヤを塗ります。
説明図に、原寸大のマスキング図が載っていますので、そこから採寸してマスキングテープを切り出します。


P2065450001
タイヤは、モデルカステンの「タイヤカラー」を使ってみました。タイヤ色では、ラッカー塗料の中ではとてもいい色で、かなり実感が高いと思います。気に入りました。

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

お知らせ

明日12日(日)は、日曜ですので通常なら14時からの営業ですが、1時間ほど遅れて、15時頃のオープンとなります。
よろしくお願いします。

| | コメント (0)

入荷案内 <造形村>

Img_7682001
造形村SWS
1/32 雷電

ビッグスケールの雷電は、ハセガワからも発売されていますが、こちらは内部構造まで再現されたキットです。



Img_7684001










Img_7685001










Img_7686001
組み立て説明書は、わざわざこんな凝った作りになっていて、遊び心も満載です。

大型キットですからそれなりの価格ですが、1万円はしません。内容からみれば十分に妥当な価格だと思います。


Img_7687001
キャノピーの部品は、一般的な窓枠一体型のものと、窓と窓枠が別体型の2種類が入っています。

一体型のほうの窓枠は、スジボリではなく段差表現になっています。
説明書が包装されているので定かではありませんが、マスキングシートらしきものが付いています。

Img_7693001
こちらが、窓枠別体型のほうです。









Img_7688001
雷電 コンセプトノート
制作の、純正参考書です。

ファントムと同時に仕入れたコンセプトノートが、内容的にたいへんよかったので、こちらも入れました。

雷電という飛行機のことを詳しく知りたいのであれば専門書のほうがよいかと思いますが、模型を作る指南書が必要なかたには、とてもよい資料になると思います(もしも私なら、間違いなくこちらを購入します)。
キット自体がもう十分な出来なので、さらに資金を投入するなら、ディティールアップパーツなどよりもこれに費やすほうが、模型作りの時間を豊かに、楽しくしてくれそうな気がします。

Img_7689001
非常に美しい、完成見本の写真が多数掲載されています。








Img_7690001
それ以外に、素晴らしい作例も3点収録されていて、それぞれ詳しい制作記事になっています。

また、実機の写真や資料も掲載されているので、これ1冊で、模型作りには十分足りる内容になっていると思います。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

営業時間のお知らせ

8日(水)は、所用につき、18時頃からの営業となります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

お知らせ

店内のレイアウトを変更しています。

まず、ミリタリーコーナーの、ドラゴンのAFVプラキットのほとんどを、店頭から撤去しました。
「アレを狙ってたんだけどな…」「たしか、あれがあったと思うんだけど?」というお客様は、出してきますので遠慮なくお声かけください。

また、各社フィギュアや小物関係は棚の下の段ボールに入れています。引っ張り出してご覧ください。

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

3月の営業のご案内

今月は、1日現在で分かっている不規則営業日はありません。
平日は16時から、日曜は14時からの営業です。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

入荷案内(簡易版)

アオシマ
・1/24 トヨタ86 2016
・1/24 ニッサンフェアレディZエアロカスタム
・1/24 ランボルギーニディアブロGT

タミヤ
・1/24 マツダロードスター
・1/12 ヤマハYZR500
・1/12 スズキGSX750ポリス

ミニアート
・1/35 ドイツ歩兵

モンモデル
・1/35 キングタイガー用可動履帯(連結ピンは金属製で、トーションバーとジグ付き)
 
※部品の不備が発見されましたので、販売を一時見合わせております 

| | コメント (0)

お知らせ

本日、荷受けだけ済ませましたら、臨時休業いたします。
毎週臨時休業ばかりで、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

| | コメント (0)

発売再延期のお知らせ

プラッツの、「1/24 BMW M6 GT3」につきまして、発売が2月に延期されていましたが、再延期で5月発売の見通しだそうです。

取り急ぎお知らせまで。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ