« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

新製品のご案内

Img_7424001
アネスト岩田
HPA-H2B

岩田の、新型エアーブラシハンガーです。
今まで、いろんなハンガーやスタンドを実際に試してきて、その都度良いと思うものをご提案してきましたが、今のところ一番汎用性が高いかなと思います。

Img_7425001
今までも、このような金属製ハンガーはありましたが、個人的にはあまり使いやすいとは思えませんでした。
こちらは、あらゆる形状のエアーブラシに対応し、バランスよく置くことができます。
ブラケット付きフィルターレギュレータを付けるネジと、同社のクリーニングポットを据えるためのアタッチメントが付属します。

Img_7427001
サイドカップのガンが傾いたりせずに安定して置けるのが、何よりありがたいです。

また、机より手前にガンが来るので、ホースが机に干渉しません。
今までに、ホースが机に干渉して塗料の入ったガンがスタンドから外れ、ひっくり返したことがありましたが、その心配はまずないと思います。

Img_7428001
カップの小さい0.2mmのガンでも大丈夫です。
この手の金属線を曲げた製品は、なんだかチャチな感じの製品ばかりでしたが、これは金属線が太くてしっかりしています。

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

2月の変則営業日のご案内

2月の、イレギュラー営業となる日は、下記のとおりです。
変更や追加があり次第更新しますので、チェックしてください。

(2月12日更新)

・26日(日) 16時からの営業
・毎週水曜 16時開店ですが、少し遅れることがございます

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

タミヤ 1/24 ロードスター その1

「ロードスター・コンンベンション敗者復活戦」に向けて、牛歩ながら進めています。
昨年の本戦に向けて、ボディーのスジボリの彫り増しと下地作りだけはしてあったので、まずは塗装から入ります。

最近マイブームの黒立ち上げです。
スジボリの部分は、彫りが深くなっていて塗料が入りにくいので、細めのエアーブラシを使って入念に黒を入れた後、全体を真っ黒に塗装します。黒は、タミヤのTS14を使いました。

色は、やはり「プレミアムソウルレッド」狙いで行くことにしました。
マツダは、最近、CMやカタログでも、まるで会社のイメージカラーのように「プレミアムソウルレッド」という色を前面に押し出していますね。広島カープのヘルメットも、おそらくこの色なんじゃないかと思えるほどです。

Img_7409002
まずは、これまた赤塗装の下地としてお気に入りの、ガイアのカーマインを塗装します。
スジボリを深く彫り増ししておけば、中へはほとんど塗料が入らず、入ってもわずかで、自然なパネルライン表現ができるので、この黒立ち上げが気に入ってます。

続いて、肝心の色入れです。
タミヤからは、このキットの発売に合わせて、専用色の「TS95ピュアメタリックレッド」というカラーを発売しています。
そこで、当初はこれを使う予定でいたのですが、タミヤからは、「TS18メタリックレッド」というカラーも出ています。そこで、試しに塗り比べてみることにしました。

Img_7407001
ところが、これがほとんど見分けがつかないんですね。
何度か塗り重ねると、若干ですがTS95のほうがメタリック粒子が粗くて赤が濃いような気がする・・・という程度です。

ただ、個人的にはTS18のほうがイメージに近いように感じたので、今回はこっちでいってみることにしました。

Img_7413001
ただ、この色だけでは微妙なシェイドが入らず立体感に欠けるのと、色味がちょっと薄い(うまく言葉で表現できないんですが)ので、クリアーブルーに少しのクリアーレッドを混ぜたものをクリアーで割って薄め、重ね塗りしました。
その後、さらにクリアーブラックを重ね塗りしたのがこちらです。

カタログの写真と見比べながら、模型として映える感じを想像しながら塗っています。果たして、うまくいきますやら・・・。

| | コメント (0)

2017年1月27日 (金)

お客様の作品のご紹介

お客様から、作品のお持ち込みがありました。どうもありがとうございます。

Img_7397002
登さん作品
タミヤ 1/24 アルファロメオ155 マルティニ

コンベンションとは関係なく、持ってきてくださいました。
いつもながら堅実な制作で、さすが上手ですねぇ。

Img_7398001
このキット(最近の再販分)には、ミシュランのマークが一切入っていないんだそうです。初めて気付きました。
でも、同じタミヤのプラモでも、例えばランエボWRCなんかにはちゃんと入ってます。ハセガワのバリ伝NSRも然り。なんなんでしょうね?

Img_7399001
シャシー裏はクリアー成形のパーツになっているのですが、大きなフィンが横から丸見えなので、見える方向からは塗装して、裏返すと中が見えるようにされています。



Img_7401001
それにしても、車高がこれだけベタベタだと、カッコイイですね!特にいじってはないそうです。

| | コメント (2)

2017年1月26日 (木)

お客様の作品のご紹介

「ネイキッドバイク・コンベンション」へのご参加第1号です! ありがとうございます。
ほぼ3日で塗装は終わったんだとか。最近、当店では早作りが流行りなんでしょうか笑? でも、手が止まってはかどらないより、ずっとイイですよね(一般論ですよ)。 

Img_7394001
ヤマサキさん作品
タミヤ
1/12 GSX1100Sカタナ・カスタムチューン

400カタナ風のガンメタルで塗装されました。
サイレンサーはカーボン調に。

Img_7395001
フェンダーレス仕様にされてます。








Img_7396001
ちょっとピンボケ(ブレ?)で申し訳ありません。
考えてみたら、バイクは、クルマと違って、右側のほうが見どころが多いんですね。

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

お知らせ

本日25日は、17時ごろから遅れて営業の予定でしたが、所用が長引きそうですので、急きょ臨時休業といたします。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

お知らせ

本日は14時から営業予定ですが、1時間ほど遅れるかもしれません。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

お客様の作品のご紹介

昨年末から作品の持ち込みラッシュが続いていてます。おかげさまで、ショーケースがまた賑やかになってきました。ありがとうございます!!

Img_7359001
Hさん作品
フジミ 1/24 MR2

懐かしい、カクカクなクルマです。
制作期間1週間で作られて、それでいてこのクオリティー。
年末滑り込みで持ち込まれました。これで、年間12作達成だそうです。脱帽するしかありません。

Img_7360001
キットは、数年前に再販になったものですが、中身は相当古いキットらしく、モーターライズの痕跡が残っています。
でも、こうして作っていただくと、いやいやカッコイイじゃないですか!?

Img_7362001
サイドのガラスが見えなかったので、「透き通るようなガラスの磨きを、すでに習得されたのか!?」と思いましたら、本当にガラスがないのでした笑



Img_7357001
写真ではほとんど分かりませんが、グリーン系のパールがかけてあるので、うっすらと偏光して見えます。
ハンドルのセンターに目印のラインを入れるなど、走り屋らしい小細工もしっかり入れてあります(別のお客様が気付いて教えていただきました)。

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

お客様の作品のご紹介

Img_7374001
マシクラさん作品
バンダイ
HG マンロディ

『鉄血のオルフェンズ』に登場するMSです。
というか、私、『鉄血』はまったく見てなくて、作品があまりにも普通にハマっているので最初からこういうロボットかと思ったところ、「ポケモンにしました」と言われて、てっきりスクラッチか何かと思いましたが、…

Img_7371001
『鉄血』のキットを改造したと言われ、後で調べたら、これがマンロディというMSと分かり、「こっちのほうがカッコイイじゃないか」と思ってしまいました。





Img_7372001
耳と尻尾は、ポケプラから移植だそうです。
ちょっと黄橙色みたいな鮮やかな黄色が映える作品です。

| | コメント (0)

2017年1月15日 (日)

ホルベインのエアーブラシの取り扱いを始めました

当店が開業当初より取り扱っている「アネスト岩田」のエアーブラシが、以前にもお伝えしましたとおり、昨年に大幅な値上げとなり、確かに性能は折り紙つきなのですが、一般のホビーユースとしてはちょっと手が出にくい、まさに高嶺の花となってしまいました(もっとも標準的な「ハイパフォーマンスプラスシリーズ」で、約3万円弱)。

そこで、もう少しお求め安くて、かつ性能的にも納得してオススメできる商品を探しています。

今回、画材のホルベインのエアーブラシを取り扱うことにしました。「トリコン」の名前で親しまれている商品です。
今のところは、お取り寄せ対応となります。ご了承ください。

Img_7387001
販売に先立って、自分用に1丁買いました。
0.2mmノズルの「H-2」です。
スタンダードなダブルアクションで、ニードルストッパーは装備していません(ただ、これは、模型塗装においては個人的には必要ないと考えているので、特に問題だと思いません)。

パッケージは、かなり簡素です。

Img_7389001
1ccの小さいカップには珍しく、フタ付きです。これはよいかも。
岩田の「エクリプスシリーズ」と同じ形状の押しボタンを採用しています。





Img_7390001
岩田と同じく、ボタン押し一体型のニードルチャックが標準装備で、分解清掃がしやすいです。
ニードルパッキンも、やはり同様にテフロン製を使用しているので、耐溶剤性にも対応しています。



さて、実際に吹いてみましたが、岩田のHP-BPと比べてもそん色のない吹き心地で、ニードルを引き始めた時の反応(これ、とても大事です)も、とてもよいです。
これなら、繊細な迷彩塗装や細吹きも十分こなすと思います。

価格的にも、タミヤやクレオスと同等で、お求めやすいです。
試し吹きしていただけますので、ぜひ一度手にとってみてください。

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

入荷案内

Img_7383001
モン・モデル
1/35 キングタイガー(ヘンシェル砲塔)

箱絵はツィンメリット施工車両が描かれていますが、キットはツィンメリットなしです。
初回分のみ、アルミの挽き物砲身が付属します。


Img_7384001
成形色が見たこともない色ですが、オキサイドレッドを意識してるんでしょうか?
履帯は、部分連結式で、上部の垂れ下がりを再現するジグが付属します。
最近、なぜかフルインテリアのキットが各社から立て続けに発売になっていますが、やはり相応の価格になってしまいます(中身のボリュームから考えれば妥当か、むしろ割安ではあるのですが)。
このキットにはインテリアは含まれていませんので、「インテリア再現はいらないから、もうちょっと買いやすい価格にしてほしい」という方にはピッタリかと思います。
砲塔や車体の各部が2重構造になっていて、今後別売のフルインテリア対応になっています。

Img_7386001
装甲板の圧延鋼板表現が絶妙です。
写真ではどうにもうまく写せないので、ぜひ実物をご確認ください。

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

お客様の作品のご紹介

Img_7364001
ヤマサキさん作品
アオシマ 1/12 NSR500 ガンボーイ仕様

こちら、キャラ系からクルマまで、何でも来いのヤマサキさん。
バイクにまで手を広げられました。



Img_7365001
それにしても、ガンボーイ仕様のNSRは、やっぱりカッコイイですね~!







Img_7366001
タミヤのキットのタイヤよりも、真ん中のパーティングラインが目立たない気がします。

赤と白の塗装やデカールで、苦労なさったそうで、「失敗した~」とのことですが、全然そんなことは感じさせず、カッコよく仕上がってます。


Img_7368001
ハセガワ純正のエッチングパーツを使用しています。ブレーキディスクの精密感が、とても効果的ですね。

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

【イベント】ロードスター・コンベンション敗者復活戦

一昨年の年末に(もうそんなになるんですねぇ)、タミヤからのキットの発売に合わせて募集を始めた、「ロードスター・コンベンション」は、おかげさまで盛況のうちに終えることができました。

でも、中には、せっかくキットをご購入くださったものの、締め切りまでに間に合わなかったかたも数人いらっしゃいました。もしかすると、それで手が止まってしまったままというかたもいらっしゃるかもしれません。

そこで、「敗者復活戦」と銘打って、2次募集をいたします(念のため申し上げておきますが、「敗者」という言葉に特に悪意はございません)。
前回は、半年という長めの期間を設けましたが、今回はお手付き状態からのスタートという仮定で、あえて短期決戦。締め切りは4月末といたします。

内装が見えてしまうオープンカーだけに、あちこちこだわりたくなってしまう気持ちは分かりますが、プラモはまずは完成させてこそ! それが次回作へのモチベーションにもなります。

そういう私店主めが思いっきり該当者なので、今度こそはフィニッシュするよう頑張ります。皆さんも一緒に完走を目指しましょう!

また、リピートでのご参加や新規のご参加も大歓迎です。今回も、対象はタミヤのロードスターのワンメイクです。リピート参加の方に限り、旧型(ITEM.24085)でも参加可とします。

| | コメント (2)

お客様の作品のご紹介

先月半ばから立て続けに作品のお持ち込みがあったのですが、なかなかご紹介することができませんでした。
続けて一気にご紹介させていただきますね。

Img_7346001
Hさん作品
アオシマ 1/24 R35 GTR

去年、もっとも熱かったお客様と申し上げても、誰にも文句は言われないだろう、Hさんの作品です。
新作なんですが、実はすでに旧作になっちゃってるという、驚異のハイペースモデラーです。

Img_7347001
R35は、実車も時々見かけますが、こんなにカクカクしてるんですね。模型だとそれがよく分かります。




Img_7349001
私の記憶違いでなければ、アオシマのプリペイントモデルで、ボディーをご自身で塗り替えられたとのこと。
カーモデルの、細かい塗り分けが面倒で手が出せずにいるというかたは、こういう楽しみ方も十二分にアリなんではないでしょうか?

Img_7355001
以前からお預かりしているNSXと、実はカラーレシピが似ていまして、NSXは黒ベースにガラスパールを上掛けしているのに対して、GTRは黒に同じガラスパールを混ぜて塗ったんだそうです。
NSXのほうは、明らかに青みがかっていて、ちょっと黒とは言えない色味になっているのですが、GTRはちゃんと黒いんです。面白いですね。

| | コメント (2)

2017年1月 3日 (火)

【イベント】ネイキッドバイク・コンベンション

今年最初の店内企画としまして、「ネイキッドバイク・コンベンション」を、下記の要領で開催します。
作品の優劣を競うコンテストではありませんので、お気軽にご参加ください。


・フルカウル、ハーフカウルを持たないオートバイ模型(原則としてはプラモデル)を制作して、作品を当店までお持ち寄りください。ショーケースに展示いたします。

・元々はカウリング付きのバイクでも、カウルを取り去ってネイキッドに仕立てた作品であればOKです。
ライト周りにカウル(いわゆるビキニカウル等、ハンドルを切ると一緒に動くタイプ)を付けたものまではOKとします。また、スズキ・カタナのみ特例でOKとします。これ以上の拡大解釈は不可です。

・スケール不問、軍用車両もOKです。

・当店でお買い上げいただいたキットでなくても、ご自由にご参加可能です。ただし、当店でお買い上げいただいてのご参加の場合は、何かしらの特典を考えております(そうでないと不公平でしょ?)。

・締め切りは、3月31日(金)といたします。


それでは、よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
旧年中は、お客様にも読者の皆様にも、たいへんお世話になりました。

新年は、ちょっと遅めですが6日(金)から通常どおり営業いたします。
今年もよろしくお願いいたします。


新年最初の店内企画は、「ネイキッドバイク・コンベンション」とします。
タイトルどおり、カウリングのないモーターサイクルのプラモデルを作りあいっこする企画です。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »