« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月29日 (火)

マツダ・ロードスター・コンベンション、開催予定です

今秋、タミヤから、待望のニューロードスターがキット化されるそうです! これは嬉しい!

そこで、発売になりましたら、「ロードスターコンベンション」を企画予定です。

対象は、基本的にはこのニューキットになりますが、各社から発売されているマツダ・ロードスターの各キットも入れていきたいと考えてます。賑やかな展示になるといいですね。

優劣を競うコンテストではありませんので、ぜひ気軽にご参加いただければと思います。
ただ、強制はいたしませんが、対象キットは、原則として当店でお買い求めの上ご参加をお願いいたします。

詳細が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。

| | コメント (0)

2015年9月26日 (土)

【私的エアーブラシ考察】0.5mmの有用性

今回の記事は、手前味噌ですが半分は宣伝になっちゃいます。どうかご了承ください。


今まで書いたことから考えると、同じエアーブラシでも、部品によって吹き味を変えることができるわけです。 まずは、下の動画をご覧ください。
これは、岩田の「レボリューションシリーズ」の0.5mmノズルのガンを吹いたところです。今まで書いてきたとおり、レバーの引き代に応じて、霧の太さと濃さが変化します。0.5mmでも、精度の高いガンなら意外なほど細吹きが利くので、実はこのガンで、1/35スケールの戦車の、大きいパターンの迷彩なら十分塗装できます。

次に、下の動画をご覧ください。

これは、ガンは同じで、違う仕様のニードルを付け替えたときの様子です。
画像ではやはり分かりにくいので、本当は実際に見ていただくといいのですが、こちらは、レバーの引き始めから、少し広く霧が出ます。あえて中心に霧を集めず、均一に粒子が飛ぶようにしているからです。そのため、細吹きが利きません。
そして、レバーを引いても戻しても、霧の広がり方はあまり変わらず、霧の濃さだけが変わります。つまり、「薄く広く塗れるエアーブラシ」になっています。

これは、スプレーガンの噴霧をヒントに考えついたもので、 カーモデルのボディーのように、均一にベタで塗る際には、0.3mmのガンで塗るよりずっと効率的に、しかもムラなく塗装することができます。特にメタリックを塗ってもらうと、ハッキリと違いが分かります。

実は、この特性を備えた機種は、ちゃんと存在します。岩田の「HP-TH」がそうです。こちらのほうが、さらに広い面を均一に塗装するのには高い効果を発揮します。
ただ、トリガータイプで少々高価なのが玉にキズなんです。そこで、低価格帯の機種でなんとかできないかと考えたのが、この「HP-CRオリジナル仕様」なんです。

(つづく)

| | コメント (0)

2015年9月25日 (金)

小学生、恐るべし!

最近、ブログで知り合ったお客様が、作品を見せてくれました。
シュナくんの作品。なんと、小5ですよ! 私も小学生のころからプラモは好きでしたが、いくら時代が違うとはいえ、こんな作品は作れませんでした。

ちゃんと、塗装もされてます。どうやらエアーブラシも使っているみたい。

Img_3332001
背景がうるさくてスイマセン。預けていただければ、もう少しマシに撮れたのですが。

ガンダムのテレビ番組の1場面を再現したとのこと。
私、この番組は見てないので、分からないんですよ。

Img_3337001
桜の森の中で、MSが戦っている場面が、うまく再現されてますね。




Img_3334001
マント(?)は自作とのことです。

私としては、木立の間から見通した雰囲気が好きでした。

ちなみに、今年のGBWCに応募され、予選通過したそうです。当店からのエントリーでないのが残念…。

それにしても、こうしてプラモを作る子供たちが増えるとプラモ業界も盛り上がるし、簡単にできる工作としてもいいと思うんですけどねぇ。
エアーブラシの使い方なんかも、よかったら聞きに来てくださいね。出来る限りサポートします!

| | コメント (2)

2015年9月24日 (木)

ショーケースに作品を!

Img_3740001
店内には、小さいですがショーケースがありますので、お客様の作品を飾らせていただきます。

今のところ、作品見本として店主の拙作のほうが多いですが、新作もあまり増えていないので、ちょっとマンネリ気味でもあります。
どんどんお客様の作品と入れ替えていきたいと思っておりますので、ぜひお持ち寄りください!

Img_3743001
原則として、当店でお買い上げいただいたキットが対象です。
また、出来る限り個別にご紹介もさせていただきたいと思っています。

そうでない場合も、ケース内に余裕があれば展示いたしますので、ご相談ください。

| | コメント (0)

2015年9月22日 (火)

【私的エアーブラシ考察】ノズル口径=吹ける太さ?

前回は、エアーブラシの噴霧は、「ニードルの引き代で、噴霧量だけでなく、噴霧パターン幅も変化する」ということと、「エアーブラシの本分は細吹きにあり」というお話をいたしました。

では、そのパターン幅はノズル口径だけできまるのでしょうか?

たしかに、ノズル口径の大きいものは、パターンが大きくなります。
でも、それだけで決まるわけではないようです。

Hpcp
先日の動画で使ったのは、岩田の0.3mmで、「HP-CP」という機種です。




Hpcs
これは、同じく岩田の0.3mmですが、「HP-CS」という機種です。
HP-CPより低価格帯の「エクリプス」というシリーズの機種になりますが、単に安いだけというわけではなく、設計や部品形状が違うため、製品特性が異なります。

これらの動画では、画質が悪くて分かりにくいかもしれませんが、実際に見ると、HP-CS(下)のほうが、低開度でも若干広めで、大きく開けると濃いめに霧が出ています。また、中心に霧が集束する感じも穏やかです。

つまり、HP-CP(上)のほうが、より細吹きが利き、繊細な吹きつけができる味付けになっていると言えそうです。

このように、同じノズル口径でも、噴霧の特性が異なるエアーブラシがあるわけです。

(続く)

| | コメント (0)

2015年9月20日 (日)

【私的エアーブラシ考察】エアーブラシの特長とは? 

今さらですが、プラモデルの塗装道具として、エアーブラシはずいぶんメジャーになりました。
ただ、一式揃えるとなると、たしかに高額な買い物であり、どういったものを買えば良いのか迷うかたも多いのではないかと思います。

そこで、何回かにわたって、私なりのエアーブラシ選定についてのお話をさせていただこうと思います。

ただ、私は技術的な専門家ではありません。あくまで自分なりに研究したり勉強したことを書いていきますので、例えば模型誌等に書いてあることとは違うかもしれませんし、専門的に見れば正しくないこともあるかもしれません。その点はご了承いただき、どちらが正しいかではなく、ひとつの参考にしていただければと思います。


さて、まずエアーブラシとはどういう塗装機器なのでしょうか?
よく聞くのが、「塗料を薄く吹きつける機器」という話です。たぶん、プラモ作りにおいては、缶スプレーと比べてのことだと思います。

私は、エアーブラシの長所は、「薄く吹けること」ではなく「細く吹けること」、そして、噴霧の特長は、「ニードル開度によって、パターン幅が変化する」ということだと考えてます。

1442758379mqvznvajag8yrup1442758375
左の動画をご覧ください(サムネイルをクリック)。
これは、0.3mmのエアーブラシで徐々にレバーを引いていったところです。

ニードルの引き始めは、霧が糸のように細く出ています。そして、ニードルが引かれるにつれて、霧の円錐が広がっていくのが分かっていただけるかと思います。
よく、パターンは円錐状に出ているので、近づければ細く、遠ざければ太く吹けると言いますが、実際はパターン幅は一定ではなく、変化しているのです。

つまり、「ニードルを絞って吹けば薄く吹ける」のではなく、「細く吹ける」のであり、細吹きこそがエアーブラシの命なのではないかと思っています。

たしかに離れたところでは霧は広がっていきますから、薄く広く吹けるようにも思えますが、よく見ると、霧の中心ほど霧が濃いです。つまり、塗料の粒子を霧の中心に集めるようになっているわけで、だからこそ細吹きができるのです。これは偶然ではなく、部品の形状等でこの特性を得ています。
そのため、噴霧パターン内は中心ほど色が濃く、色ムラになります。したがって、広い面を均一に塗りつぶすのは実は苦手だというわけです。

では、ノズル口径を変えればいいのでしょうか? それはまたのお話に。

(つづく)

| | コメント (0)

入荷案内

Img_3428001
タミヤ
1/24 アルファロメオ155 V6 TI



Img_3429001
1/12 ホンダRS1000耐久レーサー




Img_3431001
ハセガワ
1/24 JTCCオートテック BMW318i



Img_3430001
ファインモールド
1/35 八九式戦車甲型 ガルパン仕様



Img_3447001
クレオス
ネコの手。持ち手棒(36本入り)

発売がずいぶん遅れましたが、ようやく発売になりました。


Img_3449001
ハイキューパーツの製品と、柄の材料が違うだけ(ハイキューは金属製)なのでは?と思っていましたが、クリップ部も大きさや形状が異なります。クレオスのほうが大きめです。
入り数はこちらのほうが多く、割安です。

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

入荷案内

Img_3427001
ライフィールドモデル
1/35 タイガー1極初期型 1943年チュニジア 5875円(税込)

中国の新規メーカーのデビュー作は、タイガー1です。

Img_3433002
どこか、ドラゴンのパーツ割りを見ているような気もしますが(上下2分割のエンジングリルとか)…。



Img_3435001
蝶ネジ等も、しっかり再現されています。また、ランナーにボルトのモールドもあるので、削いで使うようです。



Img_3436001
砲塔は、左右分割です。





Img_3440001
吸気パイプの表面のモールド再現は、実に繊細です。




Img_3445001
ジャッキ台の横をスライド型で抜いたのは、自分は初めて見たように思います。




Img_3446001
OVMは、クランプもモールドで再現されています。
クランプは、エッチングにも入っているので、好きなほうを選択できます。


Img_3437001
履帯は、カステンと同じ方式の可動式です。また、サスアームもトーションバー式で可動です。

ただ、ベルト履帯は入ってないので、イヤでもこれを組まざる得ないということも言えますが…。

ドラゴンのキットに似ている気もしますが、全体的にはドラゴンほどはパーツ数(ランナー数)が多くなく、作りやすいのではないかという印象です。また、カステンと同等の可動履帯まで入って1000円お安いというのも、セールスポイントかと思います。


また、第2弾はタイガー1初期型のフルインテリアキットが発売予定です。また、キットに入っている可動履帯が単体で発売されます。こちらもお楽しみに!ご予約承っておりますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2015年9月13日 (日)

ボトムズカラーとバーチャロンカラーの使い道

ちょっと小ネタを。

Img_3416001
ガイアカラーの「ボトムズカラー」と「バーチャロンカラー」。
元ネタのキットに合うように調色された専用カラーではありますが、明度が高くトマリがよくて、しかも光沢色なので、原色系の塗装の共色(ともいろ)として、下塗りに好適なんです。

例えば、右下のコバルトグリーン。
グレーサフの上からでも、緑の下色として塗っておくと、上色のグリーンが、少ない吹き付け回数で鮮やかに染まります。
カー&バイクモデラーさんにこそ使っていただきたい塗料なんですよ。

「キャラクター用でしょ?」と食わず嫌いしないで、ぜひ試してみてください。

| | コメント (0)

2015年9月11日 (金)

入荷案内 

Img_3385001
造形村 SWS
1/32 Ho229 ホルテン



Img_3386001





Img_3387001





Img_3388001





Img_3390001
中はランナーがぎっしりですが、大きいパーツが多いので、パーツ数自体はは抑えられているように見受けられます。

外装はスケルトン仕様になっているので、クリアーパーツのランナーがやたら多いですね。

Img_3393001
翼内部の桁は、ほぼ一体モノです。

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

入荷案内 <エアーブラシ>

当店は、お客様から指定がない限り、アネスト岩田のエアーブラシをお勧めしております。
理由は簡単です。非常に精度が高いため、微粒子での噴霧が可能で、ニードル操作に対する反応がよいからです。

特に、迷彩塗装のような細吹きをする際には、ニードルを開け始めたときの反応のリニアさが求められます。この感覚が、岩田のガンは抜群によいのです。

当店は、モデラーさんの目的に応じて、以下の3機種をメインにオススメしております。
エアーブラシの選び方についても、また追々、このブログでお話させていただこうと思います

Img_3357001_2
ハイパフォーマンスシリーズ
HP-CP 0.3mmノズル



Img_3358001
HP-SBP 0.2mmノズル
サイドカップ式で、塗料カップが視界をさえぎらないので、特に細かい迷彩塗装やグラデーション吹きに最適です。

同じ0.2mmノズルで、上付きカップのHP-BPもあります。

ハイパフォーマンスシリーズは、岩田の中堅機ですが、先に書いたとおり、非常に霧が細かく、ボケ足がたいへん滑らかです。特に0.2mmノズル機の反応の良さは特筆モノです。
上級機として、エアー調整機構付きのハイラインシリーズもありますが、個人的にはこれで十分な性能と考えています。
エアー調整機構が必要なら、アタッチメントを後付けすれば解決します。ガン本体に付いていたほうがいいと思う方は、ハイラインシリーズをお選びください。

Img_3359001
レボリューションシリーズ
HP-CR 0.5mmノズル
これに、仕様の異なるニードルをお付けして、当店オリジナル仕様として販売いたします。昨年、オリジナルエアーブラシとして限定販売したものと、まったくの同仕様です。
同社のエアーブラシのパッケージが変更になったため、あらかじめニードルを仕込むことができなくなっただけです。

0.5mmノズルなので、極細線こそ吹けませんが、1/35スケールの大きいパターンの迷彩なら、十分塗れます。
また、添付のニードルに替えることで噴霧特性が変わり、ベタ塗りがやりやすくなります。特に、カーモデルでウレタンクリアー塗料を使われる方には強くオススメします(というか…、少なくともノズル口径0.5mm以上のガンが必要です)。1丁で2通りに使える、模型塗装用途を考えたエアーブラシです。

ほかにも、岩田では 多様なガンを取り揃えています。ダブルアクションタイプが苦手な方には、トリガータイプも各種あります。
ご興味のある方は、ぜひご相談ください。ここでは書き切れない「濃い~」お話もさせていただきますよ。

| | コメント (0)

2015年9月 8日 (火)

久しぶりのキャンプ その5

P8183213001
もう一つの楽しみが、スモーク作りです。
スーパーでもらってきた段ボールと針金と金網で、簡単に作れます。
ホントのことを言うと、けっこう熱くなるので、ちょっと心配なんですが…。

P8183217001
ソーセージを入れて、下からチップを焚いていぶします。チップは、ヒッコリーが、最もクセがなくてなんにでも合います。。
一度味わうと、ビールが止まらなくなるほどおいしいですよ!
ちなみに、これは「熱燻」という方法らしくて、いぶしている熱で火が通ってしまいます。
あと、チーズとか豚バラ肉も、スモークに合う食材です。豚肉はさすがに怖いので、いぶした後、あらためてコンロで火を通します。で、塩をパラパラと振りかけると、もうたまらんです。

P8183214001_2
うまいうまいと食べる子供達。





P8183222001
食後は花火で締めました。もちろん、管理人さんに許可をもらっていますよ。自分のサイトでやってくださいとのことでした。
周りに誰もいないので他人に迷惑をかける心配もなく、気兼ねなくできました。


残念ながら夜中に雨が降り出し、テントが少し雨漏りしました。やはり、長い間使わずにしまいっ放しにしていたせいか、フライシートの生地の防水性が落ち、シームテープもほとんど剥がれていました。次に行くときは、新調しないといけないかもしれません。

でも、ぜひまた行きたいですね。

朝ごはんも飯ごう炊きをするつもりでいましたが、新聞紙が湿気ってしまって火が起こせず、不本意ながらガスコンロで炊きました。ライトセーバーではなく銃でグリーバス将軍を倒した、オビワンのような気分です(なんのことか分かります?)…。
上の子が、「カマドの火で炊いたご飯は、なんであんなにおいしいんかなぁ?」としみじみ。そうなんですよね~。同じ火なんですけど、ガスとは違うんですよね。不思議です。

(おわり)

| | コメント (2)

2015年9月 7日 (月)

久しぶりのキャンプ その4

P8183200001
子供たちが遊んでる間に、ちょっと早いですが晩ご飯の準備に取り掛かります。

最近は、晩ご飯は定番のカレーではなくバーベキューです。理由は、後片付けがラクですし、万一食べ残しても、持ち帰ることができるからです。

激しく重い、鋳鉄製のバーベキューコンロを使用してます。

炭は、こんな風に炎が立ち上ってるのではなく、白くなって炎が出なくなったら頃合いですので、早めに火を着けておきます。今回買った炭は、火が着きにくいわりに火持ちが悪く、ちょっと扱いにくかったです。

P8183205001
ご飯は、やっぱり薪をくべての飯ごう炊きが最高です! これがしたくてキャンプに来てますから。

ただ、このキャンプ場には、屋根付きの立派な炊事場はあるのですが、カマドがありません。外にU字溝が置いてあって、そこでするようです。

薪は、前回の残りを持参。1束買うと、いつまでたってもなくならないんです。
薪だけでは火が起こりにくいので、落ちている小枝を拾ってきました。

P8183207001
新聞紙→小枝→薪の順にセットして、新聞紙に火を着ければ、意外と簡単に火は起きます。

 

ボコボコ沸いてきますが、気にしません。火が大きすぎるようなら、調整します。静かになってきたら、さらに火を小さくするか、火から遠ざけます。

P8183209001
終盤、「赤子泣いてもフタとるな」とよく言いますが、炊き上がったかどうかがよく分からなければ、フタを開けて見て構わないです。



P8183211001
こうして、オコゲもなく、おいしそうに炊けました!

| | コメント (2)

2015年9月 3日 (木)

入荷案内

Img_3266001
エブロー
1/24 シトロエンDS19




Img_3267001





Zz001
余談ですが、偶然最近観た、あるアニメ映画に、パトカーとして登場していた気がします。
たぶん、これですよね?


Img_3269001
3M ジグソーパズル型スポンジ研磨剤
あらかじめ、ジグソーパズルのピース状にカットされたスポンンジ研磨剤です。

文房具でも、「カドがたくさんある消しゴム」がヒット商品になってましたよね。あれのスポンジヤスリ版というところでしょうか。
どうせ切って使うわけですし、これはアイデア商品かと思います。

Img_3271001
ガイアノーツ
RBコーションデカール
ホイルシルバー、ホログラムシルバー



Img_3273002
箔を使った、ぜいたくなデカールです。





Img_3274001
スケールはなく、汎用です。
また、「ツヤ消しクリアーでのオーバーコートは、質感を損なうのでオススメしない」との記載があります。


Img_3281001
耐蝕アルミ直線
0.3mm、0.4mm、0.5mm

洋白線やステンレス線より柔らかく、切ったり曲げたりがラクです。

| | コメント (0)

2015年9月 2日 (水)

久しぶりのキャンプ その3

キャンプの話が途中になってるのを忘れてました…。

P8183152001
管理棟へ用事で行ったら、地元の農家さん(?)が来ていて、キュウリをくれました。
冷えてはいませんでしたが、おいしくいただきました。ありがとうございます。


P8183153001
下のチビは、なんだか滝(じゃないですかどね)に打たれて喜んでいます。




P8183160001
上の方には、カブトムシの飼育場がありました。
扉が開けっぱなしで、孵化した成虫が逃げていかないんでしょうか?


P8183175001
少し下の方に、公園があります。シャボン玉作り器(なんて言うんでしょう?)を持ってきてたので、遊んでます。



P8183193001
遊具もいくつかあります。
向こうの端まで行った時の、ストッパーに当たった時の反動がすごくて、手の皮がむけそうでした…。
チビは、とりつかれたようにやってました。

P8183196001
ブランコもあります。この辺まで、まったくの貸し切り状態でしたが、やっと1台のクルマがやってきました。どうやら宿泊客のようです。
結局、この日はこの2組だけでした。

(もうちょっと続く)

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »