« バンダイ シンデレラ城 その1 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その3 »

2016年8月24日 (水)

バンダイ シンデレラ城 その2

まず、全体像を見たいので、いったん形にしてみます。
その後で一度ばらすことになるので、外しやすい程度にハメ合いを緩めながら組んでいくことにします。最終的に組み上げるときは、接着剤を使う予定です。

P8104963001
時計塔の部品です。途中に小窓があります。できれば、こういうところからも光が漏れるように演出したいものです。





P8104964001
ところが、それほど太くないこの部品でも、中はダボでいっぱいです。
接着剤で部品をくっつけるプラモデルでは、案内のダボは部品の接着部に来るのが普通で、中はがらんどうなのですが、バンダイのキットはスナップフィットなので、パーツのど真ん中にダボを作って繋ぎ合わせます。しかも、ダボが千鳥配列になっているので、光源を仕込むのは、なかなか簡単ではなさそうです。

P8104967001
屋根の部品は、パール粒子のようなキラキラした顔料が入っていてとてもキレイなのですが、成形時に樹脂の流れた跡がハッキリ出てしまうのが残念ですね。



P8104968001a
写真では見にくいですが、円で囲んだところが、ハメコミ時にテンションをかける突起です。ハマリがきつすぎるときは、ここを削って調整しています。



P8114973001a
時計塔のこの窓は、隣りの塔から伸びてくる橋に通じる通路なので、この向きで正面を向いていないといけないのですが、部品の抜きの関係で、横を向いてしまっています。
これはちょっと不自然なので、右側の、壁が見えているところを削って、まっすぐこちらを向くようにしました。

|

« バンダイ シンデレラ城 その1 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その3 »

バンダイ キャッスルクラフト」カテゴリの記事

LED電飾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンダイ シンデレラ城 その1 | トップページ | バンダイ シンデレラ城 その3 »