« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月21日 (火)

【商品情報】タミヤ パンサーD型用連結履帯について

タミヤの新製品の、ITEM12665 1/35パンサーD型用連結履帯は、ランナーに「ABS」の刻印がされており、塗装をして大丈夫なのかとのご指摘がお客様からありました。
たしかに、B社などは、「破損の恐れがある」という理由で、ABS製部品への塗装はしないように注意喚起されてますね。

そこで、タミヤに問い合わせましたところ、「ラッカー、エナメル塗料とも塗装できます」との回答をいただきました。ただ、エナメル塗料については、こするとはがれやすいかもしれないとのことです。
また、接着剤についても、通常のタミヤセメントで大丈夫とのことです。
どうぞご安心いただきたいと思います。

| | コメント (0)

2015年7月19日 (日)

入荷案内

Img_3177001
タミヤ
1/35 パンサーD型

ここのところ、意外とコンスタントに新製品を投入してくれてるタミヤ。中華メーカーのキットが軒並み7000円越えになってしまって、手が出にくくなっている中、5000円以下で新製品を出してくれるのは、やはり嬉しいですね。
(うちのような零細な店にとっても、高価な新製品を毎月大量に投入し、しかも供給が安定しないメーカーより、良いものを安く長く売り続けてくれるメーカーのほうがありがたいです。)

中身は、同社のパンサーG型と比べるとちょっと部品が多くなったかな?という印象です。
各部の鋳肌や装甲板の表現などは、今までのキットにはなかった部分にも及んでいます。

とにかく、ぜひ現物をご覧いただきたいです。

Img_3178001
パンサーD型用 連結履帯セット
センターガイド部を先に接着し、その後ハメ込みでつないでいく方式の履帯です。

車体側は、誘導輪アームの取り付け位置で、履帯の張り具合を調節できるように設計されているので、パツパツに張りつめたり、逆にダルンダルンにたるんだりすることなく制作できます。同社の陸自10式戦車でもそうなってます。
おそらく、社外の履帯に変えるユーザーのことまで考えてくれているんでしょうね。実に親切です。

ただ、この製品は、ABS樹脂製です。接着剤は通常のPS用でいいようですし、取り扱いについての注意書きはどこにもありませんが、塗装の際にはちょっと気をつけるほうがよいかもしれません。

Img_3179001_2
パンサーD型用 エッチンググリルセット

エンジンのグリルメッシュは、実物は乗員に踏まれてベコベコに凹んでいます。それを再現したいときに、これまでのタミヤのエッチンググリルはステンレス製の硬い素材で、曲げるのが難しかったのですが、これは柔らかい素材になっているようです。

Img_3182001
編み目も再現されています(表現が控えめで、肉眼では分かりませんが…)。


| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

再販のご案内

Dr6252_02
2005年に発売されたキットが、10年ぶりに再販されます。

ドラゴン #6252 
1/35 タイガー1 極初期型 レニングラード

当時は、金属砲身などボーナスパーツが豊富に含まれていたことも話題になったように思います(実は私がプラモに出戻る前の話なので、あまりよくは知らないんですが…)。

今回の再販にあたっては、詳しい内容については分かりませんが、このフライヤーを見る限りでは、連結式のマジックトラックはDS素材のベルトに変わっています。また、金属砲身も含まれていないようです。

気になる価格は7800円…。2倍ですね…。
数量に限りがあるようですので、気なる方はお早めにご予約ください。

| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

入荷案内

最近、セリカの制作がいったんストップしているため制作記事がなく、入荷案内ばかりでスイマセン…。

Img_3164001
タミヤ
先細薄刃ニッパー

最近は、ゲートカットに特化した高級・高性能ニッパーが流行りですが、そんな薄刃ニッパーの先駆けといえるタミヤから、新型のニッパーが登場です。

Img_3165001
旧タイプと比べてみると、「先細」というわりには、この角度からではそれほど細い感じには見えません…。先端がもっと鋭角なものかと思っていました。
仕上げは、高級感あふれるヘアライン仕上げに変わりました。

Img_3169002
でも、横から見ると、先端が明らかに薄いですね!
これなら、狭い隙間にもラクに刃が入りそうです。


Img_3170001
スリーピークスの「模型プロニッパー」と比べると、かなりいい勝負。




Img_3171001
刃先の薄さでは、模型プロが若干勝ってます。模型プロは、たいへん鋭利なんです。

余談になりますが、模型プロニッパーは「片刃タイプ」で、上の写真の左側のアゴにしか刃付けされていませんので、切り口の真ん中に跡が出ません。


Img_3173001
こちらは、ご注文品となります。
ハセガワ スーパーガウォークバルキリー

| | コメント (0)

2015年7月15日 (水)

入荷案内

Img_3162001_2
プライマーZ つや消しクリアー、つや消しブラック

ラッカー溶剤・トルエン・キシレンを含まないプライマーです。一般的なPS(ポリスチレン)だけでなく、ABS・ポリカボ・塩ビ・アクリル・PP(ポリプロピレン)・66ナイロン等、非常に多くの素材に使える、万能タイプのプライマーです。もちろん、金属にも使えます。

ラッカー溶剤を使っていないとのことなので、重ね塗りをする際のニジミ止めとしても有効かもしれません。

Img_3163001_3
クレオス
フデピカリキッド

筆洗い用の専用溶剤です。同社ミスターカラー、水性ホビーカラー、アクリジョンに使えます。きつい溶剤は使っておらず、使用後は水洗いして乾かすとリンス効果があり、筆にやさしい筆洗液です。
従来の、はがし落とすタイプではなく、溶かし落とすタイプです。

ちなみに、基本的に他社品には対応してないようです。一応、他社塗料にもざっと試してみたところ、G社ラッカーとT社アクリルは可みたいですが、T社ラッカーは不可のようでした。また、エナメル塗料は当然不可です。

もちろん、すべては試していませんので、あくまでご参考まで(他社品への使用を推奨するわけではありませんので、ご注意を)。

なお、余談ですが、エナメル系塗料や油彩は、クサカベの「ブラッシクリーナーDX」がダンゼンよく落ちます。これもリンス効果があり、オススメです。

| | コメント (0)

2015年7月14日 (火)

入荷案内

Img_3148001
ドラゴン
1/35 タイガー1初期型131号車チュニジア

昨年公開された映画『フューリー』の撮影で使用されたことでも話題の、ボービントン戦車博物館に展示してある「131号車」を正確に再現するキットです。

Img_3149001
とはいえ、箱絵には描かれていない部品も入っており、「131号車としてしか組めない」わけではなさそうです。
この辺りは、うちなんかよりずっと詳しいショップさんにお任せするとして、ドラゴンのタイガーのキットは、久しぶりに中身を見ましたが、以前に自分が作ったのとは、ずいぶんパーツが変わっている印象です。砲塔の予備履帯ラックらしき部品なんか、ハンドルまで成型してあって、驚きました。
とにかく、タイガー初期型のプラキットの決定版として、タイガー好きな方ならぜひどうぞ。

Img_3150001
アオシマ
1/24 カウンタック 5000 クアトロバルボーレ


Img_3152001
インジェクション仕様車のキットです。




Img_3153001
フジミ
カーイージーシリーズ
1/24 スカイラインGTR(R34)

「できるだけ塗装しなくてもカラフルに組み上がるように」というコンセプトの意欲作。

Img_3154001
塗装による塗り分けが必要なところは、できるだけホイルシールで対応しています。



Img_3155001
色違いの同じランナーが入っていますが、間違いではありません。
ガンプラのように、1枚のランナーを色分けして成型されてはいないので、必要な色のパーツをそれぞれのランナーから取る、ニコイチのような方法となっています。

ボディー部品は、金型を徹底的に磨いたらしく、ピカピカです!

Img_3157001
水転写のデカールは入っていません。ただ、窓枠のマスキングシールは、ちゃんと切り抜き済みです。

ウインカーやストップランプは、無色のクリアーパーツのままなので、ここだけは塗装が必要になります。模型用塗料ではなくても、マーカーペンを使えばいいという説明になっています。

| | コメント (0)

2015年7月12日 (日)

入荷案内 <MIGプロダクションズ>

Img_3144001
DVD「F・A・Q ピグメント」

AFV模型の汚し表現に、今となっては当たり前のように使われるようになったピグメントですが、どう使えばいいのかイマイチ分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このDVDでは、ミゲル・ヒメネス氏本人が実演で、ピグメントの使い方をイロハから見せてくれます(残念ながら日本語字幕はありませんが、映像だけでも何をやっているかはほぼ見てとれます)。

車体だけでなく、タイヤ・履帯・サビ表現・フィギュアへの応用まで、幅広くカバーする内容で、先にご紹介したAKインタラクティブのDVDと同じく、AFVモデラー必携かと思います。特に、車体に泥の表現が施されていく様は圧巻です。

クレジットをみると2008年となっていますが、古さを感じさせません。今はいろんなプロモデラーによるハウツー本やビデオが数多くありますが、やはり元祖というべき分かりやすい実演は出色だと思います。

(ご注意)このDVDは、PAL方式で記録されており、一般的な国内向け家庭用DVDプレイヤーでは再生できません。パソコンか、海外製ノーブランドのDVDプレイヤー等で再生してください。

Img_3145001
MIGピグメント各色

MIGピグメントはたいへん色数が多いので、その中から、土や泥の汚しに向いた色を入れました。

MIGピグメントも、模型用ウェザリング素材としてのピグメント製品の先駆けですよね。今ではいろんなメーカーやブランドから発売されていますが、この製品の特長は、やはり「色の良さ」ではないかと、個人的には思っています。

Img_3146001
(左から)ドライマッド、ダークマッド、ロシアンアース
主に、泥表現に向いています。




Img_3147001
(左から)コンクリート、ガルフウォーサンド、ヨーロピアンアース
明るい色は、ホコリ表現に適しています。ヨーロピアンアースは、土色として広く使える万能選手です。

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

営業時間変更のお知らせ

日曜日の営業時間につきまして、最近は13時に店を開けられないことが増えてきて、しばしばお客様にご迷惑をおかけいたしております。誠に申し訳ありません。

つきましては、開店時間を14時に変更いたします。(ただし、できるだけ13時ごろから店にいるようにはしたいと思っております。)どうかご了承くださいませ。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

入荷案内 <魚地球印ヤスリ>

Img_3142001
久しぶりに、「魚地球印」の精密ヤスリが入荷しました。



長さ160mm 目数140 平・半丸
長さ140mm 目数160 平・半丸
長さ140mm 目数120 平・半丸

私は、以前から紙ヤスリより金ヤスリのほうが好きなのですが、これを使い始めたら、ほかの金ヤスリはまったく使わなくなってしまいました。

非常に目が細かいので削り心地が滑らかで仕上がりも美しく、それでいて切削性がよく、しかも目詰まりが少ないと、言うことなしです。
また、軸のローレット加工が深く、細くても持ちやすいです。

実はこれ1本の価格でハセガワ等のヤスリセットが1組買えてしまいますが、それだけの値打ちはあると思います。

| | コメント (0)

2015年7月 1日 (水)

入荷案内 <書籍ほか>

Img_3139001_3
「タイガー」第1巻
重戦車501大隊 1942-1945




Img_3140001
(以下、問屋案内から抜粋)
・1942年5月大隊設置、11月チェニジア(北アフリカ)へ
・1943年9月/10月再編成、東部戦線に配備
・再編成後(新タイガーII)、ポーランドから本土戦

公式・個人所有のコレクションから150以上の特別な戦時写真、修理作業クレーンの1/35図面など。
128頁、ハードカバー、英語・独語併記。


Img_3137001_5
AKインタラクティブ
エナメルウェザリングテクニック「ウォッシュ・退色・オイル」

ミゲル・ヒメネス氏実演の、ウェザリングハウツーDVDです。
店主としてはもちろんですが、一モデラーとしてもたいへんオススメのDVDで、少なくともAFVモデラーなら、絶対に見て損はないと思っています。
エナメル系塗料と油彩を使ったウェザリング技法を紹介しています。

Img_3138001
裏に書かれている通り、ウェザリングテクニックは人により呼び方と内容がまちまちで、「なにがなにやらよく分からない」というかたは、いまだにいらっしゃるのではないでしょうか?

このDVDは、ウォッシュやフィルターといった混同しがちなカタカナ技法を、たいへん明快かつシステマチックに教えてくれます。
私も同じものを持っていますが、このDVDを見て、いろいろなモヤモヤが一気に吹き飛んだ覚えがあります。これを見て以来、このブログでは「ウォッシング」という呼び方はやめました。
いつの間にか日本語字幕付きで、より分かりやすくなっています。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »