« 頂き物のキット その2 | トップページ | 入荷案内  »

2016年2月25日 (木)

タミヤ TMAX 続き

P2244385001
クリヤーパーツが色付きになっているのは嬉しいです。
最近はどのメーカーでも増えましたが、クリヤーカラーはきれいに塗るのが難しく、小さな部品でも筆塗りではムラになりやすいのです。
願わくば、すべてのプラモに採用してほしいですね。

P2244389001
一部のメッキパーツは、アンダーゲートになっています。
メッキパーツはゲートの切り離し跡がハッキリ分かってしまいます。銀の塗料でタッチアップしてもメッキのようにはならないので、やはり目立ってしまうんですね。

アンダーゲートとは、ゲートを部品の裏面に持ってくることで、表面に切り口が出ないようにしてくれてある処理のことです。

ただ、このキットのようなツヤのないメッキは、タミヤのペイントマーカーX11(あくまでペイントマーカーのほうです)が、まったく同じと言っていいほどの近似色なので、気になるかたはそれでタッチアップしてやるといいですよ。

P2244390001
塗装なしですが、ここまでリアルに仕上がります。
スナップフィットは、バンダイのプラモデルとは少し手ごたえが違いますね。バンダイほどキツキツじゃない感じです。

P2244396001
シートは、軟質素材の感じがよく、塗装するよりリアルです。




P2244400001
左側も、ちゃんと色分け処理されています(当たり前ですが)。




P2244403001
このキットで唯一残念なのが、ブレーキディスクです。これは、無塗装で組めるキットにするなら、むしろメッキパーツにしておいてくれたほうがいいような気がするのですが。

あと、フロントフォークのインナーチューブも、ホントはメッキになっているので、ここだけは塗装してあげるといいかもしれませんね。

P2244405001
でも、なんとか無塗装でいきたいので、同梱のホイルシールの余白を利用することにしてみました。
インナーチューブ部の長さは約4ミリなので、その幅で切り出し、1周分くらいの長さに切って、巻くように貼ってみます。

P2244407001
こんな感じ。
おカネはかけず、質感は十分ですね。




P2244413001
でも、完成したら、たぶんフロントカウルに隠れて、まったく見えなくなりそうです…。
それから、このシールは薄いのですがハリがあるので、しばらく経ったら端からはがれてきました。なので、瞬間接着剤を少し流して止めてやりました。

(もう少し続きます…)

|

« 頂き物のキット その2 | トップページ | 入荷案内  »

タミヤ 1/24 TMAX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頂き物のキット その2 | トップページ | 入荷案内  »