« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

定休日について

最近、お客様から「水曜日に行ったが閉まってたよ?」というお声をときどき頂戴します。

お客様にはご迷惑をおかけして、まことに申し訳ありません。
現在、店主の都合により水曜日は不定休という形をとっており、休みにしていることのほうが多くなっております。どうかご容赦くださいませ。

お手数をおかけしますが、できれば前もってお電話でご確認の上ご来店いただければと思います。

勝手を申しまして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2015年3月29日 (日)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その4

続いて、砲塔です。
小さいおかげで、砲塔周囲の側面も1回で貼れます。たいへん手早く出来て、嬉しいですね。










Img_2655001
防盾は、接着せずに、別でやったほうがやりやすいのですが、部品が小さくて持ちにくいので、今回は接着してから行いました。



Img_2657001
周囲は、1/35用の標準ピッチのローラーを使いました。やっぱり、スタンプよりローラーのほうが作業はラクです。



Img_2662001
同じ工程まで進んだ1/35と、比較すると、とにかくそっくりですね。

| | コメント (2)

2015年3月28日 (土)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その3

Img_2638001
車体側面は、このように細長く伸ばすと一発で貼れます。
もし難しければ、無理しなくても、模型の上でつなぎ合わせればOKですよ。










Img_2647001
こうして、車体のコーティングは完了です。





Img_2646001
後部は、排気管やフェンダーが付く部分はコーティングしません(左右の排気管カバーの間は、写真の段階では忘れてるので、この後やりました)。
とはいえ、部品の取り付け位置と干渉しても後から切り取ればいいので、あまり厳密にやらなくても大丈夫です。

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その2

Img_2624001
それでは、まずコーティング前の下準備。
車体の側面に、パーツを付けるダボ穴があります。これを、ドリルで貫通しておきます。パテを貼ると隠れてしまうので、それを復活させるときに、貫通させてあるほうがやりやすいからです。

Img_2625001
それでは、ミリプット・グレードSを練って、これを延ばしていきます。
白い粉は、くっつき防止用のベビーパウダーです。


Img_2626001
作業は、車体の前部から始めるようにしています。




Img_2665001
「延べ棒」は、家で偶然見つけた金属棒を使ってきましたが、単3乾電池でもできます。

また、今回見つけたのですが、このキットに付属している金属のウェイトがちょうどいい大きさと重さです。

Img_2628002
パテをムニムニと延ばしていきます。
今回は1/48ということで、1/35より薄くしたほうがいいと思い、ノギスで厚みを測りながら0.2mmに延ばしました。


Img_2629001
キット表面にアクリル溶剤を塗り、乾く前に延ばしたパテを貼り付けます。
この後、毛先を短く切った筆で突いて密着させ、空気を抜きます。
次に、パテ表面にエナメル溶剤を塗り(くっつき防止のため)、モデルカステンのローラーセットに含まれている、目の細かいスタンプで型押ししていきました。

Img_2636001
で、前はこのようになりました。ローラーに比べてやりにくいですが、面積が小さいので、作業は早いです。

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

マスキングの、その後

ちょっと前に、カーモデルのルーフを塗装してる記事をアップしましたが、その後どうなったかお伝えするのを忘れてました。

Img_2492001
まず、白のラインが残るところをマスキングします。
次に、青で塗るところをさらにマスキングします。


Img_2495001
赤を塗装します。





Img_2496001
最初のラインのマスキングを残して、テープを剥がします。




Img_2507001
赤が乾いたら、その上からマスキング。要するに、マスクする場所を入れ替えるわけです。
そして、青を塗装します。



Img_2508001
マスクを全部剥がすとこうなります。
マスキングの隙間ができて染み込んでしまったり吹き漏れたりした部分ができてしまいましたので、ナイフでカリカリ削ったり、エアーブラシでタッチアップしたりして修正します。
また、マスキングテープを貼ったキワにできる段差も、軽くペーパーがけしてならしておきます。
Img_2511001
そして、ひとますクリアーを一吹きして様子見。
おおむねうまくいったみたいです。
あとは、フチの部分にできた吹き漏れを修正します。

Img_2512001
縁をボディー色で塗装して、最後にウレタンクリアーをしっかり吹いて完了です。

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型 その1

Img_2615001a
ふと、妙なところに金型の継ぎ目があることに気付きました。




Img_2617001a
ここにも。どちらも、砲塔の部品です。
ランナーはまるまる後期型の部品で、別のキットと一部を共用してるとは思えないので、金型を修正でもしたんでしょうか?


Img_2621001_2
さて、まずはコーティングできるところまで組み立てます。
1/35に比べて、こちらはスコップ等がすでにモールドされていて、細かい部品が一体化されてる感じですね。

防盾は、この段階では接着しないほうがコーティングの「パテ貼り」はやりやすいんですが、ヨンパチでは部品が小さくて持ちにくい気がしたので、今回はもう接着してしまいました。

| | コメント (3)

2015年3月24日 (火)

タミヤ 1/48 タイガー1後期型

Img_2611001
ちょっと浮気して、久しぶりにヨンパチ戦車を作ることにしました。
タミヤの比較的新しい商品、タイガー1後期型です。


Img_2612001
タミヤらしく、パーツ数はそう多くはありません。これなら、週末モデリングにもちょうど良さそうですね。



Img_2614001
シャシーは、タミヤのヨンパチ戦車であまり評判のよろしくないダイキャスト製ではなくプラ製です。ただ、代わりに金属棒がオモリとして入っています。

タイガー1後期型に必須のツィンメリットコーティングの再現は、純正のコーティングシートが手軽で人気のようです。私は、やはりいつものエポパテで挑戦してみようと思います。

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

入荷案内

Img_2608001
アスカモデル
1/35 2号戦車L型ルクス 増加装甲型
タスカ時代のの名作キットですね。



Img_2609001
1/35 シャーマン・ファイアフライ1C
コンポジット車体




Img_2610001
タミヤ
ミニ4駆 パンダ

| | コメント (0)

2015年3月19日 (木)

入荷案内

Img_2560001
ICM
1/35 T34/76 1943年生産型



Img_2561001
1/24 ヘンリー・フォード
T型フォードに合わせたフィギュアのキットですが、広く活用できるのではと思います。

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

お知らせ

来る3月22日は、中京AFVの会に参加するため臨時休業の予定でしたが、通常どおり営業いたします。ご来店、お待ちしております。

| | コメント (0)

入荷案内 <1/144飛行機>

ずいぶん前から、飛行機キットは基本的に扱わなくなったんですが、従来品を少し入れました。
レベルの、1/144現用機です。

Img_2555001
F-14Aブラックトムキャット




Img_2556001
F-14Aトムキャット
1/144のトムキャットは、レベル製が一番イイと聞いたことがあるので。真偽のほどは不明ですが…。

Img_2557001
F-16Cファイティングファルコン




Img_2558001
F/A-18Eスーパーホーネット




Img_2559001
F-15Eストライクイーグル



| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

入荷案内

Img_2552001
今日は、なぜかヨンパチタイガー1型が大挙して入荷です!

タミヤ
1/48 タイガー1型 後期型

Img_2553001
AFVクラブ
1/48 タイガー1型 初期型



Img_2554001
1/48 タイガー1型 後期型

AFVクラブの製品は、エッチンググリル付属です。
また、後期型に必須のコーティングは、タミヤは別途工作が必要ですが、AFVはモールド済みです。

Img_2565001
1/48 タイガー1型初期型用可動履帯

| | コメント (0)

入荷案内

Img_2517001
ガイアノーツ
プレミアムマットパウダー
微粒子・超微粒子
要するに、「粉末のフラットベース」です。塗料の成分や溶剤が含まれていないので、塗料を選ばず使用できます。
筆塗りの際の使用が効果的で、完全にツヤが消えるそうです。
筆塗りの機会が多く、ツヤ消し色でもツヤが出てしまいやすい、タミヤエナメルに使ってみたいですね。

Img_2518001
スジボリ堂
BMCタガネホルダー
同社のタガネに装着することで、飛躍的にホールド感を向上させ、違う工具になったかのような使いやすさになります。オススメです。

Img_2519001
BMCタガネ 0.2mm幅
品薄で、欠品しやすい人気商品です。お早めに。

| | コメント (0)

2015年3月14日 (土)

入荷案内

Img_2514001
アカデミー
1/35 タイガー1型 後期型
中期型に続いて後期型もリリース。パーツを見ると、最後期型も作れそうです(説明図には記載なし)。誘導輪は、大径タイプと小径タイプが入っていて、きっちり作り分けられます。
また、指揮車タイプの後部パネルを再現できるようになってるみたいです。
エンジングリルのエッチングにはコーティング用のブレードが入っていますし、カルトグラフ製デカールには戦車兵の階級章が含まれています。
初期型用とかのいろんな部品が余ってくるので、部品取りもできて、そういう意味ではお得かも。定価で5000円台という価格設定も、中華メーカーが軒並み激しく値上がりしている今どきのAFVキットとしては良心的です。

Img_2515001
1/35 T-34/85 第112工場製
こちらもお値打ちな価格設定となっています。
履帯は部分連結式ですが、残念ながらディティールがちょっと甘いので、社外品に替えた方がよさそうです。

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

入荷案内

レベルのカーモデルその他です。

Img_2563001
1/24 ミニクーパーラリー




Img_2562001
1/24 トラバント601ユニバーサル




Img_2564001
1/87 アメリカ蒸気機関車ビッグボーイ

| | コメント (0)

2015年3月 8日 (日)

ネタばらしです

最近は入荷もなく、更新するネタが少ないので、今作ってるのをチョイ出し。

Img_2479001
あるクルマ。
このデカールをルーフに貼るわけですが、ルーフの角の四隅がRがきついので、こんな大判の一枚貼りではたぶんシワが寄って、ちゃんと貼れる気がしないなぁと思いつつ、一応チャレンジはしてみました。
結果は予想通り…。

Img_2490001
そこで、当然塗装での再現となるわけです。

万一のことを考えてデカールをコピーしてあったので、それを元にマスキングテープを貼っていきます。

Img_2492001
これで、赤と青を順に塗っていけばOKです。

と、簡単そうに書いてますが、マスキングの順番が自力では分からなかったので、お友達の塗装職人さんに実は教えてもらったんです。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »