« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その5 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その7 »

2015年4月 7日 (火)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その6

続いて、履帯の組み立てに進みます。
タミヤの1/48戦車キットは、いずれも部分連結の履帯を採用していて、このキットも同様です。まっすぐな部分は一体化して、部品点数を減らしています。
1枚ずつバラバラの組み立て式に比べて合理的で、組み立ての時間短縮にはなりますが、巻き付けていくのには逆にある程度コツがいります。これがなかなかやっかいで…。

P3232708001
説明図では各ホイールに接着しながら巻き付けていくような指示になっていますが、自分の場合、先に板ガムのように一本分の部品をすべて接着してから巻きつけます。
一枚ずつバラバラの場合はどこでも曲がるのでいいのですが、部分連結は「曲がるポイント」、すなわち各部品の位置が決まっています。それが分からなくならないように、部品のつなぎ目に目印を打っておきます。

P3232706001
起動輪の直後など、垂れさがる部分まで一体化されているので、そのまま組むと、ハシゴをかけたように斜めに一直線になり、また部品を繋ぎ目でカクッと曲がってしまって、不自然きわまりない状態になってしまいます。
なので、その部分の部品を、ペンチを使って強引に曲げて、なめらかに弧を描いてつながるようにしてやります。

P3232711001a
赤丸で囲んだ部分が一体部品なので、ここを曲げて、たるみを再現してやるわけです。




P3232715001
これで、履帯は出来上がりです。
接着剤が完全に乾くまで、しばらくこのままにしておきます。

|

« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その5 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その7 »

タミヤ 1/48 タイガー1後期型」カテゴリの記事

タミヤ ヨンパチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その5 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その7 »