« バンダイ シンデレラ城 ~LED工作の実験 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その2 »

2016年8月23日 (火)

バンダイ シンデレラ城 その1

それでは、いよいよ作っていきます。

P8084945001_2
このキットは、バンダイお得意の「タッチゲート」を採用しています。
要するに、部品をランナーから切り離すのに、ニッパーのような刃物を必要としないようになっています。プラモデルに縁のなかった女子をターゲットにしているからでしょうね。

部品が収まっている太い枠のことを「ランナー」と呼びますが、このランナーから部品へは、「ゲート」という細い枝でつながっています。普通はここをニッパー等で切って部品を外すわけです。
通常のゲートは1~2ミリほどの長さがあり、部品を手でもぎ取ると、部品にゲートが残ったり、部品側がえぐれたりするわけですが、タッチゲートは、このゲートが極端に短く、ランナーと部品が、ほぼ「点」でつながっています。

P8084948001
したがって、部品に力を加えれば、「正確に、決まった位置でポキンともぎ取れる」わけです。
なるほど、この着眼点は見事です! 
ただ、刃物を使うことは「悪」ではありませんからねぇ…。料理だって手芸だって裁縫だって、刃物は使うわけで、個人的にはこれは行き過ぎた配慮ではないかと思っています。
たしかに、模型用のニッパーを、これを作るだけのためにわざわざ買うのはもったいないとは思いますので、それなら100円のニッパーでいいですし、ツメ切りでも代用できます。
タッチゲートの場合、ニッパーを使おうとすると、逆にランナーとの隙間が狭すぎて高価な薄刃タイプでないと刃が入らず、クサビを打ち込むのと同じになって、刃で切り取るのではなく、結局はちぎり取ることになってしまいます…。

P8104949001
閑話休題。

ベース(土台)部は、グロスフィニッシュ成形で、表面はピカピカツヤツヤになっています。
左の部品の大きな四角い凹みに、付属のLEDユニットが収まるようになっています。
その上に、右の部品(写真は裏返しの状態で、この上にお城が乗っかります)をかぶせる、二重構造になっています。

P8084942001
これがそのLEDユニットです。
驚いたことに、この部品だけで、なんと1300円!! バラしてみましたら、プリント基盤にLEDとスイッチと電池受けの端子が付いているだけ。いくらなんでもこれはヒドイです。100均ショップに行けば、LED5灯で点滅機能も付いて電池も付いた自転車用ライトが買えるというのに…。

また、電源スイッチはこのユニット自体に付いているので、完成後、外からスイッチを入れることはできません。まず、お城が乗った上の土台を外し、スイッチを入れてからかぶせるようになっています。
これでは、点灯の瞬間を見ることが出来ず、ちょっと興ざめですねぇ(いろいろ文句ばかりでスイマセン)。

P8104951001
バンダイのキットですから、当然スナップフィットです。
ただ、ちょっとハメ合わせがきつく、奥まで部品が入らないような気がしました。




P8104953001
そこで、メス穴を広げて、もう少しスムースに入るようにします。
バンダイのスナップフィットのピンは、だいたいが2ミリと3ミリです。なので、私はいつも、2.1ミリと3.1ミリのドリルを用意して、メス穴を少し広げてやります。穴が広がりすぎてスカスカになってしまった場合は、接着剤で接着します。

P8104954001
このような、H字・I字・L字の形をしたダボも多用されます。
この場合は、オス側かメス側のどこかに、テンションをかける突起部分がありますので、そこを見つけてナイフやヤスリで削ります。


P8104955001
階段の途中に、ガラスの靴が落ちています。







P8104959001
階段下は、裏から見るとこのような大きな穴が開いています。この穴を通して、階段下にLEDの光が漏れる仕組みになっています。




P8104960001
まずは正面玄関部分が出来上がりました。この中が、ライトアップされるわけです。

|

« バンダイ シンデレラ城 ~LED工作の実験 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その2 »

バンダイ キャッスルクラフト」カテゴリの記事

LED電飾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンダイ シンデレラ城 ~LED工作の実験 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その2 »