« マルモコ作品展2016 覚書 その1 | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その3 »

2016年7月21日 (木)

マルモコ作品展2016 覚書 その2

飛行機は、人数は少なめでしたが、出品数では頑張っていただきました。

Img_6045002
伊勢フライングビーナスクラブの会員さんなので、どれもよくまとめられた作風はさすがです。




Img_6048001








Img_6049001

爆撃機って、デカイんですね。横のゼロ戦と同スケールとは思えません。






Img_6044001
こちらの紫電は、モーターが仕込んであって、プロペラが回ります。






Img_6043002
このゼロ戦も、お腹に穴が開いていたので、同様の細工がされているようです。






Img_6039001
続いてガンプラ。
新作は、この1点だけでした。
M3リーと同じ作者クンの、ガンタンク初期型です。
オリジナルのアニメとは違う色調で、迫力満点です。さりげなくグラデーション塗装までされていて、最近の少年は恐ろしいですね。

実は、もう一人小学生クンの参加があったのですが、うっかり作品の写真を取り損ねていました。ご紹介できず、申し訳ないです。
渋い選択の飛行機の作品でしたが、プラモデルだけではなく、自分で編んだ、編み物の飛行機まで持ってきてくれました。本当に、モノ作りが好きなんですね。
以前、エアーブラシ講座にも参加してくれ、とても熱心なお子さんでした。

Img_6040001
こちらは、黒鉄色1色で塗られた、鉄の置物のようなガンタンク。







Img_6041001
う~ん、量産初期型のほうが強そうだなぁ…。







Img_6035001
ツヤツヤピカピカ! メタリック・パール塗装のガンキャノン。







Img_6037001
王道を行く感じの、キレイな塗装とていねいな工作のガンキャノン。












Img_6038001
やたらと重厚で渋いガンキャノン。













Img_6042001
右から左へ、なんだか成長を見るようです笑。

|

« マルモコ作品展2016 覚書 その1 | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その3 »

イベント」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルモコ作品展2016 覚書 その1 | トップページ | マルモコ作品展2016 覚書 その3 »