« 久しぶりのキャンプ その5 | トップページ | 入荷案内  »

2015年9月 9日 (水)

入荷案内 <エアーブラシ>

当店は、お客様から指定がない限り、アネスト岩田のエアーブラシをお勧めしております。
理由は簡単です。非常に精度が高いため、微粒子での噴霧が可能で、ニードル操作に対する反応がよいからです。

特に、迷彩塗装のような細吹きをする際には、ニードルを開け始めたときの反応のリニアさが求められます。この感覚が、岩田のガンは抜群によいのです。

当店は、モデラーさんの目的に応じて、以下の3機種をメインにオススメしております。
エアーブラシの選び方についても、また追々、このブログでお話させていただこうと思います

Img_3357001_2
ハイパフォーマンスシリーズ
HP-CP 0.3mmノズル



Img_3358001
HP-SBP 0.2mmノズル
サイドカップ式で、塗料カップが視界をさえぎらないので、特に細かい迷彩塗装やグラデーション吹きに最適です。

同じ0.2mmノズルで、上付きカップのHP-BPもあります。

ハイパフォーマンスシリーズは、岩田の中堅機ですが、先に書いたとおり、非常に霧が細かく、ボケ足がたいへん滑らかです。特に0.2mmノズル機の反応の良さは特筆モノです。
上級機として、エアー調整機構付きのハイラインシリーズもありますが、個人的にはこれで十分な性能と考えています。
エアー調整機構が必要なら、アタッチメントを後付けすれば解決します。ガン本体に付いていたほうがいいと思う方は、ハイラインシリーズをお選びください。

Img_3359001
レボリューションシリーズ
HP-CR 0.5mmノズル
これに、仕様の異なるニードルをお付けして、当店オリジナル仕様として販売いたします。昨年、オリジナルエアーブラシとして限定販売したものと、まったくの同仕様です。
同社のエアーブラシのパッケージが変更になったため、あらかじめニードルを仕込むことができなくなっただけです。

0.5mmノズルなので、極細線こそ吹けませんが、1/35スケールの大きいパターンの迷彩なら、十分塗れます。
また、添付のニードルに替えることで噴霧特性が変わり、ベタ塗りがやりやすくなります。特に、カーモデルでウレタンクリアー塗料を使われる方には強くオススメします(というか…、少なくともノズル口径0.5mm以上のガンが必要です)。1丁で2通りに使える、模型塗装用途を考えたエアーブラシです。

ほかにも、岩田では 多様なガンを取り揃えています。ダブルアクションタイプが苦手な方には、トリガータイプも各種あります。
ご興味のある方は、ぜひご相談ください。ここでは書き切れない「濃い~」お話もさせていただきますよ。

|

« 久しぶりのキャンプ その5 | トップページ | 入荷案内  »

エアブラシ」カテゴリの記事

商品情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのキャンプ その5 | トップページ | 入荷案内  »