« Facebookページ、再開してます | トップページ | 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その2 »

2015年10月 7日 (水)

静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その1

実は、今回の「静岡オートモデラーの集い」は、当初はまったくのノーマークでした。
それが、1週間前になって急きょ行くことにしました。その理由は、「新しいエアーブラシ用コンプレッサーのデモがある」と分かったからです。

先日行われた「全日本模型ホビーショー」でもお披露目されたそうで、一度見てみたいと思っていました。

なので、拙作を展示した後は、まずこのブースへ直行です。

Pa043438001
それが、日邦産業の「ツインキューブ」という製品です。
特長は、静かで、かつ十分な出力があることのようです。

音量の小ささが特長のリニア式は、たしかに静かですが、圧力が無負荷でも0.1Mpa強で、風量も少ないです。

また、レシプロ式は、圧力と風量はリニア式の2倍以上あり、エアーブラシには十分ですが、ドコドコという音が、使用環境によっては耳障りです。

では、このツインキューブはどうでしょうか(以下の動画は、少し騒々しいので、再生時の音量にご注意ください)。

実はレシプロ式ですが、これでも稼働しています。周りの話し声のほうが大きく、この動画では、作動音はまったく分からないと思います。 実際には聞こえているんですが、それでも本体に触れていないとよく分からないほど静かです。 カメラが不自然に寄っているのは、音を拾おうとしているためです。

また、レシプロ式なのに振動がほとんどないのが特筆すべき点でしょう。レシプロ式は、振動で動いていってしまうこともあるほどですが、特殊な構造で(星型4気筒エンジンのような構造をしています)振動を打ち消しているそうです。

圧力は、5段階で調節できます。5が最大で、2か3でリニア式くらいの圧が出ます。また、小さいタンクを内蔵していて、脈動もほとんどありません。
自動スイッチが付いているので、吹いている時だけ動きます。

ただ、レギュレータではないので、吹き始めはタンクに充てんされたエアーが出てくるので圧が高く、吹いているとだんだん圧が落ちてきます。一定圧で安定したエアー供給をするためには、やはり別途レギュレータが必要だと思います。また、水取り器も必要になります。

Img_3793001
本体と別に、オプション品も用意されています。
エアーブラシやその他工具を立てるスタンドです。エアーを3本に分岐するマニホールドと水取り器も備えています。

価格は、本体が49000円です。少々お高いですが、十分なパワーのあるコンプレッサーが欲しいけど、大きくてウルサイからと購入を見合わせていたユーザーさんには魅力的な新製品ではないかと思います。
私個人的には、もし自分ならオプション品は割愛して、その分でフィルターレギュレータを揃えると思います。

|

« Facebookページ、再開してます | トップページ | 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その2 »

イベント」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Facebookページ、再開してます | トップページ | 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その2 »