« 入荷案内 | トップページ | 最近の金属調塗料 »

2017年2月10日 (金)

商品案内

こちらは従来商品ですが、とてもよいものにも関わらず、あまりにも気づいてもらえないのでご紹介します。

Img_7544001
クレシア
ワイプオールX50

不織布ワイパーの、薄手タイプです。
主に、エアーブラシ等の塗料汚れの拭き取りに使用します。



Img_7545001
ワイパーといえば、紙ワイパーの「キムワイプ」が比較的ポピュラーで、こちらも以前から取り扱いをしています(当店では、ティッシュと同じサイズのM150を在庫しています。一回り小さいS200を試したことがありますが、小さい分吸収量が少ないため何枚も使ってしまい、結局浪費してしまうので、こちらにしています)。

ただ、キムワイプは元々微細な汚れを除去する性質に優れているので、紙粉が出にくい半面、液体の吸収性は低めです。そのため、エアーブラシや塗料皿の塗料を拭い切れずに、何度も拭かなければならないことがあります。

ワイプオールシリーズは、厚みと密度のある不織布製で、吸収性に優れています。X50はもっとも薄いタイプですが、エアーブラシのカップ内側に付いた塗料も、シンナーを入れて拭いてやれば、汚れを残さずに1枚でしっかり拭き取れます。

また、紙質が丈夫ですので、使い捨てにしないで、かなり何度も使えます。1枚当たりの単価は高いので、おそらく値段を見て敬遠されてるのではと思うのですが、1袋で相当長持ちしますよ。

Img_7547001
私は貧乏症なので、これくらいまでは当たり前に使い回します。もちろん汚れてきますが、破れはしません。
濃い状態の塗料を拭くと、カピカピになって吸えなくなってしまうので、先にシンナーを混ぜてから拭けばOKです。
それでもカピカピになって吸えなくなったら、やっと捨ててます。

塗料皿の汚れを拭くのには、ボロ布やウエスも使っていますが、吸い取り性が悪いので、逆に塗料を塗り伸ばしてるだけだったりして、何度も拭き取ることになり、結局はシンナーを無駄に使ってしまいます。
ワイプオールですと、汚れを残しにくいので、少ない回数できれいになりますよ。

|

« 入荷案内 | トップページ | 最近の金属調塗料 »

商品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入荷案内 | トップページ | 最近の金属調塗料 »