« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その7 <完成>

ダラダラと更新してきた工作ですが、いよいよ完成です。
あと少しというところでカメラの電池が切れ、最後の最後は撮れませんでした…。

あとは、走らせて遊ぶだけです。

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その6

配線作業です。これが、モーター工作ならではの作業です。いわゆる「ミニ4駆」は、配線がいりませんからね。
モーターのリード線を、逆転スイッチの各端子に結び付けるのですが、モーター工作に慣れていない子どもには、ここが一番難しいところですね。
リード線の被服をむいて、より合わせ、端子に結びます。
自分が子どもの頃は、被服をむくのに、爪切りを使って中の電線を切らない様に被服に切れ目を入れていました。うまくいかないと、電線を半分ぐらい切ってしまったりしてましたね。

端子につなぐのも、半田付けをすれば確実なわけですが、結ぶだけなので、接触が悪いとうまく動かなかったり。そんな失敗をしながら、ちょっとづつ上達していったものでした。

今は、ワイヤーストリッパーなるものがあるので、それを使わせましたが。

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その5

前回作ったギヤボックス関係を、木製のシャシーに組み付けていきます。 基本的な構造は実車と同じなので、機械に興味のある子なら、いろいろと勉強にもなりますよ。

また、普段、木ネジ(タッピングというやつです)に慣れていないかたは、締めすぎに注意です。力任せにグイグイ締め込んでしまうと、木側のネジ山がバカになって、締まらなくなってしまいますよ。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その4

次は、前後の車軸部分を作って駆動系を組み立てていきます。
ステアリング機構がなく、まっすぐにしか走らないので、デフまでは付いていませんが、4駆の構造がよく分かりますね。

| | コメント (0)

2015年11月19日 (木)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その3

続いて、ギヤボックスです。
ここからは、このキット独自の部品構成の制作となります。

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その2

続いて、電池ボックスの組み立てです。
子どもの頃、これ、いっぱい作りました。とにかく、懐かしいです~。

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

タミヤ 4輪駆動車工作基本セット その1

最近お客様と話していて、「最近の子どもたちは、プラモを作らないのかなぁ~」という話になる機会が重なりました。
私も、子供連れの親御さんに「小学生が作れるプラモデルって、なにかある?」と聞かれると、たしかに返事に困るんですよね。

自分が子どもの頃に比べてプラモの値段も高くなって、子どものお小遣いでは手が出なくなったというのは、たしかにあるとは思うんですが、「作りたい」と思うようなモノへの執着とか憧れとかが減ってるのかもしれません。
モノ作り自体が嫌いになってるわけではないと思うんですよね。

そこで、今回は、自分が子どもの頃好きだった、動く模型を作ってみたいと思います。
とはいっても、実際に作るのはウチのチビです。どこまで自力で作れるのか、興味を持って取り組めるのかを観察してみたいと思います。

まあ、文章にすると、また難しいことを考えていると思われそうですが、自分が「動くものを自分で工作すること」が好きだったのを思い出して、うちのチビはどうなんだろう?と思っただけなんですけどね。

Pb163749001_2
お題はこちら。
模型の4駆といえば「ミニ4駆」ですが、あれは速すぎるし、コースも必要です。
こいつは、とても遅い代わりに場所を選ばず戦車みたいにグイグイ走るので、とても楽しいんです。

作る様子を、ビデオに撮ってみました。ダラダラと撮りっぱなしの動画ですが、作る過程をほぼそのまま見ていただけます。よろしければご覧になってください。

| | コメント (0)

2015年11月 5日 (木)

作品紹介です

先日ご紹介した、小学5年のシュナくんが、新作を持ってきてくれました。
その日、四日市のマジカルガーデンさんで開催された「つくろーぜ会」で作り上げた帰りに、寄ってくれました。

Img_4154001_2
ビルドファイターズの、クロスボーン魔王です。
私、ビルドファイターズは途中で見るのをやめちゃったんで、コレ、分からないんです…。

設定よりも少し暗めに塗装して、黒系のウォッシングをかけてあります。かなり迫力のある仕上がりです。

それにしても、最近のHGは実に小さいです! 全体的にスリムで背も小さいので、顔なんて、もう見えません(ちょっと大げさですが…)。

あれ? ちゃんと撮れた写真が1枚しかありません。おかしいな…。

Img_4156001
こちらは、直近作ではないようですが、キュベレイ・パピヨンです。
同じくマジカルさんのプラモコンテストで、特別賞を獲ったそうですよ。

設定とは違う、オリジナルのカラーリングで塗装されてます。
シルバーベースの、クリアーカラー仕上げだそうです。

Img_4157001
下地は黒立ち上げで、縁のほうは黒を残してシルバーを吹き、クリアーカラーで上塗りをしたそうです(違ってたらゴメンナサイ)。

模様は、ちゃんとマスキングして塗装してあります。

私がこの年齢のころは、マスキングなんて言葉すら知らなかった気がしますが…。

Img_4159001
最初にご紹介したガンダムと違い、とても美しい仕上がりで、「おぉ~!」と言ってしまいました。最近はグロス仕上げばかりしてるせいか、こっち系に目が行っちゃいます。

う~ん、自分が子供のころとは出来栄えがあまりにも違いすぎるので、言葉を失ってしまいます。思わず大人の目線で見てしまいますよ。

でも、彼はとてもプラモ作りが好きなようで、こちらにもそれが伝わってきます。次回は、ガンプラ以外に挑戦するそうですよ。そちらも楽しみです!

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »