« マルモコ作品展示会、無事終了しました | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その2 »

2016年7月20日 (水)

マルモコ作品展2016 覚書 その1

今回のマルモコ作品展は2年ぶりの開催でしたが、そのせいか、たいへんな力作が揃い、見ごたえのある、素晴らしい作品展にしていただきました。

まずは、AFVです。

Img_6025001
1/35 35(t)

履帯は可動式に交換しています。





Img_6016001
色味はかなり明るめで、あえてオリジナル性を出されたとのことでした。






Img_6024001









Img_6022001
1/35 タイガー1 極初期型

こちらも、履帯はフリウルに交換。





Img_6017001









Img_6023001

2年前に拝見したこの作者さんの作品とは印象が違う気がしたので、作風が変わりましたかとたずねたところ、この2作は「ホワイト&ブラック法」で塗装されたとのこと。この技法で塗装された作品は、初めて拝見しました。
私は、このところAFVからすっかり離れてしまっているのであまり詳しくないんですが、要はあらかじめモノクロ状態で陰影とハイライトを塗装しておき、その上に薄く着色していく塗装法です。
細かいチッピング(塗料のハガレ)表現は、シリコンバリヤを使って、実際にコリコリ剥がしたんだそうです。

それにしても、メチャメチャにカッコイイ作品です! こんなハイレベルな作品が、こんな小さな作品展で拝見できるとは思いませんでした。

残念ながら、今回AFV系の新作のお持込みはこのお一人だけ。ちょっとほったらかし状態になってしまって申し訳なかったですが、もっとお話を聞かせていただけばよかったと後悔しています。
今度ご来店された時に、いろいろ教えていただくことにします。

あとは、以前からお預かりしている作品です。

Img_6020001
ガルパン仕様 4号D型

デフォルメされた戦車模型ですが、意外とよくできたキットです。
作者さんは、ガンプラからクルマから、もうなんでも作っちゃうかたなのですが、この作品もソツなく仕上げてこられています。

Img_6018001

1/35 M3リー

作者さんは、これを作った時は小学生。はじめての戦車プラモがこの作品でした。初めてでこれだけ作られたら、ちょっとかなわんですね。

|

« マルモコ作品展示会、無事終了しました | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その2 »

コンベンション」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルモコ作品展示会、無事終了しました | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その2 »