« 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その3 <バイク編> | トップページ | お預かり中の作品 »

2015年10月16日 (金)

静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その4 <クルマ編>

続いて、カーモデルです。

Img_3796001
SOFさんの作品。

去年の名古屋でも拝見しましたが、やっぱり見栄えの良さでは群を抜いていたと思います。
特に、塗装の鏡面具合がハンパじゃありません。圧倒的でした。
また、電飾にも凝り始められたようですね。

Img_3799001
タミヤのトヨダAA。
独特なラップ塗装が目を引きます。




Img_3800001
とはいえ、ただ奇をてらっただけの作品では決してなく、配色のセンスや塗り分けの基本技術が素晴らしいと感じました。



Img_3801001
深みのある色味は、パールカラーとブラックを混ぜたんだそうです。今度、真似してみたいです。
また、色入れのあとで一度研ぎをいれますか?とたずねましたら、研磨は、クリアーを吹いて一番最後だけだそうです。それでこんなにキレイにいくんんでしょうか?

Img_3802001
こちらも、同様の手法で塗装されたそうです。
正面と透かしで、色合いがかなり違うんですね。
以前、私がbBでやったのと近い効果ですが、やり方は全く違います。おもしろいですね。

Img_3805001
これを、前日に徹夜で作ってたとのことで、会場の隅でグッタリしてました。ただ、人気があるので誰もそっとしておいてはくれまず、質問攻めにあっていましたが、質問にはていねいに答えてくれました。
無事に帰り着けたんでしょうか?

Img_3810001
実は最近、ミニを作る機会に恵まれまして、どうしても他人様の作品が気になって、目が留まってしまいます。
私などとは違い、ていねいに作り込まれた作品でした。


Img_3812001
小さいクルマってのは、なぜか模型が似合う気がします。
小さいほうが、密度感が高まるからでしょうか?




Img_3815001
フェラーリいっぱい!
それにしても、フェラーリの赤って、こんなにオレンジみたいな感じなんですね。私は、もっと真紅なイメージを持っていたので、ちょっと意外でした。

Img_3831001
「ほら~、ダグラムカラーはカーモデルに向いてるって言ったやん!」と、思わずうなずいてしまいました。


Img_3864001
作品カードの記載がおかしなことになってますね。
15才って、ドアが開状態に工作されてますが?

Pa043453001
こちらも、塗装がとてもキレイでした。




Pa043454001
アヤシイ光り方で、カッコよかったです。





Pa043463001
フジミのミニも、少し前に作ったところでしたので、やっぱり目が行きます。
インチアップしたホイールがよく似合っていました。

Img_3851001
これもカッコよかったです。ただ、キットがかなりお高いんですよねぇ…。



Pa043473001
作品ひとつひとつのクオリティーの高さはもちろんですが、見せ方が非常にハイセンスでした。
カーモデラーさんの場合、プラスチックケースをそのまま展示ベースにしているかたがほとんどの中で、個性と工夫が際立っていました。

Img_3847001
フジミから発売された、カーEASYシリーズ。
塗装をしなくても完成させられるというコンセプトの新シリーズです。



Img_3849001
金型がピカピカに磨き上げられているので、塗装していないのにこのツヤ! スゴイです。




Img_3850001
同じクルマですが、こちらはアオシマのプリペイントモデル。
全ての部品があらかじめ塗装済みの組み立てキットです。


Pa043485001
こちらはパールホワイト塗装ですが、十分な仕上がりですね。





今回のレポートは以上です。

オー集は、素晴らしくハイレベルな作品から、私のような素組みの作品まで揃いますが、とにかくよい雰囲気のよい展示会なので、居心地がいいのが気に入ってます。

私ごときの拙作ではあまり目を止めて見ていただけませんが、もっと腕を磨いて、なんとか人に見ていただける作品が作れるようになりたいものです。

(おしまい)

|

« 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その3 <バイク編> | トップページ | お預かり中の作品 »

イベント」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡オートモデラーの集い2015 覚書 その3 <バイク編> | トップページ | お預かり中の作品 »