« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

今年もお世話になりました

早いもので、今年も終わりです。皆さま、1年間ありがとうございました!

作り初めは、タミヤ・ミニ四駆のウニモグでした。
その後、メカコレ・ヤマト2199で遊んだり、タミヤbBでキャンディー塗装の研究をしたりしてました。

その後は、お客様から制作依頼をいただいたのでそれにほぼ掛かりきりになって、あまりプライベートの作品は作ってなかった気がします。
ただ、カーモデルがたいへん多かったので、グロス塗装のスキルは、自分でも多少上がったかなと思っています。

来年は、3月に中京AFVの会が控えてますので、まずはコレに向けてなにか作っていきたいと思います。

それでは、皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2014年12月30日 (火)

ハセガワ 1/24 サニートラック その8

色を入れていきます。メタリックの上にクリアーカラーを重ねて、キャンディー仕上げにしていきます。
Img_1551001
まずは、クリアーイエローを吹きます。
クリアーカラーも、塗りムラが出やすい色なので、やはり当店オリジナルエアーブラシを使うとムラが少なく、キレイに吹けますよ(また宣伝で、すいません)。

Img_1555001
次に、クリアーブルーを重ねて、グリーンにしていきます。クリアーカラーの吹きつけは、塗り重ねによる色の変化が少ないので、いつの間にか色が付き過ぎている、ということが少なくありません。
今回も、狙っていたよりちょっとグリーンが濃くなってしまいました。

| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

ハセガワ 1/24 サニートラック その7

Img_1541001_2
続いて、シルバーをエアーブラシで吹きます。
カラーはクレオスのラフシルバー。キラキラした、粒度の粗いシルバーで、派手な効果を出したいときに気に入って使ってます。

0.5mm口径の当店オリジナルエアーブラシで吹いていますが、一般的な0.5mmのエアーブラシとは仕様が異なりますので、特にメタリックはムラなく、たいへんキレイに吹けますよ。宣伝ですが、ホントなんです。
Img_1544001
次に、クリアーブラックでオーバーコートしていきます。
こうすると、正面から見たときとスカシで見たときに、明度が大きく変化して、おもしろい効果が出ます。この方法も、以前試してみたらいい効果が出たので、気に入ってます!

この後、色入れです。

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

ハセガワ 1/24 サニートラック その6

皆さん、クリスマス、楽しまれてますか~?


Img_1534001
それでは、塗装に進みます。
メタリック色を吹くので、まずはブラックで下地色を塗装します。



Img_1537001
なぜボンネットをマスキングしているのかは、今は秘密です(笑)。
ビニール素材の伸びるマスキングシートで、一気にマスキング。見切りがキレイなので、もっぱら気に入ってます。

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

年末年始の営業について

今年も、残すところあと1週間あまりとなりました。皆様、1年間お世話になり、まことにありがとうございました。

年末の営業は、30日(火)まで平常通り営業いたします。29日は定休日です。31日は不定休日ですので、お電話でご確認いただいた上でのご来店をおすすめいたします。

年始は、1月6日(火)より平常どおり営業いたします。ただし、先にお知らせしましたとおり、来年から、火曜から土曜の開店時間を1時間遅らせて16時からの営業となります。

それでは、皆さん、メリークリスマス! そして、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

営業時間変更のお知らせ

来年から、平日(火曜~土曜)の開店時間を、現在の15時から16時に変更いたします。
なお、日曜につきましては、現在と変わらず13時からといたします。

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、ご了承くださいますよう、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

入荷案内

たぶん、年内最後の入荷です。AFV関係が、ドッと来ました。こちらからどうぞ。
写真のキット以外に、小物や塗料も入ってます。

| | コメント (0)

2014年12月19日 (金)

ハセガワ 1/24 サニートラック その5

Img_1527001
荷台を取り付けました。
他のかたのブログ等を拝見していると、ここはキャビンと荷台を組まずに、別々に塗装しているかたもあります。たしかに、そのほうが塗装はしやすいかもしれません。

Img_1530001
荷台を組む時に、ややこしいところに合わせ目が出てしまいます。実車でもある線かも知れないと思ったのですが、どうやらそうではないようです。
パーツ分割上やむを得ないところかもしれないので、これから制作される方はうまく処理してやってください。
Img_1531001
当然、内側にも合わせ目がでます。これも、本来は存在しない線だと思います。




Img_1532001
今回は修正している時間がないので、ここは目をつぶります。

| | コメント (0)

2014年12月16日 (火)

ハセガワ 1/24 サニートラック その4

Img_1469001
室内の床等に、押し出しピン跡が盛大に残りますが、上に別のパーツが付いたりしますし、窓も小さくて、完成後はまったく見えなくなりますので、特に気にしなくていいと思います。

Img_1473001
シートの裏側です。
頭の後ろは、別パーツで埋めるようになっていますが、背もたれの後ろは肉抜きされたままです。


Img_1482001
この肉抜きは、完成後も後ろの窓から丸見えになってしまいますので、見える範囲だけをエポパテで埋めました。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

「中京AFVの会」、開催決定

東海地区のAFVモデラーに朗報です!

しばらく開催がなかった「中京AFVの会」が、来年の3月に復活の予定だそうです。
久しぶりの開催ですし、皆さん、作品をため込んでるでしょうから、きっと盛り上がるでしょうね。
同じ地区の模型店主としても、また一モデラーとしても、お手伝いできることがあればぜひ協力したいところです。

参加作品は、縦・横とも1m以内という制限だけはあるので、巨大な作品は持ち込めないようです。ご注意を。

私も、賑やかしに何か作って持っていきたいです。もちろん、展示するからには納得いく作品を作りますよ。

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

ハセガワ 1/24 サニートラック その3

Img_1458001
荷台は、「箱組み」によって立体感たっぷりに再現されます。
一部、パーツの分割上やむを得ず入ってしまう合わせ目が出るのが残念ですが、ほとんど目立ちません。

Img_1460001
荷台をボディーにセットするとき、勘合部が少し分かりにくいですが、2段になった奥(矢印部)に合わせます。
手前の段には、後でシャシーがハマります。


Img_1465001_2
荷台のフチも、実感たっぷりです。
荷掛けフックもパーツ化されていますよ。

| | コメント (0)

2014年12月13日 (土)

ハセガワ 1/24 サニートラック その2

Img_1453001
では、さっそく制作に入ります。

ボディの各スジ彫りは、飛行機模型メーカーらしく繊細ですが、カーモデルとしては浅すぎて、塗装で埋まってしまう可能性大なので、彫り直しておきます。

Img_1454001
特に、ドアの下のラインは、そのままではほとんど分からないほど浅いので、しっかり彫っておきました。



Img_1456001
ボンネット周りも(被写体が白いので、ピントが合ってませんね)。
ちなみに、これは0.3mm厚の刃で彫っています。ちょっと太い気もするので、0.2mmとかがいいのかもしれません。

| | コメント (0)

2014年12月12日 (金)

ハセガワ 1/24 サニートラック その1

Img_1444001
今度は、ハセガワから新発売された、1/24サニートラックを制作します。…といいつつ、実はもう完成してまして、11月に開催された、オートモデラーズの集いに出品してきました。ご笑覧くださったかたもいらっしゃるかもしれません。

ところで、この箱絵、てっきり写真かと思ったんですが、よく見たら絵なんですね!

Img_1448001
箱を開けるとこんな感じ。トラックとしては多いのか少ないのか、よく分かりませんが。

名古屋オー集に間に合わすために急ごしらえしたので、写真もあまり撮ってませんし、工作も塗装も雑なところはありますが、笑って許してやってください。

ただ、やってみたい塗装があったので、無謀にもトライしてます。

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

海外書籍、入荷しました

海外の書籍・雑誌が入荷してます。いずれも数が少ないので、お早めにどうぞ。

| | コメント (0)

ガイアノーツカレンダー、差し上げます

Img_2081001
「ガイアカラー」のガイアノーツカレンダー、入荷しました。
ガイア商品1000円以上お買い上げの方に差し上げます。
数量わずかにつき、早い者勝ちですよ!

| | コメント (0)

営業日変更のお知らせ

急で恐れ入りますが、諸事情により、水曜日を不定休とさせていただきます。

たいていは開けていると思いますが、念のため、ご面倒ですがお越しになる前にお電話でご確認くださいますよう、お願いいたします。

ご不便をおかけし、申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2014年12月 9日 (火)

黄金のMMコン 参加作品 その1

月末まで、今年最後のコンベンション「黄金のMMコン」を開催中です。
タミヤMMは歴史の長いシリーズだけに、古くてもそれぞれ思い入れのあるキットもあるとは思いますが、その中でも良いと思えるキットが多い、No.200前後の品番からピックアップして作ろうという企画です。

さっそく第1作目が持ち込まれたので、ご紹介します。
Img_2056001
駒田さん作品
クルッププロッツェ




Img_2077001
ジャーマングレイで渋く塗装された作品です。





Img_2060001
ウォッシングとドライブラシでしょうか。メリハリの利いた塗装のボンネット周りです。




Img_2065001
車体後部は、最近よく耳にする「アルコール落とし」でしょうか。ホコリがのった感じが出ています。



Img_2067001
塗装も素晴らしいですが、シートのモールド表現も素晴らしいですね。
やっぱり、このあたりのMM製品は、よくできてると感じます。


Img_2069001
スコップとシャベルが2本ずつ積まれてるんですね。

引き続き、作品を募集しています。

| | コメント (0)

入荷案内

入荷案内、更新してます。こちらです。

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その6

オートモデラーの集いの覚書も、今回で最終回です。

Img_1696001
Doozy奥川さんが来ているのかと思ってしまいました!
それぐらい、奥川さんの提唱する1/24の情景世界を見事に再現した作品でした。これを見たら、奥川さん、喜ぶだろうなぁ…。

Img_1700001
クルマは、このジャガーと、奥に見えているミニ。
ジャガーはピカピカ仕上げ、ミニはツヤ消し仕上げで、その対比が見事でした。


Img_1706001
離れの内部もよく作りこまれていて、見どころたっぷりでした。




Img_1709001
ローライダー系の作品。僕、けっこう好きです。拙作のサニトラも、時間とウデがあったら、こういうストライプも入れたいと思ってました。


Img_1716001
地道に、何度もマスキングを繰り返して塗装されたんでしょう。デザインのセンスも素晴らしいですね。



Img_1714001
こちらも、カッコイイです。





Img_1715001
作者さんと話がしたかったです。





Img_1741001
素晴らしくていねいな、キッチリした工作と塗装が光っていました。まったくアラが見えません。
見た目の派手さはありませんが、美しい仕上がりは、文字どおりピカイチでした。

Img_1739001
このキットは、最近ではサビサビ仕上げをよく見ますが、ごまかしの効かないキレイな作品もいいですね。こういう作風を「スーパークリーン」というんだそうです。

さて、これで覚書は終わりです。紹介できなかった作品のほうが多いんですが、作品が多すぎて、記憶力が追いつきません。もう少しだけ小じんまりした展示会のほうが、個人的には嬉しかったりして…。
でも、1日が短く感じられ、たいへん有意義でした。いい作品を作って見てもらいたい!!っていうカーモデラー諸氏の気持ちが、ひしひしと伝わる展示会でした。
僕のようなストレート組みモデラーでは、とても皆さんの足元にも及ばないんですが、機会があればまた参加させていただきたいと思います。

| | コメント (0)

2014年12月 5日 (金)

ドラゴン製品に関するお知らせ

急で驚きましたが、アオシマとドラゴンモデルズの間の業務提携が本日付けで解消されたそうです。

アオシマからのドラゴン製品の販売は終了となり、未発売や注文残の商品は、12月8日時点ですべていったんキャンセルとなります。
今まで、国内のドラゴン製品は、「ドラゴン」ブランドがアオシマ、「サイバーホビー」ブランドがプラッツとなっていましたが、今後はプラッツのみになります。現状アオシマに残っている在庫は、プラッツに引き継がれるそうです。

ドラゴン製品で再販・再入荷待ちのご注文をいただいている商品がいくつかありますが、これらが今後どうなるのか分からず、いったん白紙となりますので、ご了承ください。

| | コメント (0)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その5

Img_1685001
お友達の作品です。僕が以前、タミヤのR34GT-Rを作ったきっかけになった作品の作者さんなので、実物を拝見できるのを楽しみにしてました。


Img_1688001
1/35ミリタリーモデルの軍用車を、民間仕様で仕上げた作品。

タミヤの1/35MMの新作、フェートン。2トーンのカラーリングがセンスよく決まってました。

Img_1689001
こちらはミニアートのキット。車名は、詳しくないので分かりません。すいません。

どちらも、ミニカーのような美しい仕上がりでした。

Img_1690001
アリイの1/32のZ。
「アリイの1/32ってアレでしょ?こんなにカッコよくなっちゃうの~?」って感じで、見入ってしまいました。


Img_1725001
フルスクラッチのマツダ・シナリ。
前回は制作途中でしたが、今回は完成してました。それも2台!

しかし、フルククラッチでこの完成度って…。僕には到底理解できない領域です。器用な人って、いるんですね。

Img_1744001
ピンクのクラウンいっぱい!
実はうちの近所に1台いまして、とにかくすごい色なんですが、模型にすると不思議と映えます。

| | コメント (0)

2014年12月 4日 (木)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その4

Img_1726001
バイク模型は、残念ながら少数派でした。





Img_1676001
ゴロワーズのサロン号と、ノリック号。
すごくキッチリ作られてる印象でした。




Img_1678001
このシュワンツ、いいですね~。





Img_1721001
若かったころは、こういう派手なバイクはどちらかというと好きじゃなかったんですが、なぜか年取ってから好きになってきました。



Img_1717001
今回のバイクの中で一番気になったのが、こちら。
「え? これってタミヤのファットボーイローですよね?なんか、全然違いますけど…」。かなりあちこちに手が入ってる模様ですが、とてもよくまとまっていて、カッコよかったです。

Img_1719001
タンクは自作、サイドのロゴは、手書きしてデカールを起こしたんだそうです。センスいいですね。



Img_1720001
前後のブレーキディスクは、アルミ板の削り出しっておっしゃってたと思います。もうすでに記憶があやふやです…。
ちなみに、ホイールも自作、エキパイも金属パイプから自作だそうです。

| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その3 <サニトラたち>

11月初めに発売されたばかりの、ハセガワのサニートラック。
発売されて間がないし、まだそんなにいないだろうとタカをくくっていましたら、いるわいるわ…。一大勢力でした。

Img_1680001
ノーマルカラーで、実車イメージどおりの作品。




Img_1684001
私は個人的にこれが一番好きでした。
レース仕様? カッコイイ!




Img_1694001
この2台の前でも、みなさん足を止めて見られてましたね。後で知りましたが、『モデルカーズ』の作例に出てました。
建具屋さん仕様とローリー仕様。後ろのアオリが開いて、チェーンで留められるようにしてありました。建具屋さんは、角目仕様になってます。

このキット、窓枠の細いメッキ部をどう再現するか悩みどころなんですが、皆さん、ミラーフィニッシュ系を貼るやり方で再現してたようです。直接は作者さんにうかがってないんで、あくまで見た感じですが。
僕は、フロントガラスの枠はミラーフィニッシュを貼りましたが、サイドガラスのところは塗りましたので、メッキらしさがイマイチ出なかったのと、前との違和感が出てしまいました。

Img_1708001
こちらは制作中でした。
上のレース仕様もそうですが、合うホイールを、うまく見つけてくるなぁと感心してました。それとフィッティングの技術にも。

ほかにも、かなりの台数が出品されてましたよ。

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その2

ここからは、会場で気になった作品をご紹介します。
とはいえ、気になった作品はたくさんあります。
でも、写真を撮ることに熱中し過ぎるとそれが目的になってしまい、肉眼でしっかり見ることがおろそかになって、全然印象に残らないので、最近はあまり写真ばかり撮らないで、しっかり目に焼き付けることにしています。
なので、あくまで「気になった作品の一部」ということで。

Img_1654001
大変ていねいに作られた印象のF1です。





Img_1661001
模型の楽しさが詰まってる感じがしますね。





Img_1662001
たぶん、今回の展示会で、一番目立っていたんではないでしょうか。SOFさんの作品群です。
その作品数も、「これで1年分?」と疑いたくなる物量でしたが、多いからと言って作りが雑というわけでもなく、クリアーのツヤも申し分ない出来でした。
また、ラップ塗装といった凝った塗装にも取り組んでいて、楽しい展示でした。

Img_1663001
クラウンの台数が凄かった! 何か思い入れがおありなんでしょうか?




Img_1665001
クリアーの研磨も美しいですが、色入れ自体がキレイで、素晴らしい仕上がりでした。




Img_1666001
この黒系の2台は、個人的に大変感心しましたね。黒は傷が目立ちやすく、研ぐのが難しいんですが。



Img_1673001
バイクも作られてます。
タンクなどの外装はラップ塗装です。また、排気管の焼けの表現が自然で、ホンモノみたいでした。

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

オートモデラーの集いIN名古屋 覚書 その1

先週開催された、「オートモデラーの集いIN名古屋」に行ってきました。
去年に続き、2年続けての参加です。
去年は、お客さんが行かれるとおっしゃるので、どんなものかついて行ってみた、というのがホントところだったのですが、今年はぜひとも行きたいと思い、連れて行ってもらいました。

Img_1642001
開場から30分ほど経って現着しましたら、すでに卓はいっぱい! 先に着いていた、別のお客さんに場所を死守してもらってあったおかげで、無事展示することができました。
嬉しがって、お客さん二人の間に、友達からお借りしているヴェネーノと一緒に置かせてもらいました。
でも、これが悲惨な結果を招くことに。

Img_1646001
お客さんの一人、MKBさんの作品。いつも美しいキャンディーカラーで塗装されるのが特徴です。
今回も、特に右のアヴェンタは、偏光塗料を使ったような、アヤシイ色で目立ってました。

Img_1728003
どう撮っても、肉眼で見ているようには写らないんですが、正面ではブルー、スカシではパープルに変化するのが面白いです。



Img_1648001
模型転倒虫さんの作品。私の、カーモデルの先生で、このかたと出会ったおかげで、それまで興味の少なかったカーモデルの世界に目覚めました。感謝です。
それはそうとして、この展示方法は反則です! ただでさえ作品が素晴らしいのに、特注展示台で目立ちすぎです。

Img_1652001
フェイスブック友達のYさんの作品です。
失敗したとのことでしたが、どこがそうなのか、全然わかりませんでした。



Img_1647001
不肖ワタクシめの拙作3点と、塗装の師匠でありフェイスブック友達でもある、プロのカスタムペインターさんからお借りしているヴェネーノ。このヴェネーノも、注目の的でした。そりゃそうですよね。

Img_1747001
会の後半、いつの間にか並べ替えてもらってあったんですが…。
このスーパーカー軍団とド派手な展示台の間で、まるでブラックホールができたかのように薄暗い拙作達…。誰も見てくれません(涙)。お友達が上手すぎるというのも、嬉しいような悲しいような。

(続く)

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »