« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その9 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その11 »

2015年4月24日 (金)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その10

デカールを貼り、十分乾かしたら保護のために軽くクリアーを吹いて、フィルター塗装をしました。
フィルター塗装には油絵具を使いました。ダークイエローベースの車両の場合、茶色系の色から始めて、イエローオーカー系、アイボリー系と、3回行うのが毎度の工程です。

Img_2810002_2
続いて、スミ入れです。今回は、クレオスの新製品「ウェザリングカラー」を遅ればせながら初めて試してみました。以前から試したいと思いながら、機会がありませんでした。

スミ入れにはグランドブラウンを使いました。原液は思っていたより濃い目なので、スミ入れに使うには少し希釈したほうが使いやすいです。
ペトロールでも薄められましたが、専用溶剤とは溶け方が違う気がしましたので、やはり専用品を使うほうがよさそうです。

油彩ベースとのことですが、油彩に比べて乾くのが早く、作業がはかどる感じです。また、乾くと溶剤に溶けなくなるので、重ね塗りも可能です。

サンディウォッシュも使ってみました。こちらは、ホコリ表現に向いています。スミ入れの要領で流してやると、乾くとホコリがたまったような絶妙な色加減になります。ただし、やり過ぎると模型が真っ白になってしまうので、要注意ですね。

Img_2813001
ところで、元の塗装がやはり暗かったせいか、茶色のフィルターをかけた時点で暗くなりすぎ、またグリーンの迷彩がほとんど分からなくなってしまいました。
このまま進めようかとも思ったのですが、やはり納得がいかないので、タッチアップしました。

ダークイエロー部とグリーンの帯の部分を、エアーブラシで吹き直しです。写真では分かりにくいのですが、ずいぶんメリハリがついて、一安心です。

|

« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その9 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その11 »

タミヤ 1/48 タイガー1後期型」カテゴリの記事

タミヤ ヨンパチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その9 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その11 »