« お客様の作品のご紹介 | トップページ | 新製品のご案内 »

2017年1月29日 (日)

タミヤ 1/24 ロードスター その1

「ロードスター・コンンベンション敗者復活戦」に向けて、牛歩ながら進めています。
昨年の本戦に向けて、ボディーのスジボリの彫り増しと下地作りだけはしてあったので、まずは塗装から入ります。

最近マイブームの黒立ち上げです。
スジボリの部分は、彫りが深くなっていて塗料が入りにくいので、細めのエアーブラシを使って入念に黒を入れた後、全体を真っ黒に塗装します。黒は、タミヤのTS14を使いました。

色は、やはり「プレミアムソウルレッド」狙いで行くことにしました。
マツダは、最近、CMやカタログでも、まるで会社のイメージカラーのように「プレミアムソウルレッド」という色を前面に押し出していますね。広島カープのヘルメットも、おそらくこの色なんじゃないかと思えるほどです。

Img_7409002
まずは、これまた赤塗装の下地としてお気に入りの、ガイアのカーマインを塗装します。
スジボリを深く彫り増ししておけば、中へはほとんど塗料が入らず、入ってもわずかで、自然なパネルライン表現ができるので、この黒立ち上げが気に入ってます。

続いて、肝心の色入れです。
タミヤからは、このキットの発売に合わせて、専用色の「TS95ピュアメタリックレッド」というカラーを発売しています。
そこで、当初はこれを使う予定でいたのですが、タミヤからは、「TS18メタリックレッド」というカラーも出ています。そこで、試しに塗り比べてみることにしました。

Img_7407001
ところが、これがほとんど見分けがつかないんですね。
何度か塗り重ねると、若干ですがTS95のほうがメタリック粒子が粗くて赤が濃いような気がする・・・という程度です。

ただ、個人的にはTS18のほうがイメージに近いように感じたので、今回はこっちでいってみることにしました。

Img_7413001
ただ、この色だけでは微妙なシェイドが入らず立体感に欠けるのと、色味がちょっと薄い(うまく言葉で表現できないんですが)ので、クリアーブルーに少しのクリアーレッドを混ぜたものをクリアーで割って薄め、重ね塗りしました。
その後、さらにクリアーブラックを重ね塗りしたのがこちらです。

カタログの写真と見比べながら、模型として映える感じを想像しながら塗っています。果たして、うまくいきますやら・・・。

|

« お客様の作品のご紹介 | トップページ | 新製品のご案内 »

タミヤ 1/24 ロードスター」カテゴリの記事

ロードスター・コンベンション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お客様の作品のご紹介 | トップページ | 新製品のご案内 »