« マスキングの、その後 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その3 »

2015年3月27日 (金)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その2

Img_2624001
それでは、まずコーティング前の下準備。
車体の側面に、パーツを付けるダボ穴があります。これを、ドリルで貫通しておきます。パテを貼ると隠れてしまうので、それを復活させるときに、貫通させてあるほうがやりやすいからです。

Img_2625001
それでは、ミリプット・グレードSを練って、これを延ばしていきます。
白い粉は、くっつき防止用のベビーパウダーです。


Img_2626001
作業は、車体の前部から始めるようにしています。




Img_2665001
「延べ棒」は、家で偶然見つけた金属棒を使ってきましたが、単3乾電池でもできます。

また、今回見つけたのですが、このキットに付属している金属のウェイトがちょうどいい大きさと重さです。

Img_2628002
パテをムニムニと延ばしていきます。
今回は1/48ということで、1/35より薄くしたほうがいいと思い、ノギスで厚みを測りながら0.2mmに延ばしました。


Img_2629001
キット表面にアクリル溶剤を塗り、乾く前に延ばしたパテを貼り付けます。
この後、毛先を短く切った筆で突いて密着させ、空気を抜きます。
次に、パテ表面にエナメル溶剤を塗り(くっつき防止のため)、モデルカステンのローラーセットに含まれている、目の細かいスタンプで型押ししていきました。

Img_2636001
で、前はこのようになりました。ローラーに比べてやりにくいですが、面積が小さいので、作業は早いです。

|

« マスキングの、その後 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その3 »

タミヤ 1/48 タイガー1後期型」カテゴリの記事

タミヤ ヨンパチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスキングの、その後 | トップページ | タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その3 »