« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

今年もお世話になりました

今日で、今年の営業を終了しました。
今年もご利用くださったお客様、またブログにお付き合いくださった読者の方々、どうもありがとうございました。


今年はイベントがあまりできず、皆さんのご期待に沿うことができませんでした。申し訳ありません。
来年は、夏ごろまでにお客様の作品展示会を開きたいと考えています。その際には、ロードスターコンベンションの作品も並べて頂ければと思います。

また、プラモや工作のワークショップも開催したいと思っています。


ブログとしては、制作記をほとんどアップすることなく終わってしまいました。
実は、入荷案内とか書いていてもあんまり楽しくなくて(だって、入荷するプラモなんて、別にウチ独自のものじゃないですからね)、ホントはプラモ制作記を書くほうが好きなんです。
来年は、もっと作品を作れるよう、頑張っていきたいと思います。

それでは、来年もよろしくお願い申し上げます。皆さま、よいお年をお迎えください。

| | コメント (2)

ロードスター・コンベンション 作品カード

ロードスター・コンベンション用の作品カードを作り忘れていました…。申し訳ありません。
下記リンクからダウンロードして、印刷してお使いください。

こちらです(エクセルファイル)→「card_2015_roadstar.xls」をダウンロード
※印刷する際は、プリンターに合わせて余白等を調整してください。

コメント欄は、遠慮気味にあっさり書くかたが多いのですが、せっかくの作品ですから、たくさん書いてくださいね!

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

ロードスター・コンベンション、受け入れ準備できてます

タミヤのキットを作って持ち寄っていただく、「ロードスター・コンベンション」は、作品の募集を開始しています。
といっても、まだキットをお引き取りいただいたばかりで、すぐに作品が持ち込まれてくるとは思いませんが(笑)。

Pc274129001
とりあえず、ショーケース内は、お預かりしている作品をいったんお引き取りいただくなどして、場所を確保しました。

いつでもお持ち込みください。

…あれ? すでに一つ作品があるような?
これについては、また後ほど…。

| | コメント (0)

【レビュー】マイクログラインダー ゼロワン その2

続いて、特長を動画で少しずつご紹介していきます。

まずは、先端工具の着脱方法です。

HD20のほうは、手でも締められますが、専用スパナで増し締めするほうが確実です。その分、ビットを交換する際はちょっと面倒です。
それに対し、ゼロワンはワンタッチです。これはラクチンです。

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

こちらもご予約承ります

ほかにも、ドラゴン製品の再販案内が来てます。
久々の再販品もあります。ご予約、お待ちしております。
(締切日は、あくまでメーカーの締切日です。直前では間に合いませんので、ご注意ください。)

Dr6749mtDr6360Dr6394

| | コメント (0)

【緊急告知】ドラゴン DR6253 ティーガー1後期型再販

Dr6253mt

たった今案内が来まして、ドラゴンの「DR6253 1/35 ティーガー1型後期型(3in1)」が、再販です。

ここのところ、タイガー1ラッシュですが、後期型はしばらく欠品していました。
しかも、最近の同社戦車キットは、履帯がどれもDS素材で、これが嫌いというお客様も多いのですが、今回はマジックトラック仕様の特別版です。

私個人的には、ツィンメリットなしでボルスタッド氏画のこのパッケージが、嬉しいです。

ご予約を承りますので、ご希望の方はお早めにお申し付けください。

ただし、入荷数量に限りがあり、おそらく割り当てになってしまうと思われます。その場合は先着順とさせていただきますので、ご了承ください。万一ご希望に添えない場合がございましたら、どうかご容赦ください。

| | コメント (0)

2015年12月25日 (金)

【レビュー】マイクログラインダー ゼロワン その1

さて、実際にゼロワンを試してみます。

Pc234036001
私が持っている、浦和工業の「HD20」と比較してみることにします。




Pc234039001
箱の大きさがずいぶん違いますね。
かなり大きな機器なんでしょうか?



Pc234042001
と思いましたが、コントロール部は、実際に出してみるとほとんど同じ大きさでした。




Pc234045001
ハンドピースです。
HD20(右)がプラスチック製ボディーなのに対して、ゼロワン(左)は金属製で、質感と剛性感が高く、重いです。



Pc234047001
測ってみます。

HD20は95グラムです。




Pc234049001
ゼロワンは131グラム。約1.4倍の重さがあります。

ですので、ゼロワンのほうが、長時間使うと疲れやすいかもしれませんね。

(つづく)

| | コメント (0)

2015年12月24日 (木)

ファンテック マイクログラインダー・ゼロワンをお借りしました

最近、模型用途のツール類は一昔前に比べて格段に充実し、高価な商品も出回るようになりました。
でも、高価なものほど、どんなものか分からないまま購入するのは勇気がいりますし、思い切って買ってみたものの、思っていたものと違ったときのリスクも大きくなります。
私自身、そういう目に何度とあってきましたので、やはりツールは実際に試してみないと分からないと考えています。

エアーブラシのアネスト岩田も、自分で購入して「良い」と思ったからこそ取り扱うことにしましたが、ここもデモ機を貸与してくださっており、購入前に試してみて、納得してからご購入いただけます。そういうサポートを、私どものような零細店にもしてくださるというのは、実にありがたいことです。
また、そのメーカーの、製品に対する自信の表れともとれます。これは、販売店にとっても大切なことなんです。そういうことをしてくれるメーカーに肩入れをしているわけではありませんよ。商品を良いと思ったからこそ、オススメしているわけです。財前部長もそうだったでしょ?


Pc234035001
さて、前置きが長くなりましたが、ホビー用途のツールを積極的に開発されているファンテック様より、「マイクログラインダー・ゼロワン」のデモ機をお借りしました。
時期的に、年末年始のお休みをはさんでしまうため、実働期間が短くなっちゃいましたが、もちろん店頭でお試しいただけます。

また、ここでも少しずつレビューを掲載していきますので、参考になさってください。

とはいえ、ネットは万能ではありません。私のつたない文章や動画ですべてをお伝えするのは不可能です(価値観の違いもありますしね)。
前述のように、ツールはご自身で試してみるのが一番ですので、ご興味のあるかたは、ぜひ一度、店まで足を運んでいただければと思います。
年明け後の数日間、お借りできます。

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

これは参りました

最近、プラモの完成作品や、制作中のプラモの進捗を見せに来てくれるシュナくんが、初めてAFVに挑戦すると言って買っていってくれたM3リーを完成させて、持ってきてくれました。

少し前にも、進捗を見せてくれたのですが、その時はウェザリングがまだの状態でした。それでも、初めてAFVプラモを作ったにしては上出来だったのですが、今回完成した作品を拝見して、ちょっと驚いてしまいました。

Img_4351001
これが初めての作品ですか? オジサンをからかっちゃいけませんね(笑)。
これはウマすぎでしょ!



Img_4352001
彼の制作歴のすべては存じませんが、接着剤で組み立てるプラモ自体、初めてだったようです(思い違いだったらすいません)。



Img_4353001
いわゆるウォッシングによるフィルター塗装はしてないとのことでした。代わりに、ドライブラシ技法で、何色かの色味を加えているんだそうです。技法的には最近の流行りの方法ではないわけですが、ドライブラシが素晴らしく効いてます。

Img_4355001
たしかに、リベット部のウォッシュはされていないようですし、最近流行りの、明るめに塗装された作品に比べ、少し前の作風ではありますが、その分重厚で、迫力はすごいです。


Img_4356001
店主拙作のM3と、並べて撮らせてもらいました。
作風の違いが対照的で、興味深いですね。


Img_4359001
拙作は、エアーブラシによる階調塗装で、上面はかなり明るい色になっています。その代わり、スミ入れはしつこくやって、明暗を強調しています。
シュナくんの作品は、ドライブラシで面を強調することで、同じような効果が出ています。

Img_4364001
初めてにしてはあまりにも出来過ぎで、コワイくらいです。
こうしてオトナ達が作った作品と一緒に並べても、なんら遜色ありません。オジサンモデラーも、うかうかしてはいられませんね。

| | コメント (2)

2015年12月 8日 (火)

ホコリ対策に効果的かも?

最近はカーモデルばかり作っているので、AFVとは違って、塗装するときのホコリがとても気なるようになりました。
家に比べて、店の中はそんなにホコリっぽいとは思わないんですが、エアーブラシを吹くと必ずと言っていいほど、塗装面にけっこう大きいホコリが乗ってしまいます。

もちろん、ワークはタミヤのクリーニングブラシで掃いてホコリを取りつつ除電し、塗料をカップに入れる際に、100均ショップで買ってきた、お風呂のゴミすくい網で濾したりもしてますが、やはりダメなときはダメです。

Img_4310001
そこで、吹く前のブース内に、水で薄めた洗剤をスプレーしてみました(ファンは回しています)。
確信は持てないものの、これがどうやら効果があるようです。
今日もクリヤーを吹いていたところ、1回目はスプレーせずに吹いたら大きいホコリがポツポツ付きましたが、スプレー後はほとんど付着しなくなりました。まったくとまではいきませんが、かなり違いがあるように感じます。

塗装環境は人それぞれなので、一概にすべての方に効果的とは言えないでしょうけど、ホコリで悩んでいるモデラーさんは、一度試してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0)

ロードスター・コンベンション

Cci20151208_00000001
タミヤ 1/24マツダ・ロードスターのプラモデルキットを作って持ち寄っていただくイベントを開催します。

会期は半年間ありますので、手の遅い方もなかなか作る時間のとれない方も、ぜひあきらめずに参加してください。
そして、当店の小さいショーケースを、皆さんのロードスターで埋め尽くしていただきたいと思います。

また、作品の出来の良し悪しを競うわけでもありません。初心者の方でも、お気軽にご参加いただければと思います。

なお、今回はガイアノーツ様のご厚意により参加賞をご提供いただきますので、参加ご希望の方は、当該キットを当店でお買い上げくださいますよう、お願いいたします。引き換えに、参加券をお渡しします。

それでは、たくさんのご参加をお待ちしております。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット <走行>

では、さっそく走らせて遊びます。
周りに散らかってるモノを集めて障害物を作り、子どもと反対側に分かれてキャッチボールのように走らせます。

スピードが遅いので、小さな子でも安心して遊べるのが、コイツのいいところ。
しかも、走破性が非常に高く、かなりの障害をも乗り越えて走る姿は、なかなか大人でもムキになってしまいますよ。

(おしまい)

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »